ラ・ヴィータ イタリア

イタリア:ベニスでの日常生活やベネチアンガラス工房のお店“L'albero”での出来事、イタリア&海外お奨めスポットなど

2011年 ベネチア〝ラルベロ〟体験工房記

2011-10-16 05:36:28 | ラルベロ(店)体験工房

今年も沢山の方にベネチアのお店ラルベロ〟にご来店いただき

ありがとうございます

2011年度のベニス ラルベロでの体験工房の受付は終了させて頂きました

 

ベネチアのお店はこのあと11月上旬までのオープンで

その後は来年2月末ごろまで冬季休業とさせていただきます

 

2012年度のベネチアでの体験工房は3月上旬からとなります

 

さて今年の体験工房はといいますと、、、、

以外にも初めて予約なしの飛び込みのお客様が何組かありました

 

一人旅の女性が体験のことを話すとぜひやってみたいとか

 

また日本から予約でこられたお客様の製作をその場でご覧になられた

別の日本のお客様が〝私達も〟やってみたいと、、、、

1時間ほどお待ち頂いて製作して頂いたり

 

究極は当日にメールで予約頂きましたお客様もありました

通常毎朝メール確認するのですがその日に限って確認していなかったら

お昼ごろPinoから家に電話

 

きくと

〝今日予約したというアメリカにお住まいの日本人家族が体験したいとこられたよ〟と、、、、、

えー!!!あわててお店に飛んでいったことも

 

基本は予約ということになってますが

私がお店にいるときでしたら飛び込みでもお受けしております

 

どうしてもPino一人だと製作過程の細かい作業は日本語で説明できないので

私がお店にいる時ということになってしまいます

 

もちろんイタリア語で大丈夫という方なら

Pino一人の時でも対応できます

その他 

京都での体験教室でトライされたNさん、

是非ベネチアの工房でもお皿を作りたいと遠く日本よりご来店

こんな大きなお皿にトライいただきました

大汗かきながら途中休憩をはさみ5時間かけてデザインされてました

 

この大きさは日本の教室では製作できないので

大きなお皿を作ってみたいという方は是非ベニスのお店〝ラルベロ〟へどうぞ

HPで案内してますお皿はこんな感じです

 

そして今年はご家族で参加される方も2組ありました

どちらのご家族もお母様が最初製作に〝うまくできるか自信がない〟と

躊躇されていたのですが

 

いろいろゆっくり説明させていただくと

すごく興味を示して頂き体験中は夢中で製作に没頭されてました

 

またラルベロ体験工房始まって以来、一度に4名様の体験もありました

この狭いお店で窮屈な思いをさせてしまってすみません

 

でも〝これは楽しい!これは楽しい!〟って言いながら製作されている様子をみて

私達もほっーっといたしました

 

通常HPで案内しいる製作物は女性向きのアクセサリー関係がほとんどなんですが

ラルベロは稟議応変可能な限りご希望にそうように対応させていただいてます

 

たとえばお店にあったピルケース、これ作りたいということでこんな感じに

お父様はカフスとネクタイピンをペアで

 

弟クンはキーホルダーがいいいと

メダル小+キーホルダーをオプションで

 

他にピアスを希望された方もいらっしゃいました!

 

こんなふうにいろいろアレンジもできます

他に帯留めやループタイなども作っていただくことできます!

 

冬場はベネチアの店〝ラルベロ〟は休業してますでの体験はできませんが

そのぶん私達が日本に参ります

毎年京都で3日間限定で教室を開催しておりますのでベニスまで遠くて行けないわ

という方、又ベニスで体験され再度チャレンジされたい方

 

まだ正式決定でございませんが2012年2月3日、4日、5日に

京都ベネチアンガラス体験教室

3日間限定開催予定です

 

2月に是非京都へ小旅行をかねていらしてください

ブログにも地元ならではのマニアック京都情報を随時掲載しております

といいますか私が好きなところですが、、、、

 

京都での教室の様子はこちらをごらんください

 

コメント

ベニス近郊 : マロスティカ

2011-10-10 06:25:12 | ベニス:近郊都市

バッサーノでランチをしたあと駅前のバスターミナルからバスに乗り約10分の

マロスティカと言う小さな街にいくこと

 

本来私の〝いったことの無い街に行きたい!〟ということで

地図を広げどこか面白そうな街はないかと眺めていて発見したこの街

 

〝マロスティカってどんな街〟って聞くと

〝小さいけどかわいい町だよ!〟っというのでじゃそこに行こうとということになり

 

行き方を調べてみるとバッサーノからバスで10分でいけるとある

ならば午前中バッサーノ午後からマロスティカという計画を立ててみた

 

この街もイタリアの町にはよくある城壁にかこまれた小さな町

街のシンボルの広場には

碁盤の目が

 

そうここはチェスで有名な町らしく

秋にはこの広場で〝人間チェス大会〟が開かれるらしい

 

そして写真の山の上にお城が、、あそこに上に行こうと一番ちかそうな真ん中から

行ってみたものの

途中からヘアピンカーブなみにぐにゃぐにゃ山の上に続いており

 

スニーカーじゃなかった私にはこの急勾配と暑さで途中で降参

残念ながらきももどすことに

 

きっとお城の頂上からはいい景色が広がっていたことでしょう

 

チェントロにもどりフラフラ歩いていたら

なんだか細い通りの奥の一角にきれいに

 

花が咲いているのを発見

なんだろうと近づいてみると、、、どうやら個人の自宅のようそして

窓には気持ちよさそうに

猫がお昼ね

すぐに目をさましたねこちゃんここでも恒例

すぐに擦り寄ってきました

 

Pinoが家の前にあるベンチに座ると

一緒に乗り込んできて、、、

 

〝ちょtっと、、、そこどいて!向こうに行って〟とでも言うように

 

頭でPinoを押しのける

 

 

ついにPiさんを追い払っらてご満悦

どうやらこのベンチは彼の特等席だったようです

 

しばし猫と遊んで

 

また街をフラフラ

チェスの街だけあって面白いチェスがたくさん並んでました

 

 

歩きつかれた私たち

広場でジェラート食べて帰路についたのでありました!

コメント (4)

ベニス近郊:バッサーノ デル グラッパ

2011-10-06 06:07:42 | ベニス:近郊都市

10月だというのに半そで過ごせるくらいいいお天気が続いているイタリア

毎年この時期はジャケットを羽織っても肌寒いときがあるくらいなのに

 

あまりにいいお天気で行楽日よりが続いていたので

急遽お店をしめて日帰りのお出かけをした

 

行き先はベニスから鈍行列車で1時間半、

バッサーノ デル グラッパ と そこからバスで10分の

マロスティカと言う町に行ってきた

 

まずはバッサーノ デル グラッパ

この町はこじんまりしていてベニスから日帰りでお散歩するにはちょうどいい距離

 

この町で一番の写真スポットはやっぱりこの橋(コペルト橋:Ponte vecchio

 

そして

グラッパと言うリキュールとグラッパ焼きが有名な町

 

町をあるけばこんな電話や

 

自転車の形をしたガラス瓶にグラッパ酒が

かなり高い!ほとんど瓶代

 

グラッパ焼きといえばこんな感じ

トマトや

 

野菜が本物のようにリアルに、、、

見てるだけでかわいい

 

町の雰囲気もなんとなく趣があってイタリアの小さな地方都市の良さが

感じられて

Piさんは庭につけるライトの物色

 

そろそろお腹がすいてきたので地元のお店のひとから聞いた

レストランへ

美味しいと評判のお店は火曜日はおやすみ

 

仕方がないのでうろうろしていたら

こんなお店発見

 

人目を引く店頭の装飾

なんだろうと中に入ってみたら

わーかわいい!

奥さんが奥で何か作ってる様子

 

聞くとぺペロンチーノやにんにくを使ったペーストを自家製してるとか

店内の飾りもお見事!

にんにく~

ぺペロンチーノ付き~

 

ぺペロンチーノ~

購入意欲をそそりたてられるこのお店

味見も出来ると言うことで

早速試食させてもらってご満悦なPiさん

 

右からにんにくペースト

真ん中がたまねぎと鰯の入ったBigoli用のペースト、

左端が辛いぺペロンチーノのペースト

 

で二人の意見が一致したBigoli用のペーストを購入

お店情報

店名 : SPECIALITA’ IN GAMBA

住所 : Via Z.Bricito N25 Bassano del  Grappa

TEL : 333-3040467

お店を出た後近くでランチ

ランチ後は次の目的地マロスティカへ

 

コメント (6)