ラ・ヴィータ イタリア

イタリア:ベニスでの日常生活やベネチアンガラス工房のお店“L'albero”での出来事、イタリア&海外お奨めスポットなど

私の楽しみ ガーデニングと畑

2016-05-06 06:30:09 | イタリア:自宅&畑&花

イタリアにきてからはまっているガーデニングと畑

日本にいたころは土いじりなんてしたこともなかったし

興味もなかったのが人間変われば変わるものですね

まさか私が土いじりを始めるとは

 

きっかけは毎年行っているアルトアディジェの山の花→ここ

これを見て“私も庭を花で埋め尽くしたい”と思ったのが始まり

試行錯誤して失敗もしながら毎年綺麗に咲く花を待っている

 

歳を重ねるごとに自然に触れるのが楽しくて仕方がない

ほんと土いじりをしていると時間も食事も忘れてしまいます

 

蒔いた種や苗の成長を見るのが楽しみで

雨の日以外は毎朝植木の世話に没頭

花からたっぷりエネルギーをもらって充電してからの出勤となります

充電しすぎてお店の開店時間に間に合わないことがほとんど(笑)

 

 

今年は例年より少し早目に畑の準備開始

4種類のトマト 全部で12苗

キュウリに玉ねぎ

そしてサラダ菜2種

 

暖かかった4月の半ばに第一弾の植え付け完了

となりのおじさんマウリッツオは私達の畑の先生

いろいろ手ほどきを受けながら

畑も去年より拡張してまだまだこれから植え付け予定

現在昨年秋に植え付けたニンニクの収穫街待ちです

 

花は昨年のこぼれ種から出てきた芽を3月、4月とたっぷり太陽にあてて

成長さしそろそろ本格的に鉢に植え替えなければ

さー今年はどんな風に咲くかな~

まだまだ週末の私の楽しみは続きます

コメント (2)

2014年度 畑の結果

2014-08-24 22:48:32 | イタリア:自宅&畑&花

冷夏でこのまま終わりそうな今年のイタリアの夏

毎年畑ではすくすく野菜が沢山育っているのですが

 

今年は気温が低く雨が多かったため例年に比べてちょっと少な目

春に種から育てたスナップエンドウはそうそうに撃沈

昨年のオクラに続き大失敗となりました

たぶん乾燥したイタリアの土壌にあわないのかな?

 

と言うわけでサラダ、ミニトマト、キュウリは大豊作とまではいかなくても

まずまず良く育ちました

お化けキュウリもできました

サラダはこんな感じに

毎日新鮮な生野菜サラダを食べております

新鮮な野菜は虫もよく知っているようで

葉っぱはカタツムリに

土の中の根っこはかなり大きな芋虫に食べられちゃいます

この芋虫にやられるとあっと言う間に葉っぱが枯れちゃいます

虫と競走しながら急いで食べつくし

サラダは現在2回目の苗が育っております

 

そして京都の実家では毎年夏になると

母が食べる時間を計算して漬けていたキュウリの糠漬け

かれこれ10年近く夏の日本に帰っていない私

夏になると食べたくなる物のNO.1でした

 

ということでイタリアで始めた糠漬け

今年で3年目になる糠床なかなかいい味になってきました

やっぱりキュウリは糠漬けが一番好きな私

 

そして今回初めて挑戦したペペロンチーノピカンテ

畑ではこんな風に育ちました

後ろが良く育ったキュウリで手前の低い木になる赤い実がこれ

なかなかかわいいじゃありませんか~

 

このペペロンチーノピカンテ

夏場の朝市で今頃の時期に瞬間出回り

タイミングを逃すと買い逃してしまいます

 

イタリアに来た当初からかなり気になっていた野菜

一体どのようにして食べるのか全く分からなかった私

 

昨年偶然レシピを見つけトライしてみたら

思っていた以上の出来に調子に乗ってしまい

今年は畑から育てるところからスタート

そして収穫!

約40個とれました

やったー!畑はやっぱり楽しいです

ペペロンチーノのレシピはまた次回に!

 

 

コメント (2)

2014年 ちょっとおかしい冷夏のイタリア

2014-07-26 20:46:00 | イタリア:自宅&畑&花

日本は猛暑がはじまったようですが

こちら今年のイタリアの夏はちょっとおかしいです

6月初めに30度越えのアフリカン熱波がやってきた時に

1週間ほど暑かっただけで

それからは快適なさわやかな夏が続いております

快適なのはいいのですが

突然変な風が吹き始め、空が真っ黒になったと思ったら

速攻ゲリラ雨が降ることも多く

そのたびに綺麗に咲いていた花も畑もぐちゃぐちゃになり

ショック!

 

でも自然の力はすごい

この夏何度も大雨に直撃されても

ちゃんと咲きなおしてくれていた花達

一番のお気に入りペチュニア

木の下につるしてみて

 花玉にしてみたかった

こちら鉢植え

いろんな色を植えてます

でも今日の大雨でこの状態になったお気に入りのペチュニア達

あ~

はっ~

打ちのめされている

これはちょっとひどいな~元にもどるだろうか、、、、

自然には逆らえない

 

畑の野菜キュウリやトマトもこの時期食べきれないほど収穫できるのに

熟すのを今か今かと待って食べている状態です

 

せめて野菜がすくすく育つくらいの気温になってほしいな!

 

コメント

2014年 戻ってきたらやっぱり、、、

2014-06-07 06:00:07 | イタリア:自宅&畑&花

毎年3月にイタリアに戻ってくると4か月留守にしていた家に問題が発生している

これもう恒例となりつつあります

2010年から2012年の3年間の悲劇は→こちら 

 

大したことがなかった2013年

2014年度も大丈夫だろうと思いながら帰ってきたら

やっぱり起こっていました問題が!!!!

 

今回はどんな問題かと申しますとね

日本でのすべての仕事を無事終えてルンルン気分で帰ってきた私達

家までの道中いつも空港まで迎えにきてくれる友人たちと

夢中で話し込んでいるPino

 

家に到着して敷地内にはいる

Piさんは友達と話に夢中でそのまま家の中へ

 

なんとなく違う感じがしながらも中に入る私

 

気になりもう一度外に出て再確認すると

えー2012年に塗ったばかりの黄色の壁→ここ

に黒い斑点が一面にびっしり

こんな斑点が全ての壁に

 ここも

 

あ~天上部分までも、、、、

“ えー何これ~”思わず叫んでしまった私

友人と話しこんでいるPinoに伝えるとあわてて外にでてきた

 

Piさん久しぶりに会う友人と話に夢中で全く気がつかったなかったらしい

壁をみたPinoも絶句!

 

どうやら今年の冬は暖冬で雨続きだったようでその例外的な気温と雨で

壁にカビが生えてしまったらしい

 

通常人が住んでいれば家の中を温めるためこのようなことにはならないけれど

4か月無人の為にこんなことになってしまったらしい

 

Piさんさっきまでのルンルン気分も吹っ飛び意気消沈

また一から壁の塗り直し?そんな馬鹿な、、、、、ありえない、、、、

 

友人たちが帰ったあとも呆然と壁を見つめているPiさん

もうこれはカビとって再度塗りなおすしかない

また時間と費用が二重にかかってしまうと落ち込んでるPiさん

 

翌朝 

気を取り直してためしに壁を

漂白剤を付けたスポンジで拭き取ってみた

なんとカビだけが綺麗にとれ黄色はそのまま

そうとわかると“漂白剤いっぱい買ってきて~”と

Piさん断然やる気がでてきたよう

 

カビとって塗りなおすことを思えば漂白剤でひと拭きするだけなら

なんとか頑張れると手袋はめて早速納屋から始めました

それでもやっぱりカビを落としている時の顔は

すごく悲しそうな顔

アップで

ちなみにこれ塗っている時の楽しそうな顔

 

Piさんわかりやすい人です

で3日ほどですべてカビを落としやっと元通りになりました

 

今回は家の中ではなく外壁でした!

Piさんお疲れさまでした!よかったね塗り直しにならず

 

 

コメント

2014年度 畑の準備完了!

2014-05-13 01:06:01 | イタリア:自宅&畑&花

数年前から庭の畑で野菜を植えている私達

昔あった大きな木を切ったあとの土地を畑にしたため地中には

太っとい根っこがまだまだ残っている

 

毎年少しずつ掘り返すもなかなか簡単には取り除けない

Piさん今年も耕しはじめました

今度はお猿から農夫に変身です

帽子落として斧やスコップでガンガン掘り返し格闘していました

 なかなか掘り出せない根っこ

 

そんな姿を遠くから見ていた私が思ったこと

日本でもイタリアでも農家の御爺ちゃん、おばあちゃんが皺だらけでも

元気で長生きなのはやっぱり燦々と降り注ぐと太陽光をあびて

体を動かしているからだろうな~と

彼らにはスポーツジムは必要ないな~と

 

で約30分格闘ガッツポーズのPiさん

出てきた根っこを前にご機嫌さん

 そしていっぱい植えた野菜たち

植え付けは私の係りです!

 

ダッテリーノと言う品種のすごく甘くて美味しいミニトマト8苗

毎年沢山実ります!

この品種美味しいからスーパーで買うと高いんだな~

 

キュウリ2苗しかも日本のように細いタイプ

なぜならイタリアで売られてるいるキュウリって

太くて中心がブヨブヨで私はあまり好きじゃない

やっぱりキュウリは細に限る

 

初挑戦のペペロンチーノピカンテ 

これどんな野菜かっていうと

こんな感じ !

これは昨年市場で買ったもの

ミニトマトを一回り大きくしたくらいの大きさです!

どのように食べるかはこの夏ちゃんと育ったら

またまたこの場で

 

そして日本から持ってきたスナップエンドウも植えてみました

昨年育たなかったオクラに代わってリベンジです!

さー成功するかな?

 

まだ買い足りてない苗もありますが

これから毎日水やり頑張ります!

コメント (4)

今日の収穫!

2013-07-29 00:19:44 | イタリア:自宅&畑&花

過ごしやすい夏が続いていた2013年夏のベネチア

先週あたりからアフリカからの熱波がやってきてかなり暑い

 

それでも大陸の郊外にある我が家は周りに緑が多いせいか

時々さわやかな風が吹き暑いながらもエアコンはおろか扇風機無しで過ごしている

 

3年ほど前からガーデニングや家庭菜園にはまっている私達

今年はトマト、キュウリ、なす、大根、オクラ、赤カブ、

青シソ、赤シソと元気に育っている

 

本日の収穫

赤シソ、太く大きく曲がってしまったきゅうりと

何故かきゅうりとほぼ同じくらいの大きさの大根

 

大根はちょっと収穫が早すぎたのと

大きな木を切ったあとに植えたためおそらく地中に根っこが残っていて

まっすぐ育たなかったような?

 

いづれにしても来年の課題

 

トマトはもう4年目順調に毎日収穫できている

そして昨年ほーたらかしにしていた赤シソ

勝手に同じ場所に生えてきたのを今回は

 

こーんな感じに!赤シソジュースにしてみた

濃いめに作ってガス入りの水で割って飲む

 

これ母が夏になると毎年作っていた

見た目も綺麗でめっちゃ美味しい!

葉っぱの収穫が少なかった為色はちょっと薄め

こんなに簡単にできるなら毎年作ろう!

 

コメント (2)

雨ばかりのVenezia

2013-03-24 22:38:49 | イタリア:自宅&畑&花

3月初めにイタリアに帰ってきて早くも月末に近づいております

今回初めて帰宅後の驚きはなくほっこりしております

ここまでたどり着くまで5年かかりました

あーそういえばやっぱり電話回線がおかしくなっていたな~

珍しくすぐに戻ったけど

 

でもでも帰ってきてからあまりお天気に恵まれず

どんより曇っていたり雨ばかりのヴェネチアが続いております

こんな風にすかーっと晴れたのは

 

指折り数えられるくらい

もういい加減いやになってきてます

 

と言うことで本日日曜日は朝から雨のため

久しぶりにお店閉めて

二人家でゆっくりしております

たまにはこんな日も必要だなーと感じている今日この頃

シーズンインに入る前のほんのひと時です

 

Piさんは朝からごそごそ何かしております

何やってんだろうこの人

なんだか楽しそうです!

コメント (2)

戻ります

2013-02-28 17:11:52 | イタリア:自宅&畑&花

今夜の便でイタリアに戻ります

あっと言う間の日本での4か月でした

 

4カ月あけていたイタリアの家

今年はいったい何が起こっているのでしょうか?

帰宅の度に驚きが待っている

 

2012年はこれ 

2011年 2010年はこれ 

 

今年こそ何もないことを祈って!

 

そして予想できるネガティブなできごと

もしかしたらまた電話回線&インターネットが家からできなくなてるかもしれません

その場合はメールでのお返事は3月5日以降になりますので

ご了承お願い致します

 

“メール送ったのに返事がこない?”って時は

上記のような状況に陥っていると思います

でも必ずお返事致しますので心配なさらないでください

コメント

なんでも運ぶ!② ガーデンテーブルセット

2012-09-09 07:16:34 | イタリア:自宅&畑&花

運ぶことが気にならないPiさん

昨年はご近所さんの古道具屋バルテルのところでガーデン用の椅子を4客購入

勿論新品ではなく古くて汚いもの、、、、

 

よくあるプラスチック製の椅子とはちがい

アイアンのこの椅子はずっしりしていてデザインも凝っていて

剥げていて見た目は良くないが私もすごく気に入っている

 

ただしデザイン良し、品質良し、プライス良しとなると

かなりのお手入れが必要

かなり汚い

普通の人ならめんどうで嫌がる作業も

彼にとては楽しみの一つのようでまったく苦にならない

 

ということでこの重たい椅子をやっぱりベニスのお店から

1客づつ気の向いた時に持ち帰りはじめた

 

持ち帰り途中水上バスの中で後ろにいる人から

声をかけられたPiさん

 

なんとこの椅子の前の持ち主だったようで

〝すごく気にっていたんだけど古くなって自分でお手入れもできないし売却したんだ、

でもこうやってまた使ってくれる人がいると嬉しい〟と

 

なんだか不思議なめぐり合わせです

 

アイアン製の為長くもっているとずっしり手にこたえる

道中頭に担いで無事自宅に到着

 

2012年夏やっとすべて持ち帰り

錆をとって綺麗に塗りました

あんなに汚かったのにまるで新品のようになりました

 

そして昨日お揃えのテーブルも遅ればせながら購入

さすがにこれは手で持ち帰ることできず

甥っ子に

船を出してもらい車が出入りできるところまで運んでもらい

先に車で待機していた友人と一緒に家まで持ち帰りました

 

もちろんこれもハゲハゲ~

今朝早起きして早速お手入れ開始!

 いつになくやること早いPiさんです

何故こんなに早くことを進めているのかと申しますと、、、、、

急がなくてはいけない理由が、、、、、

これはまた後日ゆっくり記載するとして

テーブルとセットになってやっと見栄えよくなりました

やっと庭に光がさしたようになりました

コメント

なんでも運ぶ! ① 家具

2012-04-25 15:48:54 | イタリア:自宅&畑&花

ベニス島で物を買って自宅にもって帰るのって

小さいものならなんの問題もなくもって帰れるのですが

 

大きなものを購入するとそれをベニス島内から大陸側(メストレ)に運び出すのは

至難の業!

 

手持ちのできないものはすべて船を利用して車やバスの入り込める場所まで運び

そこから又車やトラックなどで運び出すこととなり

送料だけで買った商品より高くつくこともたびたび

 

なのにPiさん買うんですよ、、、大物を、、、、

どうして運び出すのよってものを

 

5年くらい前の話

オスペアレット商店街 (ラルベロの近くのお店を私が勝手にそう呼んでいる)

の古道具屋さんのバルテルのところで年代物の家具を買いました

 

家具です、、、“年代物なのにすごく安かった”と、、、、

でも家具なんです!とっても大きな!!!

 

送料だけで間違いなく買った商品代くらいつく

いったいどうやって運ぶのよ~と

 

いつものように怒る私に

 

Pi “ バラバラにしてもらうのでそれを少しずつもって帰る ”と

バルテルがバラバラにした家具をお店(ラルベロ)に運び込んできました

 

バラバラにされた家具はそれでなくても狭い店の中に

案の定ながーく置き去り状態にされていました

 

時々バルテルがみにきて  〝Pinoもって帰っているか?〟って

私、、、、〝 まだあるよここに!〟

そんなやり取りが数ヶ月

いい加減バルテルもあきれてもうそれ以来に私に聞くことはなかった

 

が数年前何故か突然思いついたかのように

 

こんな風に持ち帰りはじめました、、、、

 

バスの中にも持ち込み

 

夜遅くなっても手持ちで家まで持ち帰りました

気が向いた時だけも持って帰るものだから

全て持ち帰るまでに2年ほど経過(笑)

 

そして家の納屋に1年ほど放置され

 

2011年の夏ある日突然組立はじめました

まだ家のどの位置に置こうか決めてない先に、、、

 

もちろん組立てられた家具は秋の私たち日本出発までには定位置に置かれることなく

家の入口の邪魔になる場所に数か月置き去りにされまま、、、

 

我が家に来客があってもその家具は玄関近くに所狭しと置き去りにされ、、、

 

来客もそんなPinoの性格を知ってか

〝まーいいやん時間あるときにやれば〟と

恥ずかしがる私をそう言って慰めてくれていた

 

この春帰ってきてやっとまともな位置におかれました

 

やっとこさ我が家のガラスのコレクションボードに変身できました

 

まだまだ手入れのいるこの家具

Piさんどんな風に直していくのでしょうか?

いつ終わるんだろうか?

 

コメント (2)