ラ・ヴィータ イタリア

イタリア:ベニスでの日常生活やベネチアンガラス工房のお店“L'albero”での出来事、イタリア&海外お奨めスポットなど

ベネチアンガラス体験教室  in 京都

2010-01-26 23:19:52 | 日本:体験教室 京都
現在募集中のベネチアンガラス体験教室 In 京都

昨年の11月からいろいろ宣伝してきた体験教室
当初あまり反応がなかったので〝これは企画倒れ〟になるかと思っていたら

年が明けいっきに申し込みが増えてきた
どうやら早く宣伝しすぎてたようだ!

特に現在店頭販売実演中のJR京都伊勢丹でチラシをもって帰る人が結構多い

この実演販売は2月2日まで10Fで開催している
Pino毎日朝から閉店までがんばって大作を作っている

体験教室でどんなものつくるか想像つかない方はぜひとも実際に見ていただきたい


26日夜現在の申し込み状況

金曜日  午前、午後ともまだまたすいてます!
この日ならプライベートレッスンに近い状態になるので
ゆっくりのんびり質問いっぱいで体験されたい方には金曜日はお勧めです

土曜日 午前、午後とも比較的まだあいてます
すぐに詰まってしまう可能性がありますのでご検討中の方には早めの予約をお勧めしおます

日曜日 午前が残り5名  午後はもう一杯です
コメント

さすが日本!

2010-01-18 23:34:58 | 日本:販売
温泉から帰った次の日
伊勢丹行きの荷物が一旦神戸から戻ってきた

電気炉のみ点検のため一旦自宅でうけとり
その他の荷物はそのまま出荷した

そして2台ある電気炉を開けてみると
えーなんてこと一台の電気炉の中がぱっくり割れて壊れてる!!!!

一瞬頭が真っ白になった
デパートでの実演販売には電気炉が2台必要だ
一台ではどうしようもない
次の仕事まであと3日しかない
すぐに手配しないと間に合わない

でもこの電気炉すごく高い
保障なしではとてもすぐにもう一台なんて買えない
すぐに運送会社に連絡、担当者が飛んできてくれた

いろいろやり取りしたなかでなんとか保証金がおりるところまでこぎつけた

必要書類はカタログと買ったときの納品書が必要とのこと
でも納品書なんてもう手元に残ってない!
どうしたらいいか聞くと、購入先で再発行してもらってとのこと

正直非常にめんどうだ!
でも保証金をもらうためにはそれがないとどうしようもない

今日の月曜日をまって早速朝一番電話してみた
こころよく了解してもらい、しかも私のお願いごとも聞いてもらい
すこし細工した納品書をFAXで送ってもらった

これで保証金に必要な書類はそろった

あとは電気炉一台を水曜日までに手配することのみになった

ネットで見つけた先に電話で注文すると
ががーん! なんとメーカー切れで一月末まで入荷しないとのこと

万事休す、、、、、あーどうしよう、、、 仕事ができない、、、

久しぶりにあせってしまった!

仕方がない発想を全部きりかえて今と同じものはあきらめて
すごし小型のもを買うことにした
幸いこれは在庫があった

がこれまた発注から5日かかるという
金曜日まではいらないて、、、仕事は水曜日からはじまるのに、、、、

すぐにネットから支払うので今日中に出荷手配してデパートに直送してほしいと
いうとなんかと動いてもらえた

いやー問題発生から24時間以内ですべてが解決した
まだ電気炉は届いてないけどおそらく大丈夫だろう

やっぱり日本はすごいこれだけのことがすぐに解決する

これがイタリアで起こっていたらと思うとぞーっとする
絶対に24時間で解決はしないし電話ですべてが解決することはない
何日もかかり事務所に出向き挙句のはて保証金はうけとれるかどうか???
約束の日に届くはずの商品が届かないなんてことも日常茶飯事

というよりもイタリアには日時指定配達そのものがない

イタリアに住むようになって日本の素晴らしさを痛感するようになった
日本の当たり前がイタリアにはない
コメント (4)

やっぱり温泉!

2010-01-17 23:00:29 | 日本:その他
伊勢丹の仕事が始まる前に温泉に行ってきた
人の少ないお正月明けの平日を狙って予約

行き先は湯快リゾートの南紀勝浦の温泉 越之湯
この湯快リゾート前から気になっていた

これPinoがTVのコマーシャルで偶然みつけて私に言った
〝かなえ!これ面白そう!〟と

早速京都からの往復バスがなんと3000円
一泊夕食&朝食込みで一人通常7800円が大感謝際ということで6800円に

いろいろな温泉地で宿を展開しているけどさーどこにいくか???
Pinoが〝海が見たいと!〟ということで勝浦に決定

バスにゆられて約6時間、、、ひゃー勝浦はめっちゃ遠いなー
でもゆっくりのんびりバスの旅もなかなかいいもんだ

宿には14時過ぎに到着
すこし休んで近辺を散歩して宿に戻り
まずはPinoが温泉にくると必ず〝やろう〟と言う

ピンポン:卓球〟をすることに
大ハッスルのPinoちゃん!浴衣姿もなかなか決まってるぞ!





卓球終了後はお待ちかねの露天風呂に
ここ越之湯は貸切露天風呂がある通常2000円かかるところが
メール会員になれは半額なる!

ゆっくりバスの旅の疲れをとり、お楽しみの夕食に
夕食はバイキング、、、、内容は???
一泊二食付でこのお値段を考えると妥当な内容かと!

お腹いっぱい食べて寝る前にまた温泉にはいり
そのまま二人ともバタンキュー状態

朝目覚めて朝食まえにまたまたお風呂へ!温泉三昧!最高やなー!
朝ごはんもバイキングでついつい食べすぎ

今日はどうしょうかということで近くにある世界遺産に登録された
〝熊野古道〟に行くことにした
バスに揺られて約20分 〝大門坂〟の入り口に

なんともしなびた感じの道が続いている、冬場の平日ということもあり
約650mあるこの道のりで人にすれ違ったのは数人だけ




二人だけの貸切の古道となった!杉の間から差し込む太陽の光が
幻想的でなかなかロマンチックだったなー

途中こんな木をみつけ記念撮影




ラルベロとPinoは切っても切り離せない仲のようだ!

ゆっくり時間をかけて歩き那智神社近くからでているバスに乗って宿にもどる
久しぶりに寒いなか階段のつづく古道を歩いたので疲れたのか
そのまま昼寝してしまった!
そういえば昨年ドロミティーの山に行ったときも昼寝してたなー

昼寝から目覚めると予約していた露天風呂の時間
お風呂から上がって全身マッサージチェアーへ
空手で鍛えた彼にはマッサージとは無縁であまり必要としないようだ

そんなPinoに〝気持ちいいからやってみて〟と無理やりチェアーに押し込んだ
くすぐったいのかこの顔



感想は〝なかなか気持ちよったー〟っと

そのあとは久しぶりにカラオケ!
Pinoイタリア人なのになぜかカラオケはへたくそだ!
歌を歌うことは大好きで家でも髭剃りながらアカペラでよく歌っているのに
なぜか音楽にあわせて歌うと、、、、?????
と言う状態になる
というわけでほとんど私が歌いっぱなしだった

カラオケは嫌いらしい!

あとは食事して卓球してお風呂入って
思う存分温泉を楽しんだ!

出発の朝、近所を散歩していると寂れた温泉町には珍しい
お洒落なカフェ:イササジコンをみつけた

そこでPinoがたのんだ〝エスプレッソ〟
すごくおいしいと絶賛していた
なかなか日本でおいしい〝エスプレッソ〟に出会えないのですごく感激していた

このカフェ 併設で洋服のショップもしているそうで
なんとイタリア製のものがたくさんあった
こんな温泉町で本物のイタリアエスプレッソに出会えるなんて
なにかのご縁かもしれない!

十分に満喫した温泉
満足!満足!
コメント

いよいよ!

2010-01-13 21:55:22 | 日本:販売
今日は本当にすごく寒かった
友人宅でおしゃべりの真っ最中ふと外をみると大雪が
ひゃー寒いはず!

昨日まで年明け最初の販売をしていた
お正月あけのせいもあってかなかなか苦戦した1週間だった

そして来週から1月20日~2月2日まで
いよいよ地元デパート 京都伊勢丹10Fでの販売に入る

ここは2週間のロングランなので私たちにとってはとてもやりやすい
友人たちもおしゃべりにやってきてくれるし
家からも近いので体力的にも楽チン!

あとはお客様に沢山来ていただければありがたい

販売開始の前に温泉にでも行こうということになり
南紀勝浦に行くことにした
露天風呂に入ってゆっくりのんびりするつもり
Pinoも楽しみにしているようだ

さてどんな珍道中になることやら
コメント

お正月

2010-01-01 17:35:42 | 日本:その他
新年明けましておめでとうございます

あーっと言う間に新年がやってきた早い早い時間が時間が過ぎ去るのは!

お正月特に何をするわけでもなく相変わらずコタツに入りっぱなし
寝ては食べて、食べては寝てえー感じですごしている
こんな贅沢な時間の過ごし方、これも日本に居るこのときだけの楽しみ

イタリアに帰ればこんなふうに何もしないで過ごすなんて一年中ほとんどない
いまの間だけの楽しみなのだ

貧乏性なのか明日は休もうってお互い言っていてもお天気がいいと
店閉めるのもったいないねってことになり結局お店を開けることが多い

今日、ベネチアの日本人の友人Yちゃんから電話があった
私たちのベニスのショップに近くに住む彼女もべネチアンガラスデザイナーと結婚している


偶然にも彼女も今年の冬は久しぶりに日本に里帰りしている

というわけで3日に京都で落ち合うことになった
ご主人Mさんも日本でPinoに会うのを楽しみにしているようだ


名古屋からやってくる二人さてどこに案内しようかな?
コメント (4)