ラ・ヴィータ イタリア

イタリア:ベニスでの日常生活やベネチアンガラス工房のお店“L'albero”での出来事、イタリア&海外お奨めスポットなど

2019 Alto Adigeドロミテ Tre cime 周辺の戦地後

2019-08-18 22:41:58 | 旅行:イタリア山バカンス

ここTre Cime はAlto Adigeドロミテで一番の景勝地で世界中から

この絶景を見に来る人が後を絶えません

圧倒される迫力ある岩山の連続は見た人の脳裏に焼き付く忘れられない景色です

 

その反面ここはイタリアとオーストリアとの国境にあり

私もそうだったように世界大戦の激戦地だったことを知っているひとは

それほど多くないのでは?

この地に足を踏み入れて改めて思い知らされる場所なのでもあります

 

山小屋で宿泊することが決まったので

時間の関係で日帰りではできなかったロカテッリ周辺の散策にでかけてみました

 

ふと目前にそびえる山に小さく人が動いているのがみえました

ちょうど真ん中の雲の下に人が二人見えます

Ka “Pino あそこに人がいるよここから行けそうだだからちょっと行ってみない?” 

Pi “いいよ~、かなえ大丈夫あそこ結構高いし足場も急だし怖いから帰るって言わない?”

Ka “頑張る~”

てことで人が動いていた場所まであっさり到着

絶景や~

 

そして先にはまだずーっと道が続いている

振り向くとロカテッリがこんなに小さく見える

興味本位でどんどん進んでいくと

山の中をくり抜き道はどんどん続いている

 Piさん登ったり

下ったり

どんどん進むと

第一次世界大戦時に作られたもので所々にある穴から

敵からの攻撃に備えていた場所

Tre Cimeも

ロカテッリも

 あの時代にこんな場所で掘り続けられた山の中の穴

一体どれだけの人がここで命を落としたのかと思うと絶句

 絶対にあってはならない戦争

 

そんなことを思いながら30分ほど歩いたかな?道はまだまだ続いていたけど

夕食の時間が迫っていたため引き返すことに

本来このルートは上級者コースでこんな恰好をした人が後ろから私達を追い越して行きました

きっと先には足がすくむような場所があったんだろうな~

 

時間がある人はここ見るべきところです

道幅は狭いですがロカテッリから進むと30分くらいはそれほど危険ではないです

 

数年前Sestoのインフォメーションでみた衝撃的な写真

夏山にたかがリュック背負ってやってくるだけでも息切れしていた私

TreCimeの激戦地で命を落とされた人が運ばれている

 

絶景だけではない悲しい歴史も持ち合わせているドロミテなのです

 

 

コメント

2019 Alto Adige ドロミテ Tre cime の夕日と朝日

2019-08-11 01:10:26 | 旅行:イタリア山バカンス

夏休みは毎年恒例のAlto Adige ドロミテ 山バカンス

今年は念願のTre Cime の夕日と朝日を思い存分味わってきました

 

ベネチアからほど近いこの山に毎夏来るようになってはや10年、何度きても最高

まったく飽きることなく山の魅力に取りつかれている私達です

 

で今年は長年思い続けていた念願のTre Cime の夕日と朝日を堪能してきました

 

3つの条件がすべて揃った時に行こうねっとPinoと計画していたのに

何年もなかなかすべての条件があわない

でも待った甲斐あって2019年やっとチャンスが巡ってきました

 

その条件とは

①    前日に雨が降り少し気温が下がったあと2日連続の晴天日を選ぶ →

    気温が下がることで空気が澄んでより一層山が綺麗

 

②    山にきてから数日経過し体が標高1500mに慣れてからTre Cimeへ

   →もうお世辞にも若いとはいえない私たち(笑)体に負担をかけないよう安全第一

 

③    こんな我儘な条件で行きたいため山小屋 Rif.Locatelli(ロカテッリ)の予約なし

    到着して空いていたら宿泊

 

特に③のロカテッリ宿泊はなかなか難しいらしい

当日の朝お宿の奥さんに

“ロカテッリが空いていたら今夜は宿泊するので戻らないから心配しないでね”

と伝えると、

 

“ 夕日と朝日すごく良いよ~人気の山小屋だから空いていたらいいね”と

 

後から聞くといつも一杯でなかなかハイシーズン中は予約なしでは空いていないことが多いらしい

 

ということですべての条件が揃いました

 

まずは私たちの宿泊エリアSento/MosoからバスでRif.Auronzoへ

ここまでは以前は1週間のバス周遊券 MOBIL CARD → ここ 

でこれましたが2年前からこのTre Cimeは除外になり追加料金が必要に

 

そして2019年度からはなんとドロミテの真珠と呼ばれている

美しい湖:ブライエス湖 → ここ   追加料金が必要になってがっくり、、、、

 

人が集まる人気のエリアはドロミテもどんどん有料化していきます

 

話は戻ってバスで頂上到着後Rif.Auronzoからのんびり歩いで約1時間ちょっと?

最初のTre Cime ビューポイントへ:ここからの眺めはTre Cimeは斜め見えです

 

日本の団体ツアーでは体力のある人のみがここまで来ることができるそうです

そして目前に見える山小屋 Rif.Locatelli(ロカテッリ)を目指して歩き始める

毎年ほぼ同じ時期に来ていますが今年はなんとこのコースに雪が残っていました

通常ここは黄色の山ポピーが綺麗に咲いています

 

今年の4、5月は北イタリアは天候不順で雨続きでいつまでも寒かったため

花が咲くのも遅れているのでしょう(7月上旬)

 

30分ほど歩いたかな?

Tre Cimeを目の前から眺められる超有名な山小屋:Rif.Locatelli(ロカテッリ)に到着後まずは一息

その後山小屋の空きを確認、ラッキーなことにベットは空いていました

1泊2食付でドミトリーで一人60ユーロ(現金のみ)

 

この時期の夕日は20:30ごろだったかな?

夕食までの時間はこのエリアの散策 これについては次回詳細を書くとして

 

夕食後日が沈み始めると宿泊者は一斉に外へ赤に染まり始めたTre Cime

だんだん染まってきて

真っ赤になりました

 Piさんも大満足

日没後外をみるとなんとマウンテンバイクの人たちが到着

 

凄いな~こんなところまで

 

ちなみにRif.Locatelli(ロカテッリ)の夕食は一応フルコース

プリモ、セコンド、ドルチェ、お水込 

ドルチェはTre Cimeの形をしたババロアがかわいかった~

ドミトリーはこんな感じでした

なかなか暗くならず寝る前のショット

明日は朝日を見るのに早起きするため22:00頃にはベットへ

夜中に次からつぎへと皆トイレに行くので熟睡はできず

 

朝日は5時くらいからと聞いていながら少し寝坊

あわてて外に飛び出すともうかなり明るくなっている

まずは朝日の昇る方向に ロカテッリの後ろにある小さな池

 Tre Cime

 ロカテッリ

Piさん

存分に朝日とお散歩を堪能

ヌートリアも日向ぼっこ

そして朝ごはんへ

ハム、チーズが付いた朝食を食べながら突然あることに気が付いた私

Ka “あーしまったなんてこと!!!!星空を見るの忘れてた~”とPinoに

Pinoも“あーすっかり忘れてた~”

 

夜中に皆がごそごそトイレに行っていると思い込んでいたのは

皆星空を見に行っていたんだ~

 

2人ともボケが来ているようです

何たる失態!!!こんなチャンスそう簡単にめぐってこないのでかなり後悔

 

朝食で同席してた男性はそんな私の話に

“あー残念だったね、、、、降るような星空だったよ”って

 

もう本当に残念すぎる!朝日と夕日で頭が一杯で星空まで考える隙間が無かったようです

もし次のチャンスがあれば今度こそ星空に挑戦しよう!

 

次回はTre Cimeの周辺についてです

 

コメント

2019年 三越伊勢丹 日本橋店 イタリアンフェアー YUNIK出展

2019-03-30 08:19:59 | 日本:販売

ベネチアンガラス工房 ラルベロ とスイス時計メーカー “ GROUPE ACHOR 社 ”との

コラボレーションで誕生したベネチアンガラスオリジナル時計: YUNIK

今度は関東でのイタリア展出展です

2019年度新作モデルも含め色とりどり多数用意しております

 

日本でこれだけの品種から選んで頂ける機会は現在イタリア展のみです!

 

場所:三越伊勢丹 日本橋店 イタリアンフェアー 本館7F

期間:4月10日(水)~4月17日(水)

詳細 → ここ

 

お近くにお越しの際は是非とも会場にて手に取ってごらんくださいませ

 

広告詳細電子ブック:アイテムラインナップ  P22、YUNIK → ここ

 

下記

YUNIKプロモーションビデオ → ここ

2019年3月 バーゼルワールド Basel Word プロモーション音声付き → ここ

YUNIK 公式HP → https://yunikwatches.com/

YUNIK 誕生→ http://blog.goo.ne.jp/vetrina/d/20180210

2018年3月 バーゼルワールド→ http://blog.goo.ne.jp/vetrina/d/20180408

FaceBook  L’albero Venezia → https://www.facebook.com/Lalberovenezia

 

 

 

 

 

コメント (2)

2019年  YUNIK バーゼルワールド 出展

2019-03-20 08:29:23 | ラルベロ オリジナル時計 YUNIK

昨年に引き続き今年もYUNIK バーゼルワールドに出展致します

今年は私達は現場には行きませんがスイスのメンバーが終日頑張ります

 

日本からバーゼルワールドに行かれる方は是非とも会場のYUNIKブースにお立ち寄りくださいませ

 

期間 : 2019年 3月21日~3月26日

会場内:Hall of Fascinations    Hall 1.1 – Stand B13

アポイント詳細→ https://yunikwatches.com/baselworld/

 

コメント

サンティ・ジョバンニ・エ・パオロ L’ALBEROグループ展

2019-03-16 07:23:11 | ラルベロ(店)での出来事

前にもお勧めスポットして紹介したことがある

サンティ・ジョバンニ・エ・パオロ広場 → ここ

にある病院入口にて現在グループ展を開催中

昔教会だっただけに入口は重厚感あります

期間:3月8日~4月7日まで

病院の入口なので無料でお入りいただけます

お近くにいらっしゃる際は是非中をのぞいてみてくださいね

ツーリストの方も自由に入れます

 

初日の展示はオープン展示

オープニングイベントがあったため人も多く、こんな大切な宝物(非売品のコレクション)を

簡単にもっていかれる展示に私はドキドキ&ひやひや

売り場にべったり張り付いておりました

 

方やPiさんそんなこと全く気にする様子無し

かなえも2Fのパーティー会場に上がっておいで~と

 

そんなんこんな状態で行けるわけないでしょ~、パーティーから戻ったPinoに

 

“これ絶対に盗まれるで~”と私の激怒にやっと反応

 

その日のうちにこんな展示になりました(一応鍵付き)

なんで最初からそうしないのかな~イタリア人:Piさん

走ってから考える人なのです!

もちろんYUNIKも → ここ :反応高いです!

 

 

 

コメント (4)

2019年 新年明けましておめでとうございます

2019-01-03 06:28:02 | ラルベロ(店)での出来事

新年明けましておめでとうございます

今年はイタリアからのご挨拶となります

 

昨年は私達の息子と呼んでいるベネチアンガラス時計 “YUNIK” が誕生し

冬の日本イベントもすべて中止してその製作に追われる毎日でした

 

今年はさらにステップアップして製作ももう少しスムーズにできる体制に整え

今では家族の一員のようになったスイスのメーカーの人たちと一丸となり

ラルベロファンはじめより多くのお客様にこの時計を実際に手に取って見て頂ける機会を

どんどん増やしていきたいと思っております

 

どうか今年もラルベロ&YUNIK をよろしくお願い致します!

YUNIK公式HP  ⇒ ここ

ラルベロHP (日本語) ⇒ここ

ラルベロ:Facebook  ⇒ ここ

ラルベロ:トリップアドバイザー ⇒ここ

コメント

クリスマスイルミネーション パルマ編

2018-12-24 06:29:54 | 旅行:イタリアその他

列車でベネチアからボロニャ乗り換えで約2時間半

街中に川が流れるこじんまりとした程よい大きさの

生ハムで有名な街:パルマのクリスマスイルミネーションを楽しんできました

 

日本のように豪華絢爛ではないけれど街もお店も趣向を凝らした飾り付けです

やっぱり本場のクリスマス(イタリア語:ナターレ)もなかなかなもの

ベネチアよりパルマのほうがワクワク感がありました

見上げるとかわいいライトがなかなかセンス良いですね

プレゼントが夜空に浮かんでます

食後はね街中のショーウインドーの写真を撮るのが楽しくて

これ文房具やさん

イタリアのショーウィンドーはそこらへんにあるもので簡単に飾り付けしてても

やっぱりセンスがいいんだな~

 

こちらペット用品ショップもクリスマスカラー

この時期サンタの洋服きたワンちゃんがお散歩してるのも珍しくないのです

Piさんも楽しそうです、大胆にもプレゼントの箱で店頭飾り付け

インパクトのあるショーウィンドー

赤いウサギとグリーンの鞄

実はウサギは椅子なのです!さすがデザイン大国イタリアです

この発想の転換が大好きなのです

美容院は趣向をかえてこんな感じ

色とりどりの帽子ショップ

テーブルクロスがお洒落な家庭用品ショップ

そしてやっぱりパルマでもクッキーでできた大きなクリスマスツリー発見

後ろにうつってる人と比べると大きさがわかります

ちょっと無骨なサンタクッキー

雪だるま、寝てるのが1人(?)がいてますね

クリスマスツリー?

そしてパルマと言えばこれ

プロシュットクルード:生ハム 店頭に飾ってあるものはすべて本物です!

そういえば2年前のギリシャではプラスチックの張りぼて→ここ 

が飾ってあってがっかりしたのを思い出しました(笑)

こんな近くで丸ごと生ハム見せられたら

やっぱり食べ無きゃということで

こんなに沢山食べてしまいました!さすが塩辛くなくて甘くて美味しかった~

レストランも

街中はこの時期レッドカーペット

気分盛り上がります!

気候のいい旅行シーズンが終わりクリスマスバカンスが始まる少しまえ

ホテルの値段もグッドプライスになり人も多くなくなかなかお勧めの時期です

最後におまけ!ベネチアのメストレのクリスマス

街の広場のツリー

 

コメント

2018年ベネチアのクリスマスイルミネーション

2018-12-22 08:02:50 | イタリア:ショーウィンドー

例年この時期は日本のデパートでクリスマスソングを

へとへとになりながら聞いていて

街中のクリスマスイルミネーションに感動する心の余裕もなかったのですが

今年はイタリア居残りの為本当に久しぶりに(たぶん13年ぶりかな?)

イタリアのクリスマスを楽しんでおります

 

まずはサンマルコ広場のクリスマスツリー

シンプルだけどお洒落でいい感じ!

広場の回廊は光のカーテン

 街中のチョコレートショップの豪華なチョコツリー

ミニチョコツリーもかわいい(食べたーい!)

イタリアのクリスマスケーキはこんな感じ

クッキーでできたメルヘンチックな家、イタリアってこんなメルヘンなのもお得意なのです!

こちらホテルのショーウインドー

そしてさすがガラスの街 クリスマス時はこんな感じ

肝心のラルベロはといいますと飾り付け遅れてます

おそらくこのまま飾れなく終わってしまいそうです

完全に出遅れました(笑)

 

そしておまけはこれ一体だれがいつ履くのかな?

スパンコールだらけのハイヒール

コメント

2018年10月29日 ベネチア アクアアルタ(水害)

2018-11-26 08:27:50 | ラルベロ(店)での出来事

かれこれ1ヶ月前くらいの話です

今頃書いているのって言われそうですが最近手の遅い私ですみません

 

2018年10月29日にベネチアは歴史(3位か4位)に残る大水害に見舞われました

日本のテレビニュースでも報道されただけあって

友人&知人&ラルベロのお客様からも状況を心配するメールを沢山頂きました!

皆さまにはご心配頂き本当にありがとうございました

 

やはりこの水害についてはしっかり記録に残しておこうと思い

つらつら書きはじめました

 

アクアアルタ(水害)はベネチア島内で一番地盤が低いサンマルコ広場が

頻繁に浸水するので有名なのですが

今回は半端ない高さで記録では156cmと発表がありました

ベネチア島内の75%が浸水するという大災害でした

 

我がショップラルベロはPinoが購入当時に多少では浸水しないように

入口に段差をつけてアクアアルタ対策をしており145cm位までは

まず大丈夫なおですが今回はさすがに浸水してしまいました

Pinoがラルベロをオープンして以来初めての浸水となりました

 

幸か不幸か浸水が最大に達するのがお昼の14:00頃という事だったので

何とか店への浸水を防ごうとPinoと二人長靴はいてお店に出かけました

 

水上バスでリアルト橋に着く手前船からみた風景

ゴンドラに乗っている人もいればカフェでお茶している人も

運河との境目がわからない道を歩いている人(危ない)

きっとこの日は運河に落ちた人続出だったのでは?

 

水上バスの降り場には渡し板(パッサレッレ)がひかれているも

スーツケースを持っての移動は至難の業

アクアアルタになれっこの停留所前のカフェ

 

 

靴屋さんも浸水

ホテルも浸水しながらチェックイン

そしてこんな時でも犬の散歩

このワンちゃん嫌がってもいなかったけど嬉しそうでもなかった

きっとアクアアルタの度に連れ出されているんじゃないかな~(笑)

“あ~またですか~”って言うワンちゃんの声が聞こえてきそうでした

 

そして物好きな私はこんな中パンを買いに行くことに

パン屋さん浸水しながらも営業していました

私だけじゃなくちゃんと買いに来ている人もいてましたよ

 

無事にパンをゲットしてお店向かう途中

長靴の中に水が入らないようにゆっくり歩いていたのに到着直前に撃沈

長靴に浸水!

今回のアクアアルタは私のひざ下の長靴では対応不可能でした

その後一日中水の入り込んだ長靴を履いていたため足はもうフニャフニャ

気持ち悪かった~

 

到着したお店前はこんな感じ想定よりひどい状態

店内は入口段差でぎりぎり浸水がとまっている

 

このまま水位が上がらないこと祈っていたのに時間とともにドンドン水かさが増える~

店前はまるで川の状態

 

やっぱりこのくらいの長さの長靴必要だった~

とまれ~そこで止まって~と思っていたらとうとう店内浸水

と同時にPinoが

 

“かなえ~ 後ろから浸水している~”と

振り向くとなんと店内奥から浸水

ひえ~一体どこから水が入り込んでいるのかさっぱりわからず

まさかの店内奥からの浸水にPinoも唖然

 

心配なのは大事な仕事道具 “窯” これが浸水したらもう死活問題

じわじわ迫る水かさにハラハラドキドキしながらも

 

とにかく被害を少なくするために掃除機など電気製品を椅子の上に

棚の一番下の引き出しも上に上げできることは全部やった

しばらく呆然としていると

ふと店前を通る人が私にむかって隣の建物を指さす

“表をみて~”というしぐさでふと見ると

なんと隣のドラックストアーの入口から煙が出ている

 

どうやら漏電によるショートで火事が発生した様子

しばらくするとラルベロ店内にも異臭と黒煙が充満

そして何やらポンポンと爆発する音が聞こえてきたと同時に

ラルベロもブレーカーが落ちて電源喪失

 

歴史に残るアクアアルタと隣の火事でラルベロまで延焼したらどうしようと

ドキドキしながら表に避難

店の上の住人は泣きながらパニック状態で避難

ちょうどお店の裏側にあたる分がドラックストアーの倉庫になっていて

そこからさらにひどい黒煙がもうもうと出ている

取扱い商品にアルコールがあるだけに引火したら一巻の終わり

ハラハラドキドキ早く来て~消防車(消防船)

20分ほど待ったかな~やっときてくれた消防隊員

消火をまっている間に水かさも下がりはじめ(水は3時間ほどで引く)

結局ボヤ程度で収まりまだ異臭が残る店内にてロウソクともして

食べ損ねたランチ(夕食?)をしっかり食べてから帰宅

疲労困憊の一日でした

それにしてもよくあったな~ロウソク

 

翌日はベネチア島内は日本の年末のような大掃除

ラルベロは床が濡れた程度ですんだのでお掃除もさほど大したことなかったけど

 

近所のレストランなどはみな店前に道具だしてお掃除

業務用の冷蔵庫が浸水してしまった向かいのお店の人

“大変だね”と声かけると

“ベネチアだからね~仕方ないよ”って笑顔で対応

それにして皆たくましい!

 

ちなみに今までベネチアで一番浸水したのが1966年の194cm

当時15歳だったPino “水がひくまで3日かかった” と

この時は世界中がベネチアが沈んでしまうと心配し、

イタリア国内でもベネチアを守るため外海に面する所に「モーゼ」

と呼ばれる島内に流れ込んでくる海水を防ぐ自動式の壁のようなもを製作開始

 

税金つぎ込み52年経った今もまだできてない

まさにイタリアンな話です

 

仲良しの御年88歳になるベネチアの御婆ちゃんは

“私はその時病院で働いていてね、使命感で胸元まで水につかりながら出勤したよ

体が冷え切って寒かったよ”って話してくれました

 

ベネチアは海と街が結婚して生まれた街

アクアアルタはベネチアにとっては運命共同体

そしてここに住む人はそれを全部受け入れて生きて行かなければならないのだと

実感した出来事でした

 

いつもならこの時期はPinoと二人日本ツアー中だったのですが

今年は帰国しなかったので何とか対応できました

 

何故だろう?胸騒ぎ?

私は夏の終わりくらいから“今年はひどいアクアアルタが来そうで怖い”と

何度もPinoに言ってました、まさか本当になるとは

今シーズンの1発目がこれ、最初で最後であって欲しいです

 

ちなみにリアルト橋のカフェにあった昔の写真

1966年の時の写真の様です!きっと何日かたったあとでしょうね

 

Face Bookのページですが

サンマルコ広場の様子です完全に海状態 → ここ

ムラノ島の様子 まるで津波 → ここ

 

 

コメント (4)

YUNIK 関西初 阪急うめだ イタリアフェアー2018 出展

2018-10-26 06:19:09 | 日本:販売

大変お待たせいたしました

来週からベネチアンガラス時腕時計 YUNIK → ここ

関西初の発売開始となります

 

場所:大阪 阪急うめだ本店 イタリアフェアー 

    9階:祝祭広場

期間:10月31日(水)~11月6日(火)

時間:10:00~20:00 (金・土は21:00まで) 最終日は18:00まで

 

7日間限定になりますがこれだけ一度に沢山の品ぞろえで

見て頂ける機会はそうそうございません今どこよりも品は揃っていると思います

正直ベネチアの我が工房L’ALBERO → ここ よりはるかに多いです:笑

選択肢が沢山ありますので是非とも会場にて実際に手に取ってご覧くださいませ

 

 

本当は私達も現場にてお客様の反応を直接体感したかったのですが

先日のブログ→ ここ でも記載いたしましたが

今シーズンはイタリアにて時計製作に没頭することになりました

イタリアより私達の息子“YUNIK”が皆様に受け入れられるように願っております

 

製作者の私達が一番知りたいことはお客様の反応です

どんなささいなことでも結構ですので実直なお意見を頂けるとありがたいです

ブログコメントなら匿名記載&非公開も可能です(非公開希望と記載ください)

勿論ラルベロに直接メールくださっても構いません

info@alberovenezia.com

皆さまからのご意見&ご希望をお待ちしております

 

そしてラルベロのお客さまで会場に行かれました方は

売り場の様子教えて頂けたら嬉しいです

本当にこれってテレビ番組の“初めてのお使い”の親の気持ちと一緒ですね(笑)

ハラハラドキドキです

特に希望の色&デザインなどを教えて頂けましたら

これからの制作の励みになりますのでどうかよろしくお願い致します

 

下記

L’ALBEROのFaceBookページです

https://www.facebook.com/Lalberovenezia/

Piさん工房にて製作しております(動画ページ)https://www.facebook.com/pg/Lalberovenezia/videos/?ref=page_internal

阪急うめだ本店 イタリアフェアー詳細

http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/h/italia2018/page02.html

 

コメント (9)