ラ・ヴィータ イタリア

イタリア:ベニスでの日常生活やベネチアンガラス工房のお店“L'albero”での出来事、イタリア&海外お奨めスポットなど

Piさんの工作 2 ガーデンテーブル

2014-06-15 08:32:51 | イタリア:Piさんの工作

Piさん家の改装 → ここ

の終わりが見えてくると今度はお化粧を始めました

いろいろと楽しいお化粧を始めているのでこれも少しずつ紹介いたします

 

まずはこれ

2012年に大変な労力をかけてベネチアから運び込んできたガーデンテーブルセット

買ったばかりの中古のテーブルセットは錆だらけのひどい状態でした → ここ

 

ひとまず色を塗りなおして綺麗にして終わりかと思っていたら

また何やら考えているようです

そしてPiさんと言えば

得意のモザイク始まりました~

また気が遠くなりそうな作業をしています

いつものように騒音と埃だらけ~

コツコツとモザイク(廃材)はめ込み仕上げました

これで終わりかと思っていたら

昔からあるミニサイドテーブルにもモザイクはめ込み始めました

実はこのミニテーブル本当はもっと足が長かったのですが

長年雨風にさらされて錆て足が一本おれちゃいました~

捨てるのかと思っていたら足を全部切りそろえちょっと低くなりましたが

また使えるようになったのです

鉄の足が錆びて折れるくらいですからかなり長くこの家にあったわけです

Piさん曰くこの家に引っ越してきた時からテーブルはあったとか

一体何年この庭に置き去りにされていたのでしょうかね?

そして今回Piさんに命吹き込まれて蘇りました~

いつものように楽しそうなPiさんです

 

捨てなくてよかったわ~

ついに完成!大小セットのテーブルになりました

 

これで庭の水道 → ここ

ともお揃えになりましたよ!

なかなかかわいくなりました

 

コメント (2)

2014年 戻ってきたらやっぱり、、、

2014-06-07 06:00:07 | イタリア:自宅&畑&花

毎年3月にイタリアに戻ってくると4か月留守にしていた家に問題が発生している

これもう恒例となりつつあります

2010年から2012年の3年間の悲劇は→こちら 

 

大したことがなかった2013年

2014年度も大丈夫だろうと思いながら帰ってきたら

やっぱり起こっていました問題が!!!!

 

今回はどんな問題かと申しますとね

日本でのすべての仕事を無事終えてルンルン気分で帰ってきた私達

家までの道中いつも空港まで迎えにきてくれる友人たちと

夢中で話し込んでいるPino

 

家に到着して敷地内にはいる

Piさんは友達と話に夢中でそのまま家の中へ

 

なんとなく違う感じがしながらも中に入る私

 

気になりもう一度外に出て再確認すると

えー2012年に塗ったばかりの黄色の壁→ここ

に黒い斑点が一面にびっしり

こんな斑点が全ての壁に

 ここも

 

あ~天上部分までも、、、、

“ えー何これ~”思わず叫んでしまった私

友人と話しこんでいるPinoに伝えるとあわてて外にでてきた

 

Piさん久しぶりに会う友人と話に夢中で全く気がつかったなかったらしい

壁をみたPinoも絶句!

 

どうやら今年の冬は暖冬で雨続きだったようでその例外的な気温と雨で

壁にカビが生えてしまったらしい

 

通常人が住んでいれば家の中を温めるためこのようなことにはならないけれど

4か月無人の為にこんなことになってしまったらしい

 

Piさんさっきまでのルンルン気分も吹っ飛び意気消沈

また一から壁の塗り直し?そんな馬鹿な、、、、、ありえない、、、、

 

友人たちが帰ったあとも呆然と壁を見つめているPiさん

もうこれはカビとって再度塗りなおすしかない

また時間と費用が二重にかかってしまうと落ち込んでるPiさん

 

翌朝 

気を取り直してためしに壁を

漂白剤を付けたスポンジで拭き取ってみた

なんとカビだけが綺麗にとれ黄色はそのまま

そうとわかると“漂白剤いっぱい買ってきて~”と

Piさん断然やる気がでてきたよう

 

カビとって塗りなおすことを思えば漂白剤でひと拭きするだけなら

なんとか頑張れると手袋はめて早速納屋から始めました

それでもやっぱりカビを落としている時の顔は

すごく悲しそうな顔

アップで

ちなみにこれ塗っている時の楽しそうな顔

 

Piさんわかりやすい人です

で3日ほどですべてカビを落としやっと元通りになりました

 

今回は家の中ではなく外壁でした!

Piさんお疲れさまでした!よかったね塗り直しにならず

 

 

コメント

2014年 大阪ベネチアンガラス体験教室 作品発表会

2014-06-03 05:47:42 | 日本:体験教室 大阪

京都会場の翌週から大阪梅田の三越伊勢丹にて昨年に引き続き教室を開催いたしました

大阪は今回で3回目

 

やはりこちらの会場でも昨年ベネチアで大きなお皿を作ってくれたYちゃん→ここ

お母さんと再びご来店

みていたら制作意欲がふつふつと沸いてきたようで

“ むずむずしてきた~ ”と早速パーツ探しに必死

見つけたパーツに一言 “これフクロウにみえる~”と

 

早速その場で私に大きな葉っぱの形枠を希望

枠の幅を広げて制作開始出来上がった作品がこれ

 

森の中にいるフクロウをイメージしたと

夢があってすごく素敵!子供の発想力には脱帽です!

 

そしてこれ三つのパーツをくっつけて

広げると御箸置きに!かわいいですね

 

昨年小鳥の形に挑戦されたお客様今年はウサギの形にトライ

 ペンダントとイヤリングのペアも金箔仕上げで健在

 

大阪会場でもリボンの形は人気でした

 

星の形の中にラルベロをイメージして

 男性のお客様はゴルフマーカーとカフスを作りたいと

 皆さんそれぞれ楽しんでおられました

 そしてやはりお皿作りに挑戦される方も多くなりました

 

この方ベネチア本店での体験からこれで3回目のお皿作り

 砂の使い方が面白いですよね

 

ベネチアでも作られたラルベロデザイン

なかなかかわいく仕上がりました

 

実は今回体験教室始まって以来初めて作っていただいた形で

お届けできないという事が起こってしまいました

 

このお皿窯から出したときはこんな感じに綺麗に仕上がっていました

ところが数時間後にふとみると何やらヒビが入り始めました

 

翌日再度窯入れしました

通常これでうまくいくのですが2回目の窯入れも後も同じ所にヒビが入り

こんな感じに3つに割れてしまいました

Pinoの経験上もうこれは何度焼いても同じ所からヒビが入り

作っていただいた形ではお届けできないと

 

即お客様にTEL、状況を説明一旦ベネチアに持ち帰り

3つのパーツに綺麗に仕上げてペンダントなどアクセサリーにすることで

ご了解頂きました

 

ところがベネチアに持ち帰って焼き直したものの今度はさらに割れてしまい

計5個のパーツになってしまいました

まるでガラスが暴走しているようでした

 

お客様にはお詫びのメール、そしてすべてご理解頂き

“ Pinoさんの感性で素敵なアクセサリーに仕上げてくだされば嬉しいです ”と

おっしゃってくださいました

でこのような形に仕上げさせて頂きました

ペンダントに携帯ストラップそして御箸置きに

 

50年ガラス職人をやっているPinoですらもうお手上げの状況でした

実はこんな風になってしまった原因はクリスタルガラスなんです

 

年前お店でも1年間何度作っても飾り皿が窯出し後にヒビが入るということが

続きましたその年はお店に飾り皿がなにもないという状況に

考えられる原因を追究=クリスタルガラスということが判明

原因であろうそのクリスタルガラスを使わないようにしたら

問題はなくなりました

 

Pinoが大昔ムラノ工房で働いていた時にも同じようなことが起こったそうで

やはりその時もクリスタルガラスが原因だったようです

ガラスは本当に奥が深いです

 

という事で原因であろう細いクリスタルガラスは日本の在庫からすべて抜き出しました

 

2015年度も体験教室開催いたします

おそらく来年は京都教室のみとなる予定です

 

コメント