ラ・ヴィータ イタリア

イタリア:ベニスでの日常生活やベネチアンガラス工房のお店“L'albero”での出来事、イタリア&海外お奨めスポットなど

ギリシャ 美しい島 アスティパレア島 5 ネコ天国

2017-08-25 06:38:42 | 旅行:海外

知る人ぞ知るギリシャってネコ天国なんですよ

アスティパレア島に限らず何処の島にも平和に暮らしている猫が沢山いるのです

 

この旅で出会った一番べっぴんさんだったこのネコちゃん

毛並みもよくPiさんとのツーショットカメラ目線もばっちり

他にもカメラ目線のネコちゃん達

なんだかちょっと色っぽいネコちゃん

 この方ちょっと緊張気味?

目力いっぱい

そして幸せそうにあちらこちらで寝ている猫ちゃん達

 

看板ねこがいたり

隠れネコがいたり

一体どこにいるのだと探してみたららこんなところに

 あら~こんなとろに涼しそうです

1本道を中に入るとネコ集落

そしてなによりも可愛かったのが各レストランにいるねこちゃん達

すりすりよってきておねだりするのです

そして下の写真のねこちゃんたまらんかわいかったわ~

こんな目で見つめられたら思わずなにかあげちゃいますよね

Piさんにもなにか頂戴とすりすり

足元によってきて上目使い

タッチしてきて

最後はPIさんにべったり

ベネチアも昔はネコだらけだっのですがみんな消えちゃいました

 

ネコ好きにはたまらないギリシャなのです

コメント (2)

ギリシャ 美しい島 アスティパレア島 4 ビーチ&ドローン

2017-08-16 07:05:15 | 旅行:海外

アスティパレア島内にもいくつかビーチはあるのですが

沖合にある無人島にワンデイトリップに行ってきました

なんと朝出発して無人島に2島滞在して夕方18:00に戻るミニトリップが

1人 15ユーロ(2000円弱)!こちらもやっぱり破格だわ~

 

朝Choraの港からミニクルーザで沖合の無人島に向けて出発

 紺碧のギリシャの海

所々ある小さな島の上方になにやら黒い物発見

 岸壁の上にも

アップでみると

そう野生のヤギ

なんとま~こんなところにどうしてやってきたんだろう?

落ちずに戻れるんだろうか?

野生であちらこちらにいるくらいギリシャではヤギが有名なのです

チーズもお肉もヤギ・ヤギ・ヤギ

 

景色にみとれている間に

最初の島に到着

透明!!!

上からみるとこんな感じ

 

2島に間に挟まれてできた砂浜

クルーザーから小型ボートに乗り換え上陸

早く泳ぎたくて仕方ない人はその場でクルーザーから

プールのような透明な海にザブーン

 

PIさんも飛び込もうかどうか迷っていたけど

この時期の海水はまだまだ冷たく心臓麻痺でも起こしたら危ないと判断

 

素直にボートに乗りました

Piさん海男!冷たいのもなんのその早速泳ぎ始めましたよ

私は無理無理!可能な限り日焼け対策をして波打ち際でピチャピチャ

これで十分満足なのです

2時間ほどこの島でのんびりしたあとは次の島に向かって出発

二つ目の島

こちらも上から見るとこんな感じ

この島はどちらか希望の海岸に上陸させてもらえる

海に入る前にちょっと島を散策

透明度の高い海に開放感マックス!

帰りのボート内ではデザートのメロンも

 

ギリシャの孤島:アスティパレア島の周りには無人島がすこしあるのみで

人が住んでいる一番近い島は大型船で2時間ほどかかる

そんなエーゲ海にポツリと一つだけあるアスティパレア島

海も綺麗なわけです

 

ちなみにアスティパレア島内にも何か所かビーチはあります

Choraから一番近い港のビーチは正直ここで泳ごうって気持ちになれずパス

歩いて20分ほどのところにあるリバティービーチ

誰もいない海を独り占め

ビーチにあるレストランでのランチは気持ちよかったな~

ここからもちゃんとお城は見えました

 イカの詰め物

サラダ

お味は★3つかな~景色がいいからまー良しとしましょう

 

最後にネットで見つけたドローンで撮影されたアスティパレア島

“ 日本人が撮影してたよ ”って現地の人から聞いたので探してみたらありました

なかなか綺麗な映像です  → ここ

コメント (9)

ギリシャ 美しい島 アスティパレア島3 大当りホテル

2017-08-05 20:52:39 | 旅行:海外

旅の予約で最も重要なホテル選び

今回は海リゾートに6泊連泊の為宿選びにはひたすら時間をかけて選択

ゆっくりのんびりする為の条件は

①    ベランダがあり海&絶景が見渡せる

②    ソファーのある広い部屋

③    朝食付き

④    グットプライス

⑤    大型ホテルではなくこじんまりしてプライベート感あふれる宿

ということで探し始めたら結構いろいろあることあること

ところが5つすべての条件があてはまるのはなかなかない

 

でも見つけましたよすべての条件をクリアしていたお宿

Andromeda Resort アンドロメダリゾート → ここ 

 

(写真はホテルHPより拝借)

このホテルのHPより8部屋の内装写真がすべてみられるので

じっくり比較どの部屋もよさそうだけど

出来るだけ広いベランダと高い所にある部屋ということで “Nettuno”に決定

赤い格子のベランダが私の一番のお気に入りポイント(上記写真左端上)

部屋の中はこんな感じ

 (写真はホテルHPより拝借)

各ホテル予約サイトからなら簡単に予約できるけど部屋が選べない?

ならばと直接ホテルにメール予約、返信もすぐにあり一安心

6月15日までなら朝食付き1泊1部屋(2人分) 

なんと65ユーロ (8200円 / 1人 4100円ほど) 2017年6月現在

35年前私がまだ高校生のころに友達と行った日本海の民宿でも

その当時1人5000円

 

それを思うとこのホテルすべての条件満たしているわりには格安!

人気のサントリーニ島でこの条件ならおそらく3、4倍以上はするのでは?

港で迎えの車に乗りチェックインは夜中の2:00

 

翌朝はゆっくり寝てお楽しみの遅めの朝食

勿論この絶景付き

 (写真はホテルHPより拝借)

軽い朝食かと思っていたらでてくる出てくる食べきれないくらい

しかも全てがいつも最高の笑顔で超親切な奥さんの手作り

Piさん超ご満悦

 その中でも特に私のお気に入りはこれ

この旅行で一番美味しかったと思うギリシャヨーグルト

Pinoからは旅に出る前からギリシャはこのヨーグルトが美味しいからと

耳にタコができるくらい言われていた物

 

味は通常のヨーグルトに比べると酸味がなく甘くない生クリームのような食感

たっぷり出てきたヨーグルトに奥さん手作りの干しブドウのコンポート、

そしてPergamonto

 

と言う珍しい柑橘の皮の甘露煮を乗せて食べる

 この分厚い皮を丸ごと煮て作られたそのお味はほろ苦いママレードのよう?

いやいやもっと美味しいあまりの美味しさについつい御代わり

今このブログを書いていても無性に食べたくなってくるほど美味しかった

 

食べきれなかった朝食はすべてお部屋に持ち帰り

そしてランチにしちゃいましたよ!

これがしたくてテラス絶景付きにこだわったわけです!

 

これが大正解!

街中のどのカフェも太刀打ちできなこの絶景の部屋に帰って

テラスでゆっくりお茶したり食事したり何度したことか

ほんと夢みたいな毎日でした

 

このホテル絶景は勿論のこと本当におもてなしの心が行き届いていました

感心したのは斜面をうまく利用した設計

クローゼットも開けるととてもいい香り

引き出しも閉める時は最後自動的に静かに閉まる

ミニキッチンからは海の見える窓がある

写真が逆光でいまいちですがこの窓かなり高得点

 

採光を考えた窓もいくつかあり昼間でも明るい

そして何よりベットの上に寝っころがってもこの絶景が

 ホテルの施設内もかわいい

奥さんのこだわりの思いが一杯がいっぱい詰まったこのお宿

聞くと建築開始から出来上がるまでに約6年かかとか

その間にギリシャが破綻し途中中断それでも踏ん張りなんとか完成

 

奥さんに “日本人は来たことある?” って聞くと

寂しそうな顔をして“この島に日本人はあまりこないわ”っと

日本の方この島に行かれたら是非ともここをお勧めしたいです

予約時にはメールで迎えの確認をしたほうがいいです

階段を上がって頂上にあるこのホテル

スーツケースで個人でたどり着くにはかなり無理があります

 

 

そうこの島こんなに素晴らしいのになかなか人が来ないは

交通の便が悪すぎるということ

これが解消できれば観光客は一気に増えること間違いないと

 

観光客を迎え入れる準備は全部整っている

島のお婆ちゃんも皆笑顔で庭先から

“ おはよう!そっちは違うよこっちだっよ ”って声をかけてくれる

 

観光地化されてない平和で素朴なギリシャの美しい島 “Astypalea” なのでした

また絶対に戻りたい場所が一つ増えました

最後にホテル施設内からの夜景

次回はギリシャと言えば海&ビーチについてです

 

コメント (2)