ラ・ヴィータ イタリア

イタリア:ベニスでの日常生活やベネチアンガラス工房のお店“L'albero”での出来事、イタリア&海外お奨めスポットなど

2020 ドロミテ ボルツァーノ レノン高原

2020-10-06 07:09:59 | 旅行:イタリア山バカンス

今年はなかなか晴天に恵まれなかったのでお天気が怪しい日は標高が低い街に

日帰りで出かけていました

 

勿論いつもの“ MOBIL CARD ”→ https://blog.goo.ne.jp/vetrina/d/20141007

を使って

 

出かけた先はボルツァーノ レノン高原

Mosoから列車を乗り継ぎBolzanoまで行き

駅をでて右に歩いていくとバスターミナルがあります

さらにその先5分ほどでレノン高原行のケーブルカー乗り場に到着

 

4分おきに出ているケーブルカー(MOBIL CARD使用可)に乗り

いっきに標高1000mのレノン高原(約12分):Soprabolzano へ

 

まずはここでこの小さな町:Sopurabolzanoを散策

こじゃれた庭付きのミニホテルが沢山ありそこでカフェタイム

その後駅前から出ている高原列車に乗るために戻ると

ぬいぐるみが沢山並んでいる???

と思ったらなんと本物のラマ

愛嬌たっぷりケーブルカーで到着する人たちを眺めておりました

 

駅前のインフォメーションで時刻表&地図をゲットして 

高原列車にのりこみ終点Collalboへ(約20分)

もちろんこれもMOBIL CARD使えます

 

目的はこの町:CollalboのはずれにあるPramidi di Terraを見に行くこと

終点Collalboから街中を抜けながら

国道沿いに約30分ほど歩くとPramidi di Terra見学コースNo.24に入る

しばらくすると見えてきました“ Pramidi di Terra ”

ところが!二人とも一目見て“えーたったこれだけ?”って

というのも初めてみるならきっとこの珍しい景色に感動したかもしれませんが

以前に見たPerca(ペルカ)のPiramidi di terra → ここ 

のほうがかなり近くから見られたためか迫力があり見ごたえがあったため

思わず二人ともおもわず苦笑!

 

まーこの景色はおまけで今までと違う街にきてゆっくりお散歩できたということでOK

そのままPramidi di TerraをみながらコースNO.24を進んでいくと

バスが通る国道にでられます、すぐそばにバス停があるので

No.165(1時間に1本)にのりCollalboに戻りまた高原列車にのってSopurabolzanoへ

 

ちなみにこのバスはCollalboを経由してそのまま

終点ボルツアーノのバスターミナルに行くこともできます

 

ということで

Mosoからはかなり遠いですがレノン高原日帰りで楽しめました!

次回はこの高原列車途中下車しながらお散歩したいな!

 

Alto adigie 時刻検索はこちら

https://www.mobilitaaltoadige.info/it/


コメント   この記事についてブログを書く
« 2020 南チロル ドロミテ L... | トップ | ドロミテ Tre Cime di Lavar... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

旅行:イタリア山バカンス」カテゴリの最新記事