風の谷通信

専業農家からの引退を画策する高齢者。ままならぬ世相を嘆きながらも、政治評論や文化・芸術・民俗などに関心を持っている。

5-130 見逃した美術館

2010-11-28 19:51:37 | 旅日記
風の谷通信 No.5-130

 何気なくテレビを観るとフランス印象派に関する報道で、オルセー美術館について触れていた。そこに現れたのは印象派であり、ミレーであり、主体はゴッホとゴーギャンであった。
 残念!! オルセー美術館を見逃したよ! ルーブルの少し西をセーヌを渡ってすぐの処にあったのに! 小学校三年生からずっと意識していたミレーの絵が観れたのに。ルーブルに気を取られて全く忘れていた。あのミレーの「夕べの祈り」(正確にはどういう名前か知らない)を見逃したのは返す返すも残念。

 だけど、ゴッホとバルビゾン派と印象派がどうして一つの番組で並んだのだろう?
途中から観たのでよく判らん。

 まあ今更仕方がない。次回の訪問時に観ることにしよう・・・と思うが、果たして彼のクニを再度訪れる機会があるのやら???
コメント

5-129 きのうの「神風発言」について

2010-11-25 20:06:40 | 世相あれこれ
風の谷通信 No.5-129

 きのう記録した朝鮮の砲撃を「我が党に神風が吹いた」と評価した(伝)民主党幹部の発言について。
 
 今朝の朝日・神戸には関連する記事がなかった。先ほどネットで確認したが毎日・サンケイ・東京には記事がなかった。ただ一つ読売に記事があって「安倍元首相が、政府の中にそう発言している人がいるようだ・・・」と言うまるで伝聞みたいな記事である。そう言えばきのうテレビで安倍氏が何か語っていた。でもその後を受けて石破氏が憤りの発言をしていた(なんでそんな発想しかできないんだ!と)。安倍氏の言葉だけだと信頼が薄いが、石破氏が追認しているのならば先ず間違いは無かろうと思う。

 しかし、その発言の事実があってそれをすぐに謝罪して新聞報道から削除したとすれば賢明な対策である。こんなバカな言動が表沙汰にならない方がクニのため。なろうことならばこのまま紙面に出ないようにしてほしい。
コメント

5-128 韓半島有事 非常識な発言

2010-11-24 19:58:13 | 世相あれこれ
風の谷通信 No.5-128
 
 韓半島で軍事事件が発生した。北朝鮮の砲撃で韓国の非軍事施設が被災し、死者も出た。その内容を論じる立場でもなく能力もない私が門外漢の発言をするのだが、信じがたいニュースを聴いた。

 いま国会は混乱している。法務大臣の軽口・官房長官の問責の可能性・補正予算の成立と国会会期延長の問題、等々・・・。

 その中で軍事事件が起きた。その情報が総理に届くまでに1時間以上かかっている。あろうことか海外にいる外務大臣に先に連絡されたみたい(テレビ報道なので正確にはわからない)。
さてその後、これで官房長官の問責問題が延期されて、まず補正予算の審議が始まるとの想定で、ある民主党幹部が発言した(本当に幹部なのかな?)。「砲撃事件は我が党にとって神風である」。!!!!!!??????
 
 この報道を聴いて耳を疑った。心が凍った。放送デスク側が何も言わないので???と思っているとすぐ後にコメントが出た。「ひどい発言だ」。 その通り、まったくひどい。
 敢えて言えば私は韓国に対して友好感情を持っていない。イヤむしろ敵対感情を持っている。それでも、この発言には賛成しかねる。朝鮮が無謀な砲撃を仕掛けて、韓国が被害を受けているのに、その異常事態を日本の民主党にとって「神風」であるとは非常識極まる。もしかしたら後に日韓間で国際問題になるかも知れない。

 誰が言ったのかまだ判らない。上記ニュースのあとずっとテレビを観ていたがNHKの19時のニュースでも触れなかった。20時現在のネットにも現れていない。とすれば明日の朝刊を待とう。もし本当であれば民主党はもう政治家の集まりだとは言えない。総理の会見でも朝鮮を非難する言葉がなかった。

 尖閣事件の時には党内選挙に追われていた。そのあと中国から「ビデオを公表するな」という圧力に屈した上に船長を釈放した。しかも海上保安官を拘束した。加えてこの砲撃事件だ。事件が起きてもその情報がすぐに総理に届かないどころか、朝鮮を非難する言葉もない。
・・・・ 菅は政治家か? 民主党は政党か? 非常事態だぞ。
・・・・ こんな時に議会対策を論じている自民党も狂っている。この政府で国難を乗り切れるのか、クニが何をすべきかを論じることの方が優先ではないか。
コメント (2)

5-127 辛いダイコンの出荷案内

2010-11-21 19:22:27 | 農業日記
風の谷通信 Np.5-127

 安全・安心を目指す風の谷の「さん農園」から出荷の案内です。

 やや辛味のある紅いミニダイコンが好評でしたが今日の出荷でほぼ完了しました。ご利用有難うございました。

 続いて、すごく辛くてソバつゆに適したダイコン「からいね赤」を出荷します。サイズがごく小型で肉質が硬くて水分も少ない・・・そうです「薬味」に最適の・・・ミニダイコンです。貯蔵性が高く長期保存が可能です。

 甘いダイコンがお好みの方は、同時に出荷している白いミニダイコンをご利用下さい。辛味がなくて肉質が軟らかくて、水分が充分にあってしっとりして、いささかカブラを思わせるような味わいです。サラダにも使えるし煮物にも使えます。

 どちらも愛采館へ出荷しますが、零細農家なので基本的に水曜日と日曜日に出荷しています。これらのミニダイコンは二本組みで販売します。どうぞご利用下さい。
コメント

5-126 野生鹿の被害

2010-11-20 16:47:38 | 農業日記
風の谷通信 No.5-126

 いつも治療を受けに行く鍼灸院の前や付近で稲田が刈り取られずに放置されている。稲の姿が無残に荒れている。鹿による食害で、所有者が収穫を放棄したのだ。
田んぼは荒らされ、稲は穂だけを喰いちぎられている。

 きのうだかおとといだったか、テレビの報道番組で、兵庫県の北部・養父市における鹿の害が報道された。
現地農家の声では、人か鹿のどちらを採るかといった切羽詰った状況にある。人が追い詰められている。対策の一つである一斉捕獲網での捕獲が実況録画で報道された。その網は県内でまだ18箇所しかない。野獣対策にそんなに高価な投資をしなければならないとは残念至極。そこで捉えられた鹿は当然殺処分されるのであるが、偶然にもその一頭が人の接近におびえてカーンと鳴いた。

 さて、コメンテータ達は・・・。曰く「なんとか共存する方法がないものでしょうかねえ・・・」「ああして鳴くと可哀そう・・・」。
 呑気なものだねえ、都会にいて、それもはるかに高いビルのスタジオの中で、さも物分りの良いコメントを吐いておれば済むのだから。そんな人たちの「食」が脅かされているのですよ。あなた方の食い物が無くなるのですよ。鹿の害は田舎の、農山村の問題だと思っているのではありませんか? それはまさに都会の問題ですよ。都会の食が危機に瀕しているのですよ。田舎では、もうとっくに共存の道がなくなっているのです。それでも田舎では食っていけます。ただ都会人に食わせる余裕が無くなってゆくだけです。
 では、クルマや電機を輸出して、外国から食糧を安く買いますか。TPPに参加すれば大手の輸出企業は儲かりますよ。そのカネで一般市民の食糧を確保しますか?
それも一策です。ならば「ふるさとはいつまでも温かい姿でいてほしい」なんて希望を捨てることです。自分達は都会にいて、ふるさとだけは昔のままでいてほしいというのは自己矛盾です。野獣の食害問題を契機に、都会対農村の問題が身近に迫ってきます。

 まあ都会の話は別にして、野獣による食害は深刻である。この地方ではシカ・イノシシ・イヌ・ヌートリア・アライグマ・タヌキ・キツネ・カラス・サギ・・・等々。しかし、害獣を安易に捕殺してはいけないそうな。そんな法律があるらしい。野生保護という大義名分を掲げる人たちもいる。この人達が自分の食い扶持を削って野獣に与えてやればいいのだがどうだろう。高くつきますよ。大勢が餓死覚悟でいないと野獣の食糧を確保できませんよ。野獣と人と、どちらの餓死を選択しますかね。

 まあ、事態がそんなに悪化しないうちに野獣駆除を許可するのがよろしいかと。
コメント