風の谷通信

専業農家からの引退を画策する高齢者。ままならぬ世相を嘆きながらも、政治評論や文化・芸術・民俗などに関心を持っている。

11-057二ホンは健忘症・アベ支持率上昇

2016-05-30 18:24:40 | この道の先に

風の谷通信No.11-057

オバマさんの演説は良かったけど、あれで日本人は「赦す」のだろうか。

 

アメリカの大統領なり他の政治家や軍人が、ヒロシマへの原爆投下を謝罪するはずがない。アメリカに向って筋の通らないコブシを振り上げた二ホンに対しては徹底的に叩き潰すのが彼等の心理だ。日本が「緒戦に叩いておけば講和の申し出に乗ってくるだろう」なんて甘い考えでいたのがそもそも間違いであった。そんな甘い考えで戦争を始めたこと自体が誤りである。アングロサクソンやキリスト教の人間はそんな甘い輩ではない。あの旧約聖書をよく読んでみなさい。敵意と殺戮と血の匂いに満ちているよ。それを心の底に持っているのがキリスト教徒だ。二ホンの古代神道などとはまるで別世界だ。

「原爆を謝罪する」なんて!そんな甘いことをするはずがない。だから私は最初から「謝罪など不要だ」と言っている。なのに、あの握手と抱擁を見て、多くの日本人は「赦した」らしい。甘いですなぁ。たったあれだけで、コロリと参ってしまうのか。

今朝の報道ではアベさんの支持率が一気に6%も上昇している。(テレビでは報道された。新聞報道は明日か?)。甘いですなぁ。ヒロシマの現場で、まるでコバンザメのようにオバマさんにくっついているアベさんを見て不愉快だった。なんとも情けない奴隷根性だ。なんのためにくっついているの?

それだけで支持率があがるの?まるで別の話でしょうが。

 

その一方で「消費税ひきあげ延期」の意向が報道されていて、バラエティ番組の話題をさらっている。麻生さん・谷垣さんが「やるなら、選挙で民意を聴いてからにしろ」と言っているが本当かね?この前の選挙とは事情が異なるがネ。なんだったかな、忘れた。これは言いがかりだ。消費税だけのワンイシューで衆議院解散総選挙をやりますか。そんなことやめてほしいよ。消費税に代る財源がないだろうって?イヤイヤ、議員定数と報酬を減らして、政党交付金を止めて、パナマ資金規正を厳格にすればカネが出てくるのじゃないかな。

 

そんなことよりも、フクシマをどうするの?九州をどうするの?フクシマで学んだことが熊本で生かされてはいない、フクイチ事故で学んだことが川内原発へ引き継がれてはいない。あの日に二ホンを覆った「絆」の声が今日只今の政治に生かされてはいない。ヒロシマで学んだことが今日現在の政治に生かされていない。

それで、アメリカを赦して、アベさんの支持率が上がるのか。右翼と日本会議はなんと言うのだろうか。なんとか言ってほしい。

コメント

11-056熊本地震の山崩れ

2016-05-29 13:13:13 | この道の先に

風の谷通信No.11-056

 

いきなり驚きましたよ。先日到着したDAYS JAPANのページを開いて、ある写真を見た時に。4月14日からずっと、九州地震の報道には目を付けていたけど、この写真はどのメディアにも載らなかったと思いますよ。

だから、ぜひ拡散したいと思い、DAYS JAPAN誌にはあとで許可を取ることにして、ここに借用します。

右端の高い山頂からの崩れはこれでもかこれでもかという程に報道されました。多分、クルマで自宅へ向かった大学生が巻き込まれたのかもしれないという恐れがあったこともその原因の一部でしょう。

しかし、このページの左側、谷の流れの下方へ向かって続いている崩壊を一覧で示したメディアはなかったように思います。これは酷い。こんなにひどい姿になっているとは!ショックです。他の被災写真もショックだけど、これは格別です。

   

 

地震報道の中でNHKの映像に川内原発のある場所が映されないことや、大分県の被害が報道されないことや、さらにその先にある佐田岬方面と伊方原発のあり場所が映されないことは意図的な操作であるとの批判がネット情報に繰り返し現れています。いかにもありそうなことで、ツイッターにも大分県の住民から「大分県も被害に苦しんでいる。救援物資を送ってほしい」という声が載っていましたが大分県の被災情報はほとんどのメディアに無視されているみたいです。

NHKの籾井会長が、NHKは被災者に寄り添って公共放送の役割を果たしている・・・といった表現をしていたけど、案外上記のような意図的な操作があったかもしれません。下司の勘繰りかな???

 上の写真を眺めてみて下さい。この南西方向に川内原発があると思うと!!!

コメント

11-055オバマぼヒロシマ訪問

2016-05-28 15:57:30 | この道の先に

風の谷通信No.11-055

伊勢志摩サミットが終わって、オバマさんがヒロシマへ直行した。献花後にどんな話があるのかと思っていたら、想像以上の内容の演説であった。英語は判らんけどなんだか説得力のありそうな語りの態度であった。(内容は今朝の新聞で読んだけど、よく判らん)。

それにしても、資料館の見学時間は短かったなぁ。たった10分間だと・・・。何を観たのだろう。何を観察したのだろう。何を感じたのだろう。

だけど、あの語りの姿と比べると、この国の『政治家』達の言葉がいかにも貧弱だ。そもそも、自分の信条を国民に向って言葉で語り掛けて、説得して、政策実践する・・・というのが政治家の姿であると思うが、その言葉に説得力がない。アベさんのおちょぼ口の口びるの先から出るいかにも軽薄な言葉には指導者としての信念や品格が感じられない。議会で飛び交う下劣な≪ヤジ≫だけが勢いを持っているとは情けない政治家たちだよ。

話が逸れた。事前に論争のタネになっていた≪謝罪するか否か≫については、謝罪がなかった。それでよろしい。今更謝罪してもらっても役に立たん。その代り、二ホンも謝罪する必要はない。中国に対しても謝罪すること無用。なぜか。それが≪戦争だから≫。奴らは勝つために原爆を投下したのだし、日本は勝つために狂人的な蛮行に走ったのだから。謝罪は講和と賠償で決着を付けた。

これ以上は、各国の各世代の指導者たちがヒロシマの資料館を訪問してほしい。その一方で、この国の指導者たちが、あの戦争へ確たる反省をしてほしい。この国が間違った戦争であったことをしっかりと認識してほしい。そもそもあれだけコテンパンに叩き潰されておいて、今更二ホンは正しかった、単にアメリカの物量に敗けたに過ぎない、などと吠えること自体が間違いである。今更亡霊を求めて何になるか。間違った戦争をしたから負けた。それで終わり。これ以上は学者でも政治家でもない私には判らん。

コメント

11-054沖縄のこと・伊勢志摩サミットのこと

2016-05-26 17:35:22 | この道の先に

風の谷通信No.11-054

さすがにサミットの当日だけあって、ブログ情報が多い。しかも、サミットの議論内容よりも、沖縄の件や東京の事件の方が多い。

 

ブログ・マスコミに載らない海外記事がTPIPの解説をしている。欧州が崩壊するかもしれないと推測し、その傾向をむしろ歓迎している。ついでにTPPを同列で扱っているので、二ホンの将来も崩壊するのではないかという私の予測が現実味を帯びてくる。このブログを要約・拡散するだけの勇気も能力もないのでトラックバックに繋いでおきます。

次に、ジャーナリスト同盟がアベ・オバマ対談を採り上げていて、二人が沖縄米軍属の暴行強姦殺人遺体遺棄事件をそもそも問題にすることなく、まして地位協定を問題にする意図もないことを詳細に解説している。これも私の個人的能力を遥かに超えるのでトラックバックに繋いで拡散します。

いずれも、この田舎の後期高齢者が推測する通りであります。アベさんやスガさんが沖縄県民のイノチやココロを真剣に考えているはずがないですよ。オバマさんのお追従をするのが精いっぱいで、あんなことでよくもまあネトウヨや日本会議の支持を得られるものだと感心します。

他にも、「世相を斬る あいば達也」のブログが「目を覆うばかりのすれ違い」という評論を載せています。

 

さらに別口でもう一つ。冨田真由さんに対するストーカー襲撃事件で、出演を依頼してきて約束が出来ていたNHKが宇野常寛さんに対して突然「キャンセル」してきた、という。宇野さんの名前は初めて知ったが、彼は評論家でアイドル関係にも詳しいという。しかし、事件に関する警察の対応を批判しようとしたところ、出演をキャンセルされた、、、という。これを報じたブログ「リテラ」によるとNHKの過剰な自己規制だという。なんだか、世の中が息苦しく・息苦しくなって行くような気配だ。被害者の冨田さんはアイドル活動をしていたが、最近はシンガソングライターとしての活動多いので、アイドル路線とは異なっているという。しかるにテレビの報道企画では事件を「アイドルオタク」や「地下アイドル」としてまとめたくて、強引にそちらへと歪曲報道したいのだ。そこで宇野さんの報道姿勢と食い違いが起きて、テレビ局側が出演を断ってくるのだ。

カネモチはカネを持ってタックスヘイブンへ逃げ出すし、有名人で稼いだ人はニューヨークで暮らしているし、優秀なアスリートは外国でプレーするし・・・。残るのは才もなく、血脈もなく、地盤もなくて、不正規雇用でその日暮らしで、その子どもへと貧困格差を相続し、温かい家族は崩壊する、子供は学資が足りないので自衛隊に志願して戦場へと送られるかも。そんな階層が主体になるのかネ。これが本当に二ホンの右派の描くこの国の将来図ですか???アベさんの政治で、世の中がだんだん息苦しくなり、口びるが寒くなり、背筋が寒くなり、かくして人心が冷えてゆく。こりゃダメだ。明るい未来の姿を描いてみたいよ。

 

 

 

 

 

コメント

11-053沖縄海兵隊軍属の強姦殺人で

2016-05-23 21:49:23 | この道の先に

風の谷通信No.11-053

きのうの続き:

犯人の軍属は強姦相手を求めて2時間も3時間もうろついていたというからには、やはり「行きずり」ではなかった。こちらの想像通り、最初から犯行目的があったのだ。最初から「暴行強姦致死遺体遺棄」の計画的犯行だ。遺体を捨てた現場は土地勘があったからだという。そこまで計算していたのか。クソッタレ。

もう一点、翁長菅知事の言葉。「再発防止の努力する」という表現は何回聞いたことか。しかし結局は実効性がないのだ。アベさんは「できる限りの事はすべて全力でやる」というが、これは逆に「やらないことはすべてやらない」と言う意味だ。

まさにその通り、翁長県知事は正しく批判している。アベさんの言葉には「まこと」の心がないですよ。アベさんや米軍は沖縄の個人的な犯罪被害なんか気にも止めてはいないですよ。本気で事件を無くしようなんて、やる気なんかないですよ。ハラの中で舌を出しているよ。こちらは腸が煮えくり返っているのに。

コメント