風の谷通信

専業農家からの引退を画策する高齢者。ままならぬ世相を嘆きながらも、政治評論や文化・芸術・民俗などに関心を持っている。

この1年 内閣支持率

2006-12-31 14:51:36 | 世相あれこれ
風の谷通信 さん農園便りNo.179

 いよいよ年の終りです。21世紀は「みずがめ座」=
「平和と共生の世紀」と言われたのに、いきなりの戦いで
幕開けてそのまま。いまだに20世紀「うお座」=「戦い
の世紀」の残滓をひきずっています。時あたかもフセイン
大統領の処刑が伝えられました。経済思想の異なるイスラ
ム社会を「自由主義市場経済」「カネの一元資本主義」の
世界へ引き込もうとした強者の論理が世界を不安に陥れた
結果です。
 もう一つの論理は「砂漠の一神教」の論理です。宗教的
な批判や中傷は避けますが、どうも我々「森の宗教」の民
とは根本的に違う行動原理をもっているように思えます。
その尻馬に載ってはしゃいだこのクニの有力者達も「大量
破壊兵器が見つからなかった」ことについて沈黙を守った
ままで、責任逃れの頬被りをしています。
 この1年について時に応じていろいろに考えました。
 
 働く者として気になるのは国内の「カネの一元主義」で
あり「市場放任資本主義」の飽くなき貪欲さでした。その
方策は「偽装請負」という卑劣であり、非正規労働者に対
する自由奔放な抑圧であり、自国に失業や非正規労働者が
溢れているのに更に「安い労働力」を非先進外国に求めよ
うとする貪欲さであり、最低賃金以下で以てする外国労働
者からの搾取であります。今や国内には「資本の自制」と
いう規範さえなく国外に向かっては「フェアトレード」という観点
さえ失われた・・・そんな時代になりました。
 支配するのは「カネがカネを産む」というマネー資本主
義であり、結果するのは富の偏在という格差社会です。元
手のない者に残された道は「最低へ向かっての競争」だけ
です。「価格破壊」という旗印を掲げて挑戦した人は、先
ず自らが「破壊されて」しまい、流通の王者の座から滑り
落ちて惨めに世を去りました。それに続く小売業社会の有
為転変は止まるところを知りません。

 自分が関わる農業と食の世界では、先ずオーストラリア
が食糧輸入国に転化するのではないかということで、中国
の立場とともに、末怖ろしい事態になってきました。食糧
輸入と飽食に溺れるこのクニの将来が心配なところです。
食糧が・水が不足する事態が迫っています。食糧に続いて
飲み水が戦略物資という地位を占めるようになるでしょう。


 こんな中で不満と不安を吸い上げるがごとくナショナリ
ズムが頭をもたげ、このクニだけではなく欧州でも国内外
に対する挑戦が始まっています。日本のナショナリズムは
先の大戦に対する見直しと近隣諸国に対する反感で彩られ
ているのが特色です。

 どうも暗い見通しが強いですが、ぜひ「みずがめ座」の
世紀になって欲しいものと思います。私達の仲間はこの田
舎町で「人々が安心して暮らせる町創り」を目指していま
す。まだ人数が少なく、力も弱いですが。身近なところか
らそんな社会を目指します。

 そこで 現在の政治の一片、内閣支持率の動きは;
以下の通りです。

時期 調査主体  背 景   支持率%不支持率% 
9.26 朝日  安倍内閣発足直後  63  18
9.26 共同               65 (記録忘れ)
10.9 中国・韓国訪問直後      63   14
11.11 朝日 若年層の支持率急落  53   21
11.25 共同               56 (記録忘れ)
12.5 共同 郵政反対組復党    49   35
12.9 朝日 男性の不支持大幅増加 47   32
12.9 読売 郵政反対組復党問題  56   30
 
 この他に12月に産経新聞とFNNの共同調査があった
のですがこれは記録を逃しました。朝日新聞を引用すると
反論があることでしょうが、新聞社は調査主体であって
回答者ではないので、問題がないと思います。
 これだけを見ると大勢が変わるとは見えません。搾取
され続けるままの多くの非正規就労若者達や次の時代に
世に出るはずの若者達がこの事態に不満を持っていない
ということは、世の中がこのまま推移するということで
しょう。

 さて、来年はどんなことになるか、楽しみです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

霧の世相 教育基本法 

2006-12-27 21:26:33 | 世相あれこれ
風の谷通信 さん農園便りNo.178

                 12. 17, ‘06
   霧 の 世 相

朝の窓が壊れる程に重い霧が視界を閉じ込めて
深い霧の底に世間がどっぷりと漬かっている
まるで水の底のような 冬の朝の厚い霧

7時半になってもまだ凍えて明けきらぬ朝
ヘッドライトを点け フォグランプを点けて
時速30キロでゆっくりと走り出す
点灯していない対向車がこわい冬の朝
こんなに暗いのに点灯せずに走るのかよ
暗い中を走るのがうまいと思っているのかよ
安全を目指すのが「うまい運転」の法則なのに・・・

朝刊一面に「教育基本法改正が成立」と読んで
続いて防衛庁の「省昇格」を読む
あア このクニは先の戦争から何も学ばないままに
次の進路を決めてしまうのか 

知覧の若者の慟哭をどう受け止めるのか
無言庵の絵に託した思いをどう受け止めるのか
満蒙開拓団の悲惨をどう受け止めるのか
シベリア抑留者の苦難を モンテンルパの嘆きを
レイテの敗北を インパールの屍を
バシー海峡に沈んだ ただただそれだけのために
故国を旅立った少年航空兵1000人の恨みを
同胞沖縄の嘆きを 灼熱の広島の煉獄を
長崎の鐘の音を どんな顔してどう受け止めるのか
隅田川に飛び込んでも逃れられずに焼き殺された人達や
大阪・神戸・明石の空襲で死んだ学徒動員少女達の
諦めきれない叫びをどう受け止めるのか
飛行帽に白いマフラーを締めて荒れ狂うしかなかった
自分達を騙し続けてきた指揮官達を罵るしかなかった
死に場を失ったあの特攻隊員達の怒りの心を 
どう受け止めると言うのか

この国の この先百年にわたる姿をどう描いて
何を以て次の世代への贈り物とするのか

権力とは 一つの国全体を権力者の望む方向へと
合法的に導き動員するためのものであり
その方法は内実を問わず すべてが合法である
なぜならば それが権力だからだ

「教育基本法」改正か 「防衛省」か 
あア 霧が深い

「文句があるのなら国民がみな政治家になればいい」
こう宣わった政治家がいる
なれるものなら そんな結構な身分になってみたい
でも そんなことから距離をおいて
ひそやかに生きてゆきたい人もいる

だけど これが権力を持つ者のホンネだから
クニタミが オオミタカラが 締め付けられて
救われようの無い心を抱いて
いじめに 自殺に 偽装に走る
談合で 投機で ファンドで ねずみ講で 詐欺で
世間を欺いてでも切り抜けようとする

良心的な教師は 一本のピンがはずれて頭が狂い
欝の教師が4000人 病気休職教師が7000人
体罰やわいせつに走る教師が1200人
国旗が掲げられなくて校長までも自殺する

私は日章旗が好きだけど
掲げよと命じられ 掲げ方まで命じられて
義務として掲げるのはイヤだよ
締め付けられて愛国心を謳うのもいやだよ

みんなが 逃げ場を失って右往左往するだけ
追い詰められて 追い詰められて 頭が狂う
このクニのすべてが 壊れて 失調して
一路まい進 崩壊へと進む
まだまだまことの夜明けは遠い
 
あア 霧が深い 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

判りやすい文章

2006-12-24 21:26:34 | 文化・文芸
風の谷通信 さん農園便りNo.177

 文章を書くには(日記などの私的文書を除いて)読者を
前提としている訳であり、自分の意図が読者に伝わらなく
ては意味がない。でも「判りやすい文章」とは実に難しい
と思います。 どうしても観念が先走ってしまい、あるい
はキーを叩く指が先走ってしまって言葉が粗雑になってし
まいやすいものです。

 たまたま読売新聞にこの分野でのコラム記事が載ったのを
控えておいたので抄録で紹介しましよう。

その1) 9月10日 体験の種としての詩  蜂飼耳
 判りにくいことで詩は世間から排除されている。だが
よく判らないという事は大事なことではないだろうか。
平易な言葉で書かれたものを見て、ときどき思う。これでは
ポップスに負けていると。(引用終り)
 私はこの意見に賛成できません。すばらしい現代詩という
詩集を読んでみるけれども、奇をてらったような表現が多く
て意味のとらえどころがなく、閉口した経験が幾たびかあり
ます。書評ではいかにも「現代の苦悩を訴える叫び」なんて
賛辞があったりしますが、理解できません。筆者が「ポップ
スにさえ負けそうな詩」と軽蔑する事例は現実に溢れている
けれども、だからといって「よく判らないというのは大事な
こと」とは思えません。
私は、日常の平易な言葉で豊かな心を表現できたらいいなあ
と思っています。

その2)12月23日 読売 編集手帳
 クレマンソーの逸話、若い新聞記者に贈った「良い記事を
書く心得」の解説。
 短い句を書け。動詞が一つ、主格が一つ、・・・形容詞が
必要になったらワシに聞け。 文章は形容詞が付くと腐る。
(引用終り)
 これはさすがに名言です。工業英語協会で教わったのは
短い(簡潔な)文章・明確な文章・正しい文章を書く の
3点だったと思います。それには形容詞が邪魔なんです。
しかし、日本の名文は、学校の国語教育にあるように美文で
あり、その核心は形容詞・副詞です。特に古典文学を主題と
する国文学教育が日本人の意志伝達文書の能力を阻害してい
ます。日本の言語教育は「国文教育」であって「日本語教育」
ではないので、その辺になにか限界があるような気がします。
美文調古典なんて現代日本人にはまるで外国語なんだから、
特に教養を求める人を除いてそんな勉強よりも意志伝達能力
を高める「日本語教育」のほうが役に立つと思います。しか
し、現在の日本国ではこんな意見が受け容れられる可能性は
ないですね。

 実際、テレビに現れる政治的指導者達の言語を聞いている
と、丁寧に対話していても肝心の要件があいまいです。はっ
きり言わないであいまいにぼかす。それが日本の美徳ですが
意志伝達を旨とする文章では排除されるべき原則です。
特に経済取引の世界や政治の世界では言葉による説得が核心
ですから、美文調を排除して、単刀直入な表現を用いるべき
です。政治家達が形容詞と副詞で飾り立てたあいまいな言葉
で話しているのでは国民や政敵を説得できているとは言え
ないです。

 詩や文学の世界ではこの原則が破壊されても構いません。
ただ私個人としては判りにくい現代詩は排除します。逆の
意味で判りにくいのがブログという現代の私的文書の世界で、
言文一致体というよりは書きなぐり型の文書が溢れていて、
中には意味が不明なほどに崩れた略語文型の羅列やふざけた
文章が見られます。すごいですね、この崩れ方は。 面白い
文章を書くのはいいけれど、面白くするために面白い文章を
書いて、書き手が読み手よりも先に笑ってしまっては文章が
成立しないですよ。

 と書いてゆくうちに、私自身の立脚点があいまいになって
きまして、自分でも何を言いたいのか混乱してきました。
 文章は他人に読んでもらうのが原点。従って判っても
らえる文章が名文。その要点は簡潔・明瞭・真実です。

 どなたか詳しい人、整理してくださいませんか?私の文章
は判りやすいでしょうか?イヤ、少し混乱しているのです。

 
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ルミナリエ

2006-12-21 22:22:24 | 季節の便り
風の谷通信 さん農園便りNo.176

 きょうは今年最後のルミナリエ。西宮へ出た帰りに
時間を調整して点灯後に会場の道路に立ちました。若
い頃に昼食を食べていた家庭料理の店へ立ち寄って夕
食を食べるのも例年のお定まりコースです。

 今年のルミナリエは月がない時期で、カメラは休み。
ルミナリエの造りはやや小ぶりか。最後の夜にしては
人出が少なかったかな、との思い。これは今年の日程
がクリスマスの日を省いたこともあって、全体として
人出が少ないそうな。この週末まで開けば24日のクリ
スマス・イヴに掛かるのだけど、まあ、警備や経費など
いろいろな問題があるのだそうです。実行を担当される
皆さんは大変なご苦労だと思います。

 経費と言えば、今年も「資金不足で来年からの開催が
危ぶまれる」との声がありますが、例年通りです。
詳しい分析は覚えていないけど・・・覚えても自分には
どうする力もないから・・・市財政=つまりは税金から
の補助金を加えても足りないらし、地元財界からの協賛
金も年々逓減しているらしいです。

 一方、参観客一人あたり¥100.を寄付すれば経費
が賄えるそうです。仮に参観者の三分の一が子供として、
残りの大人が一人当たり¥150.寄付すると経費が賄
えるという勘定になります。毎年の祈りが続くように、
こんな形で応援できれば、資金が確保できますね。そん
なことで、私は毎年必ず募金に応じて、それによって
開催のご苦労と努力に感謝しているものです。

 しかし、裏方の話を聞くと、この企画に関わるある人
が「結構、儲けておられてネ。奥さんも取り替えはって
ね。」なんて言葉が聞こえてきます。なんだか税制調査
会の何とかさんに似た話で、まったく困ったもんだ。

 そんな下司の勘繰りはやめて、純粋にルミナリエが
来年も続くことを祈ります。
 
 震災被災者の霊位の追善菩提のため
           乃至 法界平等敬って 合掌
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

学生時代の喫茶店

2006-12-20 21:40:50 | 季節の便り
風の谷通信 さん農園便りNo.175

 17日の日曜日。温かい朝。
 久しぶりに大阪へ出ました。それも、なんと阿倍野町・・・
天王寺駅からずっと南へ歩いて・・・X分間。昔々学生時代に
天王寺駅のすぐ近くに小さな喫茶店があって、夜にはバーに
なっていたのでしょうが、クラブ活動で遅くなった帰りに時々
ここへ立ち寄って、時代の最先端の「トリス・ハイボール」を
各自1杯(50円)だけ飲んだものです。また、この南へ向かう
通りに「天牛書店」という古本屋さんがあって時々歩いたこと
がありますが、それも天王寺駅からほんの少しだけの南。一方、
日曜日の訪問先は阿倍野警察のまだ南までトコトコ歩いて、
丸山町の老人ホーム。

 さるお方に誘われて年末の慰問です。はるかな山のムラから
・・・駅まで3里なんてものじゃなくて駅まで5里・・・山陽
本線の駅まで出てそこから大阪へ・・・あア、遠かった。
 ホームでは冬の歌を歌いました。クリスマスソングも交えて
元気よく歌うので私の役割はギターでの伴奏、という訳。歌う
のはプロのシャンソン歌手とその教え子達。

 老人ホームといっても、中にはずいぶん元気な人がいて・・
ただ走り回るような元気がないだけで、大きな声で歌を歌って
くれます。84歳の男性が一番元気に歌っておられました。腹
式呼吸で大きく吸って吐く運動を地道に続けるのが健康保持の
ひとつの方法です。自分がその歳になって、果たしてあれだけ
の元気な声でいるだろうか???? と思いました。老人ホー
ムを訪ねると、幼稚園や小学校を訪ねた時と比べて、元気パワ
ーをもらえることが少なくて心が重くなりますが、中にはこう
して元気な老人の姿に触れてほっとすることがあります。

 阿倍野の通りは南北に伸びていて、どういう訳か風が冷たく
て、朝の温かさとは違った雰囲気になり、訪問の後はそそくさ
と帰ってきました。大阪の街はいつ訪ねてもざわざわと気ぜわ
しい思いがします。学生時代はそんなことも気づかない時代で
した。 人の心が変わったということでしょうか。「学生時代
の喫茶店」という歌がありました。「人の姿も変わったよ 時
は流れた」なんて、時代を振り返るようになったら自分が歳を
とったということです。歳末も近づきました きょうは、老人
ホームにことよせて思い出のひとくさりです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加