風の谷通信

専業農家からの引退を画策する高齢者。ままならぬ世相を嘆きながらも、政治評論や文化・芸術・民俗などに関心を持っている。

12-044 北関東と原爆の図

2017-04-30 18:52:45 | この道の先に

風の谷通信No12-044

ホテルを早くに出る。このホテルは無料の朝食を玄関ロビーで提供してくれるので、簡単に済ませてチェックアウトし、08時頃の特急あずさに乗る。新宿着09:30頃。池袋から東武東上線で森林公園駅まで。残念ながら昔の池袋駅の記憶は役に立たない。かろうじて大まかな位置関係が理解できる程度。森林公園駅のホーム階段を上がって改札へ出る。ここに出迎えてくれた友人の姿を見誤ったのだが、先方も同様だったという。ごもっとも、この年代でほぼ20年近く会ってないんだもの、お互いに姿が変わってしまっているよ。

 ここから先は彼のクルマで乗せてもらえることになった。乗車兼案内係り、まさに「時の氏神」。こんなところに旧知の友人がおいでとは全く以て幸運。

 丸木美術館は思いもよらず街はずれの森の中にあった。ウイキペディアに掲載されているのとは景色が違う。中へ入って見たが寂しい感じがした。ウイークデーでもあるし観客が他になかった。原爆の図については、事前に画像を見ていたのでショックが少なかったが、やはり怖いしイヤだね。でも人はこの絵を見るべきだよ。ショックが少なかった理由の一つは画面の被災者たちの肉体が美しかったからだろう。当時の日本人の身体はあんなにはちきれてはいなかったはずだ。もっと痩せさらばえて、かつ汚れていたはずだ。原爆被災者の写真の方がはるかに悲惨だったように思う。

合わせて観た南京大虐殺の図は迫真の恐れがあった。軍装から見て日本兵と判る兵士が刀を振り下ろした姿は今も瞼の底に残る。今でも思い出すと不安になる。

それにしても、東松山市あるいは埼玉県が、この丸木美術館を大切にしてはいなかったらしい。勿体ない。この存在全体が丸木夫妻の自己犠牲の結果であるというのは悲しい。

見学を済ませて浦和へ移動。途中川越街道沿いで昼食。陽射しが美しいが強風が荒れていた。北関東の平野を風が吹き抜けて行く感じだ。川越街道という、西日本の感覚では吹きさらしの感じを受ける、そんな地区で食事したあと、川越市内の「喜多院」(川越大師)を見学した。川越大火の後に再興されたとのことで17世紀半ばの建物である。三代将軍家光の誕生の間だとか春日の局ゆかりの場所だとか五百羅漢も見学した。五百羅漢の姿態が多種多様で興味深い。この加西市のものとはずいぶん異なる姿であり、比較することによって加西の羅漢像がいかにも素朴だと理解できる。川越の古い街姿の「小江戸」も通過した。

彼の自宅へ立ち寄ってお茶をご馳走になり、浦和のホテルにはいる。おまけに夕食までご馳走になって一日を終えた。まる一日お世話になりました。

ついてに話を進めてしまうと、翌日早くに浦和を発って東京経由で帰郷した。甲州から上州までも足早に駆け抜けた3日の旅でした。帰路の車中では早くも次の訪問地を思案しているのです。

                   

旅の寸描:甲府のホテルの窓に上る朝日、甲府のホテルの真ん前にある豪壮な個人住宅、ある銀行の頭取だった人の家だとかで、甲府城の城山に背中を預けて建っている、3枚目は丸木美術館の正面




コメント

12-043 ベジタリアン料理

2017-04-28 18:27:37 | この道の先に

風の谷通信No12-043

さて、観覧を終わって夜。

と言っても酒を呑む訳ではないので残るは食べるだけ。駅の観光案内書で教わったベジタリアンの店へと出かける。

記録は前後するが、駅前でバスを降りて城壁に沿って東へ歩き、壁が切れた処で曲がって南下すると、道に間違いが無いのかな?と疑う頃になってホテルが見えてくる。そのホテルの前をさらに南下すると教えて頂いたベジタリアンの店がある。若い二人が働いていて清潔な清楚な感じの店でりまーす(2枚目の写真を参照)。

まずは甲州ワインを・・・珍しくもアルコールを注文する。添え物は豆腐ナゲット。メインはベジテリヤキバーガー。ベジタブルバーガーとは野菜原料からステーキみたいな形を整えてマックバーガーみたいな格好に作り上げたもの。味はやはり野菜の限界内にあって、とても肉のバーガーに近いとは言えない。だけど店の中にヨガの本なんてのがあるので、料理に込めた二人の姿勢が良く理解できるので有り難く味わって頂く。

         

    写真は左から:店頭の表示。店内。ナゲット。ベジタブルバーガー。

さて、店の中に音楽の掲示がいろいろあるので尋ねると、甲府の街全体がこうした活動を進めているみたいだ。それに、店の前の道路がジャズの通りであり、甲府でライブハウスが集まっているとのこと。折角の紹介を受けたが、まだ開店時刻まで間があって、待っているのもイヤなので、立ち寄らずにホテルへ帰った。ライブハウスのひとつでリハーサルをやっていた。

さてこれで甲府での予定は終わった。簡単に終わった。朝まだき暗いうちに起き出して、播州から6時間近くも列車に乗ってやってきて、簡単に終わった。あすは早朝から北関東へ移動する。

コメント

12-042 県立山梨美術館見学

2017-04-27 18:04:18 | この道の先に

風の谷通信No11-042

 

旅日記に戻る。メインターゲットは「種をまくひと」。

14時頃に甲府着。街の気配や美術館への道についてはすでに記録した。

常設展室に入ると、まずは解説ビデオに気づく。美術館の内部あるいは裏側とでも言うべきことが細かく紹介してあった。特に感心したのは古い作品の修復作業であった。収蔵作品と言っても100年も300年も前のものがある訳で、当然劣化する。色調も画面の光沢も衰える。ということで保全作業が必要である。これを館内の学芸員あるいは一般従業員が補修するのだ。その場で綿棒が活躍する。一般には耳掃除に使うあの細い綿棒である・・・とは驚いた。綿棒の先に付けたかすかな液体=洗剤だろうか?化学製品は使えないだろうが=で画面をなぜて掃除するのだ。その作業の繊細な、忍耐強い作業に感嘆する。「ふきそうじ」が終わった画面が生気を見事に輝く。

いやー、まったく折も折、さる政治家が「いちばんのがんは学芸員である。奴らは観光なという意識がまったく無い」とかなんとかそんな風な発言をされたそうで(詳しい言葉は忘れた)。学芸員達の多くが地道に勉強して知識を積上げながら、多くは非常勤不正規雇用という不遇の中で努力している姿を知らない無情・非常識な発言をなされたものよ、と思う。

ビデオを観たあと展示室に入る。ミレーの作品が14点展示されている。その他にバルビゾン派と呼ばれる人達の作品が18点。全く感心するほどの作品群でありまーーす。ミレーの作品群で馴染みがあるのは「種をまくひと」「落穂ひろい 夏」「夕暮れに羊を連れ帰る羊飼い」であろうか。仲間の作品群では「風車のある風景」ジョルジュ・ミシェル作(モンマルトル大聖堂建設以前の丘の景色)「森の中」ジョール・デュプレ作「牧草の取入れ」ジュリアン・デュプレ作、といったところ。県立美術館としては大層な所蔵品である。驚いた。よくもまあこれだけの作品を集めたものだ。費用だってバカにならない。さすがに「ミレーの美術館」と呼ばれる訳だ。

「種をまく人」は世界に2枚あるらしい、とは既に記した。「落穂ひろい」が4作あるとは知らなかったが、パリで1枚観て、四季に対応した4作があると知った。日本の教科書等に掲載されているものはパリにある一枚である。いずれにしても漫然と眺めるだけの鑑賞者とは別に、絵の専門家たちから観たら目を離せない程の世界であろう。

 

ミレーとバルビゾンの作品群を観たあとに、併設の「バロックの巨匠たち」を観る。但し、この世界にはどうも馴染めない。

 

さあ、これでミレーの3作品を観ることができた。もう最後だろうか。それとも、まだゴッホかピカソか・・・と言う欲張りか。

 

 

 

 

コメント

12-041 今村大臣 トルーマンの原発と同じ

2017-04-26 14:29:08 | この道の先に

風の谷通信No12-042

旅日記を中断。実は始めたばっかりなんだけど。

お騒がせ大臣、今村が、本来なら名誉回復のチャンスに与えられた席でダブルミスを犯してしまった.二階派の会合で演壇に立ってミスを犯し、誰かから示唆されるまで「謝罪あるいは訂正」の必要に気づかなかった。ボスの二階さんにすれば全くの面汚しである。

「大地震があっち(東北地方のこと)でよかった。これがもっと首都圏に近かったら(被害が)たいへんだった(概略)」・・・と言った。「アッチ」とはなんじゃい?

意味が判らんではないけど、そりゃ不適切だよ。何の責任もない被災者の身になってみろ。

そこで彼の出身を見ると九州比例代表区である。アハハハハ、そうかそうか。1年前の九州地震をこう表現するとどうなるか:地震が熊本でよかった、阿蘇のムラだから被害が軽くてよかった。福岡の天神で起きてたら大変だったよなア・・・。さて、彼はこれで満足するだろうか。平気なんだろうか。やっぱりあっけらかんとして笑い飛ばすのかなア。

でも聴き手の実感としては、「アッチ」発言は彼の本音だろうね。他人の苦しみに心が通わないんだ。

 

このことはアメリカの原爆投下に関するトルーマンの言葉を思い出させる。原爆投下の責任者であったトルーマン大統領が戦後の席で「アメリカの原爆が同じ白人国であるナチスドイツに落とされなくてよかった=つまりは日本に落されてよかった」と言った。これは、世界初の原爆投下の実験が黄色人種の日本に落とされて成功した、という事実を祝福したものであった。当時はこの発言を批判する勢力もあったが、いつの間にか記憶から薄れて歴史の中に消えて行ってしまいそうだ。日本人としては、敗戦は仕方がないこととして、原爆の実験台にされたという点に容認しがたい屈辱を感じる。

今回の今村の発言に、同様の理不尽な屈辱を感じた東北人が多かっただろうと思う。

コメント

12-041 旅日記甲府の街へ

2017-04-23 18:37:59 | この道の先に

風の谷通信No12-041

身延線で甲府に入る。身延線で近づくとこの甲府の地が大きな盆地であることが良く理解できる。列車の後ろに富士山があって、進入方向の遥か前方には雪の峰々が見える。一番奥に八ヶ岳と見える。とすれば左の高い峰は北岳かな?・・・と昔の記憶をたどる。八ヶ岳については酷い無鉄砲な横断をした。よくもあ熊にも合わず大雨の中を下山できたものだった。今でも思い出すと恐ろしくなって夜中に眼が冴えて眠れない程である。北岳の雪山は楽しかった。関学の山岳部にいた経験者の指導についていった。生涯に二度だけピッケルを使った山行きのひとつであった。

 

さて、甲府駅はさすがに中央線だけあって大きな構えである。改札を出てしばらく構内を歩きまわったあと観光案内所に入って美術館とバスの案内を乞う。ついでにホテル所在地と適当な食事場所も教えてもらった。美術館行きのバスの便はよろしい。所要時間はゆっくり走って約15分、安全運転でーす。下の写真は駅前広場の信玄公の像。この駅前も工事中。オリンピックの関係かいな?街の写真は逆光でよく判らん。

美術館では常設展示のほかに特別展「バロックの巨匠たち」を開設中。常設展ではシニア向けとして無料開放。なんという好待遇!ついでに特別展も割引料金。しかも市内の宿泊施設に泊まるという予約を示すとこれまた割引対象。まるで申し訳ないほどの気持ち。

あれー、たったこれだけ書いてもう40分以上もかかって、外が暗くなってしまった。展示の中身については「あしたにしようーっ」と。畑仕事のあとに元気が残っていたら、の話。 

       

コメント