風の谷通信

専業農家からの引退を画策する高齢者。ままならぬ世相を嘆きながらも、政治評論や文化・芸術・民俗などに関心を持っている。

11-097ゲリラ豪雨の予感

2016-09-28 15:51:34 | この道の先に

風の谷通信No.11-097

閑話休題で、1件天候の記録を。 (閑話休題 というのは間違いかな?)

縁側で本を読んでいると辺りが急に暗くなった。『真っ暗になった』とでも言いたい気配。

外に出てみると城山の向こうが明るく光っているのに、こちら側が暗くて、厚い雲が垂れ下がっている。先ほどまで庭先で姦しく群れていたスズメの声がパタリとやんでいる。低く垂れた雲は西からやや北方向まで続いて、いつもの通り姫路北部の豊臣村の方まで拡がっている。

ゲリラ豪雨の予感がする。

写真を撮り始める頃にピリピリと降り始めた。間もなくバリバリと大きな雨に。急いで屋根の下へ戻る。すぐに、エスロン屋根に叩きつけるような雨になった。朝から何回か繰り返してきた薄日射し→ゲリラ豪雨→薄日射し→豪雨 の襲撃だ。敵わんなぁ。今年は例年になく台風の発生が遅くて、このまま秋になるかと思いきや。台風8号以来立て続けに発生し、この国を襲ってきた。きょうまでのところ18号まで。夏のさなかには数十日も降らなくて困ったのに、稲刈りの季節になって雨ばかり降ってる。稲刈の日程が狂ってばかりで、これもまた困ったものだ。

      

 

 

 

 

 

コメント

11-096自衛隊海外派遣アンケート・追記

2016-09-27 03:13:27 | この道の先に

風の谷通信No.11-096

昨日の記録で標題の元記事が消えたと書いた件は、原文が見つかりました。削除されたかというのは誤認でした。

 

ブログ「リテラ」によると、元の情報はテレビ朝日『報道ステーション:」だそうで、こんな時刻には既に眠っているので、こうした後追いのブログが役に立ちます。

このリテラ(lite-ra.com/)を早速引用したブログが私の11-095とほぼ同じ特攻隊の記事を挙げています。(村野瀬玲奈秘書広報室・muranoserena.blog91.fc2.com/).村瀬・・・広報室でも先の大戦の特攻について、「意思確認」という手順で「特攻は本人が希望した」という体裁を整えたことを私の記事よりも精細に解説しています。村瀬氏も、自衛隊の記事を読んで即特攻隊を思い出したそうです。(村瀬ブログはこのブログのブックマークに掲載しているので、その中から新しいコラムを取り出してください。)特攻にしても今度の海外派遣にしても要するに「この通り本人が熱烈希望したのです」という証拠を作りたいだけなんです。喜んで出かけて行って死んだのです」という体裁ができればそれでよし、という考えです。つまりは、隊員個々の命なんて考えてはいない・・・ということ。

このクニは先の戦争で国土が消滅するまで叩かれたのに何も学んではいない。叩きのめされてやっと気が付いて反省したと思ったのに、実は何も学んではいなかった。掲げた理想の灯火はいっときの興奮に過ぎなかったという訳か。またしても叩きのめされないと止まらないのか。こんどはクニが、クニも人も、全く消滅するぞ。それが「美しいクニ」の実体なのか!?

コメント

11-095特攻隊と同じ・自衛隊の海外派遣アンケート

2016-09-26 17:53:56 | この道の先に

風の谷通信No11-095  (訂正文追記)

今朝早くにブログを開けて次に紹介するような記録を見つけた。

曰く:自衛隊内で(場所不明)海外派遣に関するアンケートを行った。行く気があるかどうかという設問である。回答欄は①積極的に行きたい②命令されれば行く③行かない の3つ。海外派遣とは言え要点は「駆け付け警護」の戦闘参加問題である。間違えば自分が戦闘に巻き込まれることについての覚悟を問うものである。

ある自衛官が「行かない」と回答記入した。上官に呼びつけられて、説得・説得・さらに説得された。行き着く先は『ぜひ行きたい』という回答を記入することである。

ここで「外国の戦いに参加するのはイヤだ」と突っぱねた隊員もいる。そういう隊員は間もなく遠い部隊へ配転されて単身赴任して行った、とか部隊内でイジメに遭ったとかいう。おそらくは居づらくなって退職した人もいるでしょう。

 

これを読んだ時に即座に思い出したのは旧大戦時の特攻志願のアンケートである。霞ヶ浦だったかな飛行訓練隊の実例。上官が特攻志願の意見とりまとめをやった。訓練兵たちはみんな反対した。曰く「我々は戦闘機乗りとして訓練を受け鍛錬している。空中戦で負けて落とされて死ぬのは仕方がない。しかし、爆弾を抱いて敵艦に体当たりするなんてイヤだ。」

まっとうな意見である。しかし、上官は許さなかった。追い詰め問い詰め誘導されて、順次特攻に志願します という回答を増やしていった。結局は、隊員全体が「熱望します」という回答を書き入れてやっと落ち着いた。

これに関連して先日の天声人語の記事を思い出す。ある整備兵だった老人が保坂正康さんに語った。飛び立つ日の特攻隊員は・・・失神する、失禁する、泣きわめく。きれいごとを言って飛んで行った人もいたが、ほとんどは茫然自失だった。それを私たち整備兵が抱えて載せたんです。

・・・・そりゃそうでしょう。特攻兵なんてほとんど20歳にもならない少年ですよ。それを強制して「クニの為に」死なせたんですよ。いかに戦闘機乗りだってまだ訓練中の兵隊が特攻を熱烈志願します、と言えるはずはないでしょう。彼等を送り出した側はきっちりと生き残って戦後の平和を楽しんだことでしょう。

話しが拡がったが、こんなことがあるので私は鹿屋の特攻兵士の遺言というものを読む気がしない。クニを護る純粋な熱意や祖国愛や家族愛が溢れている、とは言うが本当か知らん?以前に書いたが、敵が1秒間に何発発射できるかという小銃を開発しているときに、このクニでは竹槍で一人一殺という江戸時代以前の戦術を真剣に採用していたんだから。

またしても話が逸れたが、先ほどブログを開いて???だ。今朝読んだ冒頭のブログが見つからない。朝の時点では、反対回答した自衛官自身の言葉が紹介されていたのに、今見ると記事自体がなくなっているのだ。削除されたのかな?

もう一度探してみて見つかれば訂正記入するが、果たしてどうなることか。

訂正文:原文が見つかりました。削除されてはいなかった。11-095に記録します。(訂正文以上)

 

 

 

 

 

コメント

11-094頑固に核のゴミを追跡する

2016-09-25 18:24:06 | この道の先に

風の谷通信No11-094  (甲状腺ガンの記録部分に文言を追加)

フクシマの報道記事の古いものを読み返していると、やはり廃棄物処理の放置が気になる。

あれだけの核のゴミを各地に積上げて放置したままで何が「再稼動」かね?

核のゴミは地下に埋設します、100万年管理します、なんて国民をバカ扱いした、国民を侮辱した傲慢政権を許しがたい。それに向って≪他の政権よりはよさそうだ≫なんてボケ眼で涎を垂らしている国民は一体何を考えているだろうか?もっとも、この私には、他人を批判する権利はないけれど。

原子力損害賠償法は原発を動かす電力会社がその責任において賠償すべき法律だが・・・。電力会社を潰すわけにはいかないので結局はクニの財政で損害賠償を負担している。何のことはない、国民が頭の上から放射能をばら撒かれておいて、自分が支払った税金で自分に補償しているんだ。放射能をばら撒いた加害者たる東電は無責任顔で平然としている。飛び散ったものはわが社のものではありません・・・とでも言うのかな。

同時に、高濃度汚染地帯への帰還が強制されようとしている。こんな汚染度は問題ないですよ!という掛け声が聞こえそうだ。子供たちに甲状腺ガンが多発しているのに福島県は「原発事故との因果関係は認められない」とのたまわる。加えて、検査をするとそれまで見えなかったガンが見つかるので、検査回数を増やさないように(過剰検査をしないように)、という指針まで発せられている。

ここに追加文を挿入する】 福島県の小児科医会が県への要望書で「検査を増やすと潜在性ガンを見つけることになるので、検査規模を修正せよ、と記述した、との記事を発見した。その中で、福島県の小児の甲状腺ガンには被曝の影響は考えにくい、と記述しているらしい。いずれも、なんとしても卑怯な姿勢である。とにもかくにも原発事故の影響を矮小化したいのだ。【追加文以上

被害を受けた国民を何と考えているのか。とにかく、不祥事を小さく見せ、あわ良くば無かったことにしてしまおう、という魂胆が見え透いている。だから「大本営発表」だと言われる。フクシマの母親たちの嘆きの声が聞こえる。

でも、でも、私が他の人達を排撃する資格はないよ。権利もないよ。

コメント

11-093アベさん大丈夫なの?日本の高齢化を歓迎?

2016-09-22 15:35:02 | この道の先に

風の谷通信No11-093

きょうの朝刊一面、大雨で洪水の中に孤立した集落の写真(宮崎県延岡市)の隣に、アベさんの演説の記事「移民難民のために28億ドルを拠出する」。

素晴らしいねえ~。ご立派だねえ~。だけど、泥水や山崩れの中に孤立している国民同朋を助けておくれよ~。


もう一つ、きょう午後にアップされたと思えるブログから、アベさんのニューヨークでの発言。

「日本は高齢化しているかもしれない。

「日本は人口が減少しているかもしれない。

「これを心配してはいない。これは我々にインセンティブを与えてくれる。人口減少は重荷ではなくボーナスである。

「日本は世界最速級で移民できるクニになるかもしれない。

 

そうですか、少子高齢化は喜ばしいことなんですか。移民難民への救済を((アメリカの国土で!!))アピールした挙句に、日本への移民難民受け入れを公言したに等しい。この人はこのクニの姿をどう捉えているのだろう。まごうことなき少子高齢化現象や消滅する限界集落に対してどんな認識を持っているのだろうか。それはボーナスだって?

加えて、判断の尺度として≪かもしれない≫の連発とは、国民の姿を判断できないのか、上の空で眺めているのか、それとも無視しているのか。

だから叫びたい   ≪アベ政治を許さない≫

仮に同じ自民党だってもっとマシな政権が造れるだろうが!国民は何を考えるのか?

世論調査に曰く:アベ政権を支持するのは≪他の政権よりまマシだから≫ だと。このクニは壊れる!ぞ。イヤもう既に壊れ始めているぞ。 あゝ蟷螂の斧か!

コメント