風の谷通信

専業農家からの引退を画策する高齢者。ままならぬ世相を嘆きながらも、政治評論や文化・芸術・民俗などに関心を持っている。

12-067ついに田崎さんまでも

2017-06-30 14:12:52 | この道の先に

風の谷通信No.12-066

4チャネルのバラエテイー番組でアベ支援姿勢の評価が高い田崎史郎さん。きょうの姿勢に少し変化が見られた。

 

アベさんの周りで続発する不祥事。概略経時的に、木更津のレイプ事件、カネコさん、イナダさん、森友・加計、加えて新たに詩織さん強姦もみ消し、シモムラ+加計、豊田真由子、更にイマイエリコ、金子政務官、、、あとは知らん。

 

イナダさんについてはアベさんが自ら育てた秘蔵っ子として徹底的に守るつもりらしい。常々アベ応援隊として攻撃さえ受けて来た田崎さんまでもが遂に今日の昼の番組でイナダさんへの評価を変え、アベさんの姿勢についても疑問を投げた。まぁ、素人目には8月の内閣改造までアベさんが擁護するつもりだろうけど。それまで自民党内が収まりますかナ?なにしろ公の場で外国高官らがいる前で「(私たちは一群の女性政治家たちは)みんなきれいな女なんです」とまでおっしゃったお方ですからネ。

豊田さんなんて、元の勤務先の厚生労働省では彼女が退官して国会に出たことを「永田町が連れ出してくれた」と喜び合ったという人だそうで。

 

シモムラさんについてはいつかは(問題が、あるいはスキャンダルが)出るだろうと思っていたが、出ました。まだ真偽のほどは明らかではないので、今後の論戦が楽しみ。過去の例で言えば、あのTPPに活躍した人に(ポケットにカネをねじ込んだかどうかという)カネの問題が起きてそれが事実であったということを考えると、シモムラさんの噂もやはり事実であったか・・・という可能性が高い。

いろいろと続きますねえ。スガさんもご苦労様だネ。

 

 

コメント

12-066誰もかれも 大臣の憲法違反発言

2017-06-29 18:36:29 | この道の先に

風の谷通信No.12-066

荒れ放題の国会ですナー。責任ある地位を占める人の誰もかれもが好き勝手なことを言って、指摘されては慌てて訂正・謝罪して、あとは口を拭ってケロリとしている。なにしろ大臣が失敗しても首相が平気でいて、訂正したらそれでよろしいという考えですからナ。アベ、スガ、イナダ、加えてきょうはイマイエリコと続く。もう組織はガタガタですよ。

それでも、これだけバカにされても国民が腹を立てない。政治の政界でもこれに攻め込む相手がいない。攻め込んでも口先であしらわれて、相手にしてもらえない。

ユーチューブではこのアベさんへの支持が強いんですよ。どんな社会を夢見る人達でしょうかナ。国会も政府も政治も社会も、なにもかもガタガタですナ。

コメント

12-065あぶない官房長官

2017-06-23 20:28:51 | この道の先に

風の谷通信No.12-065

つい最近の官房長官の記者会見を見ていて、怖れを感じた。東京新聞の望月記者が相当執拗に食い下がったので官房長官が憤然としていたからだ。つい、国谷キャスターの件を思い出したのだ。

 

案の定、ユーチューブに彼女を蔑む投稿が現れた。例によって暴力的・威圧的なナレーションである。内容は彼女を非難・中傷するものである。バカ呼ばわりしている。

心配していたら、今日のブログ情報に「官房長官が警察を使って彼女の身辺調査を始める」という記事がでた。有り得ることだが、いかにもアベ政権らしい汚い危険な情報である。国谷キャスターを追い出したように、権力を利用して望月記者を記者クラブから締め出すとか、前川元次官にしかけたような個人攻撃を仕掛けるかもしれない。女性としての人格を害するような攻撃だってやりかねない。汚い。

 

ついでに言えば、今日の前川元次官の記者会見を見ていて、この人はガードマンを使うべきではないかと思った。もしかしたらどこかで襲撃されるかも知れない。事実、何人ものジャーナリストたちが闇に消されているのだから、前川さんだっていつ消されたり、痴漢やスパイの冤罪で投獄されるやも知れない。これを防ぐために二重三重に安全・誠実を確認できるガードを雇って身辺を警護させることが必要ではないか。

今やこの国はそんな国柄になってしまったのだ。

政治から遠い田舎の世間は平和です。ありがとう。

 

 

コメント

12-064藤井四段の語彙力

2017-06-22 18:34:57 | この道の先に

風の谷通信No.12-064

藤井フィーバーだよ。昨日現在28連勝。

そこで、今日の昼間のバラエティー番組では・・・これが問題です・・・どんな将棋を指すのかとかどんな勉強をしたとか将棋教室がどうだとかの議論がなくて、昼飯に何をくったとかどこの店でなにがうまいとか、スーツ姿が似合っているとかそんな話が中心で。要するに将棋からは程遠いような話題が中心なんだ。バカ。テレビは本筋を離れた遊びしかやらないんだ。

 

何日か前、まだ20と数回の連勝中の頃、インタビューを聴いていて驚いたのは、彼の語彙の豊富さだった。とても現世代の中学生の語彙とは思えないような広範で多様な語彙だった。「語彙」と言う以上は単なる単語の集積ではなくて、ある種の範疇に属する概念の集積である。そして、今日の朝日新聞によると、かれは沢木耕太郎や司馬遼太郎を愛読するという。社会問題にも関心が強く20~30分かけて新聞を読む、とのこと。さもありなん。司馬遼太郎はともかくとして沢木耕太郎なんて、この私もほとんど読んだことがない。比較的最近にある新聞に連載小説が載ったのでそれを通読した程度だ。語彙もさることながら内容自体が高度である。こんなレベルの作品を中学生で読み通している・・・というか。

振り返って我が身のすぐ傍に若者がいる。中学へ入った時に「もう中学生なんだから新聞くらいは読めよ」と言ってやった。「受験のためなんてことを言わずに文章を読む訓練をしろ」とアドバイスしてやった積りである。あゝ空し。新聞なんてからっきし読まない。じゃあ部活で一流になるのかと言えばとてもじゃないが・・・。6年経って新聞も読めないままに高校を卒業するのか!天才少年の真似は及びもないが、せめて日常の新聞くらいは読んでくれ。

コメント

12-063空々しい反省の弁

2017-06-20 13:12:17 | この道の先に

風の谷通信No.12-063

朝刊一面に大きな文字が躍った。ブロガー達が一斉に反応している。

アベさんが「反省している」のだ。いわゆる加計議論で建設的な議論とはかけ離れた議論の応酬に終始した、と言う。加えて「指摘があればその都度、真摯に説明責任を果たす」とも言う。

よく言うよ。きのうの今日だよ。実に口先だけで相手を小ばかにした本心が丸見えだ。まるで誠意がない。小ばかにした相手は野党であり、国民一般である。

きのうの今日だよ。反省すべきと考えていたのならば議事の中で修正できたはずなのに。ずっと指摘されて来たんでしょうが。それを無視してきたんでしょうが。こんなことをするから支持率が急落するのだ。

支持率急落について腹にこたえているのかと思いきや「まぁこんなものでしょう」という。国民を舐め切っているのだ。どうせ落ちたって当座のものさ。時が過ぎれば奴らは忘れるさ。オレ様の支持率が落ちるわけがないよ。だから、国会が終わってから反省して見せたのだ。そりゃ、選んだ方が悪いのさ。


だけど、この支持率数値は信用できるのか?マスコミの操作が入ってはいないのか???・・・なんだか信用できないなあ・・・・・・・・

ずっとバカにされてりゃいいのだ。そんな嘆きが聴こえそうな世相です。

コメント