風の谷通信

専業農家からの引退を画策する高齢者。ままならぬ世相を嘆きながらも、政治評論や文化・芸術・民俗などに関心を持っている。

5-055 田植えの準備

2010-05-30 21:40:13 | 農業日記
風の谷通信 No.5-055

 いつの間にか日が経って、もう一週間も日記を忘れていた。
きょうは田植えの準備。朝から一日掛り切りだった。

 きのう、均し耕耘して春田鋤きを完了。きょうは朝から
元肥を散布した。まず田を計測して四等分し、そこに4袋の
肥料を手散布した。水の中を歩いて各区画に20㎏ずつ散布。
夏のように暑い中で作業していると少々疲れてきた。これは
水分不足だ。ふと気付いて脈を触ると速くなっている。危険を感じ
て帰ろうとするところへ新聞の集金が来る。とにかく家まで
移動して水を飲み、EMXという飲料水を飲んで体を落ち着け
てから新聞代を支払った。既に13時半になっていた。こんな
時刻まで水を飲まずに直射日光の下で作業していたんだから不調
になるのは当然。危うく不整脈が発症する直前であった。とに
かく気付いて良かった。脈拍は65程になっていた。新聞代を
支払って、また田に戻る。これで午前の4時間を終わる。
 昼飯を食べて少し休んでまた田に入る。トラクターを入れて
植え代掻きし、肥料の土壌混和を同時処理する。終わって、次は
除草剤の散布。鋤き終った田の中を歩いて散布する。午後は風が
冷たくなって午前中とは大違い、風が肌に沁みる。長靴もズボン
もトラクターも泥だらけになって寒い中を家に帰り着き、それか
トラクターを水道水で洗う。身体が冷たい。水圧が低いのでなか
なかきれいになってくれない。なんとか洗い終えると、まさに
丁度日没時で、紅い陽が山に沈みかけるところだった。夏至に
近いので日没後もすぐには暗くならないので助かる。ややうす暗い
中でトラクターを仕舞ってきょうの作業を終えた。

さて、田植え予定の火曜日まで水量が保ってくれるだろうか。
水保ち(みずもち)が悪いとまたやっかいなことになるなあ。
コメント

5-054 よく降った

2010-05-23 21:18:01 | 季節の便り
風の谷通信 No.5-054

 きょうはよく降った。そして、今も降り続いている。
4日前の大雨よりも今日の雨の方がずっと大雨だよ。
多分きのうの夜から降り続けていたのだろう。その雨の中
でムラの溝掃除。部落総出で給排水路の草刈りと底浚え。

 雨は降り止まず、気温はどんどん下がる・・・で寒い一日
となった。昼前にムラの作業を完了して、昼過ぎにやや
小雨になったので、午後に稲田の水溜め作業をする。田の
排水口を土嚢で封じて雨水を溜める手配をした。

 そして今も降り続いている。遅い夕餉に向かう台所の窓から、
裏庭に張り渡した雨除けのエスロン屋根に叩きつける雨脚の音
が途絶えること無く聞こえる。テレビの天気予報では1時間に
50㍉とか1日で300~500㍉とかの大雨情報が流れた。
普段ならば近くの県道を走るクルマのライトがエスロン屋根と
エスロン壁の隙間から流れて台所の窓を照らすのであるが、
さすがに日曜の夜9時の大雨の中ではクルマの気配もない。
雨音以外は静寂そのものの夜が深くなる。すべてが雨音の中に
沈み込んで行くみたいだ。;




コメント

5-053 せっかくのカブラが・・・

2010-05-20 18:12:30 | 案内板
風の谷通信 No.5-053

 赤・白のカブラが順調に育っているのを喜んで、明日から
出荷しようと期待していたら、残念ながら葉にも根にも喰害
が出ています。不幸中の幸いというか比較的軽いので、葉を
切り落とし、根を洗って出荷してみます。
 
 無農薬で栽培しても「無農薬」とは表示できないので*
農薬を使ってきれいな姿に仕上げたほうが喜ばれるし、農協
のほうでも薬剤による防除を奨めているので、必然的に農薬
を使うことになります。しかし、使用回数や量をできるだけ
少なくするのが望ましいので、とにかく1回だけ使用してい
ます。「減農薬」という範疇に入るでしょう。
 ところが今回使用した薬剤では効き目のないムシによる害
がでたので、姿が悪くなってしまいました。
 
 *「無農薬栽培」や「有機栽培」などの認定を取得しないと
  表示販売できない規定があるのだろうと思います。
 
 先ず手始めに明日、愛菜館にごく少量だけ出荷します。
外見が気にならないお方はお求め下さい。

 補足:今日初めてじゃが芋を手掘りしてみると鶏卵よりも少し
大きいほどになっています。間もなく新ジャガを出荷します。
完全な無農薬栽培ですが、その表示はできません。
コメント

5-052 久しぶりの雨

2010-05-19 20:52:33 | 農業日記
風の谷通信 No.5-052

 久しぶりに大雨が降った。久しぶりの休日。先の本降りは
4月27日。以後に2回降ったがいずれも小雨程度だった。
 朝、畑へ立ち寄ると、あぁ残念、ホウレン草が・・・。
雨除けのトンネルを掛け遅れて濡れそぼっている。

 雨の予報がわかっていながら他のことにかまけて
トンネル掛けを忘れていた。今日一日を耐えていてくれるかな?
コメント

5-051 春野菜の出荷

2010-05-15 20:31:02 | 案内板
風の谷通信 No.5-051

 冬の終りから天候に翻弄され続けてきた中で、ようやく
春の葉物の出荷ができるようになりました。ハウスや施設
栽培とは異なり、露地物には天気の影響が大きいです。
 今年は、晴雨だけではなく気温も変動が大き過ぎました。
夏のような気温になったり急に冬に逆戻りしたり。晴れが
続いて畑が乾き始めた頃にまた雨が降ってずぶ濡れになって
トラクターが入れなくなったりしました。播種や植え付け
どころか耕耘ができず、畑の準備が整わない状態が続いた
ので、総ての作業が遅れました。
 春野菜が無いので、朝市の現場はまるで争奪戦の有様でした。

 やっとやっと、あすからホウレン草の出荷、間もなく
じゃが芋や春ダイコンを出荷します。愛菜館でお求め下さい。
コメント