風の谷通信

専業農家からの引退を画策する高齢者。ままならぬ世相を嘆きながらも、政治評論や文化・芸術・民俗などに関心を持っている。

梯 剛之ピアノリサイタル

2007-04-29 23:11:55 | 文化・文芸

風の谷通信 さん農園便りNo.2-090

 きょうは朝から好天気で、収穫して直売所に出荷したあと、
サツマイモの植え床を作るためにトラクターを出して畑を
耕起し、鍬で畝端を整えました。
 夕方から、既報の通り標記のピアノ・リサイタルに行きました。
最近は交通と通信の発達でこんな田舎にも著名な芸術家が来て
くださるので本当に有難いことです。隣接の小野市の公共施設で
梯さんのリサイタルはもう3回目だそうですが、勿論、実行委員会
という有志の皆さんの献身があってのことで、定員500人程の
施設が満席でした。
 
 演奏は実に素晴らしくて感動的でした。帰ってきてからもその
感動を消さないためにしばらくはテレビも新聞も見ないでいたほど
です。演奏曲目はバッハ、モーツアルト、ベートベン、シューベルト
から各1曲ずつでしたが、中でもベートベンの曲「熱情」が圧巻で
した。私はクラシック音楽には鈍感で、泣いたり微笑んだり喜んだ
り苦しんだり震えたり燃えたりしないのですが、今夜はまるで小船
に乗って大波に漂っているような感動を覚えました。まさに頭が
クラクラする程の2時間でした。その他にアンコールとしてショパン
の幻想即興曲他がいくつかありました。

 帰り着いてクルマを降りると、月が煌々と照り輝いていて、この
谷の遠くまで見渡せる素晴らしい夜です。久しぶりに自分の影を
踏んで庭を歩きました。もう23時30分頃ですが興奮冷めやらず、
眠れない気持ちです。ほんとうに、優れた芸術は生きる喜びを
与えてくれます。

コメント

筍(竹の子)

2007-04-27 20:20:46 | 健康/生命

風の谷通信 さん農園便り2-089

 筍のシーズンになり、当市の直売所では筍が満載です。
筍と言っても色々ありましてこちらでは孟宗竹を指します。かつて、
北海道へ行った時に細い真竹の筍を取っている人を見かけました
が、東日本や北日本では孟宗竹が生えないのかも知れませんね。
北海道の友人に孟宗竹の筍を送ったところ、スケッチを送って下
さいました。また、その親戚に小学校の美術の先生がおられて、
筍を教室へ持って行って、生徒達に写生させたという話も送って
下さいました・

 今年の私の薮では、今になってようやく食べられるほどの筍が
出てきました。冬の間に雨が多かったと思ったのですが、そうでも
なかったのか筍の生え方と伸び方が例年よりも遅いです。

 孟宗竹がない地方の人には珍しいでしょうが、今日収穫した筍
を写真で紹介します。
      
 この太くて短いのが孟宗竹の姿です。右側の筍の内径は12cm、
外周は53cmです。その差は肉厚です。
 背丈は日数さえ経てばいくらでも長くなります。3日も見ないと
数メートルにも伸びるのですが、そうなると筍の値打ちはありません。
筍の生長はそのように驚くほど旺盛です。邪魔になる筍は切り飛ば
して潰し、食用にはしません。 お陰でこれから連休にかけて、
竹やぶの管理が大変に厄介です。実のところ2年間放置していた
ので、薮はまるでジャングルです。初めてチェーンソーを買い、先日
から竹伐りに掛かっています。

 どなたか竹炭を焼く人がいたら竹を差し上げるのですがね。
花瓶に仕立てるのに適切な太竹も沢山ありますよ。取りに来て
くれるのならば無料で切り出してあげますよ。 いかがですか。

コメント (3)

ライラックが咲いた

2007-04-24 20:59:22 | 農業日記

風の谷通信 さん農園便りNo.2-088

 温かい週末が来て、うぐいすの声も盛んになり、世間は春らしく
なりました。 
 庭先では、金曜日に開き始めていたライラックが、昨日には
ほぼ満開になりました。
   
 左は城山を背景にした庭先のライラック、右はその近接像です。
この近辺ではとっくに満開の庭が多いですが、我が家の庭の花は
毎年少し遅れて咲きます。
 ちょうど時を合わせる様に庭のコナラの新緑が鮮やかになって
朝日に輝いています。
  山で拾ったドングリを庭に伏せたのが
始まりでもうとっくに5メートルを越えたので、台風時の倒壊を恐れ
て先を切り落とし、枝を横へ張るように仕向けましたが、鮮やかに
新芽を拡げています。その足元では昨年秋に落ちた実が発芽して
沢山の若樹が出ていて、小さな庭には邪魔になるのでせっせと
引き抜いています。 どこかの山で「ドングリを植える運動」を
しているので、連絡がつけばコナラを育てて差し上げたいほど
です。 一方、竹やぶではようやく筍(竹の子)が出始めていて、
おいしい孟宗竹を楽しめますが、独り身には世話が仕切れない
程の広さなのには手を焼いています。

 さて、選挙も終わったしほんのしばらくは世間が落ちついている
ことでしょう。わたしは野菜苗の植え付けでこれから超忙しい日々
になります。
 

コメント

外圧日本

2007-04-21 21:58:22 | 世相あれこれ

風の谷通信 No.2-087

 従軍慰安婦について強気の発言を続けてきたアベシンさんが
遂に日本の責任を認めた、というニュースが流れました。宵の口
のテレビニュースで流れたのにインターネットのニュースではまだ
流れていないのですが、概略は把握しました。

 日本のメディアや市民が追求してもヌラリクラリと左右に逃げて
態度が煮え切らないアベシンさんだけど、外国メディアのインタ
ビューには率直に応答したらしいです。

 日本は やっぱり外圧で動くクニですね。憲法改正の運動も
やはり外圧であり、その圧力の源泉はアメリカでしょう。
アメリカに押し付けられた憲法はイヤだ!と言ってる連中が一番
アメリカからの外圧に従順なのです。これを俗語で「アメリカの
ケツを舐める」と言います。
 自主憲法を作りたいならば軍を竹島へ派遣してから言え。中国の
東シナ海ガス田開発を阻止してから言え。アメリカの圧力に抗して
原爆を持ってから言え。それが言えなくてなにが憲法改正なものか。
 
 なにがきれいなクニですか?  外圧でしか動かないクニが、
政治資金の使い先が一件5万円以下ならば領収書が要らないと
言うクニが、どうしてきれいなクニなものですか?

 庶民の確定申告にはすべての資料と領収書が必要なんですぞ!
竹島や国境線論争で、日本漁業が阻害されいるんですぞ!

コメント

十四夜

2007-04-20 20:28:36 | 農業日記

風の谷通信 さん農園便り2-086

 きょうは「穀雨」です。春雨が降って穀物を潤す節気との
ことですが、この季節に畑にある穀物といえば麦だけです。
稲の種まきには(この地方では)まだ早いですが、地方に
よってはもう種まきをすませたところもあることでしょう。

 さて、やっと少し温かくなりました。もう野菜苗を植え付けても
大丈夫かなと思います。明日・あさってのうちに多くの苗を
買い入れておいて来週が雨の予報なのでその合間を見て
植え付けるのが適期になるでしょう。

 春先に植えつけたものはもうよく育っています。今年はキャベツ
・ブロッコリー・かぶら・タマネギなどが充分に楽しめます。久しぶり
に手入れした竹薮では竹の子(筍)が順調に出芽し始めました。
春の食卓が愉しみです。  これらをおいしく料理してくれる人が
いればなお更嬉しいのですが、こればかりは致し方ありません。

    十 四 夜    4.20,97

遅くなってごめんよ 映ちゃん/
月の光を頼りに/ 自分の影を見ながら耕していたんだ//

自分の用もムラの仕事もあって忙しく/
おまけに天気予報では雨も近いし/
定植の準備に追いかけられて/ 畑作業を急いでいたんだよ//

月の近くに幾筋かの雲と/ 一筋の飛行機雲が輝いていた//

「春宵一刻値千金」という通り/ 寒くもなく暑くもなく/
思いのほか仕事がはかどったよ//

でも もう少しの間ごめんよ/ 晩ご飯のおかずを買いに/
ちょっと町まで出かけてくるよ//

 

コメント