風の谷通信

専業農家からの引退を画策する高齢者。ままならぬ世相を嘆きながらも、政治評論や文化・芸術・民俗などに関心を持っている。

13-030女性記者へのセクハラと抗議

2018-04-19 15:35:12 | この道の先に

風の谷通信No.13-030

セクハラ発言に女性記者が抗議の声を挙げた。疑惑を受けた財務次官は「言ってはいない」「録音音声は自分の声とは言えない」「そんな記者に会ったことはない」などと抗弁している(もっとも、この文章を書いている段階では次官は既に辞任を宣言した)。

本人の抗弁は信じがたい。加えて、財務大臣と財務省の態度が煮え切らない。セクハラを容認するような態度だ。さらに、【抗議するのなら自ら名乗り出よ】という、市民感覚から遠い捨て台詞である。まるで【文句があるなら顔を貸せ】という脅しに似た注文だと言える。

そして今朝(昨晩かな?)のニュースである。会社に訴えたけれど否定された【本人が特定されて不利益になる】ということで会社としての抗議体制(あるいは、自社の記者を護る支援体制)を採ってもらえなかった。被害を受けた女性記者を派遣している報道機関自体さえもがこんな態度を採った。素人判断で言えば、まさにテレビ局こそは抗議の声を挙げるにふさわしい企業体ではないか。

もしかして、事後の取材活動への悪影響を心配したのか。それならば、取材活動への阻害ナシと女性記者の被害感情を秤に掛けて、会社の利益を優先したとしか言えない。卑怯。

 

そこで当該記者は事実を週刊新潮へ訴えて取材を受けた。これ以上の記述は素人の能力を越える。だけど、これだけの行為をする男だか他の女性に対しても同じような行為を繰り返してきたのではないのか。記者クラブの女性たちに声を掛ければ他にも被害者がいたであろうとう思うが如何? ただ一つ付け加えれば【このクニはまだまだ女性が働きにくい社会です。】

 

コメント

13-029ウミはどこから?

2018-04-14 09:35:08 | この道の先に

風の谷通信No.12-029

アベさんの立派な言葉が報道されている。曰く:行政に対する国民の皆様の信頼が揺らいでいる状況にある。徹底的に調査し、ウミを出し切って国民の信頼を得るためにしっかりと立て直して行きたい。」「信なくば立たず。これは政治の基本だ。」

 

まことに立派な演説でありまーす・・・。

 

だけどこの政権のウミはどこから来たの知らん?もしかしたら、ウミの元凶がウミの絞り出すぞーと旗振りしているのじゃないかナ?そうだ、国民の信頼を揺るがせたのはアベさんだろうが、信を裏切っているのもアベさん自身だろうが。そうだとすれば庶民としては【よく言うヨ、なあ】という気色。横向いて舌を出してるぜ。そこのところは先日亡くなった金子兜太さんが揮毫したよ、『アベ政権を許さない』。

コメント

13-028農林省からも資料が

2018-04-13 20:33:10 | この道の先に

風の谷通信No.13-028

明け方の寝ぼけた頭にニュースが届きます。加計学園に関して新しい資料が1件見つかった、と。なんで農林省で?と思ったんですが、起きて醒めてからから考えると「獣医学部」の問題だからでしょう。

柳瀬秘書官は記者の質問に対して【先にコメントした通りです】としか答えていない。それが判らないから記者が尋ねているんだが、回答になってはいないです。

官房長官は、その問題に政府としては承知していない、と言う。アベさんも逃げている。中村知事は県職員が正しく仕事していると認めている。

 

この知事の態度が、県職員にとっては大きな救いです。しかし、ご用心。権力はこういう人を平気で抹殺するんだ。手段は暗殺・冤罪(特にセクハラのようなハレンチ罪・脱税・収賄など)・その他の不名誉罪(どんなのか知らん?夫婦喧嘩でもでっち上げるのかな、それとも子供たちの非行かな)。かつて福島県知事が嵌められて失脚したことがありました。

悪いヤツラは死なない・惰眠するから叩けばょろしいが、弱い立場や下級職場の職員は県民が守ってあげることが必要。無事この論争を制覇されますように。

コメント

13-027直接対決で解決

2018-04-12 16:17:45 | この道の先に

風の谷通信No.13-027

人が会ったとか会わなかったとか、記憶の限りでは会ってはいないとか・・・偉いさんたちは何を言ってるんですかね。庶民はもっと判りやすいことばを使いますよ。

・・・あの日あの時あの部屋であなたと会いました。あなたはこう言いました。それで終わりでしょうが。それを議会の証人なり参考人として確認すれば終わりです。   これはあるバラエティ・ニュース番組でさる人が言った事。だれだって判る。なんでそれだけのことができませんのや?偉い人達は難しいなあ。

アベさんは言ってる。「私は部下を信用している。愛媛県の担当者の記録について意見を言う立場にない」。県知事は言う。担当者はまじめに仕事する人です。わたしは信用しています。国のことは知りません。

ならば官邸への訪問者記録はどうだ、と言えば「廃棄しました」。不都合な問題が出るとすぐに廃棄しましたという。こんな年収50万にも満たないような高齢者の確定申告書を、5年間保存せよ、と言うくせに。

どうなるの?これはやはり国会の役割ですよ。国会以外にないですよ。国会へと証人喚問するしかない。それ自体が恥ずかしいことだよ。

 

枝野さんが言ってた。首相秘書がウソをついているか、でなきゃ愛媛県の担当者がウソの記録を作ったか。どちらかの一つしかない。私たちはそんなクニに住んでいるのですよ。これでも民主主義政治の国かしらん。

コメント

13-026日本の上司は卑怯

2018-04-11 16:52:34 | この道の先に

風の谷通信No.13-026

四国の加計学園問題について、朝日新聞のスクープが載った。曰く【首相案件】という単語。

オイソレと簡単には会って貰えない官邸の偉いさんに会ってもらえたあげく、励ますような言葉を頂いて天にも昇る気持ちの地方公務員が、偉いさんの言葉を記録した。

それが問題になったとたんにその偉いさんは【そういう人に会ったと言う記憶がナイ】とのたまわった。一歩下がっても、自分の記憶の限りではそんな人たちに会ったことはない、と言う。

私の記憶の限りでは・・・あゝそうですか。下級官庁の吏員がそんなこと(会ったこともない上級官庁の偉いさんに会った、なんて)を書きますかね。そりゃ、どう考えても上級官庁の吏員がとぼけているのですよ。下級官庁の人間が泣き見るのですよ。

そこへ応援が現れました。首相官邸で働く人間は通常【首相】とは言いませんよ。【総理】と呼ぶのが普通です。だから【首相案件】という書き方は官邸での話とは異なりますよ・・・。これはアベさんへのヨイショ。つまり、愛媛県(または今治市)の担当者が話したこともない【首相案件】ということを勝手に書き込んだということ、でっち上げ記録でしょう。どっちがホントかな? 

どちらがホントな?今や位(地位)にしがみ付くアベさんと、アベさんに侮辱された朝日新聞の総力戦になってきた。外野で拝見、ありがとうございます。

コメント