風の谷通信

専業農家からの引退を画策する高齢者。ままならぬ世相を嘆きながらも、政治評論や文化・芸術・民俗などに関心を持っている。

10-035確定申告

2015-02-27 19:21:35 | 農業日記

風の谷通信No.10-035

 

また寒いです。午前中喫茶店でゆっくりしたあと、市役所へ出向いて確定申告を済ませました。歳をとるに従って申告内容が簡単になります。今年は農業の支援金もないし、医療費の控除もないのでごく簡単に終わりました。おまけに、最終計算で所得が残るので課税があるはずなのに、何かの特例でこんなわずかな所得の老人は課税が免除される・・・ということで結局は無課税放免。


昼過ぎの帰り途に畑に戻ってニンジンを播きました。ひと畝×三条×15メートル で合計45メートルばかり。また後日追加します。

いい加減な作業で荒っぽい畝立てをして友土(あるいは共土か?)で被覆したので、果たしてまともな作物になるかどうか大いに疑問です。でも、もう身体が痛くてゆっくりとていねいな作業ができません。

このようにして、老兵は徐々に FADE OUT してゆくのでしょう。

きょうはなんとも覇気のない記録になりました。ナンジャラホイ。

コメント

10-034国民を舐め切った官房長官

2015-02-26 18:22:38 | 農業日記

風の谷通信No.10-034

きのうの続報。東電フクシマの高濃度汚染水が外港へ流れていた問題で、官房長官が記者会見しています。

回答は「放射能はコントロールされている」ということでしょう。丸10カ月も知りながら頬被りしていた東電を批判するどころか、むしろ擁護し、適切に対応しているとの評価を与えています。

その返事が、へなへなと、うようよと、よたよたと、メモを読んでいるのか言い迷っているのかどうにもはっきりしない内容です。記者からの質問にも他人事みたいなふてぶてしい態度です。国民を完全に舐め切っていて、誠を尽くす気配がまったくありません。動画を見ていて腹立たしくて仕方がないです。ここまで国民をないがしろにするのか。沖縄に向けるのと同じ顔を本土の人間にも差別なく向けて来始めたな、と思います。これでヤマトンチュとウチナンチュが同じ戦線に立てるぞ。

 

このクニは壊れそうだ。アベとスガによって破壊されてしまう。私はいまも原発事故に拘っています。

この動画は『みんな楽しくHAPPYがいい』というブログで見て下さい。ブックマークに登録しておきます。<<後日追記:ブックマークできていません。直接検索願います>>

コメント

10-033東電の隠蔽体質はいまも

2015-02-25 20:25:18 | 農業日記

風の谷通信No.10-033

私は相変わらず原発に拘っています。

一方東電は、いつまでも事故隠蔽に拘っています。本日25日の朝刊に放射能汚染水が外洋へ流されていることを報道しています。神戸新聞と朝日新聞に掲載しています。『オイオイまたかよ』と思っていたら東京のほうでもやはりブログに収録しています。東京の記事は毎日新聞からの引用です。

 

東電の発表では通常よりは高濃度の放射性汚染水が建屋の一部に溜まっていたものが流れ出たとのことですが、そんなことの明細はもう無視。問題は排水路の水が雨のたびに流れ出ていることを把握しながら数値を公表してこなかったこと。さらには汚染水の外洋流出を昨年4月までに把握していながら公表してこなかった、ということにあります。事故発生4年にして、このクニ全体でもう真摯な関心が薄れてしまったということでしょうか。

把握されている放射性物質はセシウム・ストロンチウム90 が含まれていた・・・という記事。言い換えれば検出された放射性物質をすべて報道しているわけではないのです。アベさんのリオでの大口叩きはどうなるのでしょうか。汚染水は完全にコントロールされている・・・なんて大嘘がよくも言えたもんだ。

 

この情報隠しの点は東電の発表内容にあるのか、それとも新聞社の報道姿勢にあるのか疑問です。実は大きな疑問です。そもそも神戸と朝日の報道記事が朝刊の後ろの方にごく小さなベタ記事で掲載されているだけです。本来ならばもっと大きな囲み記事の扱いにすべきものでしょうが。政権の強圧的態度におされたメディアが報道自粛を余儀なくされているという噂が絶えないので、この記事がそんな圧力を受けているのでなければよいのですが。政権の傲慢と東電の隠蔽体質がこのクニの報道を殺してしまわないようにと祈ります。

 

 

コメント

10-032原発再稼動への評価(学術会議)

2015-02-20 19:33:27 | 農業日記

風の谷通信No.10-032

アベさんの政権運営については怖くて触れる勇気を失いますが、原発へのこだわりは消えません。

 

この度、日本学術会議が原発問題に『提言』を発しました。これを読むと過去に私が記録してきた素人考えでも有効だナと思える内容があります。曰く:

高レベル放射性廃棄物、いわゆる『核のゴミ』地下を300メートルよりも深い安定した地層に埋める方針について 《ゴミの処理問題に進展がないまま再稼動を進めるクニの姿勢は将来の世代に対する無責任である》という提言です。

 

まさにその通り、現代の日本人が問題を解決できないまま見切り発車で原発を動かして、電力を利用して、そのゴミを放置して死んで行く、というまことに身勝手な行為であります。日本学術会議と言えば学術・知性についての国内最高の組織であろうと思いますが、その「会議」が素人にも通じるような言葉で原発の稼働に警告を発していることは注目に値します。政府も電力会社もこの提言に謙虚に従うべきでしょう。折しも東北海岸でまたしても大きな地震が2日連続発生しました。フクシマの仮設住宅避難者が事故の4年後でいまだに17万人と言う苦渋も忘れないで欲しいです。

コメント

10-031アベさんの言論統制

2015-02-19 20:54:32 | 農業日記

風の谷通信No.10-031

世間一般で普遍的に言論統制の風潮が拡がっています。

あるブログ記事に、他人が崇拝する対象を風刺画にしておいて『報道の自由』を主張するというのは『自由の吐き違いではないか』という主張が現れました。やっと正常な批判を口にする人が現れて安心しました。

ところがフランスでは=あの言論の自由のフランス国でも=シャルリーを批判するとISISに味方するのか!と攻められる雰囲気が拡がっていると言います。ある種の同調圧力という言論統制が働いているのです。

私たちのクニでは政権による報道メディアへの攻撃が高まっていて、その内容を知るとまるで言論統制のようです。

一つの事例として、先には国谷キャスターとの対談に菅官房長官が激怒し、その攻撃を受けた国谷さんが涙を流したという事件がありました。その日のテーマは原発でしたかね。権力に対して批判的な取材をするのは報道の責任であります。批判精神を失った報道は『翼賛報道』『政府の広報版』でしかありません。なのに、正当な報道陣に対して、政権幹部の人間が、まして官房長官ともあろう人間が、激怒するとはまとこに大人げない。

次に最近の事例ですが、『報道ステーション』で慰安婦問題に対するメインキャスター古舘一郎氏の発言が気に入らないとのことで=放送中に=官邸の秘書官からテレビ局の上層部に抗議の電話がどんどん掛かって(着信記録で数えられます)きて局では大騒ぎになったのです。これで以て、このキャスターが降板させられるかもしれません。同じくイスラム国問題で発言した古賀義明氏やコメンテータ役の惠村氏(朝日新聞論説委員)や、さらには番組の統括チーフプロデューサー(女性)までもが4月の番組編成替えを機に外される気配だそうです。

もちろんNHKは『局の人事編成の権限事項』としかしゃべらないでしょう。

 

このようにして、政府のご機嫌を窺い、自主規制して自らの世界を狭め、政権御用達広報機関に堕落してゆくのです。・・・というのがこうした事情に詳しいネットメディア人たちの解説であります(私は夜のテレビ番組を見ないので中身を知りません)。政権の眼は国中に張り巡らされていて、少しでも反政府的論調・政府批判論調を発見すると即座に叩きつぶしに走る気配です。まあ昔の特高警察のレベルでしょうか。

その雰囲気はまるで言論統制というよりは『マスコミ支配』『言論弾圧』とも言えます。かつて明治・大正の自由民権思想が排斥されて国粋主義・民族主義的思想がのさばって行った時代とよく似た状況です。

 

いま政権が神経を尖らせているテーマには、慰安婦・フクシマ原発復興と他での再稼動・憲法・集団安全保障と海外派兵・TPP・沖縄の基地・消費税・格差・ISISの人質事件・政治とカネ・南京虐殺事件等々がありまして話題に事欠きません。このクニではもはや何時なんどき権力が個人の生活に踏み込んできて検閲・検問するやも知れない時代になっています。まぁこんな田舎のジジイの頭まで叩きに来ることはないでしょうけど。おぉコワイよ。せめて、選挙制度改革と定数是正と報酬削減を早く実現してほしいよ。


コメント