風の谷通信

専業農家からの引退を画策する高齢者。ままならぬ世相を嘆きながらも、政治評論や文化・芸術・民俗などに関心を持っている。

讃岐の小麦

2007-10-14 18:58:54 | 健康/生命

風の谷通信 No.2-195

 以前に食糧自給に関連して、国内でうどん向けの小麦が
少ししかないと書きました。 実際に小麦の自給率は低くて、
うどんもお好み焼きもパンもパスタ類も、ほとんどすべてを
輸入小麦粉に頼っています。
 
 しかし、今回讃岐うどんついては事情が改善していることを
知りました。讃岐から送って頂いた文書により、私の認識が
古いことが判りました。
 一時は地元産小麦が下火になった讃岐地方で、地元うどん
を愛する人たちの熱意に応えて県農業試験場が新しい品種
を生み出したのです。「さぬきの夢2000」と言います。
さぬき平野にはこの小麦を栽培する麦畑が拡がっています。
そして、味にこだわる店でその麦が用いられているのです。
 
 私が県農試を訪ねていたのはもう二昔も前のことですから
私の情報はもう古くなってしまったのです。
 それにしても、地元産が復活したということはまことに嬉しい
ことです。その地の風土・気候の中で生まれた作物を使って、
その地の食べ物を作って食べるのが人間本来の食生活です。

 これから、香川県を訪ねたらこの案内図の「こだわりの店」
を探してみようと思います。

コメント

鶴林寺観月会とヤドランカ個展

2007-10-11 21:50:34 | 文化・文芸

風の谷通信 No.2-194

 先にお知らせした鶴林寺の観月会に先立って、観月会に
出演される歌手・ヤドランカさんの絵の個展が開かれます。
 時: 今月16日~20日
 場所:高砂市 蕃画廊     電話: 079-442-3231
    概略案内:加古川バイパスと県道45号線の交差点を
    南へ直進、立体交差の平津交差点を過ぎて南へ向かうと
    右側に出光のスタンドあり。そのすぐ北の小さな道を西へ
    入ると一般住宅地の中にある小さな画廊。

    ヤドランカは旧ユーゴスラビア
出身の歌姫。もちろん日本語のじょうず。観月会には他に
薩摩琵琶と20弦の筝の演奏があります。播磨の古刹・広い
境内にひびく音色は心に響きます。晴天・名月を祈るのみ。 
観月会の案内は下記の通り。              合掌

  

コメント

集団自決 サンケイ

2007-10-09 19:54:24 | 世相あれこれ

風の谷通信 No.2-193

 標題の事件についてサンケイの論調が少し変わりました。
首相や文部大臣が県民感情を考慮した発言のあと、サンケイ
の論調は「我々は軍が関与していないとは言っていない」と
なりました。軍の強制や公式命令が無かったということは主張
しても、全く関与しなかったとは言っていない・・・ということですか。
 それよりも強調しているのは「集会規模が11万人という主催者
の発表がそのまま鵜呑みにされて独り歩きしている。そんな
人数が集まったはずがない」という点です。集会現場の地図も
掲載して、これだけの広さに11万人が入れるはずがない。主催
者の発表に引きずられて警察までもそのまま放置している・・・、
つまりは集会規模がもっと小さくて、県民の4人に1人が抗議した
ような大きな問題ではない・・・という主張でしょうか。
 こればかりは現場を知らない者が対抗できない事柄です。
但し、沖縄県民が日本軍に追い立てられて、日本軍から与えら
れた武器で集団自殺した、という記憶だけは譲る訳には参りま
せん。
 
 なかなか興味深い議論です。大いに朝日新聞と喧嘩してほしい
ものです。サンケイがただ今連載中の記事「やばいぞ日本」は
読んでいてこのクニが怖ろしい脆さを抱えていることを思い知ら
せてくれますので、大いに勉強になります。中でもつい隣の
中国と韓国が持つ潜在的脅威の記事はサンケイだからこそ明ら
かにしてくれるものであり、同紙をうんと応援したくなる記事です。
 だからといって、集団自決問題やその他の昭和史に関する
記事には賛成できません。

 とにかく、サンケイの論調には賛否併せて大いに関心を
寄せていたい、と思っています。


 

コメント

キンモクセイ

2007-10-07 21:06:44 | 季節の便り

風の谷通信 No.2-192

 2日ほど前、薄暗くなって帰り着いたら、庭先になんとなく爽や
かな香りがした。キンモクセイだな!と思ったが暗くてよく見えな
くてこんなに色が出ていないのだからキンモクセイが咲いたわけ
はないナ、と考えた。

 しかし、きょう見るとやはり既に咲いていた。

 去年の冬に枝を大きく切り込んで整えたのが悪かったのか、
つぼみが少なくて、しかも葉の緑に隠れるように小さな群れを
なしているだけだ。それでもさすがにこの花の力が現れている。

 キンモクセイが香る時期はなぜか満月以後の(有明月の)
頃で、しかも夕方まだ月が昇らないのになんとなくほの明るい
時期に当たる。早稲の稲刈りが終わった後、まだ晩稲の刈り取
りが始まらない頃に香り始める。
 我が家のキンモクセイは枝振りの小さな樹であるが、2kmほど
離れたムラの池端には数本の大きなキンモクセイが並んでいて
豊かな香りが道を走るクルマの中にまで入り込んでくる。自分で
は何もしないのに、この樹の花のお陰で爽やかで心豊かな気分
にさせてくれる。徳の高い花であることよ。  感謝

コメント

枝豆の季節

2007-10-06 19:14:46 | 農業日記

風の谷通信 Noi.2-191

 大豆の実が入って枝豆の季節になりました。こちらでは
姫路の祭の季節ですが、泉南地方でも祭の季節に枝豆が
おいしいと言われまして、その季節になると枝豆を注文して
来る知人がいます。

 枝豆は枝付きで出荷するのが建前ですが、実際に送ると
なると運賃だけが高くついて目立ちます。農産物一般に言
えることですが、下手をすると中身よりも運賃の方が高い
という事になります。 といって、タダで提供するのは百姓
の自尊心が許しません。実に難しい問題です。

 現在は私の方針として、中身は無料、運賃だけ負担、と
いう考えで着払い宅配便で送っています。ご希望の方は
連絡下さい。ホームページのカバーに連絡先を掲載してい
ます。 

 豆の種類は黒豆・青丹生・茶豆の3種類です。受け取った
方は実をはがす手数が大変です。
 ついでに他の品目として、さつま芋・秋茄子・がありますが
これらは代金を頂きます。

 

コメント (1)