鉄道模型・色差し三昧

精密な模型製品だからこそ、色差しを施しませんか?
より、魅力を引き出しましょう。
お気に入りができますよ。

鉄コレ 凸形電気機関車でちょこっと遊ぶ

2020年10月25日 | 工具片手に……さくさく工作
今までになく、模型に取り組めない日々が続いています。
ちょっと忙しくて、休みも少なくて。
余裕がありませんなぁ。

とはいえ、富士山の夕焼けを見ることができたから、まぁ、いいか。


さて。
頂きモノです。


小さな小さな貨物列車。
昭和30~40年代くらいまで、日本各地にみられたような私鉄の貨物列車です。


小さな無蓋車。
パーツ構成の都合で、床面に穴やら何やらがたくさんあります。
いずれ、埋めよう。


小さな緩急車。
窓ガラスがありませんので、車掌さんは寒いはずです。
いずれ、付けよう。


凸形の電気機関車です。
前後のボンネット部分と、中央のキャブ部分の幅が同じという機関車は、あんがい少ないようです。


プロトタイプは名鉄にありました。
実車は、黒色です。


どうしようかな、と思ったのですが、偶々動力ユニットが手元で余っていました。


製品は、10年くらい前に鉄道コレクションのシリーズ第1弾で発売された機関車を、
再生産にあたって自由形にアレンジしたものです。
この大きさで走らせることができる動力ユニットに、当時驚かされました。
モーターを斜めに積むという発想が、新鮮でしたね。


思い立って、ウエイトを塗りました。
クレオス#115「RLM65ライトブルー」を使っています。
青灰色というところでしょうか。
これを、窓越しに見える機会室の何かに見立てようと考えたのです。
また、車輪の側面も塗っておきました。


こんな感じですね。


旧い機関車ですので、淡緑色よりも似合うような気がしたのです。
モーターホルダーが傾いていますので、ちょっと変な感じです。


これだけですが、気晴らしになりました。

コメント

帰ってきた桃色タヌキ マイクロエースA-3493新京成8000形新塗装のレビュー的なこと

2020年10月11日 | 1:150 私鉄電車
しばらく前のことですが、久しぶりに新製品を買いました。
いろいろと遣り繰りしただけに、感慨ひとしお。

マイクロエース製の新京成8000形新塗装です。

新京成8000形は1978(昭和53)~1985(昭和60)年にかけて9編成が登場しています。
車庫がくぬぎ山にあることから、ひと詠んで「くぬぎ山の狸」。
近年は廃車が進み、現在は残り1編成(8512編成)だけとなりました。
経年のほかバリアフリー推進の関係もあり、来年度には全廃となりそうです。

製品は、ただ1編成だけジェントルピンクの新塗装となった8518編成がモデルです。
実車は、今年の1月に廃車となりました。


あまりweb上で見ないことから、この製品のレビュー的なことに触れます。


まず目につく鮮やかな塗装ですが、実車らしい感じが出ていると思います。
新京成の現行ロゴマークもきれいですね。


松戸方から3輌目は弱冷房車です。
製品では動力車になっています。
床下機器は、陰になる部分が黒く塗られています。


8000形は、すべての編成が京成千葉線への乗り入れが可能でした。
そのため、先頭車の屋上には京成や京急と同じタイプの列車無線アンテナがあります。


前面にも、運行番号表示器があります。


実車は、10年くらい前にVVVFインバータ制御に改造されました。
そのため、改造された床下機器がきちんと再現されていました。


なお、補助電源やコンプレッサーなどは改造されていません。
電動発電機を積んだVVVFインバータ制御車なんて、珍しいのではないでしょうか?
さらに言えば、コイルバネ台車、2段上昇式ユニット窓、扇風機など、旧い形態があちこちに残っています。
おもしろい電車なので、機会があれば乗りに来てください。


パンタグラフは下枠交差式です。
余談ですが、新京成ではこのほか菱形パンタと2種類のシングルアームパンタを使っています。
保守部品が多そうだなぁ。


インテリアパーツは、座席の色で塗装されています。
優先席も塗り分けられていますね。
ただ、ワタシとしては、床の色が一番目立つと考えますので、これではダメです。
いずれ、床の色も塗り分けしそうなメーカーではありますが。


説明書は、簡潔です。


行先表示のステッカーも添付。
日常的に見られた行先表示が収録されています。
なお、「普通」の種別表示が入ったモノは、京成線内でのみ表示されます。
また、新塗装となった8518編成は、駅ナンバリング入りの表示幕にはならずに廃車となりました。
リバイバルカラーとして生き残った8512編成は、昨年11月ごろに交換されています。



コメント

ワンマン表示を消そう 鉄コレ大井川(北陸)鉄道モハ6011(後篇)

2020年10月09日 | 1:150 旧型国電
満月の前後ですと、ちょうど仕事を終える時間帯にいい高さで月が懸かっています。
日々、満ち欠けと月の出の時刻が変わりますから、飽きません。
ここ数日、月を見上げながらの帰宅が続いていたのですが、
台風が近づいて雨降りになってしまいました。
ひと月、お預けです。

さて。
前面ガラスの「ワンマン」表示を消した、銀色の私鉄電車。
側面に印刷された行先表示にも、「ワンマン」の文字がありました。
これは、車体色を吹き重ねて消してしまおうという魂胆。

まずは、屋根板を外します。


車体の帯や車番は、製品の印刷表現をそのまま残すつもりです。
最小限のマスキングなら、さほど目立たないかと。


せっかくなので、検査表記も残しておきます。
ドア上のサボは青地に白文字の大井川仕様ですが、アクセントになりそうなので、これも存置。


前面もマスキングしました。
ヘッドライトレンズは外しませんでしたが、これで大丈夫。


エアーブラシで、銀色を吹き重ねました。


厚塗りになってやしないか、ちょっと心配。


マスキングをはがします。
車番の周りにさほど段差などが生じなかったのは、良かったのですが…。


帯の印刷が一部剥がれたり、太さがまちまちになる結末。
マスキングのやりかたが、いまいちよくありませんでした。

グリーンマックス#12「黄色5号」を筆塗りして、必死のリカバリー。
製品のときよりも、帯が若干ふと目に仕上がりました。


質感を整えようと思い、クリヤーを吹き重ねます。


すったもんだしながら、組み戻しました。


1か所だけ、重ね吹きが足りない部分があったのが、いちばんの反省点。


それでも、すっきりした原形に、一歩近づくことができました。
コメント

「ワンマン」表示を消そう 鉄コレ 大井川(北陸)鉄道モハ6011形(前篇)

2020年10月04日 | 1:150 私鉄電車
かみさんが、携帯会社を乗り換える決心をしました。
で、この週末はいろいろ下調べ。
なんであれ、アクションを起こすのはドキドキするものです。
ところで。
「決心」という単語を使うと、さすがに大袈裟ですね。

さて。
夏休み前に仕上げた、元北陸鉄道のロマンスカー。

https://blog.goo.ne.jp/torinosanpo/d/20200725←記事はこちら。

モデルは、ワンマン運転に対応するよう改造された晩年の姿です。
温泉へ向かうロマンスカーとして登場した電車です。
なるべくなら、北陸鉄道時代に仕上げたいと思いまして、「ワンマン」表示を消すことにしました。

ガラスを外します。
車体の後ろ側から外すと…簡単というほどではありません。
ピンセットを使いながら、慎重に。


数分格闘すると、外せました。


前面の「ワンマン表示」は、表面から印刷されています。
プラ用塗料の薄め液を筆に含ませ、数分間洗い流すつもりでこすります。


ほぼ落ちましたが、やや跡が残りました。


コンパウンドで仕上げ。


一連の工程で、印刷で仕上げられていた窓桟などがかすれました。
塗り直します。


側面のサボは、エアーブラシを使ってそのまま銀色を吹き重ねましょうか。


つづきます。
コメント

鉄コレ 富山地鉄14710形のベンチレーターを減らす

2020年09月23日 | 1:150 私鉄電車
「暑さ寒さも彼岸まで」とは、よく言ったものです。
毎年、春と秋には実感します。

黄昏時には、虫の声が響きます。

夏も終わりだなぁ…。

さて。
しばらく前に手に入れた中古品。
富山地鉄モハ14710形です。

もと名鉄モ3800形ですが、富山地鉄に来てから前面貫通路が埋められました。
たぶん、冬の隙間風が厳しいのでしょう。
雪も舞い込むでしょうし。

製品では、ベンチレーターが5個ずつ並んでいます。
後年、白とグレーの塗り分けに赤帯が入った新色に塗り替えられますが、
どうやら、青色塗装時代の末期にベンチレーターの数が減らされたようです。
これも、雪への対策でしょう。

パテで埋めました。

安易な気持ちで取り組んだので、パテがすぐに引けます。
埋めて仕上がるまでに時間がかかりました。
ちゃんと、端材で埋めなければいけませんね。

サーフェーサーも3~4回吹き重ねたような気がします。

製品のままと同じようで同じでない2輌編成となりました。

屋根上が、妙に寂しくなった気がします。

いちおう、インテリアも塗りました。

いろいろ調べましたが、最後まで座席の色がわからないままです。

パンタグラフは、銀色に塗りました。
飛び出たように見えるヘッドライトや避雷器、配管などを塗り分けましたので、
モデルとして引き立ったかと思います。

実車のパンタグラフは、この時代グレーだったようです。
旧型車に銀色のパンタグラフは似合うのかなぁ…と思っていたのですが、
わりといい感じです。
ちょっと近代感覚が出てきたかと思います。
コメント