イカスモン

日々の中で見つけたイカしたモノやコトの記録です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

イカす?Who is my boss? の2

2010-05-02 23:52:03 | 映画、本、TV
昨日の続きです。多くは語りません。
参考まで、、











別にドコモに義理があるわけではないですが紹介しちゃってます、、これが口コミ?
まんまと乗せられている、、ベイダー卿のファンだから、、
コメント

イカす新宿南口とMJ

2009-12-01 23:31:00 | 映画、本、TV
先週、マイケル・ジャクソンの「This is it」見に行ってきました。
席、予約していったんですがどの回も満席です。相変わらずの人気・・リピーターも多いとか・・
評判通り良かったですね~真のエンターティナー、、プロとしての拘りがすごい!
近年ネガティブなイメージもありましたが完全に一掃された感があります、、
そういうイメージしか持っていなかった若い人たちもみな感動しています。(事務所のスタッフとか)おじさんおばさんはなおさら・・

映像を見るとあの姿(人造人間的というか白人のような)に変化していったのも、魅せるため、エンターティナーとして高い次元に上りつめるためのマイケルにとっての狙いであり必然だったのか、と思ったりしました。
ほんとかっこいい・・50歳であの姿と踊り・・イカす・・
しかしながら、あれだけの完成度の高いリハーサルをみると、本番前に亡くなってしまったのが本当に残念です。













写真はマイケルとまったく関係ない新宿南口周辺。
事務所のCX2で撮影。(今週、独占拝借)





コメント (7)

イカす見たい映画

2009-11-18 00:11:20 | 映画、本、TV
今見たい映画2本
タランティーノとマイケルですね~

タランティーノは何考えているか解りませんね~
マイケルは凄いらしいですね~これはDVDではなく映画館でしょう、、


悪の代名詞、ナチがかわいそうになる映画って・・


映画館によって音響効果で差が出るのでよく調べて見に行くようにとのこと・・

GRDIIIで撮影です。
コメント (4)

イカす「坂の上の雲」

2009-08-20 00:14:10 | 映画、本、TV

GR DIGITALIIIが発売された今、イカスモンのお楽しみといえばこの秋、NHKでドラマ化される「坂の上の雲」ですね、、、

司馬遼太郎氏の作品はほとんど読んでいたのですが、これだけは傑作と聞きながらも文庫8巻にもなる大作、明治日露戦争モノということでなんとなく読まずにいたのですがこの春に読んでみたらびっくり!面白くて一気に読んでしまいました。(しかも、もう一回読み直した)
今さらと思う方もいるでしょうけどすごい小説ですね、、、もっと若いうち、学生の頃に読んでおけば良かったと思ったりしました。
敢えて内容に触れませんが本は面倒という方はドラマを見てみると良いかも、、(もちろん原作がおすすめです)

NHKの前トップ、念願のドラマ化、好評な現大河ドラマ『天地人』を早めに終わらせて放映するとか、全13回3年に渡り放送、しかも13回なのに大河ドラマ以上?の制作費など、話題性だけでも十分です。
来年の本家大河ドラマも坂本竜馬ということで幕末から明治の創生期、日本海軍についてのお勉強?ができそうです。

写真は「坂の上の雲」の上を進む、日露戦争当時の軍艦です。
GR DIGITALIIで撮影です。
コメント (8)   トラックバック (3)

イカすメロス

2009-06-04 01:24:22 | 映画、本、TV
イカスモンは帰りに必ず本屋に寄ります。買うことより情報収集が目的です。(立ち読み)
何気なく平積みの文庫本を見ていたら見覚えのある写真の表紙が目に入りました。もしやと思い手に取り、カバー写真のカメラマンの名前を見たら「梅佳代」とあるじゃないですか、、やっぱりイカすものは目につくものです。

太宰治生誕百年フェアと銘打ち太宰先生の著書の表紙が全部、梅佳代先生の写真になっています。太宰先生の作品は「人間失格」「斜陽」などは既読ですが「走れメロス」、話は知っているけど読んでない、、と思い思わず購入、、他の短編も読んだことないし、、
ちゃんと小説の題名に合わせた写真を選択しているところがイカす!
「自転車のおじさんと走るワンちゃんどちらがメロス?」なんて考えたりして、、
表紙の写真だけ見ると人間失格とかの方が良かったんですけどね、、


まんまとリニューアルの表紙につられて今さら購入、、


おまけのちょっと寄り目で人懐っこい野良くん


もう一つおまけのデブシロに会いに行くとよく会う茶虎くん(飼い猫)

この太宰治生誕百年フェアの文庫本、装丁デザインがイカすブックデザイナー!祖父江慎氏、さすがセンスあります。彼のたっての希望で梅佳代先生を起用したんでしょうね、、

写真はCX1とGR DIGITALII(3枚目)で撮影です。

コメント (2)

イカす?映画ポスター

2009-01-20 01:06:36 | 映画、本、TV
有楽町のガード下に貼られた映画のポスター、いつから貼られているのでしょう、、


梅宮辰夫主演、、不良番長シリーズ、「楯の会」のような制服
(映画の中では出てこない?)ドクロオートバイ?が気になる、、


若山富三郎が勝新太郎にそっくり!さすが兄弟。


チャップリンもいいけどフランキー堺がイカす!


最後は裕次郎スマイル!

イカす昭和ですね、、タイムスリップしたような場所です。
ここを抜けると平成が待っています?
GR DIGITALIIで撮影。
「トラックバック企画 Candid に参加」
コメント (7)

イカす?ゾンビ・ストリッパーズ

2008-10-18 01:16:43 | 映画、本、TV

「ゾンビ・ストリッパーズ」ゾンビとストリッパー、最強のコンビ映画だそうです。
「プラネット・テラー」を彷彿とさせるイカす?タイトルです。
「全米マスコミがシビれた、 予想以上のオモシロさ!」だとか、、
何を我慢できないのかも気になります、、

あのエルム商店街のフレディーも出ているとか、、思わず仕事サボって入りそうになりました。

GR DIGITALIIで気になるB級映画ポスターを撮影します。
コメント (3)

イカすトミー

2008-09-23 01:28:09 | 映画、本、TV

最近、DVDで「ノーカントリー」見たけどトミー、イカしてました。「逃亡者」も良かったけどそれ以上に味わい深い役。映画自体もなかなかですね、コーエン兄弟はあまり見ていないけど、、ハラハラして見ましたよこれは(いまさら?)
トミー以上にイカしていたのがハビエル・バルデムさん、初めて見たけど今まで見た殺人鬼で一番怖いかも、、身近によくいそうな顔なのがまた怖い、、
「プラネット・テラー」でゾンビになったジョジュ・ブローリンもイカしてました。これからよくお目にかかりうそう、、
アカデミー賞獲る映画ってすぐには見ないけど、これ面白かったです。

借り物の新型R10で街角のトミー・リー・ジョーンズを撮る。
コメント (3)

イカすぜ!?ランボー

2008-04-10 01:31:52 | 映画、本、TV

いったいランボーは何をしたいのだろうか?
今さらいったい、、ロッキーに続いてまたも、、
スタローンはイカすのか?
渋谷の駅のホームで重機関銃を撃っている姿はイカすかも、、

ランボーは1しか見てないけど好きな方は好きなんでしょうね、、
ロッキー5はDVDで見てみようかとは思っています。
(いかがなもの?)

渋谷で暴れるランボーをGR DIGITALIIで記録します。
コメント (3)

イカす?スウィーニートッド

2008-03-02 01:09:39 | 映画、本、TV

昨日、仕事の空き時間(サボりとも言う)に見た映画はイカす「ティム・バートン&ジョニー・デップ」コンビの最新作「スウィーニートッド」です。
しかしこの映画なんとも後味の悪い作品でした、、
このコンビの映画は欠かさず映画館で見ているのですが、これはなんか嫌な予感がして見る予定にしていませんでした。
今思えば「床屋でかみそり!」ってのに知らずうちに拒絶反応していたのかも、、
監督の独特のブラック味は毎度のことですが、このイカグロさは初めてです、、
血の吹き出しに弱いイカスモンは貧血寸前でした。(マジ)意外とデリケートなんです。

どうにも救いようのないストーリーとグログロシーンに見に来ていた人みなドン引きしていたました。前にいた女子二人組、予告編の最中も元気におしゃべりしていたのに上映後は一言も発せず出口に向かっていました。
チョコレート工場とまではいかなくてもミュージカル仕立てだし楽しそう!って見に来たカップルなんかはどうなっちゃうかと思いましたよ、、
うちの工作班もこのコンビの映画は大好きですがこれは見せられません。(R-15ですね)
おかげで今日行く予定の床屋もやめにしました。
「シザーハンド」「スリーピーホロー」に通じる世界観はあるものの、とてもびっくりした映画でした。まだ「SAW」シリーズの方が覚悟ができているだけマシかも、、

こんな感じの映画でしたが、そこはさすがこだわり監督、バートンさん、役者、美術、キャストはすごい良かったです!あと秀逸なのがミセス・ラベット(ヘレナ・ボナム=カーター、監督のパートナー)との妄想シーンと美しい歌声ですね、、イカしてます。ここだけでも十分楽しめます。
シナリオ、編集ちょこっと変えれば、とたんに感動的な作品になった気もしもします。でも原作とは別物になっちゃうかも、、
もともとはブロードウェーのミュージカルで日本でも日本人の配役で上演しました。
ジョニー・デップのメークが元劇団四季の市村正親に似ているなーと思っていたら演劇日本版のスウィーニートッド役をやっていたんですね、、
この作品は演劇の方が合っているかもしれません、、

写真はGRDIIで劇場ポスターを撮影。

コメント (6)

イカす「薔薇のある花屋」

2008-03-01 01:05:46 | 映画、本、TV

「薔薇のない花屋」は月9ドラマですね、、ドラマ好きなんです。
NHK朝ドラから夜10のドラマまでほとんど録画して見ています。
(さすがにディープな昼ドラは見ませんが、、)

「薔薇のない花屋」脚本、野島伸司氏ですね、、
氏のドラマ苦手の人も多いみたいですが自分はけっこう好きですね、、
ストーリーも先が読めないしディティールや台詞もエッジが効いているし、、
キャスティングもいい感じです。
次回、必ず見ようと思ってしまいます。

写真は六本木ヒルズ根元にある「薔薇のある花屋」です。
というか売れ筋のバラ、普通ありますね、、
GR DIGITALIIで撮影です。

コメント (2)

イカす「墓場の鬼太郎」

2008-01-11 01:55:08 | 映画、本、TV

たった今、フジテレビで「墓場の鬼太郎」のアニメが始まりました。
鬼太郎の原点、貸本時代の水木先生の原点でもあります。
休日の朝、子供向けの「ゲゲゲの鬼太郎」を放映しているTV局が
深夜、大人向けに「墓場の鬼太郎」をやるとは、、
フジテレビ、なかなかイカしています。

これを見ると鬼太郎の誕生、なぜオヤジは目玉なのか、、
などの謎が解けます。
しかし、「ゲゲゲの鬼太郎」と「墓場の鬼太郎」とても同じ鬼太郎とは思えない
キャラ違いです、、やっぱイカすのはもちろん「墓場の鬼太郎」ですね、、
鬼太郎の誕生シーンは一見の価値ありです。(漫画の方)
鬼太郎と目玉オヤジの声は旧鬼太郎と同じです。そこもイカす。
コメント (5)

イカす「デス・プルーフ」

2007-09-05 01:33:34 | 映画、本、TV

待ちに待っていたQTことタランティーノ監督の新作です。
めっきり劇場に足を運ばなくなったイカスモンですが
これは必ず見に行きます。イカす監督ですから、、、

この監督のイカしているところはどんなに売れても
B級映画しか撮らないことです。もはやB級とは呼ばないのかもしれませんが、、

今やメジャーなエンターテーメント大作となった作品もテーマ、原案だけ見れば
昔だったらB級扱い、、みたいな映画はたくさんあります。
スターウォーズ、エイリアン、ターミネーターなどのSFはずーっと以前は完全なB級映画でした。
たぶん、、、
それをイカした監督や関係者達の情熱で誰もが理解できるエンターテーメントに
仕上げたのでしょう、、映画好き、映画オタクのパワーです。
最初から大作撮る監督はいませんね、みな低予算B級作品をヒットさせてステップアップしてきました。

しかしメジャーになってもタランティーノ監督は自分の価値観で自分の好きなもの
を撮っているようにしか見えません。
彼が子供の頃、安映画館や深夜TVで楽しんだB級映画からインスパイアーされた作品ばかりです。
なので、まだまだエッジが利いています。(もちろんR-15指定です)
このポスター(勝手にイカスモンがGRDで切り撮っています)見ただけでワクワクします。ボンネットにドクロ?、、何だか解りませんがイカしています。

しかも盟友「シン・シティ」のロバート・ロドリゲス監督の「プラネット・テラー」も
引き続きロードショーなんてイカれています!B級映画バンザイ月間です、、

ちなみにイカスモンが好きなB級映画は
ロジャー・コーマン監督の「血まみれギャングママ」です。
コメント (8)   トラックバック (1)

イカす荒れた空と台風クラブ

2007-06-10 01:48:31 | 映画、本、TV

空を撮るなら晴天より荒れた空がイカしています。
この世のものとは思えない雲なんか見るとわくわくします。
台風の空なんかも好きですね、、
天候自体は鬱陶しいんですが、、矛盾しています。
前も書いたかもしれませんが「台風クラブ」という映画
が好きです。
台風待ちのどきどき感と思春期のどきどき感がマッチした
イカした青春映画?です。
監督は「セーラー服と機関銃」の相米慎二監督(故人)です。

コメント (3)

イカす?大日本人

2007-06-10 01:33:40 | 映画、本、TV

この映画のレビューじゃありません。
期待した人ごめんなさい。
ちょっと見たい映画ということだけでした、、
これ、気になります、、
最近は映画見に行く時間も作れないのでまたもDVD待ちかも、、
コメント (2)