武本比登志ポルトガルスケッチ&油彩

へたくそ画家・武本比登志のポルトガル淡彩スケッチと油彩

武本比登志ポルトガル淡彩スケッチサムネイル目次 1731-

2019-05-28 22:16:04 | サムネイル画像

1731 1732 1733 1734 1735 1736 1737 1738 1739 1740 1741 1742 1743 1744 1745 1756 1747 1748 1749 1750 1751 1752 1753 1754 1755 1756 1757 1758 1759 1760 1761 1762 1763 1764 1765 1766 1767 1768 1769 1770 1771 1772 1773 1774 1775 1776 1777 1778 1779 1780 1781 1782 1783 1784 1785

コメント

1730.オビドスの町角

2019-05-28 21:08:27 | ポルトガル淡彩スケッチ

2019年5月28日(火曜日)快晴。30℃~13℃。降水確率0%。湿度71%(7:56)35%(19:19)46%(21:06)。紫外線量9。北の微風のち強風。

一日中家に居て、メールの整理。ペット・シュガー袋の整理。セトゥーバルに戻って来てから大きく育ったベランダのニラを使って餃子作り。

『昨夜の映画』は

ウインドトーカーズ』(Windtalkers)2002年。アメリカ映画。134分。監督:ジョン・ウー。1944年、太平洋戦争末期のサイパン島を舞台にした、日本軍とアメリカ海兵隊所属のナバホ族(コードトーカー)を守ろうと奔走した隊員達を描いた戦争映画である。3700万米ドルの損失を出し、興行的には失敗した。1943年、南太平洋ソロモン諸島ブーゲンビル島。上官の戦死で小隊を指揮することになったエンダーズ伍長(ニコラス・ケイジ)は、日本軍の猛攻の前に若い兵士たちを次々と失い、自らは負傷しながらも唯一の生き残りとして帰還したが、左耳に重度の障害が残った上に平衡感覚まで失い、ハワイの海軍病院で療養していた。しかし彼は失った仲間のために戦う事を決意し、従軍看護婦リタ(フランセス・オコナー)と共にリハビリを続け、復帰の為の聴力テストではリタの計らいによって無事合格し、軍へと戻った。復帰した彼は第2偵察隊に配属され、隊長イェルムスタッド(ピーター・ストーメア)、オックス(クリスチャン・スレーター)らに出会う。与えられた任務はタラワキャンプ内ナバホ族の暗号通信兵であるヤージ(アダム・ビーチ)とホワイトホース(ロジャー・ウィリー)の援護と秘密暗号の死守だった。 その後1944年6月16日彼ら第2偵察隊はサイパン島に上陸し日本軍と激しい攻防戦を展開。そんな中、共に戦いを乗り越えてゆくエンダーズとヤージの間に友情が芽生え始める。だが進軍した先の日本人村で奇襲に遭遇し、日本軍の捕虜になりかけたホワイトホースをエンダーズは軍の命令に従い殺害してしまう。それに激昂したヤージは我を忘れた様に戦いにのめり込むようになる。 (Wikipediaより)

トッツィー』(Tootsie)1982年。アメリカのコメディ映画。113分。監督:シドニー・ポラック。40歳になろうかという俳優のマイケル・ドーシー(ダスティン・ホフマン)は、その完璧主義が災いして周りと上手くいかず、どこからも雇ってもらえなくなってしまう。4ヶ月仕事がなかったある日、演劇の生徒サンディ(テリー・ガー)が病院を舞台にしたソープ・オペラ(昼ドラ)のオーディションを受けるというので着いて行くが、サンディは落とされてしまう。翌日マイケルは女装し、"ドロシー・マイケルズ" としてそのオーディションに受かってしまう。 最初はお金のための一時的な仕事と割り切っていたマイケルだが、彼が演じたタフな病院経営者役が受け、長期の契約を結び、色々な雑誌の表紙を飾るなど、一躍スターとなってしまう。 (Wikipediaより)

 

 

 

 

 

「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/b408408b9cf00c0ed47003e1e5e84dc2

 


「武本比登志ポルトガル淡彩スケッチ」のお買い求めは下記より
http://www.village-press.net/?mode=cate&cbid=1940881&csid=1

 

 

コメント