武本比登志ポルトガルスケッチ&油彩

へたくそ画家・武本比登志のポルトガル淡彩スケッチと油彩

1777.ポルト・デ・モスの城

2019-07-14 15:00:34 | ポルトガル淡彩スケッチ

2019年7月14日(日曜日)曇りのち快晴。30℃~16℃。降水確率0%。湿度85%(7:54)54%(14:57)。紫外線量10。北西の微風のち西の強風。どんよりと曇り空、起床時には頭が重い。蒸し暑い。

第2日曜日なのでピニャル・ノヴォの露店市。家を9:30出発。駐車スペースはどこも満車。露店市専用駐車場へ。祭りの寄付金=0,20€。ひと通り歩き回って疲れたので露店カフェで休憩、11:00が回っていたので、ついでにエントレメアーダで昼食。エントレメアーダx2、ノンアルコールビールx2、合計=6,60€。コーヒーx2=1,20€。露店市では何も買わず。いつもより早い時間帯なので大勢の買い物客。帰りパルメラの『コンチネンテ』で買い物。ピリピリ200ml=0,38€。トマト缶390g=0,38€。100%アップルジュース1,5Lt=0,89x6=5,34€。ミネラルウオーター6Lt=0,63x2=1,26€。冷凍グリンピース1kg=1,09€。冷凍ブロッコリー1kg=1,49€。牛乳(メイオゴルド)1Lt=0,46x6=2,76€。ナチュラルヨーグルト125gx8=1,29x2=2,58€。オリーヴ油750ml=2,69€。米(カロリーノ・カサローラ)1kg=0,84x4=3,36€。コーヒー豆(デルタブラジル)220g=1,99€。バナナ850gx1,05=0,89€。レモン305gx1,69=0,52€。リンゴ(ガラ)1,542kg=2,14€。ニンジン880gx0,75=0,66€。パン(リオ・マヨール)450g=0,99€。合計=28,52€。前回分値引き=7,80€。支払合計=20,72€。

『昨夜の映画』は

ロビン・フッド』(Robin Hood)2010年。アメリカ・イギリス合作映画。140分。監督:リドリー・スコット。時代は12世紀末。十字軍の兵士としてフランスで戦っていたロビン(ラッセル・クロウ)は、イングランドの騎士ロバート・ロクスレーの暗殺現場に遭遇。ロバートの遺言を聞き入れ、彼の父でノッティンガムの領主であるサー・ウォルター(マックス・フォン・シドー)に剣を届ける役目を引き受ける。 かくして訪れたノッティンガムの地で、ロバートの身代わりになってくれと頼まれるロビン。彼の素朴な人柄は領民たちの人気を集め、ロバートの未亡人マリアン(ケイト・ブランシェット)とも次第に心が通いあっていくのだが、その行く手には、イングランド侵略をもくろむフランス軍との壮絶な戦いが待ち受けていた。 (Wikipediaより)

<映画『ロビン・フッド (2010年)』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ>

グリーン・ランタン』(Green Lantern)2011年。アメリカ映画。114分。監督:マーティン・キャンベル。全銀河を守護する宇宙警察機構「グリーン・ランタン」の最大の敵である恐怖の化身パララックスが、閉じ込められていた惑星を脱出して再び活動を始めた。パララックスの襲撃を受けて重傷を負ったグリーン・ランタンの戦士アビン・サーは、自らの代わりとなる新たな戦士を探すために地球に不時着する。グリーン・ランタンの力の源であるリング(指輪)が選んだのは、ハル・ジョーダン(ライアン・レイノルズ)という青年だった。ハルは、息を引き取る直前のアビン・サーからリングとリングの動力源となるランタンを託され、グリーン・ランタンとなる。 一方、ハルが埋葬したアビン・サーの遺体は政府に回収され、生物学者のヘクター・ハモンド博士によって秘密裏に調べられていた。ヘクターは遺体に残っていた恐怖の力「イエロー・パワー」を帯びたパララックスの細胞に感染し、異能力を得ると同時に心身に異常をきたしていく。 (Wikipediaより)

 

 

 

 

「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」1731-

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/36acf48c9a63a21fc3b69a9ec13a11e8

 「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」1601-1730

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/b408408b9cf00c0ed47003e1e5e84dc2

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 1776.ポルト・デ・モスの城 | トップ | 1778.ポルト・デ・モスの城 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ポルトガル淡彩スケッチ」カテゴリの最新記事