武本比登志ポルトガルスケッチ&油彩

へたくそ画家・武本比登志のポルトガル淡彩スケッチと油彩

1723.ルーソの町角

2019-05-21 17:08:06 | ポルトガル淡彩スケッチ

2019年5月21日(火曜日)晴れたり曇ったり。25℃~12℃。降水確率40%。湿度89%(8:22)45%(17:00)。紫外線量8。西のち北西の微風。風が冷たく寒い。

朝食後、少し雨。その後晴れ始めたので、運動がてらメルカドまで歩く。

サド湾に小型漁船が多く出ている。港で水揚げを見ているとヒラメの大きいのがあがっていた。

ルイサ・トディの生家の前を通り歩いてゆっくりメルカドまで。片道30分の道のり。メルカドでは白人のテレビ局が取材撮影。平日なのに割合の賑わい。2階のカフェでコーヒー。カフェ50センチモx2=1€。メルカドでは何も買わず。もう一つの港のメルカド、メルカドアズールへ。金目鯛の大きいのがあったので買う。1,23kgx12=14,76€。港のベンチで休憩。フォンテ・ノーヴォを通り抜け同じ道、上り坂を歩いて帰る。可成り運動になっただろうか?

金目鯛は頭を落とし、2枚に下し、お昼は早速金目鯛の塩焼きとアラの味噌汁。塩焼きは脂が乗って旨かった。午後から快晴。

ジャズ(エディ・ヒギンスなど)を聴きながらペットシュガーコレクションの整理。

 

 

 

「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/b408408b9cf00c0ed47003e1e5e84dc2

 


「武本比登志ポルトガル淡彩スケッチ」のお買い求めは下記より
http://www.village-press.net/?mode=cate&cbid=1940881&csid=1

 

 

コメント