武本比登志ポルトガルスケッチ&油彩

へたくそ画家・武本比登志のポルトガル淡彩スケッチと油彩

1640.アランドロアルの城

2018-11-30 14:36:32 | ポルトガル淡彩スケッチ

2018年11月30日(金曜日)霧のち晴れ。17℃~8℃。降水確率0%。湿度96%(7:55)69%(14:33)。北のち北東の微風。紫外線量2。昨日は午後から夜まで良く降った。今朝は晴れたが、水道タンクの上には水溜り。リスボンの何処か(空港の近くか)では洪水の映像。コーヒータイムの頃から霧が立ち込め様々に変化、様々な幻想的風景。午後には霧も晴れ快晴。

『きょうのニュース』元首相で様々な疑惑調停中のジョゼ・ソクラテスがエリセイラの海に面した豪華アパートを購入、調査。ポルティマオンでトラック横転事故3人が怪我。ファーロの裁判所でもストライキ。看護師も賃金値上げ要求スト。リスボンの芸術大学学生が劣悪環境改善要求、国会前で奇声。ポルトで住宅火災1人死亡。ペドロ・ディアスはGNRに対し支払い義務はなしと弁護士。アベイロで住民に恐怖を与える野犬の群れ。アメリカ入国を目指す中米難民キャラバンの劣悪環境に追い打ちをかける無情の雨。アルゼンチンでG20に反対行動。

『昨夜の映画』は

レインマン』(Rain Man)1988年。アメリカ映画。134分。監督:バリー・レヴィンソン。原作・脚本:バリー・モロー。共同脚本:ロナルド・バス。第61回アカデミー賞と第46回ゴールデングローブ賞、さらに第39回ベルリン国際映画祭においてそれぞれ作品賞。 自由奔放な青年と重いサヴァン症候群の兄との出会いと兄弟愛、そして人間としての変化を描いたヒューマンドラマ。また、ロードムービーとしての側面を備えた作品でもある。 チャーリー(トム・クルーズ)は高級車のディーラーをしているが経営が思わしくない。そんな彼のもとに長い間没交渉になっていた父の訃報が届く。遺産目当てに故郷にかえったチャーリーは、車とバラ以外の財産がサヴァン症候群の兄レイモンド(ダスティン・ホフマン)への信託財産として運用されることを知る。遺産を手に入れようと、チャーリーはレイモンドが入所している施設から強引にレイモンドを連れ出し、ロサンゼルスに戻ろうとするが、その道中でレイモンドの持つ特殊な才能と、幼い頃に彼と交わした交流を思い出す。(Wikipediaより)

<レインマンのあらすじ>

チャーリー・バビットは中古車のディーラーの仕事をする、26歳の青年です。恋人・スザンナと2人でカリフォルニア州・パーム・スプリングスへ旅行に行く道中で、長年憎んでいた父の訃報を聞いたチャーリーは、葬儀に出るためシンシナティに向かいました。葬儀の席で、チャーリーは父の遺言状を聞き、自分への遺産が車1台とバラの木だけだと知って驚きます。それ以外のすべての財産は、匿名のある人物に託されると知ったチャーリーは、それが誰か知るために父の管財人・ウォルター医師を問い詰めました。しかしウォルター医師は明らかにしません。落胆して帰ろうとしたチャーリーは、スザンナの乗る車に謎の男性を見て、またも驚きます。 その男性は、年の離れたチャーリーの兄・レイモンドでした。レイモンドは重い自閉症患者で、ずっと専門の病院に入院していたため、チャーリーはレイモンドの存在を知りませんでした。そしてレイモンドこそが、父の財産を相続した人物でした。チャーリーは兄・レイモンドの後見人となって財産を横取りしようとたくらみ、ロサンゼルスまで旅行しようとレイモンドを連れ出します。レイモンドは自閉症特有の、人間との交流を円滑にできない人間でした。しかし記憶力は抜群で、レイモンドと接するうちに、スザンナはレイモンドのことを好ましく思います。一方でチャーリーはレイモンドの扱いに困っていました。 自閉症患者への知識がないチャーリーは、レイモンドの突拍子もない行動に振り回されます。チャーリーの真の目的が、レイモンドの財産を横取りすることと知ったスザンナは怒ってチャーリーの元を去りました。レイモンドの面倒を全面的に見ることになったチャーリーは、ほとほと困ります。2人で行動するうち、チャーリーは幼い頃に味わったつらい記憶の中で、唯一いい思い出だった、つらい時に歌を歌ってくれた〝レインマン(雨男)〟がレイモンドだと知ります。レイモンドが原因で幼いチャーリーが怪我をする事件がありました。その事件がきっかけでレイモンドは一般社会で生活するには不向きだとみなされ、病院に入院したのです。 チャーリーは本当の意味でレイモンドの後見人になる決意を固めました。それを知ったスザンナが戻ってきます。ラスベガスに立ち寄った3人はレイモンドの記憶力で大金を得ました。チャーリーはレイモンドが好意をもった女性・アイリスとのデートを計画しますが、アイリスは来ません。傷心のレイモンドを慰めたスザンナは、キスをします。しかし、レイモンドが一般社会で生活するのが難しいと判断されます。レイモンドと暮らすには、レイモンドにつきっきりでいる必要があり、それはチャーリーには無理でした。レイモンドも理解します。レイモンドは病院へ戻りましたが、チャーリーとレイモンドの絆はしっかりと繋がったままでした。(hmhmより)

イナフ』(Enough)2002年。アメリカ映画。115分。監督:マイケル・アプテッド。ダイナーのウェイトレスをしているスリム(ジェニファー・ロペス)はある日、ミッチ(ビリー・キャンベル)という親切な男に出会い、やがて結婚する。スリムはウェイトレスを辞めて、建設会社を経営する裕福なミッチとの幸せな結婚生活が始まる。やがて娘グレイシーが生まれ、3人で何不自由なく優雅に暮らしていた。だがグレイシー(テッサ・アレン)が5歳になった頃、ミッチは突然変貌する。妻の主張や抗議は全てはねつけ、暴力で家族を従わせようとし、それを“愛”と称する支配欲の塊となったのだ。暴力に耐えかねたスリムは娘を連れ逃げ出すが、ミッチは彼女のどんな動きも把握し、執拗に追い詰める。迫りくる恐怖の“愛”から逃げ続けることも限界に達した彼女は、女として母として最後の力を振り絞り、ある決断を下す……。

イナフのあらすじ>母親が死に、金銭的な問題で学校を中退したスリムは、海辺のダイナーで忙しく働いていた。父親とは幼い頃に会ったきりで、連絡を取り合っていない。そんなスリムにとって、ダイナーで一緒に働くコックのフィルやウェイトレスのジニーは、家族のような存在だった。ある日、客の男に侮辱されたスリムを、ミッチという男性が守ってくれる。スリムは頼り甲斐のあるミッチに惹かれ、2人は恋に落ちる。そしてトントン拍子に結婚が決まる。豪勢な結婚式の費用もミッチの家が負担してくれ、スリムは幸せの絶頂にいた。ミッチは、スリムが気に入った家を、その家の住民から強引に買い取ってしまう。娘のグレースも生まれ、何不自由ない生活と温かい家庭を手に入れたスリムは、満ち足りた日々を過ごす。しかし、グレースが5歳くらいになると、ミッチは仕事を理由に家を空けることが多くなる。不審に思ったスリムは、ミッチの携帯に電話をかけてきた相手を突き止め、夫が浮気していることを知る。その時は“ただの遊びだ”と説得され、スリムも我慢するが、その後もミッチの浮気は続いていた。ある晩、どうにも我慢できなくなったスリムは、ミッチに強く抗議し、夫婦は口論となる。すると、ミッチは態度を豹変させ、スリムを殴りとばす。ミッチは、金を稼いでいる自分にルールを決める権利があると主張し、堂々と浮気はするが離婚は絶対に認めないとスリムを脅す。それはスリムにとって、あまりにショックな出来事だった。翌日、スリムは義母を訪ね、浮気と暴力のことを訴えようとする。しかし義母は息子の正体を知らず、味方になってくれそうもない。スリムから相談を受けたジニーは、すぐ警察へ通報するようアドバイスするが、スリムは娘の父親を犯罪者にするのも嫌だった。ミッチは、その日のスリムの行動を全て把握しており、“このままだと最悪の事態になるぞ”と彼女を脅す。ミッチは、どんな手段を使っても欲しいものは必ず手に入れるという恐ろしい男だった。スリムは“友人の話だ”と偽って、警察へ相談に行く。“子供がいるなら家庭裁判所へ行け”と言われ、スリムは警察を頼ることも諦める。しかし、このままミッチと暮らすのはどう考えても無理だった。スリムは、フィルやジニーに協力してもらい、夜中に脱出を図ろうとする。しかし家を出る直前でミッチに見つかり、酷い暴力を受ける。室内に駆けつけたフィルたちに、ミッチは銃を突きつける。フィルは眠っていたグレイシーを起こし、ミッチの姿を見せる。さすがのミッチも娘の前では銃を隠し、スリムはグレイシーを連れて家から脱出する。しかし、ミッチはすぐにカードや銀行口座を凍結し、スリムを困窮させる。ミッチは、2人が宿泊していたモーテルの場所まで突き止め、部屋に乗り込んでくる。間一髪で逃げ延びたスリムは、シアトルで暮らす昔の彼氏のジョーを頼ることにする。ジョーは快く2人を迎えてくれるが、ミッチは金にモノを言わせて裏社会の人間を雇い、スリムを追いつめる。ジョーまで危険な目に遭い、スリムはこれ以上ジョーに迷惑をかけられないと考え、シアトルを離れる。スリムは、サンフランシスコにいる実の父親を訪ねる。父親のジュピターは、やり手の実業家だが、母親の死を知らせても返事をくれないような冷たい男だった。スリムは、ジュピターを頼ることも諦める。スリムはフィルの知り合いを頼り、ミシガン州北部の移民地区へ移動する。そこですでに死亡しているエリンという女性になりすまし、別人として新しい生活を始める。ある日、フィルから郵便物が転送されてくる。それは、その後スリムの事情を知ったジュピターからの手紙とお金だった。ミッチはジュピターのところにも男たちを送り、“ミッチを助けたら殺す”と脅しをかけていた。しかしジュピターは脅しに屈せず、スリムへの協力を約束してくれる。スリムはそのお金で小さな一軒家を購入し、グレイシーと暮らし始める。ジニーたちに電話する時も細心の注意を払い、15秒以上の会話は避けていた。しかしミッチは警察とも繋がりがあり、スリムがミシガン州にいることをすでに突き止めていた。ミッチは警察官のロビーをミシガンへ行かせる。ロビーは、ダイナーでスリムとミッチが出会うきっかけを作った男だった。ミッチは、最初からスリムを騙していたのだ。心細い日々を送っていたスリムは、ジョーに連絡する。ジョーは遠いシアトルからミシガンまで来てくれた。3人は楽しい時を過ごすが、その様子は全てロビーに隠し撮りされていた。2ヶ月後にはグレイシーの親権裁判が始まることになっており、ミッチは周到にその準備を進めていた。ジョーがシアトルに帰った日の夜、スリムは悪夢にうなされる。翌朝、スリムの前にミッチが姿を現し、彼女の首を絞め始める。ミッチは止めに入ったグレイシーまで突き飛ばし、スリムを殺そうとする。スリムは催涙スプレーで反撃し、ミッチがひるんだ隙に車で逃げる。しかし外にはロビーが車で待機しており、スリムの車を追ってくる。2台の車は激しいカーチェイスを繰り広げ、スリムはなんとか逃げ延びる。自分の力だけではどうにもならないと感じたスリムは、友人が紹介してくれた弁護士の事務所に駆け込む。弁護士は、告訴するチャンスを棒に振ったスリムの過ちを指摘し、お金も社会的地位もあるミッチが単独親権を獲得し、その後ミッチの手下がスリムを殺すだろうと絶望的な見解を述べる。決してミッチから逃げることはできないのだと悟り、スリムはある決意をする。スリムは、グレイシーを守るためにも、強くなるしかなかった。まずはジニーにグレイシーを預け、長期の旅行に連れ出してもらう。そしてスリムは一流のインストラクターのもとで、実践的に敵と戦う方法を学ぶ。訓練は厳しいものだったが、スリムは必死で体を鍛え、心身ともに強くなっていく。もうすぐ親権裁判という日。準備を整えたスリムは、ジュピターに協力してもらって尾行を巻き、深夜にミッチの新しい自宅へ侵入する。翌朝、ミッチが仕事に出かけたのを確かめ、スリムは家の中を念入りに調べ始める。まずは、銃や刃物などの武器を処分し、家の構造を体に記憶させる。そして、机の引き出しには“話し合いをするため会いにいく”という開封済みの手紙を忍ばせておく。電話線も切り、携帯の電波を妨害する機械も仕込んでおいた。帰宅したミッチと対峙したスリムは、“襲われたから抵抗した”という正当防衛を成り立たせるため、ミッチをわざと挑発する。ミッチは挑発に乗り、2人の格闘が始まる。訓練を積んだスリムは見違えるように強くなっており、とうとうミッチを追い詰める。しかし、どうしてもトドメが刺せない。それをジニーに電話で訴えている最中にミッチが目を覚まし、スリムは後方から襲われる。スリムは、今までミッチに受けた暴力を思い出し、心を鬼にしてミッチを2階の踊り場から突き落とす。そしてミッチは死亡する。スリムはすぐに電波妨害の機械などを処分し、外で警察を待つ。ジニーから通報を受けて駆けつけた警察は、スリムが生きているのを見て、“あなたは運が良かった”と告げる。ミッチという敵を倒したスリムは、旅行から帰ったグレイシーとともに、シアトルのジョーのところへ向かう。そして3人は、幸せな時間を過ごすのだった。(MIHOシネマより)

 

 

 

 

「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/b408408b9cf00c0ed47003e1e5e84dc2

 

 

コメント

1639.マルバオンの町角。

2018-11-29 14:41:57 | ポルトガル淡彩スケッチ

2018年11月29日(木曜日)晴れのち雨。17℃~6℃。降水確率100%。湿度96%(7:59)90%(14:39)。北のち南西の微風。紫外線量1。7:00起床時には未だ真っ暗、歯を磨いている時にメルローの囀り。真っ赤な朝日。午後からは雨、風も強まり本格的な雨。

『きょうのニュース』2019年度国家予算にPSDとCDSが意義申し立て、アントニオ・コスタ首相、BEのカタリーナ・マルティンス、CDUのジェロニモ・ソウザが回答。ルイ・ヴィットリアがベンフィカの監督を退陣、技術管理部に残る、ジョージ・ジュススが監督就任。予防接種の新しいシステム計画。カスカイスの裁判所ストライキ、べ―ジャ、ブラガでも裁判所のスト。リスボンの渡船、市バスの運転手もストライキ。1万8千人が職に9月の失業率は6,6%に改善。ポルトガルの不動産は7,8%の上昇。アメリカ国境に詰めかけた難民の環境は劣悪。カリフォルニア火災では88人死亡、6万ヘクタール消失。オーストラリアでも120箇所で火災。ホワイト・ハウスやロックフェラー・センターでクリスマスツリー点灯。ポルトガルはこの後、悪天候、洪水や倒木の危険性。

『昨夜の映画』は

ステイ』(STAY)2005年。アメリカ映画。101分。監督:マーク・フォースター。精神科の医師であるサム・フォスター(ユアン・マクレガー)が担当していた患者、ヘンリー・レサム(ライアン・ゴズリング)が自殺する日時を予告して姿を消した。サムは彼を救うため必死で行方を探す。他に:ナオミ・ワッツ。(Wikipediaより)

アフター・アース』(After Earth)2013年。アメリカSF映画。100分。監督:M・ナイト・シャマランジェイデン・スミスウィル・スミスの父子出演。2025年、人類は自らの故郷である地球の自然環境を破壊してしまい、遠く離れた惑星ノヴァ・プライムに移住せざるをえなくなった。ノヴァ・プライムの先住民は、人類を抹殺するために巨大生物「アーサ(URSA)」を作り上げた。「アーサ」は視覚も嗅覚もないが、人の恐怖心を察知して場所を特定し、人を殺す。そして人類が地球を去ってから1000年後、惑星ノヴァ・プライムのレンジャー部隊からストーリーは始まる。 レンジャー部隊の候補生である13歳のキタイ・レイジ(ジェイデン・スミスは訓練に励んでいたが、能力的な成績は良いものの精神的には未熟とみなされ、正式任用には不適格とされてしまう。キタイが幼少の頃、姉のセンシ・レイジ(ゾーイ・イザベラ・クラヴィッツがアーサに殺害されるのを、なすすべもなく見ているしかなかったという恐怖心が拭えないためでもあった。 キタイのもとに、レンジャーの最高司令官でもあり父でもあるサイファ・レイジ(ウィル・スミスが宇宙遠征から帰還した。サイファは恐怖心を消してアーサと戦うことができる術「ゴースト」を習得しているため、数多くの人々を救った伝説級のレンジャーである。一家団欒の夕食で、キタイは不適格の件をサイファに報告せざるを得なくなったが、サイファは冷静な指揮官として接した。サイファの妻でありキタイの母であるファイア・レイジ(ソフィー・オコネドーは、キタイが必要としているのは指揮官でなく父であると、サイファに告げる。 サイファは引退前の最後の任務にキタイを同行させることにした。2人が乗った宇宙船の倉庫には、レンジャーの訓練のために捕獲されているアーサも一体乗り込んでいた。ところがその任務に向かう途中、小惑星嵐にあったために宇宙船は深刻なダメージを負ってしまう。偶然近くにあった第一級隔離惑星地球に不時着を試みるも、宇宙船は真っ二つに折れて墜落することになってしまった。 生存者はキタイと、致命的なけがを負ったサイファのみであった。また救難信号の発信機がある船尾は、100km後方に墜落していることが判明した。サイファはキタイに通信装置や武器、医療器具などを託し、さらにキタイを常にモニターできるようにする。キタイは負傷して動けない父の代わりに発信器を回収し、共に故郷へ帰るために独りで危険な旅へと赴く。1000年の間に地球は、人類を抹殺するべく進化した動物達に支配されていた。キタイは凶暴な動物達に襲われながらも、船尾を目指す。 キタイはサイファに、どうやって恐怖を克服したのかを質問する。サイファは、アーサに襲われて水中にもぐった際、水中の美しさと「ここで死んでたまるか」という思いが重なったときに、いつの間にか恐怖心が無くなっていたと語る。サイファはさらに「“危険”は実在するが、“恐怖心”は自分次第だ」とも伝える。 キタイは道中、父との唯一の通信手段である通信機を破損してしまうが、ボロボロになりながらもなんとか船尾にたどり着く。しかし火山の噴煙によるイオン層のせいで救難信号が発信できない。そのためキタイは、火山の山頂から救難信号を発信することを決断する。山中で、アーサに襲われた仲間の遺体を見つけたキタイはアーサがまだ生きていることを確信する。予想は的中し、キタイは道中でアーサに襲われるが、恐怖を克服した父と、アーサに殺害された姉を回想し、さらに降り注ぐ火山灰の美しさを目の当たりにしたとき、キタイもまた恐怖心を克服することに成功する。ゴーストを体得したキタイは、アーサを死闘の末に倒す。 山頂に到着したキタイは救難信号を発信させ、レンジャーに救助された父子は抱擁しあってストーリーは終わる。 (Wikipediaより)

 

 

 

「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/b408408b9cf00c0ed47003e1e5e84dc2

 

 

コメント

1638.マルバオンの町角

2018-11-28 14:44:07 | ポルトガル淡彩スケッチ

2018年11月28日(水曜日)晴れ。16℃~3℃。降水確率0%。湿度97%(7:47)68%(14:40)。東のち南の微風。紫外線量3-2。起床時には朝焼け。予報最低気温ではこの冬1番の冷え込み。晴れているものの全体に靄っぽい。

トロイアの上空低いところを飛行機が何度も旋回。サド湾の中程、カランケイジョ沖で二筋の白い煙。何だろう。

『きょうのニュース』ガス、電気などの料金はEU28ヵ国の中では高い方。闘牛、映画、コンサートなどの税金は6%に。種痘の予防注射。麻疹の流行、レジオネラ菌で今年度は9人死亡など保健関連。看護師のストライキと警察官のストライキ、裁判所の部分スト。裁判所のストは成果。国道325号線切断、工事中。リスボン、ポルトの交通可動性の検討。シドニーで悪天候、洪水に加え130箇所で火災。オーリャオン、ファーロ間に25ミリオンユーロかけ新たな浄水場完成。ブラガンサの今日の気温は0℃から11℃。ベンフィカはミュンヘン・バイエルンに5対1で敗戦。

『昨夜の映画』は

マドンナのスーザンを探して』(Desperately Seeking Susan)1985年。アメリカのコメディ映画。 104分。監督:スーザン・シーデルマン。邦題とは違い、マドンナは助演で、出番も少ない。 ロザンナ・アークエットは第39回英国アカデミー賞で助演女優賞を受賞した。 28歳の平凡な主婦ロバータ・グラス(ロザンナ・アークエット)はある日、美容院で読んでいた新聞に「スーザン(マドンナ)を探している」という奇妙な広告を見つける。夫ゲイリー(マーク・ブラム)との退屈な生活に辟易していた彼女はその広告に強く惹かれ、スーザンを探す事を決意する。 一方、そのスーザンは、街で知り合った男と一夜を共にし、翌朝、いたずらのつもりで男のバッグからイヤリングをかすめ取る。しかし、その男は泥棒で、イヤリングは盗品だったことから、ロバータはスーザンに間違えられて狙われる事になり、泥棒から頭を殴られて記憶喪失になり、自分が誰だか分からなくなってしまう。 ロバータはスーザンの保護を依頼されたデズ(エイダン・クイン)という男に助けられ、彼女をスーザンと思ったデズのアパートヘ連れて行かれる。一方、スーザンはロバータの失踪をきっかけにゲイリーと知り合い、深い仲になる。 やがて、この2組は「バーで待つ」と新聞の消息欄に惹かれて、あるバーで鉢合わせとなる。 (Wikipediaより)

ミス・メドウズ 〜悪魔なのか? 天使なのか?〜』(Miss Meadows)2014年。アメリカサスペンス映画。88分。監督:カレン・リー・ホプキンス。キャッチコピーは「正義は私が決める。」。 とある田舎町へ引っ越し、そこの小学校へ代理教師を務めることになったミス・メドウズ(ケイティ・ホームズ)。花柄のワンピースを身にまとう風変わりな彼女は、地元の若い保安官のマイク(ジェームズ・バッジ・デール)に心を寄せるようになる。彼女には深い闇を抱えていたが、周囲に気付かれないよう振る舞い、子供達からも好かれる模範的な存在であった。ある日、彼女が町へ来た日をきっかけにいくつかの殺人事件が起こり始めた。警察は捜査を始め、被害者が変質者や元受刑者であったことから、自警団による犯行と判断した。マイクは目撃証言から作成された似顔絵がミス・メドウズに似ていることから、彼女に疑いの心が芽生え始める。(Wikipediaより)

あらすじ>ある街に1人で暮らしながら小学校の教師を務めるメドウズという女性。フワッとしたロングヘアを揺らし、花柄のワンピースを身にまとい、読書をしながら歩く姿は“可憐で可愛らしい彼女。かと思えばタップシューズで街を歩き、小鳥のさえずりにも笑顔で答える。少し変わり者にも見える彼女にも恋が訪れた。地元の保安官とメドウズは出会い恋に落ちる。メドウズにはそんな彼にもひた隠しにしなくてはならない“秘密”があった。幼い頃のいまわしい過去を消し去るべく、“ある事”で自分の周りにいる子供達を守っていた。保安官はメドウズの複雑な生き方を知る事になる。そこにはダークなメドウズの姿がある。  最近では穏やかに見えるこの街でも銃を使った殺人事件が横行していた。なぜか被害者は頭のイカれた男ばかり?それでも警察としては犯人を見つけ出さなければならず、頭を抱えていた…。メドウズは悪魔の様なただの殺人鬼か―。はたまた天使の如く、街の平和を守ろうと言う事なのか―。メドウズの目的は―?(Filmarksより)

雑なネタバレー!
住宅地を詩集読みながらタップシューズを履いてたまに踊ったりしてながら歩いてるメドウズ。そこにトラックの運転手が「へいねーちゃん!気持ちよくさせてやるから乗りなよ!」とゲスな事を言いつつ、誘いますが軽くお断りを入れて避けてると「おら!乗れや!」と銃を構えて脅されるメドウズでしたが、バッグから不意に銃を取り出して運転手を殺害します。流石、銃社会アメリカ!ナンパの仕方も断りかたもピストルが大事!(^∇^)占いで言うとこのラッキーアイテムかな?○○座の貴方は25口径d(^-^)みたいな。自宅に帰ってママに電話しながら血の付いた衣類の落とし方を聞いてるメドウズ「ナイフで切ったの?レモン水で落とすのよ」と教えてくれるママ。そんなママに「代理で教師をするの。訳アリの一年生クラスなの」ママは心配してる様子(´・ω・`)授業中に「勇気とは?」と大人でも難しい質問を投げかけるメドウズ。ツェペリさーん!!子供は「独身寂しくない?」とかズケズケ聞いてきますが「皆がいるから(´∇`)」とさらっとかわす。生徒の一人、ヘザーに質問をすると「ドッド先生が良かったー。」と前任の先生の名前を出しますが「すぐに戻ってくるわ。それまで私が先生よ(´∇`)」と伝えると「おばあちゃんが死んだときと同じで、棺から居なくなるの」とヘザー。死体消失したんかな?一大事だ!!「ドッド先生にお見舞カードを書きましょー!」と子供たちに提案します。校長先生は校長室でメドウズに「ドッド先生は癌だから治らない!」とお見舞カードを捨てます。校長の言葉を否定しつつ、カードを拾ってドッド先生のお見舞へ。病室のドアを開けるとそこは空っぽのベッド。それを見て事情を察して涙を流すメドウズ…( ノД`)…。自宅の庭は花でいっぱい!お手入れしてるとお隣さんから話し掛けられて男性を紹介されます。断ると「婚期なのに?」と言うお隣さんの言葉に「家事なんて嫌。花嫁修行もしたくない( ´∀`)」と笑顔で返答。その時に指を花のトゲで刺しちゃって、血がポタリ。幼いメドウズの映像が入り込む。お隣さんに「さよなら~。」と家に帰ります。車を運転中に道に落ちてるカエルを拾って無事を確認してると、保安官のマイクに注意されます。「道の真ん中で車を停めて、降りてしまい違法駐車しちゃいました」と答えるメドウズ。ナンパされてしまい「出身は?」と聞かれ「軽々しく聞かないで」と答えるメドウズ。カッコイー!!フゥー!!そのまま去っていきます。学校で生徒達に「ドッド先生は天国に行っちゃいましたけど、目をつぶれば皆の中に感じることができるわ。画用紙に手紙を書いて風船に貼って、ドッド先生に送りましょう」と言うと「帰ってこなかったじゃない!ウソツキ!」と画用紙破って出ていくヘザー。追いかけて雪国なメドウズは、廊下でヘザーを捕獲。「ゴメンね」とヘザーに謝ると泣きながら「イイ人が居なくなって、悪い人が残るの(。´Д⊂)」と言うヘザー。メドウズは「良くするのが私達の役目なのよ」と答えます。下校時、帰宅しようとするメドウズは同僚に飲みに誘われるけど断ります。すると声をかけてきたのは保安官のマイク。メドウズをドライブデートに誘います。車中で「カーナンバーから勤務地を調べたんだ。違法なのは分かってるけど…」と気持ち悪い言い訳をメドウズにします。話の中で「子供達に悪いことから身を守る方法を教えたいの」と話すメドウズ。
場所は変わり、二人は丘で座りながらお話。「この土地買ったんだ」と説明するマイク。ここに家を建てて住むのが夢のよう。会話の中で保安官を選んだのは両親が犯罪者だったことを告げ、「2番目に成りたかったのは?」とメドウズに聞かれると「アコーディオン奏者。綺麗だから」と答えるも「世界で2番目に要らない楽器と言われてるよ」と豆知識で傷つけるメドウズ(´д`|||)。そのあとに「音が聞こえてきた♪」と言って、タップダンスを踊りながらマイクも誘います。結果二人は楽しそうに踊ります(*´∀`)♪学校まで送り返したマイクは車中でキス。あら、良い雰囲気。でお別れします。家に帰るとお隣さんが窓に鉄格子をセットしております。『さっそくそうびしていくかい?』な状態なので理由を聞くと「刑務所がいっぱいで2000人釈放された。」とのこと。アメリカ怖い!!となっていると「あなたもそんな可愛い格好してたら危ないわ」と注意されますが「これは譲れないの(´∇`)」と笑顔で家に入っていくメドウズ。呆れてるお隣さん。教会で聖歌隊として歌っているメドウズ。すると教会にやって来たマイク。二人はお互いにすぐ気付きます。終わったあとにマイクはお婆ちゃんとの約束で教会に来てること。メドウズは信徒ではないこと。をお互いに話してると、間が空きます…。「プレゼントは何が欲しいの?」と急に耳元でマイクに尋ねるメドウズ。ベッドでファイト一発してる二人!なにそれ!?そしてマイクの左胸に漢字で『心』のタトゥー!それもなに!?ピロートークで「前科者は更生すると思う?」との質問するメドウズに「可能性を信じるけど父はできなかった。」「言っちゃいけないけど自警団の活躍も応援してるんだ」みたいなことを言います。「悪い人には近づいちゃダメ。特に子供」と言いながらスルリ。とベッドから離れるメドウズに「不思議な人だ」と告げると「レディーには秘密が有るのよ」と去っていくメドウズ。フゥー!!メッセージつきの風船を飛ばしてる生徒とメドウズ。「私達の先生になって」とヘザーに頼まれます。「おやつが食べたい!」と生徒にせがまれて、一人でホットドッグを買いに出掛けますが店内は客が全員殺されており、カウンターにはショットガンを持った男が「死にたい」とメビウスに言ってきますが「死ねば?」「人間のクズよ」「税金のムダ遣い」「口に銃を当てて」と言い放つと、口に銃をくわえる男。ですが「気が変わった」とメビウスに銃を向けるも、メビウスに撃たれて死亡。店内を見渡して、犠牲者の一人の顔にシーツを掛けて出ていきます。戻ると皆が駆け寄ってきます「お店で何かあったみたいたからホットドッグが買えなかったけど、アイスクリーム屋さんがあそこにあるわ」とアイスクリームに変更。ヘザーは「先生と同じ味にする。」二人っきりでと可愛いことを言った後に「先生の秘密知ってるよ。服が汚れてる」と言います。アイスクリーム屋さんが連れてる犬を珍しそうに見てる子供達にメドウズは「危ないわよ。」と皆を遠ざけます。すると「子供は言いなりだな」と言うアイスクリーム屋さんを睨んで去っていくメドウズ。ワンコは悪くないぞ!!マイクは職場で自警団による犯罪の話を同僚にされて、目撃証言の似顔絵を見るとそこにはメドウズにそこそこ似てる似顔絵が。何かを感じたマイク。『心』がフル活動中です。メドウズ宅を訪れるマイク。二人は庭へ。自警団か探る様子のマイク。「何でも教えてほしいんだ。」「それは無理よ。」無言になるもメドウズの方からキス。「変な人がいたら教えてね」と言われ、マイクが理由を尋ねると「怪しい人がいたの」と返事をします。病院で妊娠が発覚するメドウズ。医者に「産んでもいいの?」と不安そうに聞いています。住宅地を歩いてるメドウズは犬に怒鳴ってる声を聞きます。あのワンコは…!マイクとメドウズは二人で散歩。メドウズにアイスクリーム屋が児童虐待犯だと写真を見せながら教えるマイク。マイクは「休日何してたの?」とメドウズを探るように質問。「毛糸を買いに行ってたの」「赤ちゃん用の」と妊娠を告げるとマイクの答えは「結婚しよう」けれども「私と?私を知らないのに。」と言うメドウズ。「知ってるよ。二人を守りたい」「本当に?」「もちろん。」泣きながらキスをするメドウズ(´・ω・`)ママに「恋をしたの」と電話します。それで変わった質問を。「世界が腐敗してると気づいたのはいつなの?」会話をしていくなかで子供の頃を思い出して泣きながら電話しているメドウズ。外で犬の鳴き声を聞いて「出掛けるわ。お茶しにいくの。」と電話を切ります。向かった先は児童虐待犯の過去を持ったアイスクリーム屋の家。「お茶しましよ」と言うと喜んで家にあげるアイスクリーム屋。バスケットからティーセットを出してお茶の準備をしながら「正体は分かってるから、子供に手を出したら私が殺すわよ」と宣言すると「今日は来てくれたから、今度は学校に行くよ」と挑発っぽく答えるアイスクリーム屋。「近づかない方が身のためよ!」「スカイラーだ」と握手の手を出すも「どうでもいいわ」と帰ろうとするメドウズに「君も治療を受けた方がいい」と言うスカイラー。家を出たメドウズはつわりからか吐いちゃいます(;・ω・)ベッドに一人で人形を抱いて眠っているメドウズ。日曜日ですが皆と世の中の為に話し合いしましょ。と集まった生徒達と話してると犬連れたスカイラーが通ります。それ見て苛立つメドウズ。一人の男の子が離れて絵を描いております。「左の頬を出しなさい。っていうけど出したら左も叩かれるのかな…(´・ω・`)」と言う男の子の右ほほにはアザが…。「本当に壁にぶつかったの?」と質問すると「本当だよ」と言うや否や「行かなきゃ!遅刻したら罰だって神父さんが言ってた!」と走って出ていく男の子。教会にいるメドウズ。「やめろ!いやだ!」とさっきの男の子の声が聞こえます。ドアをバーン!と開けると神父が男の子の顔を股ぐらに押し付けていた!突然の訪問者にビックリする神父。逃げる男の子。部屋を出ていくメドウズを追いかけて止める神父をズドン!と撃ち殺します。教会を出る途中に、タップシューズの金具部分を落としちゃいます。外へ出てすれ違ったのはスカイラー…。自宅に帰って台所にいると寝室で物音が。銃を構えて寝室に飛び込むとそこにはヘザーが!謝りながら、銃は本物であることを伝え、どこから入ったかを聞くと窓から入ってきたとのこと。ヘザーは「先生の秘密知ってるよ~」と言うので「秘密を教えてほしい」とお願いするメドウズにヘザーは「人を殺したんでしょ?」とあどけない顔で言います。「ホットドッグ買いに行ったときに、先生の後をついていってたの。」と言われ、泣きながら抱きしめて「あなたは子供なのに…」とヘザーに謝り、ヘザーを帰します。そして泣き崩れ、ママに電話すると「掛かってくると思ってたわ」とママ。「私怖いの、警察呼ぼうかな…。」と言うと「何度言わせるの?自分がやることを、他人に任せちゃ駄目よ」と厳しく言われます。泣きながら「そろそろ赤ちゃんが生まれるの」「もうすぐ結婚式も」そう伝えながら昔を思い出します。幼い頃にママと出席した結婚式。教会の外にいる出席者達。そこへ銃を乱射しながら走ってくる車。たくさんの人が死んでいくのを目の当たりにしている幼いメドウズ。ママはメドウズを庇って撃たれます。「マザーメドウズは天に召されました」とお墓の前で神父が言います。喪服で参列しているメドウズ。指を銃の形にして神父に向けます。「もう行っていいの、ママ。もう行って…」と電話に呟くメドウズ。今までのママとの会話は全部メドウズ一人によるものでした。受話器からは何も聞こえない…(´・ω・`)マイクは職場で、トラックの運転手。神父。ホットドッグの男。全て同じ銃で行われていることと、教会に落ちていたタップシューズの金具を見て、今までのが確信に変わります。ちなみに同僚に「結婚式するの早くない?」と突っ込まれて「その方が良いと思って」と返事しております。メドウズ宅にて結婚式の話をしている二人。「娘のウエディングドレスを見たくない母親はいないよ」「さあね。外出がきらいだから」と言いながらキッチンへお茶を淹れに。その後ろから「教会に落ちてたよ」と金具を置くマイク。金具をすぐにシューズに取り付けようとするとつけられない。「偽物だよ」とマイク。引っかけたようです。「どうしてこんなことを!」「私は悪くないわ!」「このままだと刑務所で結婚式だぞ!二人の為に今すぐやめてくれ!」「頑張ってみるわ…。」切ない場面ですが、「いやいや。頑張ってみるわって…。」となる場面でもあります。結婚式当日。生徒達も参列しており、衣装部屋でヘザーと二人っきりのメドウズ。花嫁衣装に身をまとうメドウズを褒めるヘザー。ヘザーの衣装を褒めるメドウズ。「赤ちゃんのためにバラを摘んでくるわ」と出ていくヘザー。「最後の一輪摘んだら、縁起が悪いっていうからやっぱり要らないわ!」とヘザーを呼び掛けるが返事はありません。庭へ続くドアを開けると手袋だけ落ちています…。ヘザー!慌てて探しに出るメドウズ。向かった先はスカイラー宅。椅子に縛られてるヘザーを助けようとするも、枝切りハサミを持ったスカイラーに邪魔されて、メドウズも椅子に縛られます。「ここでは俺が先生だ。」と真似事をするスカイラー。花嫁が来ないので、ざわつく会場。生徒達の「先生が遅刻したことないよ」の一言で異常に気付いて飛び出すマイク。スカイラー宅で椅子から脱出して、スカイラーをぶん殴ってヘザーを家から逃がすメドウズ。メドウズは捕まります。頭を掴まれながら「俺のことを軽蔑してるんだろ?一人だけ幸せになろうとしやがって!」と恨みを吐くスカイラー。助けを求めて走っているヘザーを見つけるマイク。バッグを奪われて中身の銃を盗られるメドウズ。スカイラーに「イカれてるくせに!」と言われて「あんたがイカれてるのよ!」銃を向けられ、響く銃声!倒れたのはスカイラー。助けに来たマイクの銃弾が頭を撃ち抜いておりました。「君の銃か?」と確認してから「こいつの指紋がついた」と言って、メドウズを連れて出ていくマイク。赤ちゃんを抱っこしながら、タップダンスしてるメドウズ。居間ではアコーディオンを演奏してるマイク。ポーチの中から無線の音が聞こえてきます。それを聞いてマイクに赤ちゃんを渡して「ママを必要としてる人がいるの」と二人にキスをします。マイクは「気をつけて」と送り出し、タップしながら出掛けていくメドウズ。おしまい。(Amabaより)

 

 

 

「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/b408408b9cf00c0ed47003e1e5e84dc2

 

 

コメント

1637.アルカサール・ド・サルの町角

2018-11-27 14:38:03 | ポルトガル淡彩スケッチ

2018年11月27日(火曜日)晴れ。16℃~5℃。降水確率0%。湿度97%(7:57)64%(14:35)。南東の微風。紫外線量2。起床30分前に寒くて目が覚め毛布を1枚掛けヒーターのスウィッチを入れる。昼間は良い天気で陽射しは強く温かい。

淡彩スケッチ』の撮影、補正、切り抜き、縮小画像を作りフォルダに挿入。(1641-1650)

『きょうのニュース』セトゥーバル港湾労働者の要求は通過、業務が動き出す。看護師、裁判所は賃金値上げ要求で依然ストライキ。アソーレスのフローレス島、コルボ島で風時速130キロを超える悪天候。エイズの血液検査が進展。セルパ県ピアスの学校でレジオネラ菌。サンタ・マリア・ダ・フェイラのコルク栓工場で化学被害。NASAの火星探索船到着。ロシアとウクライナ海上衝突。アメリカ国境への難民キャラバン。アメリカ中西部に大雪。コンポルタの広大な地所売り出し。

『昨夜の映画』は先日も観たばかり

ナイト&デイ』(Knight and Day)2010年。アメリカ映画。「ナイト」は「夜」ではなく、「騎士」の意味で老夫婦の姓である。昏睡状態が多いのは前の共演『バニラ・スカイ』をなぞっている。理想の男性を追い求める平凡な女性ジューン・ヘイヴンス(キャメロン・ディアス)は、ある日、妹の結婚式に向かうためのウィチタ・ミッド・コンティエント空港でハンサムな男性、ロイ・ミラー(トム・クルーズ)と運命的な出会いを果たす。機内で乗務員や乗客たちに襲われたロイは、パイロットまで殺してしまい、飛行機は不時着してしまう。 ロイに一目ぼれしたジューンだったが、ロイの正体はジューンが夢に見た理想の男性どころかCIA所属の超一流のスパイであり、そのCIAから追われているのであったのだ。カーチェイスと銃撃戦の末に、ロイはジューンをCIAから救出するが、怖くなったジューンはロイから逃げ出し、ロドニーという昔の恋人に助けをもとめるが、ロイはロドニーに発砲して、手錠でジューンを拘束して強盗紛いのように車で連れ去る。 敵の狙いは、革命的な電池『ゼファー』。街全体や大型潜水艦の電力を補うほどの膨大な永久エネルギーを生むその電池は、無限の可能性を持っていた。ゼファーを発明したのは、高校を出たばかりのサイモンだったが、ロイの到着が遅れたために暗号を残して逃亡していた。サイモンの倉庫で特殊部隊に襲われた二人だが、飛行機で逃亡する。 薬により眠らされたジューンが目覚めると、ロイの隠れ家の無人島にいた。電話を逆探知されて、戦闘機によりミサイルの爆撃を受けた二人は、またしてもロイに気絶させられて小型ヘリで逃亡する。目覚めるとカパール山中の列車で、凄腕の暗殺者を撃退した二人は、ゼファーの開発者であるサイモンと合流する。 ザルツブルグについた一向はホテルに宿泊するが、ジューンはロイをつけて武器商人アントニオの女との密談を聴く。ロイを信じられなくなったジューンは、FBIにロイがジューンを利用していた事実を告げられ、FBIに協力することになる。またしても特殊部隊に襲撃され、サイモンはCIAに拘束され、ロイは銃撃により川に落ちて行方不明になってしまう。 妹の結婚式に出席したジューンは、結婚祝のプレゼントにする予定だったポンティアック・GTOで、謎の場所「アマポーラ」に向かう。そこには二度も高額懸賞に当たったという裕福な老夫婦がいて、その家にはロイの写真があったが、その写真の主である老夫妻の息子マシューはクウェートで亡くなったという。 武器商人アントニオと「偽の電池」で取引しようとしたジューンだったが、拘束されセビリアに移され、自白剤を打たれる。危ないところにロイが現れ、バイクでカーチェイスをしながら銃撃戦をして、サイモンの乗った車を追跡する。サイモンとも合流するが、撃たれて電池を奪われる。サイモンはあの電池は失敗だったと告白し、その直後に電池を持ち去った飛行機もろとも爆発してしまう。 その後、ロイが目覚めるとなんと短パン姿で、ジューンと一緒にホーン岬に行くことになる。そして、老夫婦に南アフリカ行の航空券が届き、ハッピーエンドで終わる。 (Wikipediaより)

『スターゲイト;箱舟の真実』Stargate: The Ark of Truth2008年。カナダ、アメリカ映画。102分。監督:Robert C. Cooper。キャスト:Ben BrowderAmanda TappingChristopher JudgeMichael ShanksClaudia BlackBeau Bridges。(Wikipediaより)

 

「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/b408408b9cf00c0ed47003e1e5e84dc2

 

 

コメント

1636.カステロ・ノーヴォの町角

2018-11-26 16:35:37 | ポルトガル淡彩スケッチ

2018年11月26日(月曜日)曇りのち晴れ。17℃~7℃。降水確率0%。湿度75%(7:57)70%(16:31)。北西の微風。紫外線量2。昨夜は月夜。昨朝にはなかったのに今朝はひどい結露。雲が多いものの上空は概ね晴れ。

スケッチに淡彩を施す。

午後からモザンビーク通りの『リードゥル』に買い物に。ピッザ(4クェージョ)390g=1,79€。ベーコン300g=2,75€。豚ロース600g=2,39€。レモン320gx2,19=0,70€。ニンジン1kg=0,75€。ナチュラルヨーグルト125gx8=1,29€。アボカド290gx2,49=0,72€。ブロッコリ500g=1,19€。冷凍剥きムール貝250g=1,59€。チョリソ250g=1,49€。フランクフルトソーセージ500g=2,99€。鶏手羽肉550g=0,99€。リンゴ800g=0,99€。冷凍タラフィレ400g=2,59€。ミックスパプリカ500g=1,49€。シシトウ200g=1,19€。長鞘豆300g=1,09€。ミックスチェリートマト250g=0,99€。パン(トリゴ・ダ・アヴォ)0,59€。バナナ965gx1,05=1,01€。合計=28,58€。

パルメラ大通りに入ったところのジャカランダの大木にたくさんの花。

『きょうのニュース』トーレからマンテイガスに向かう国道338号線が悪天候のため崩落、通行止め。ヴィラ・レアルとポルトでも悪天候で倒木、クルマを直撃。フンシャルでも悪天候のため空の便7便欠航。ボルバの大理石採掘現場で水没したクルマの影を発見か?グアルダの車部品会社のストライキ。セラミカ工場でもサラリー値上げ要求ストライキ。鉄道の部品老朽化で損傷。昨年1年間で家庭内暴力で女性24人が死亡、リスボンでカタリーナ・マルティンスさんも参加してデモ。ペニシェでカイトサーフィンのロシア人(34歳)死亡。ロシアとウクライナが海上衝突、一触即発。シリアに毒ガス兵器。マクロン大統領がシリア問題を英語でスピーチ。ベルナルド・ベルトルッチ映画監督癌のため死亡(77歳)。

『昨夜の映画』は

ミニミニ大作戦』(The Italian Job)2003年。アメリカ映画。111分。監督:F・ゲイリー・グレイ。ヴェネツィアにある最新型金庫の中に50億ドルの金塊、総重量約1トン。これを手に入れるため、チャーリー(マーク・ウォールバーグ)は計画を立て、また実行するために多くのプロフェッショナルを集めた。だがそのうちの一人、スティーヴ(エドワード・ノートン)の裏切りで金塊は奪われ、その上チャーリーが父のように慕っていたジョン(ドナルド・サザーランド)の命まで奪い去った。 その一年後、ロサンゼルスでチャーリーたちは、ジョンの娘で錠前屋のステラ(シャーリーズ・セロン)を金庫破り担当とし、金塊の再奪取を計画。この計画には、とある事情から3台のニューミニ(クーパーS:1台、クーパー:2台)が重要な役割を果すことになった。他に: セス・グリーンジェイソン・ステイサムモス・デフフランキー・Gショーン・ファニング。(Wikipediaより)

ゴーストライダー』(Ghost Rider)2007年。アメリカホラーアクション映画。監督:マーク・スティーヴン・ジョンソン。110分。移動サーカスのオートバイスタント芸人だった17歳のジョニー・ブレイズ(マット・ロング)は、肺癌が全身に転移して死に瀕した父親を治すことを条件に、悪魔:メフィストピーター・フォンダ)と契約を結んだ。しかし父親は健康な体になった直後に事故死。実は父親の死はメフィストの呪いだと知り、悲嘆にくれるジョニーは、サーカスも恋人のロクサーヌ(ラクエル・アレッシ)も捨てて旅に出る。 それから13年が過ぎ、不死身のバイクスタントとして名声を得ていたジョニー(ニコラス・ケイジ)は、ケーブルテレビのレポーターとなったロクサーヌ(エヴァ・メンデス)と再会する。 その頃、メフィストの息子・ブラックハートが地上に姿を現し、配下の3体の魔物“隠れしもの(ヒドゥン)”を呼び覚ました。彼は父メフィストを倒すため、千の悪しき魂を思うままにすることができる「サン・ヴェンガンザの誓約書」を探していた。悪魔にとって恐るべき力の源泉となる「サン・ヴェンガンザの誓約書」は、その強大な力をメフィストに渡すことを拒んだ先代のゴーストライダーによっていずこかに持ち去られ、行方不明となっていたのだ。 再びジョニーの前に現れたメフィストは、悪魔の契約からの解放を条件にブラックハートを滅ぼすことを命令する。こうして、父の形見のバイクとジョニーの肉体を地獄の炎が包み、燃える髑髏の顔を持つゴーストライダーが誕生した。 (Wikipediaより)

 

 

 

 

「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/b408408b9cf00c0ed47003e1e5e84dc2

 

 

コメント

1635.マルバオンの町角

2018-11-25 14:34:15 | ポルトガル淡彩スケッチ

2018年11月25日(日曜日)曇り時々晴れのち雨。18℃~12℃。降水確率100%。湿度93%(8:00)88%(14:29)。北西のち南西の微風。紫外線量1-2。起床前は温かく雨の音。結露は全くなく、曇っているのに景色はくっきり、サン・フィリッペ城と貨物船のライティングが美しい。午後から雨。部屋の中は底冷えがして寒い。

『きょうのニュース』アソーレスのテルセイラ島で洪水、21メーターの高波も。ボルバの大理石砕石場国道崩落現場では行方不明者捜索活動難攻。イギリステレサ・メイ首相がブリュッセルEU議会でEU離脱を説明。イギリスに移民のポルトガル人にも影響。フランスの燃料高騰に対するパリでの抗議行動エスカレート、20人が怪我。モザンビークのイスラム攻撃で12人死亡。バルパソスの岩に削られたブドウを絞る遺跡がユネスコの世界遺産に登録か。リスボンのクリスマスツリーと町のイルミネーション点灯、80万€。

『昨夜の映画』は

レジェンド / 光と闇の伝説』(Legend)1985年。アメリカ映画。94分。監督:リドリー・スコット。北欧神話を題材としたファンタスティック・アドベンチャー。太古の世界。美しい2頭のユニコーンに魅せられ、決して触れてはならぬその角に触ってしまった王女リリー(ミア・サラ)。1頭のユニコーンが倒れたことで世界は呪いをかけられ、彼女もまた闇の魔王の手に落ちてしまう。森の若者ジャック(トム・クルーズ)は、リリーの救出に乗り出す。(Wikipediaより)妖精やユニコーンが住む森に、青年ジャックが暮らしていた。彼は地球を暗黒の世界にしようとたくらむ闇の魔王に囚われた王女リリーを救い出そうとする。妖怪を倒し、魔王の城に乗り込むジャックと仲間たち。世界に光を取り戻すための戦いが始まった! 映像派リドリー・スコット監督が壮大なスケールで描くファンタジー・ロマン。(映画.comより)

A Caça Aos Selvagens』2017年。ニュージーランド映画。101分。脚本・監督:Taika Waititi 。Um menino e seu tio fogem para as matas da Nova Zelândia. Para capturá-los, é organizada uma verdadeira caçada da qual os dois precisaram escapar unindo suas forças e superando suas diferenças.

 

 

 

 

「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/b408408b9cf00c0ed47003e1e5e84dc2

 

 

コメント

1634.アルカサール・ド・サルの町角

2018-11-24 14:22:41 | ポルトガル淡彩スケッチ

2018年11月24日(土曜日)曇り時々晴れ一時小雨。17℃~7℃。降水確率100%。湿度92%(7:54)75%(14:17)。南東のち南の微風。紫外線量2-1。昨夜は綺麗な月が出ていたが、起床時には空一面に雲。青空も覗き、陽の出も見られたが、降水確率100%。予報では微風とあるが、我が家に当たる風当たりは強風。夕方からは嵐。

『ポルトガルの野の花』サムネイル目次のブログへの移動はだいぶ進む。

『きょうのニュース』消防士がテレイロ・ド・パソでストライキ。ボルバの大理石採掘現場事故は2人死亡、3人行方不明のまま捜索難攻。セトゥーバルの港湾労働者ストにアントニオ・コスタ首相。今後の闘牛の在り方は血の見えない闘牛?フランスの燃料高騰に対するデモは過激化、機動隊が放水。マデイラ発見から600年。フンシャルでワイン祭り。コインブラで中世の市祭り。ロウリーニャでアグアデンテとガストロノミア半月祭り。

『昨夜の映画』は

ピッチ・パーフェクト』(Pitch Perfect)2012年。アメリカ。ミュージカルコメディ映画。112分。監督:ジェイソン・ムーア。音楽プロデューサーになることを夢見るベッカ(アナ・ケンドリック)は、父親が教授を務めるバーデン大学へ自身の意に反して入学することとなった。大学内での活動に一切の興味を抱けない彼女の唯一の楽しみは、校内ラジオ局でのアルバイトだった。そこで彼女はジェシーという青年と知り合い、お互いに意識し合っていることを感じつつあるのだった。 だが、そんなある日、ベッカがシャワーを浴びながら鼻歌を歌っていると、それをたまたま聞いたクロエ(ブリタニー・スノウ)から大学の女性アカペラグループ「バーデン・ベラーズ」への参加を勧められる。流されるままにグループに加入したベッカだったが、そこで自らを「ファット(太っちょ)」と名乗るエイミー(レベル・ウィルソン)や奔放なステイシー(アレクシス・ナップ)、レズビアンのシンシア(エスター・ディーン)といった個性豊かな新入部員と知り合い、彼女たちと共に部長のオーブリー(アンナ・キャンプ)から厳しい指導を受けることで、いつしか本気でアカペラの全国大会を目指すようになる。しかし、その前にはジェシーが所属する同大学の男性アカペラグループ「トレブルメーカーズ」が立ちはだかるのだった。 (Wikipediaより)

たった一人のあなたのために』(My One and Only)2009年。アメリカ映画。108分。監督:リチャード・ロンクレイン。ジャズミュージシャン(George "Spike" Hamilton)の夫の浮気現場を目撃したために家を出て、結婚相手を探す母親と、仕方なくそんな母親と一緒にアメリカ横断の旅に同行する二人の息子をコミカルに描いたロードムービー。俳優として活躍するベテランのジョージ・ハミルトンの少年時代の母親との関係をベースに制作された。1953年のニューヨーク。ある日、旅行に出かけていたアン・デヴロー(レネー・ゼルウィガー)が一日早く帰宅すると、夫でジャズマンのダン(ケヴィン・ベーコン)と若い娘の浮気現場に遭遇。それを見たアンは、即座に夫に別れを告げて息子であるジョージ(ローガン・ラーマン)とロビー(マーク・レンドール)を連れて新たな夫を探しに旅に出る。若かりし頃に持った数々の恋愛経験を武器に様々な男との出会いに成功するが、どの男も欠陥だらけ。米軍勤務のハーラン(クリス・ノース)は、息子との確執から粗暴な本性をあらわにさせるし、かつての恋人だった男は事業に失敗して無一文。しかもアンの持ち金まで持ち去ってしまう。その後、別の出会いを求めてセントルイスへ向かうも、姉のホープ(ロビン・ウィーガード)ら夫婦からは冷たくあしらわれ、まあまあなランクだった夫候補のビル(デヴィッド・ケックナー)も、実は女に弱いだけの所帯持ちというオチで結婚話はパーに。結局、何もかも上手くいかず途方に暮れたアンたちは、夢の都ハリウッドを目指すのだが…。(Wikipediaより)

 

 

「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/b408408b9cf00c0ed47003e1e5e84dc2

 

 

コメント

1633.アランドロアルの城

2018-11-23 14:41:23 | ポルトガル淡彩スケッチ

2018年11月23日(金曜日)晴れ時々曇り一時雨。17℃~6℃。降水確率23%-14%。湿度97%(7:59)61%(14:44)。南のち南西の微風。紫外線量2。今朝も酷い結露。雲が多いものの晴れ。セトゥーバル港湾労働者のストライキで荷下ろし積み込みが機能していないとのニュースだが、サド湾の中程で待機している貨物船は3隻だけで普通の状態?

美と崇高との感情性に関する観察』イマニエル・カント:著。上野直昭:訳。岩波文庫、昭和23年第1刷発行。読了。カントの哲学書で、大正13年から昭和11年頃の翻訳で古い漢字難しい言い回しなどもあるが82ページの薄い文庫本なのに読了するのに実に長い日数がかかってしまった。一つにはサイト閉鎖に伴いブログへの転載などの作業を行っていることもある。

午前中にアントニオ・ロドリゲス・マニート博士大通りの銀行で定期から普通預金に2000ユーロ移動。帰り『ファティーニャ』で昼食と思ったが張り紙があって休み。リフォーム工事なのだろう。その近くアマリア・ロドリゲス通りのビュッフェ形式レストラン『ミネイロ』へ。8,5x2=17€。途中激しく降ったが一時的。

きょうはブラック・フライデーとのこと。

『昨夜の映画』は

ブローン・アウェイ/復讐の序曲』(Blown Away)1994年。アメリカ映画。121分。監督:スティーヴン・ホプキンス。ある復讐者とそれを防ごうとする者達との戦いを描いたアクション映画。ジェフ・ブリッジスが父ロイド・ブリッジスと父子共演している。 ボストン警察の爆弾処理隊員ダヴ(ジェフ・ブリッジス)は、コンピュータ爆破事件の解決で一躍マスコミの注目を浴び、ヒーローになる。しかし、その後ダヴを狙ったと思われる爆弾事件が頻発する。巻き込まれた同僚たちから不信の目を浴びる中、そのターゲットは妻子に向けられる。犯人はかつてのアイルランド共和軍(IRA)での同僚ギャリティ(トミー・リー・ジョーンズ)であった。(Wikipediaより)

ブローン・アウェイ 復讐の序曲>のあらすじ

ボストン警察の爆発処理隊員のダヴ(ジェフ・ブリッジス)はオーケストラでヴァイオリンを演奏している恋人ケイトと結婚。それを転機として教官として働くことにした。しかし結婚パーティーが終わった夜、家で爆発が起こり仲間の一人が死亡。このことで欠員がでた処理班に志願する。そして続けて繁華街に爆発予告が入り、別の隊員が現場に向かうがやはり仲間2人が死んでしまった。そんな時、ダヴの携帯が鳴る。電話の相手は爆発物を仕掛けた犯人であり、ダヴの昔の戦友ギャリティ(トミー・リー・ジョーンズ)だった。彼は爆発物を製造させたら右にでる者がいないというほどの天才で、20年前北アイルランド闘争の時に一緒に戦った仲間であった。しかしテロで爆発物をしかけようとしたが失敗し、ギャリティの妹でダヴの恋人でもあった女性が死んでしまう。しかもそのことでギャリティは20年という長い刑をくだされた。そしてダヴに復讐をするため脱獄していたのだった。多くの犠牲者を出す中、独自の捜査でギャリティのアジトを突き止めたダヴ。そこで2人は対峙。ギャリティはダヴの妻の演奏会がおこなわれるその日、ホールに爆発物を仕掛けたという。ギャリティを無事に倒したダヴは急いで演奏会に向かった。実際にはホールではなく車に仕掛けられていた爆発物だったが、未然に防ぐことができ妻は無事だった。(MIHOシネマより)

 

 

 

 

「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/b408408b9cf00c0ed47003e1e5e84dc2

 

 

コメント

1632.マルバオンの町角

2018-11-22 15:33:23 | ポルトガル淡彩スケッチ

2018年11月22日(木曜日)曇り時々晴れ一時雨、稲光も。16℃~9℃。降水確率100%-99%。湿度96%(7:54)76%(14:29)。南の微風。紫外線量2。

午後からマリアノ・コエーリョ通りのNTVに、マンション全体の塗装など工事代金の支払い。756€(全額を支払う)。水道橋のところに駐車、今にも雨が落ちてきそうだったが、支払いが素早く済みOK。

ブログの『ポルトガルの野の花』学名順サムネイル目次<A>は何とか出来、<B-C-D>に取り掛かる

きょうのニュース』セトゥーバルの港湾労働者ストライキは他所からの応援もあり2週間と長期化。ボルバの大理石採掘現場の国道崩落事故で潜水夫6人が加わり行方不明者の捜索。コインブラの看護師ストライキ。ポルトの看護師もストライキ。ヴィアナ・ド・カステロでは裁判所のストライキ。10月の失業率は改善、この5年で45万人に職。ジョアン・ロウレンソ・アンゴラ大統領がリスボン訪問、マルセロ・デ・ソウザ大統領と会談、ジェロニモス修道院のカモンエスの墓にお参り。フランスの燃料高騰に対する抗議デモは激しさを増し、機動隊の出動。カリフォルニア火災の捜索に雨。グアテマラ、メキシコからアメリカの国境目指し5000人が行進、機動隊が待機。シントラのレストラン「ミドリ」などミシュラン4星認定。

『昨夜の映画』は

ミスター・ノーバディ』(Mr. Nobody)2009年。フランス・ドイツ・カナダ・ベルギー合作映画。141分。脚本・監督:ジャコ・ヴァン・ドルマル。第66回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門出品作品。撮影期間は2007年6月4日から同年12月17日。主人公の名前「ニモ」はラテン語で「誰でもない者」という意味。2092年、科学の進歩で人間は永遠の命を持つようになっている。そんな中、118歳の主人公ニモは唯一の「命に限りある」人間だった。誰も彼の過去を知る者はいない。死を目前にした彼は、医者の催眠やインタビュアーの質問を通じて自らの過去を回想していく。しかし彼の過去は普通の人間のように一本道ではなく、様々な選択によって分岐した人生を同時に含んだものだった。例えば彼は、両親の離婚の際に父についていった記憶と、母についていった記憶、その両方を語ることができた。生前の記憶、分岐した人生などが次々と展開されていき、彼がついに死を迎えるシーンで映画は幕を閉じる。しかし、彼はどれも選択しなかったという可能性は残った。ニモ・ノーバディ(ジャレッド・レト)15歳のニモ(トビー・レグボ)9歳のニモ(トーマス・バーン)ニモの父親(リス・エヴァンス)(Wikipediaより)

ミスター・ノーバディのあらすじ>ニモはフェルドハイム医師と対面した。毎週会っているのに、ニモには医師の記憶がなかった。ニモの名は「ニモ・ノーバディ」。ノーバディとは“誰でもない”という意味だった。また、ニモはクラフトと呼ばれることもあった。クラフトとは“過去が思い出せない”の略だった。ニモは自分のことを34歳だと思っていたが、実際は違った。フェルドハイム医師はニモに1枚の新聞を見せた。そこには「2092年2月9日 人類最後の死ぬ人間118歳に」と書かれ、ニモの顔写真が掲載されていた。ニモは激しく取り乱し、夢から覚めなければと喚いた。ニモが目を覚ますと、青年の姿に若返っていた。結婚して妻がおり、子供がいた。だが、玄関のポストに入れられた写真には、別の妻と子供と一緒に写る自分の姿があった。ニモは戸惑いながら、傍にいた子供に“ポール”と呼びかけた。だが、ポールじゃないと言われる。ニモは戸惑いながら、誰かに呼ばれる声で目を覚ました。ニモは妻のエリースの名を呼びかけるが、目の前にいたのは別の女性(ジーン)だった。ニモは“人類最後の死ぬ人間”として、テレビで特集された。だが、ニモの過去は誰も知らなかった。記憶が混乱しており、彼自身でさえ分からないのだ。人々はそんなニモの過去に興味を持っていた。フェルドハイム医師は催眠術を使い、ニモの記憶を蘇らせようとした。記者の男は知り合いの看護婦に頼み、ニモの病室を訪れた。記者の男は人類が不死になる前の世界を知りたかったのだ。現在生きている人間は、細胞のテロマー化(永久再生)によって不死となった。ニモは初めインタビューを拒んでいたが、昔を懐かしみながら、空気を汚す車が走っていたことや、恋に落ちて体を求め合ったことなどを話した。しかし、記憶が混乱しており、ニモは先程聞いたにも関わらず、再び現在の時刻を記者の男に質問した。時間は戻すことができないため、人は正しい選択をしないといけないと悩む。でも、選択をしなければ、全ての可能性は残るのだ。ニモがアンナと結婚するのか、エリースと結婚するのか、ジーンと結婚するのか、選択肢は多様にある。9歳のニモはアンナに惹かれつつあったが、自分の母とアンナの父(ハリー)の浮気現場を目撃してしまう。それから、ニモの両親は喧嘩するようになり、別れることになった。ニモは母について家を出るか、父と共に家に残るか選択を迫られる。老年のニモは、父と残ったのか母について行ったのか思い出せなかった。ニモは母について行った。あれから月日が流れ、ニモは15歳になった。ニモの母とハリーの関係はまだ続いており、ニモを交えて会食をすることもあった。ニモはハリーに良い感情を抱けず、車で事故を起こすと予言めいたことを伝え不安にさせた。母はニモを叱り、父と残ればよかったのにと罵った。鬱蒼とした日々を過ごしていると、ニモの学校にアンナが転校してくる。だが、ニモはアンナと上手く接することができず、海に泳ぎに行こうと誘ってくれたのに“バカとは泳げない”と断ってしまう。大人になったニモは駅でアンナと偶然再会する。アンナは子供を連れていた。ニモは幼い頃にアンナに言ってしまった言葉を後悔した。時間は遡り、15歳のニモはアンナに海に泳ぎに行こうと誘われる。ニモは正直に、カナヅチで泳げないことを話した。アンナはニモのことを笑うことなく傍にいた。それから、ニモは母からハリーの娘だとアンナを紹介され、一緒に暮らすことになる。ニモとアンナは、両親に隠れて恋をした。15歳のニモは父と共に家に残った。父は体が上手く動かず、風呂の世話もニモが行っていた。ニモは放課後バイトをし、家計を助けた。母からハガキが送られてきても、ニモは見ようともしなかった。ニモは普段から貯め込んでいる鬱憤を、夜道をバイクで叫びながら走ることで発散させた。そして、父が眠った後、密かに小説を書いた。ニモがクラブに行くと、失恋して傷ついていたエリースに声を掛けられる。ニモはエリースのことが誰か分からず戸惑った。すると、エリースから小さい頃に近所に住んでいたことを教えられる。ニモは不器用ながらもエリースを慰め、キスをした。しかし、エリースは“自分はいい子じゃないから”とニモを拒み、去って行ってしまう。フェルドハイム医師は老年のニモに、“思い出せ”と繰り返し伝えた。15歳のニモは母と共に暮らし、アンナと思いを通じ合わせていた。また、父と共に残ったニモは、エリースに手紙を書いていた。ニモが手紙を届けに行くと、エリースはボーイフレンドと家から出て来た。ショックを受けたニモはバイクを走行中に事故を起こしてしまう。ニモは病院で治療を受けるが、指も動かせない状態になった。ニモは必死に事故を起こす前に戻れと念じ、エリースに手紙を渡して愛していると告白した。しかし、好きな人がいるから無理だと断られる。失恋したニモは、最初にパーティーでダンスを踊った相手と結婚することを決める。その相手はジーンだった。ニモはジーンと結婚し、生まれてきた子供にポールとマイケルと名付けた。しかし、ニモの書いた手紙を見たジーンは、ニモの愛情を疑っていた。その手紙には「ここまで努力してきたが、今の僕はひどく退屈だ。一体僕はまだ生きているのか?」と書かれていた。だが、ニモにはその手紙を書いた記憶がなかった。ニモはろうそくの火に手を翳すが何も感じなかった。熱さを感じたのは、アンナと共にいる15歳のニモだった。その日、ニモは母とハリーから別れることを告げられる。アンナは既に知っていたが、ニモと離れるのが嫌で言えなかったのだ。アンナは父の仕事の都合で引っ越すことが決まっていた。大人になったニモは、今でもアンナのことが忘れられず、偶然の再会を求めていた。それは、アンナも同じだった。15歳のニモは、エリースに告白を断れる前に、再度愛していると思いを伝えた。大人になった2人は皆から祝福され、結婚した。3人の子供に恵まれたが、エリースは鬱病で防ぎこむことが多かった。ニモは必死に子供達の相手をしながら、泣き叫ぶエリースの看病をした。ある日、家で娘の誕生日会が開かれた。誕生日を忘れていたエリースは母としてしっかりしなければと思い、ベッドから起きるとパーティーを盛り上げた。その日、ニモ達家族は仲良く川の字で眠った。大人になったニモは駅で偶然アンナと再会する。2人は失った時間を取り戻すかのように体を求め合い、愛し合った。しかし、アンナは再びニモを失うことを恐れており、心を落ち着かせるための時間を必要としていた。アンナはニモに電話番号を渡し、2日後に会う約束をして去って行った。だが、ニモが受け取ったメモは、空から降って来た雨に濡れて滲んでしまう。老年のニモはアンナに会うために手がかりを失っても、毎日待ち続けたことを記者の男性に話した。フェルドハイム医師は老年のニモに、“思い出せ”と繰り返し伝えた。大人になったニモはエリースと結婚した。2人は幸せな気持ちに包まれたまま、車に乗り込み移動した。しかし、目の前に止まっていたガスタンクを乗せた車が、突如爆発事故を起こす。ニモは顔面に酷い怪我を負い、エリースは亡くなってしまう。老年のニモから話を聞いた記者は、エリースが亡くなったのか生きているのか分からず戸惑った。しかも、今の話では子供達も誕生していなかった。ニモはベッドで泣いていたエリースに声を掛けた。すると、エリースから15歳の頃に片思いをしていた男性のことが忘れられないと言われる。それと同時に、エリースはニモに捨てられることを恐れていた。ニモはエリースのことを抱きしめ、慰めることしかできなかった。その後、エリースは家を出て行った。ニモは車ごと池の中に落ちてしまう。だが次の瞬間、ベッドの上で目を覚ました。外に出ると飛行機が、「目を覚ませ」というメッセージを携えて飛んでいた。ニモは母に会いに行くが、あなたなんて知らないと拒まれる。そこには、自分とは違う息子の姿があった。ニモは訳が分からないまま、外に飛び出した。すると、自分の名を呼ぶ声が聞こえてきた。その方角を向くと、「ニモ 電話しろ」というメッセージと共に、電話番号のパネルが山に掲げられていた。ニモはその番号に電話を掛けるが、いたずら電話に間違われてしまう。仕方なくその電話番号の住所を調べた。ニモが家に行くと、そこは廃墟だった。中に侵入すると、埃に埋もれたDVDがあった。再生すると、70年後の自分の姿があった。老年のニモはDVDを見ているニモが“こっち側”にいないため、2092年の2月12日の午前5時50分まで生きなければならないと話した。DVDを見ているニモは訳が分からず戸惑った。記者は老年のニモの話が矛盾点ばかりだったため戸惑った。結局、ニモの話はどれが真実なのか分からなかった。しかし、ニモ自身はどの人生も真実だと譲らなかった。ニモが話した内容の中では、ニモは池の中で死んだり、殺し屋に殺されてしまうこともあった。記者が困惑していると、ニモは記者自身も9歳の少年の想像しか過ぎないのだと伝えた。両親に選択を迫られた少年が生みだしたというのだ。記者がニモに呼ばれて外を見ると、世界が崩れて更地になった。9歳のニモは両親のどちらも選ばず、森に向かって走った。そして、1枚の葉っぱを空に飛ばした。老年のニモはアンナの名を呟きながら息を引き取った。死亡した日は、2092年の2月12日の午前5時50分だった。(MIHOシネマより)

 

 

 

 

「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/b408408b9cf00c0ed47003e1e5e84dc2

 

 

コメント

1631.マルヴァオンの町角

2018-11-21 14:41:38 | ポルトガル淡彩スケッチ

2018年11月21日(水曜日)晴れ時々曇り一時雨。17℃~10℃。降水確率99%-85%。湿度76%(7:57)67%(14:34)。南西のち西の微風。紫外線量2。遠くに雲があるものの上空は晴れ。窓には酷い結露。温かい。都城のKTさんからのメールでは日本は暖冬とのこと。

午前中に近くキンタ・ダス・ローサの『リードゥル』で買い物。100%アップルジュース1,5Lt=0,99x3=2,97€。ジェル・デ・バーニョ750ml=1,59€。キッチンペーパー4R=1,99€。牛乳(メイオゴルド)1Lt=0,51x6=3,06€。鶏卵M玉12個=1,29€。ナチュラルヨーグルト125gx8=1,45x2=2,90€。米(カロリーノ・カサローラ)1kg=0,84x4=3,36€。カンジャ用鶏肉606g=2,30€。カモミールティー1,2gx25=30g=0,69€。バナナ1,104kgx1,05=1,16€。リンゴ1kg=1,62€。西洋梨966gx1,70=1,64€。タマネギ1,5kg=1,69€。キャベツ(コラサォン)784gx0,90=0,70€。ニンジン1,512kgx0,75=1,13€。鞘豆500g=3,09€。パン(アレンテージャナ)800g=1,70€。箱入り赤ワイン1Lt=0,95€。箱入り白ワイン1Lt=0,95€。合計=34,78€。前回割引分-5€。支払合計=29,78€。買い物客が行くたびに多くなっている感がある。他の買い物客が通路を塞ぎ、たびたび「コンリッセンサ」と言いながらカートを押す。野菜なども新鮮に感じた。

きょうのニュース』ボルバの大理石採掘場を通る国道255号線崩落事故で2人死亡とは別にクルマ2台3人が行方不明の模様、255号線は20年前から危険性が指摘されていた。セトゥーバル港湾作業員のストライキは依然膠着状態。ブラガ裁判所のストライキは裁判所前で訴え、今日まで。シルベス保健所は悪天候などのため工事の遅れ。フランスのガソリン高騰に対する抗議行動でポルトガルのトラックにも影響。カリフォルニア火災で84人の死亡、更に870人が行方不明?カブールで55人が死亡するテロ。サッカーポルトガル選抜はポーランドと1対1の引き分け。21歳以下はポーランドに3対1で敗戦。

『昨夜の映画』は

ビューティフル・マインド』(A Beautiful Mind)2001年。アメリカ映画。135分。監督:ロン・ハワード。ノーベル経済学賞受賞の実在の天才数学者、ジョン・ナッシュの半生を描く物語。1947年。ジョン・ナッシュ(ラッセル・クロウ)はプリンストン大学院の数学科に入学する。彼は「この世の全てを支配できる理論を見つけ出したい」という願いを果たすため、一人研究に没頭していくのだった。そんな彼の研究はついに実を結び、「ゲーム理論」という画期的な理論を発見する。やがて、その類いまれな頭脳を認められたジョンは、MITのウィーラー研究所と言われる軍事施設に採用され、愛する女性アリシア(ジェニファー・コネリー)と結婚する。政府組織は敵国であるロシアの通信暗号解読を彼に強要し、その極秘任務の重圧に彼の精神は次第に追い詰められていく。他に:エド・ハリスクリストファー・プラマーポール・ベタニーアダム・ゴールドバーグジョシュ・ルーカス。 (Wikipediaより)

ウルフ』(Wolf)1994年。アメリカ映画。125分。監督:マイク・ニコルズ。脚本のジム・ハリソンが狼化妄想症を患ったという経験が、ストーリーに反映されている。満月の夜、中年の編集者:ウィル(ジャック・ニコルソン)は車で狼を轢いてしまい、道路脇に遺骸を移動させようとしたところ、生きていた狼に手を噛まれ、狼はそのまま逃げ去ってしまった。 ウィルは、出版社の社長から自邸のパーティに招かれ、左遷を言い渡される。後任は彼の部下で、若いスチュアート(ジェームズ・スペイダー)だった。ショックからか、ウィルは体調不良を感じたところ、社長令嬢のローラ(ミシェル・ファイファー)がそれを助けた。孤独なローラとの間に、心の交流が生まれる。 帰宅後、丸一日眠ったウィルは、視力・聴力が良くなり、仕事の能率も大幅に上がった。若々しくなったことで自信をつけたウィルは、スチュアートの裏切りに、いよいよ反撃する。ところが、鋭敏になった嗅覚によって、ウィルは妻:シャーロット(ケイト・ネリガン)とスチュアートの不倫関係に気が付く。スチュアートを噛み、妻とは別居しホテルに移り住んだ。そして、左遷を撤回させ、スチュアートを逆に追い落とし、自らクビを言い渡す。 ローラとは親密になるが、ウィルは自分の動物的な行動や、夜の記憶が無いことを不安に感じるようになる。そこで、人狼研究の専門家を訪ね、変身を妨げる護符を譲り受ける。 そんな中、シャーロットが殺害される。ローラと一夜を過ごしたウィルには鉄壁のアリバイがあるはずだった。警察の聴取に応じようとしたローラは、署で会ったスチュアートの様子を見て、全てを悟る。(Wikipediaより)

復活』(Risen)2016年。アメリカ映画。107分。監督:ケヴィン・レイノルズ。原作:ポール・アイエロ。古代ローマ。イエス・キリスト(クリフ・カーティス)を処刑した百人隊長クラヴィウス(ジョセフ・ファインズ)のもとに、イエスの遺体が消えたとの報告が届く。 エルサレムでの反乱の気運と、高まるメシア復活の噂を鎮めるため、ローマ総督ピラトから調査を命じられた彼は、イエスの弟子たちが遺体を隠したと確信し、遂に隠れ家に踏み込む。呆然と立ち尽くすクラヴィウス。なぜなら そこには彼が十字架に張りつけたはずの“あの男”がいたからだった。ルキウス(トム・フェルトン)。(Filmarksより)

復活のあらすじ>

紀元33年、ローマ帝国は30年に渡り、ユダヤの土地を治めていました。帝国の軍司令官クラヴィウスは、ピラト総督の下で働いていました。ユダヤ人はメシア(救い主)の出現を神ヤハウェに祈っており、最高議会が危うい和平を保っていました。第10軍団のフレテンシスは、ユダヤ人の王であるイエスを十字架に括り付けていました。クラヴィウスは、イエスに関して騒いでいるユダヤ人を鎮めるように、総督に指示されます。総督の知人の息子のルシウスを任されるクラヴィウスでした。突如、地震が起こります。その直前に、イエスは完了したと言ったそうです。クラヴィウスが部下に指示し、イエスはわき腹に槍を刺されて死亡します。アリタマヤの者たちが総督から書簡を持ってきて、読んだクラヴィウスは家族の墓に入れることを許可します。死後3日目にイエスが復活すると予言されており、墓の前に7人がかりで動かす岩を置き、縄で頑丈に縛って封印しておきます。さらに墓守をする兵士を見張りにたてます。 しかし見張りと共に、イエスの遺体は消え去ります。このままでは人々が復活したと騒ぐこと、皇帝がやってくることから、総督は遺体を見つけるよう、クラヴィウスに指示します。クラヴィウスは、見張りをしていた兵士のヨセフから話しを聞きます。武装した8~10人の男たちに寝込みを襲われて、復活の噂を広めるよう言われたそうです。酒を飲んでいたことを追求するクラヴィウスでしたが、ヨセフは認めませんでした。クラヴィウスは、噂を広めている者を捕らえるようにルシウスに指示します。捕らえた男から、クラヴィウスはマグダラのマリアの名前を聞きます。また、イエスには11人の弟子がいることも聞きます。捜索するうち、イエスとの同じ傷跡の遺体が見つかります。しかし腐敗が激しく、顔は違っていました。金を手にし、逃亡した墓守をしていた兵士が見つかります。彼は差し入れを忘れられたこと、2日も休みなしだったことから、仕方なく酒を飲んで交代で眠ったと証言します。また、光のせいで縄がはちきれ、岩が吹き飛んだとも証言します。そして墓の中に太陽が昇り、人間ではない人影が現れ、訳の分からない言葉を話し始めたとも言います。それらとても信じられない光景を目にし、怖くなった兵士は逃げ去りました。事実のまま祭司に報告すると、彼は金を受け取りました。つまりそれによって事実が隠され、嘘の報告がされたと言うことです。 遺体を見つけた報告があり、クラヴィウスは部下たちを引き連れ、町を捜索しに行きます。マリアを見つけたクラヴィウスは、その建物の中に入って目を疑います。なぜなら死んだはずのイエスが生きていたのです。クラヴィウスはルシウスら部下に撤収の指示を出します。そしてイエスに傷跡があることも分かります。しばらくしてイエスは消えてしまいます。マリアは言います。イエスがエルサレムで、聖霊を受けるまで待てと言ったことをです。また、ガリラヤで会おうとも、彼は言いました。クラヴィウスは真実を探るため、イエスの弟子たちの後を追うことにします。死んだはずの男が生きていたことから、誰も罰しないで追わないで欲しいと、クラヴィウスは書置きを残します。それを聞いた総督は、クラヴィウスが裏切ったと考え、ルシウスらに追わせます。皇帝の到着まで残り10日でした。 初めは警戒していたクラヴィウスでしたが、イエスの弟子たちと行動を共にし始めます。追ってきたルシウスに見つかりますが、クラヴィウスは彼らが世界を変えることから、見逃すよう頼みます。剣を向けられていましたが、クラヴィウスは剣を奪って逆にルシウスの首に向け返し、剣を返すのでした。船に乗り込んだクラヴィウスたちは、魚を捕ることにして網を海に放り込みます。主を信じたことから、大量の魚を捕ることができます。再びイエスが現れ、数名から暴行されている男に近づきます。そしてイエスは彼を癒してしまいます。さらにイエスは自分の羊を飼うようにと男を助けるのでした。朝になってイエスがいないことから、弟子たちは消えてしまったと辺りを見渡します。すると丘の上に立っているイエスが現れ、弟子たちに場所を用意するから、全世界に福音を述べ伝えることを頼みます。弟子たちはエルサレムへ行くことにします。ペテロは人々を救うため、クラヴィウスに一緒に来ないかと誘います。クラヴィウスは行かず、彼らに別れを告げるのでした。総督は、彼らが二度と現れないだろうと諦めます。 (hmhmより)

 

 

 

 

 

 

「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/b408408b9cf00c0ed47003e1e5e84dc2

 

 

コメント

1630.サント・アントニオ・ド・アルヴァの町角

2018-11-20 14:47:20 | ポルトガル淡彩スケッチ

2018年11月20日(火曜日)晴れ時々曇り一時雨。17℃~10℃。降水確率64%-61%。湿度79%(8:05)73%(14:43)。西の微風。紫外線量2。昨夜に降ったのか、水道タンクの上も道もかなり濡れている。起床時には殆ど雲もなく晴れ。窓には酷い結露。のち雲が広がり一時雨も。晴れれば陽射しは強い。

きょうのニュース』ボルバの大理石採掘場で、その中を通る国道225号線(ヴィラ・ヴィソーザからボルバ間)が80~100メートル崩落、ベンカテル村の採掘作業員2人死亡、更に2人が行方不明か?マルセロ・ソウザ大統領が現場視察。リスボンの裁判所ストライキ。ブラガの裁判所も明日まで全面ストライキ、和解に努める。ナザレでドイツ人(50歳)パラケディスタ(崖から飛び降りる競技)が死亡。バルセロナで崖崩れのため列車脱線、1人死亡、40人が怪我。フランスのガソリン高騰でマクロン大統領に抗議デモ。シカゴのメーシー病院でテロ。カリフォルニア火災で更に1000人が行方不明?ポルトのボルサ宮でピザコンテスト。サッカー、ドイツ対オランダは2対2の引き分け。ポルトガル選抜21歳以下がポーランドとギマランエスで対戦。

『昨夜の映画』は

暗殺者』(Assassins)1995年。アメリカ映画。133分。監督:リチャード・ドナー。親友のニコライでさえ、ターゲットとした過去を持つベテラン暗殺者のロバート・ラス(シルヴェスター・スタローン)は、仕事が終わると毎回のように次の任務を最後に引退しようと思っていた。 それから15年、汚職に手を染めた政治家アラン・ブランチという人物の暗殺をする仕事を引き受け、暗殺の決行日が来るが、ブランチは他の暗殺者に殺害されてしまう。その暗殺者ミゲル・ベイン(アントニオ・バンデラス)は警察に捕まったが、パトカーの中で手際よく手錠を外して、暴れて脱走。続いてロバートに追い詰められるも、謎の存在として消えてしまった。そしてロバートは新たな任務を受け、猫を連れた若い女性ハッカーであるエレクトラ(ジュリアン・ムーア)の暗殺に向かうが、またしてもミゲルとかち合ったあげく、彼女を殺すことができず、共に逃亡する道を選ぶ。 組織はロバートとエレクトラを殺し、そしてエレクトラの持つ極秘データのフロッピーを回収するため、ロバートに対抗意識を燃やすミゲルを差し向けた。追われる身となったロバートとエレクトラはフロッピーを取引材料に組織から自由と大金を勝ち取ろうと考え、お互いの機転で何度か危機を切り抜ける。 さらに一計を案じたロバートは、かつて親友を暗殺したカリブへと逃れる。無事大金を得たふたりの前に、予想通りにミゲルの襲撃があったものの、ふたりの連携の前にミゲルは倒れる。安堵するふたりの前に、直々に暗殺組織のボスが現れる。その正体はロバートが手に掛けたはずの親友、ニコライであった。しかし、死んだと思われていたベインとロバートとの連携により彼も倒され、ロバートとエレクトラと猫はカリブの陽光の中、希望をもって旅立つのだった。 (Wikipediaより)

ダブル -完全犯罪-』(Absolute Deception)2013年。アメリカ映画。92分。オーストラリアのゴールドコースト(黄金海岸)で繰り広げられるクライムサスペンス。 監督:ブライアン・トレンチャード=スミス。FBI捜査官のネルソン(キューバ・グッディング・ジュニア)は、オーストラリアのゴールドコーストで、 証人保護プログラムを希望するアーチャー(タイ・ハンガーフォード)と会う約束をしていた。 ところがアーチャーが何者かによって拉致され、 ネルソンが駆けつけた時に、目の前で射殺されてしまう。 ネルソンは、アーチャーがニューヨークでマイルス・スコットという名で、 税理士として結婚していた事を突き止める。 アーチャーの妻レベッカ(エマニュエル・ヴォージア)は、ニューヨークでジャーナリストをしていた。 ネルソンはアーチャーが亡くなった事を伝えるが、 夫は2年前に交通事故で亡くなったとレベッカは告げる。 夫の死の真相を突き止めるため、レベッカはゴールドコーストへ向かう。 ゴールドコーストでは、富豪のオステルベルグが、金融犯罪容疑で摘発を受けていた。 オーストラリア連邦警察のヘンドリックス警部と共に操作に加わるネルソンは、 アーチャーの殺害にオステルベルグが関与していると疑う。 ゴールゴコーストに着いたレベッカは、アーチャーと結婚していたブリジットに会いに行き、 彼が以前マイルスという名で、自分と結婚していた事を話す。 ブリジットは驚くが、何も話してはくれなかった。 その帰り、レベッカは待ち伏せしていた犯人の車に追いかけられる。 何とか逃げきったレベッカは、ネルソン捜査官に拒まれながらも共に捜査を進めていく。 レベッカはネルソンから、夫の真実を聞く。 マイルスは誠実な税理士を演じながら、裏ではアーチャーとして金融犯罪や投資詐欺に関わり、 オステルベルグの資金洗浄係であったこと。 そしてオステルベルグの金融犯罪の関与を証言し、証人保護プログラムに 入ろうとしていた所を殺害されたのだった。 捜査を進める2人は、アーチャーが所有していたドリームボートというクルーザーを調べる。 ところが、クルーザーに潜伏していた犯人に襲われ、クルーザーは爆破されてしまう。 さらにアーチャーと結婚していたブリジットが、犯人グループに殺害されてしまう。 レベッカはオステルベルグを取材しに行くが、取材中にヘンドリックス警部と連邦警察が、 オステルベルグを逮捕する。 レベッカはネルソンと共に、空き屋となったオステルベルグ邸の捜査をしに行く。 ところが立ち入り禁止の邸内に、ヘンドリックス警部と犯人グループが共に入って来る。 ネルソンは逮捕しようと銃を向けるが、犯人の一人は死んだはずのマイルスことアーチャーであった。 (Wikipediaより)

 

 

 

「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/b408408b9cf00c0ed47003e1e5e84dc2

 

 

コメント

1629.アルペドリーニャの町角

2018-11-19 14:47:21 | ポルトガル淡彩スケッチ

2018年11月19日(月曜日)晴れ時々曇り。18℃~9℃。降水確率45%-59%。湿度94%(7:41)65%(14:43)。南東のち南西の微風。紫外線量2。このところ少し暖かい。窓には結露。パルメラの城は霧の中。コーヒータイムにはサン・フィリッペ城も霧に包まれたが、その後、午後からは快晴。陽射しは焼け付くほどに強い。

ポルトガルの野の花学名(A-Z)もくじ』ブログの目途が付いてきたか?

きょうのニュース』サブローサで悪天候のため5人死亡、家屋建設中か。ベンフィカのEメール問題。タンコス軍基地武器横流し事件は更に複雑。裁判所の公務員ストライキ。セトゥーバルの港湾労働者ストで今なお8000台のクルマが港に留め置かれたまま。アベイロの病院で外科医の不在。ガイアの病院では説明不足問題。ネット料金は値上がり。ガソリン料金は1,5センチモの値下がり。マリオ・センテノ2019年度国家予算は凍結。フランス、シャンゼリゼでガソリン高騰に抗議デモ。カナリアで大波被害。カリフォルニア火災で77人の死亡、1000人が行方不明。ルノー、日産、三菱のゴーン社長が脱税容疑で逮捕。妻に殺害されたトライアスロンのルイス・グロリスさん追悼記念マラソン大会。テニス世界選手権、ドイツの新鋭アレックス・ズベレフがジョコビッチを破り優勝。サッカー、スイスはベルギーに5対2.イングランドはクロアチアに2対1で勝利。

『昨夜の映画』は

ニューオーリンズ・トライアル』(Runaway Jury)2003年。アメリカ映画。128分。監督:ゲイリー・フレダー。銃規制に関係する裁判を軸に陪審員となった男と、裏世界で陪審コンサルタントとして名高い男との駆け引きを描く法廷サスペンス映画。 原作:ジョン・グリシャムの『陪審評決』。原作ではタバコ会社が訴訟の相手であったが、本作では訴訟の相手が銃会社に変更されている。これは『インサイダー』がタバコ会社を題材にしていたためである。 ニューオーリンズで銃乱射事件が起き、犯人は11人を殺害したのち自殺する。この事件で夫を亡くしたセレステはベテラン弁護士・ローア(ダスティン・ホフマン)を雇い、犯行に使われた銃器の製造と販売責任を求めて、銃を製造したヴィックスバーグ社を訴える。ここに全米が注目する銃規制裁判が始まる。 絶対に勝たねばならない被告側のヴィックスバーグ社及び加入する銃協会は、伝説の陪審コンサルタント・フィッチ(ジーン・ハックマン)を雇う。フィッチは最新技術や心理学などありとあらゆる手段を用いて、陪審員の選別から裏工作まで進めていく。一方で、巧みな演技で陪審員に選ばれた男ニック(ジョン・キューザック)は、謎の女マーリー(レイチェル・ワイズ)と組んで内から陪審員の操作を行い、原告と被告に「陪審員、売ります」のメモを送り付ける。 ローアはその正義感の強さから取り合わず、フィッチも取り合わなかった。しかし、どう転ぶかわからない一進一退の裁判、そして工作をことごとく潰されたフィッチは焦り出し、結審の日、マーリーに代金を送り、陪審の買収を願い出る。勝利を確信したフィッチに、前もってニックを調べさせていた部下から、彼らの素性が知らされる。ニックとマーリーの正体は、かつてフィッチが陪審員操作で無理に勝訴させた事件の被害者の知り合いであった。 狼狽するフィッチの不安は的中し、判決では原告が勝訴、ヴィックスバーグ社は敗訴する。絶望しながら裁判所を退場したフィッチの前にニックとマーリーが現れる。2人はフィッチに2度と陪審員操作に関わらないことを要求し、従わない場合には送金の証明書(陪審員操作の証拠)を当局に送ると脅迫する。フィッチはキャリアと名声を全て失い、ニックとマーリーは復讐を果たす。 (Wikipediaより)

 

 

 

「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/b408408b9cf00c0ed47003e1e5e84dc2

 

 

コメント

1628.マルヴァオンの町角

2018-11-18 14:32:12 | ポルトガル淡彩スケッチ

2018年11月18日(日曜日)雨のち曇り。18℃~11℃。降水確率100%。湿度91%(7:56)76%(14:27)。東のち西の微風。紫外線量2。昨夕方より強風。早朝に雨。雨は少ないが寒い一日。

野の花のブログ用サムネイル画像をフォルダに入れ終えたが、途中から旧名が混ざっているのがあることに気が付き、一から見直し作業が必要。

きょうのニュース』闘牛の税収は6%維持、マヌエル・アレグレ元大統領候補。子供の肥満問題。サンタ・マリア・ダ・フェイラの学校で携帯の教室への持ち込み禁止預かり場所設置。トランプアメリカ大統領がカリフォルニア火災視察、死者は76人に。テレサ・メイ首相はイギリスのEU離脱をブリュッセルで説明。ギリシャ対決?アルゼンチン潜水艦不明。ミッキーマウス生誕90年。バターリャ修道院でオペラ。ポウカ・デ・アグイアールでブロア・デ・ミーリョ(トウモロコシの粉パン)祭り。ボルバでビーニャとビーニョ祭り。ボルド・ガストロノミア(漁師料理)祭り。35年目のベジタリアン祭り。フンダオンではキノコ祭り。

『昨夜の映画』は

ニューヨーク・ニューヨーク』(New York, New York)1977年。アメリカ映画。163分。監督:マーティン・スコセッシ。ニューヨークを舞台にしたサックス奏者と歌手のラブ・ストーリー。1945年の対日戦勝記念日のニューヨーク。復員したジミー(ロバート・デ・ニーロ)は、たまたまパーティで出会ったフランシーヌ(ライザ・ミネリ)を強引に口説く。ジミーは文無しで乱暴な性格だったが腕利きのサックス奏者で、明るく優しいフランシーヌも実は歌手だった。二人はビッグバンド・ジャズの楽団に入ってツアーに出るが、短気でプライドが高いジミーの振る舞いによって、二人の関係とそれぞれの運命は変化してゆく。(Wikipediaより)

アリスのままで』(Still Alice)2014年。アメリカ映画。101分。原作:リサ・ジェノヴァの同名小説。監督のリチャード・グラツァーは企画があがった当時、筋萎縮性側索硬化症を悪化させており、ワッシュ・ウェストモアランドのサポートを得て完成させた。言語学者のアリス・ハウランド(ジュリアン・ムーア)は、医師である夫ジョン(アレック・ボールドウィン)と3人の子どもと充実した人生を送っていた。しかし、ある日からアリスには、単語が出てこなくなる、道に迷うなどの症状が出現し始めた。アリスは医師から若年性アルツハイマー病と診断される。アリスと家族の苦悩が始まった。家族:リディア・ハウランド (クリステン・スチュワート):アリスの次女。女優志望。検査しないことを選択。アナ・ハウランド=ジョーンズ (ケイト・ボスワース):アリスの長女。検査でアルツハイマー病遺伝子が発見される。トム・ハウランド (ハンター・パリッシュ):アリスの長男。医大生。チャーリー・ジョーンズ – (シェーン・マクレー):長女アナの夫。(Wikipediaより)

 

 

 

「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/b408408b9cf00c0ed47003e1e5e84dc2

 

 

コメント

1627.一本のオリーヴの木とアランドロアルの城

2018-11-17 14:32:53 | ポルトガル淡彩スケッチ

2018年11月17日(土曜日)曇り一時霧雨。22℃~10℃。降水確率82%-99%。湿度92%(7:59)63%(14:27)。南東のち南の微風。紫外線量2。起床時は温かく感じたものの午後からはかなり冷え込む。沖合に白波。時折強い風も。

淡彩スケッチ』の写真撮影、補正、切り抜き、縮小画像を作りフォルダに挿入。(1631-1640)

きょうのニュース』国際肺癌の日。A8でバス火災、怪我人なし。4月7日のアルコシェッテ、アカデミア襲撃事件の新たな映像。元国防大臣で軍事評論家のロウレイロ・デ・サントスさん(82歳)亡くなる。カリフォルニア火災の死者はさらに増え71人。フランスで高いガソリンに抗議デモ。ジョージ・ジュスス監督のベンフィカ復帰?会見。パルメラでモシュカテル・セトゥーバルとリンゴ、オレンジを使ったガストロノミア(旨いもの祭り)リスボン、シントラ、フィルム・フェスティバル。

『昨夜の映画』は

レディ・ガイ』(The Assignment)2016年。アメリカアクション映画。 95分。脚本・監督:ウォルター・ヒル。性転換手術で男から女にさせられた殺し屋の戦いを描いた異色のアクション映画。主演のミシェル・ロドリゲスは、男性時代の主人公役も特殊メイクを施して演じている。 凄腕の殺し屋フランク・キッチン(ミシェル・ロドリゲス)はある日、マフィアとの銃撃戦で負傷し、意識を失った。 しばらくしてフランクは、見知らぬ安ホテルのベッドで目覚めるが、全身には包帯が巻かれていた。包帯を取り去り、鏡を見たフランクは驚愕する。そこに写っていたのは、まぎれもない女の姿だったからだ。フランクは意識を失っている間に、何者かによって男から女への性転換手術を施されていたのだった。 フランクがベッドの脇に置かれたテープレコーダーを再生すると、女の声で性転換手術はフランクへの復讐を意味するというメッセージが入っていた。その声の主こそ、フランクに性転換手術を施した張本人レイチェル・ジェーン医師(シガニー・ウィーバー)だった。 大切な“もの”を奪われ、女となったフランクは、銃と色気を武器に復讐に立ち上がる。 ラルフ・ガレン医師 (トニー・シャルーブ)オネスト・ジョン (アンソニー・ラパーリア)ジョニー (ケイトリン・ジェラード)(Wikipediaより)

ネバダ・スミス』(Nevada Smith)1966年。アメリカ西部劇映画。131分。監督:ヘンリー・ハサウェイ。白人の父とインディアンの母の間に生まれ、砂漠と山の中を走りまわって育ったマックス(スティーブ・マックイーン)にとって、人生は何一つくったくのない、のん気なものであった。ところがある日、マックスの両親が、3人の殺し屋ジェシ、ビル、トムに殺された。この事件を境にして、マックスの心には、どす黒い怒りと、悲しみが沈殿するようになった。やがて、マックスは、3人の殺し屋に復讐するために、1頭の馬と1挺のライフルをたずさえて、旅立った。そして、とある日。マックスは、町から町へと流れ歩く鉄砲鍛冶屋ジョナス(ブライアン・キース)にめぐり会い、彼から拳銃の扱いかたを習った。―どんな時にも油断してはいけない―というジョナスの言葉は世間知らずのマックスにとって、貴重な教訓であった。やがて、町から町、酒場から酒場へ流れ歩いたマックスは、遂に殺し屋の1人ジェシを見つけ、壮絶な死闘の末、彼を倒した。この闘いでマックスは総身に傷を負ったが、彼を慕うインディアン娘ニーサの手厚い介抱で、身体も次第に回復していった。そうするうちに、マックスは、ルイジアナの刑務所に2人目の殺し屋ビルが服役していることを知り、彼は、わざと強盗をたくらみ保安官に捕まって刑務所に入った。そして、巧みにビルをそそのかして2人は脱獄し、彼らに同情したフランス人の血をひく娘ピラー(スザンヌ・プレシェット)に助けられて逃げのびた。やがて、マックスは素性をあかし、ビルと対決し、ビルを撃ち倒した。5年の月日が流れ、今ではマックスは、お尋ね者の身になっていた。そしてある日、マックスは遂に念願の3人目の殺し屋トムに会いトムの両足を撃ち抜いた。が、今、念願を果たしてみるとマックスの心に宿るのは、復讐を成就した快感ではなく、血なまぐさい生活を続けてきた、自らに対する幻滅でしかなかった。マックスは過去から脱け出すため、銃をすて、かつて彼に、目がさめたらまともな仕事を世話すると約束してくれた、ジョナスを探しに旅立った。彼はその後、ネバダ・スミスと呼ばれるようになった。(Movie Walkerより)

 

 

 

 

「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/b408408b9cf00c0ed47003e1e5e84dc2

 

 

コメント

1626.マルヴァオンの町角

2018-11-16 14:45:30 | ポルトガル淡彩スケッチ

2018年11月16日(金曜日)晴れのち快晴。22℃~9℃。降水確率0%。湿度98%(7:48)61%(14:40)。南東の微風。紫外線量3。夜中には暑くて毛布を剥がす。早朝には朝靄が立ち込め、トロイアが見えない程であったが、午後には晴れたものの全体に靄っぽい。そして温かい日。

スケッチに淡彩を施す。

『きょうのニュース』ブルーノ・カルバーリョ事件がトップ、アルコシェッテのアカデミア攻撃事件など99件にも及ぶ事件。セトゥーバル港湾労働者のストライキで8000台もの自動車が港出荷場に足止め。リスボンのリベルダーデ大通りで合同による大規模デモ。闘牛による税減。BEの副党首マリアナ・モルトアグアさんが住宅問題に言及。グアルダの河川汚染。カリフォルニア大火災で60人死亡更に600人?が行方不明?中米難民のアメリカへの道問題。イギリスのEU離脱問題。環境大臣がガリ―ニャとコンポスタで食料循環を提示。サッカー、ヨーロッパ、クロアチアはスペインに3対2で勝利。

『昨夜の映画』は

ミス・シェパードをお手本に』(The Lady in the Van)2015年。イギリスコメディ映画。 104分。監督:ニコラス・ハイトナー。イギリスの劇作家アラン・ベネットが、自身が体験した出来事を元に作成した舞台劇を、ベネット本人が脚本を務めて映画化。ロンドンのカムデン・タウンはグロスター・クレセント通り23番地に居を構える劇作家のベネットは、壊れかけのバンで寝泊まりするホームレスの老婆ミス・シェパード(マギー・スミス)を気にかけ、周囲の心配をよそに自宅の一角を提供した。 その結果、ミス・シェパードは15年もそこに居ついてしまい、ベネット(アレックス・ジェニングス)は彼女の偏屈さに振り回されつつも、その人生に興味を抱くようになった。他のキャスト:アンダーウッド警官(ジム・ブロードベントヴォーン・ウィリアムズ夫人フランシス・デ・ラ・トゥーア)(Wikipediaより)

ミス・シェパードをお手本に>のあらすじ

1970年、ロンドンのカムデン・タウン。ウェストエンドの劇作家をしているアラン・ベネットは、カムデン・タウンに手頃な物件を見つけ、その家を購入する。引越しの日、アランは“ミス・シェパード”と呼ばれているホームレスの老女に声をかけられる。彼女が寝泊まりしているボロボロのバンが、故障して動かなくなったらしい。彼女は“病気なんだ”とアランに泣きつき、車を押すよう命令する。この町の人々はミス・シェパードを寛容に受け入れており、自宅前の路上に彼女がバンを駐車しても、無理やり追い払うようなことはしない。町の人々は彼女に声をかけ、食べ物を差し入れしたりもする。しかし、ミス・シェパードは非常にプライドが高く気難しい女性で、嫌いなものは受け取らないし、低姿勢で感謝したりもしない。それどころか、気にくわないことがあると、遠慮なく文句を言って、自分の主張を通す。アランは、そんな彼女と町の人々の関係を、興味深く眺める。近所の女性の話によると、ミス・シェパードは元修道女で、戦争中には救急車の運転手をしていたらしい。しかし、彼女は本名や過去を語りたがらないので、誰も彼女について詳しいことは知らなかった。ある日、トイレを我慢できなくなったミス・シェパードが、アランの自宅に駆け込んでくる。彼女は勝手にトイレを使い、さっさと帰っていく。アランは文句も言えず、念入りにトイレ掃除をするのだった。それがきっかけとなり、ミス・シェパードは頻繁にトイレを借りにくるようになる。いつのまにか、アランは彼女の友達ということにされ、彼女の連絡先もアランの自宅になってしまう。アランは非常に迷惑だったが、作家として彼女に惹かれる部分もあり、なんとなく交流を続けていた。そんなある日、アランはミス・シェパードがフランス語を話せることを知る。彼女は、“35年前にフランスへ留学し、音楽を学んだ”と言葉少なに語る。しかし詳しい話は聞かせてくれなかった。ずっと路上駐車してきたミス・シェパードの車に、ついに行政から移動命令が出る。彼女は腹を立てていたが、行政の命令には従うしかない。彼女の存在を受け入れてきた町の人々も、自宅の敷地内に彼女の車を置くことはさすがに嫌がる。ある晩、ミス・シェパードの車に近づく不審な男性を目撃したアランは、自宅の2階から声をかけ、その男を追い払う。その男は、彼女を脅して金を巻き上げているようだった。他にも彼女の車にイタズラをする若者が現れたりし、アランは彼女を放っておけなくなる。そして、数ヶ月のつもりで、彼女の車を自宅前の駐車スペースに置くことを許可する。ミス・シェパードは、“他にもツテはある”と憎まれ口を叩きつつ、古いバンを処分して、寄付された新しいバンをアランの駐車場に停車させる。そして、機嫌よくそこに居座ってしまう。ロンドンへやってきたアランの母親は、ミス・シェパードがこのまま息子の家に転がり込むのではないかと心配し、施設に入れるべきだと文句を言う。母親は、彼女の放つ悪臭も嫌がっていた。安住の地を手に入れたミス・シェパードは、バンを黄色のペンキで塗りつぶし、お気に入りの装飾を施す。アランは呆れつつも、彼女の嬉しそうな笑顔を見ると、“出ていけ”とは言えない。同じ敷地内で暮らすようになり、アランは少しずつミス・シェパードのことがわかってくる。あの晩彼女を脅していた男は、彼女の過去の弱みを握っているらしく、ずっと嫌がらせを続けていた。そして彼女は、レコードをかけると決まって怒り出すのだった。その理由を尋ねると、彼女は修道女の見習いだった頃の話をする。彼女は指導係のシスターにピアノを禁止されたらしい。その話をするとき、彼女はとても悲しそうだった。月日は流れ、高齢になった母親は施設に入る。しかしミス・シェパードは、まだアランの駐車場に居座っており、どこからか三輪自動車まで手に入れてくる。アランは事故が心配で、彼女が三輪自動車を運転することに反対する。彼女はそれに反発し、アランは珍しく感情的になる。アランの中で、彼女と母親の姿が重なっていた。ミス・シェパードは車を運転し、時々どこかへ行ってしまう。彼女は海辺の町へ行き、知り合いらしき男性の家を訪ねていた。しかし、その男性の家には入れてもらえない。ミス・シェパードは車椅子を利用するようになっても、今の生活をやめようとしない。彼女は施設に入ることを極端に嫌がっていた。アランは彼女の意思を尊重し、汚物の後始末までしているというのに、社会福祉士から彼女の扱いについて注意を受ける。アランは非常に腹立たしかったが、社会福祉士はアランを彼女の介護者と認識していた。ミス・シェパードが居着いて15年の歳月が流れ、ついに彼女が福祉施設に行くことを承諾する。彼女は救急車に乗る前、アランに近親者の名前が書かれたメモを渡す。そして、“戻ってくるからね”と告げ、施設へ運ばれていく。アランは、そのメモを頼りに彼女の近親者の家を訪ねてみる。そこはあの海辺の町の家で、ミス・シェパードの弟夫婦が暮らしていた。弟は姉に幾らかの援助はしていたが、妻が偏屈な義理の姉を嫌っているので、家には入れないようにしていた。アランは弟から、ミス・シェパードの過去を聞かせてもらう。ミス・シェパードは、音楽祭でも演奏したことのあるピアニストで、留学先のフランスでは、高名なピアニストに弟子入りして修行を積んでいた。しかし、修道院で“神への忠誠を誓うならピアノをやめろ”と言われ、それに反発したため、修道院を追い出されてしまう。周囲は彼女の頑固さや純粋さを理解できず、彼女を騙して精神病院に入れる。彼女はそこを逃げ出し、ホームレスになったのだった。施設に行ったミス・シェパードは、お風呂で清潔にしてもらい、ピアノの前に座る。彼女は上品な音楽家に戻り、幸せそうにピアノを奏でる。アランは施設へ面会に行くが、彼女は勝手に車へ戻っていた。精神病院で彼女を見たという女にしつこく声をかけられ、施設が嫌になったらしい。花束を買ってきてくれたアランに、彼女は、なぜ自分が音楽を避けるようになったのかを話す。信心深い彼女は、ピアノを弾くのが祈るよりも楽だということに不安を感じ、その気持ちを司祭様に話す。司祭様に、“その弱さから悪魔が入り込む”と言われ、彼女は音楽全般を自ら禁じたのだった。そのことで、彼女はずっと苦しみ続けていた。話し終えると、彼女は遠慮がちに“手を握って、きれいだから”とアランに頼む。アランはしばらく彼女の手を握ってやり、静かにバンの扉を閉める。そして翌朝、社会福祉士が冷たくなった彼女を発見する。アランは、自分が第一発見者でないことが残念だった。ミス・シェパードの葬儀には、彼女を脅していた男も姿を見せる。男は元警察官で、“彼女は逃亡者だ”と話す。彼女が救急車の運転手をしていた時、停止していた車にバイクが猛スピードで突っ込んできて、運転手の若者が死んだ。彼女は当然無実なのだが、自分が若者を死なせたと思い込み、警察を呼ばずに現場を離れてしまう。それで彼女はお尋ね者となり、男はその件で彼女を脅していたのだ。話を聞いたアランは、彼女の波乱万丈の人生に感服する。ミス・シェパードは、今頃自分の無実を知り、大笑いしながら天国へ召されているだろうと、アランは想像する。その後アランは、ミス・シェパードの本を書き上げる。彼女が暮らした場所には、“ミス・シェパード居住の地”という記念のプレートが掲げられていた。(MIHOシネマより)

グランド・ブダペスト・ホテル』(The Grand Budapest Hotel)2014年。ドイツ・アメリカ合作のドラメディ映画。100分。監督・脚本:ウェス・アンダーソン。とある高級ホテルのカリスマ的コンシェルジュである初老の男と若いベルボーイの交友を描いた作品。ヨーロッパ大陸の東端にあるという仮想の国ズブロフカ共和国が物語の舞台であり、歴史的なトピックスがパロディとして登場する。また、時間軸は1932年と1968年、1985年の3つであり(これに冒頭及び最後の「現在」を加えると4つ)、1.33:1、1.85:1、2.35:1の3種類のアスペクト比を使い分けることで入れ子構造を表現している。 本作品は、アンダーソンが脚本を書くに当たって影響を受けた「シュテファン・ツヴァイクの著作」に献辞が捧げられている。 一人の女性が、旧ルッツ墓地を訪れ、ズブロフカの偉大な作家の銅像の前で「グランド・ブダペスト・ホテル」を読み始める。 時は遡り1985年、書斎で作家は語る。「作家とは無から有を生み出すのではなく、作家と知られると自然と物語が集まる」と。彼にとって印象深いのは、1968年、ズブロフカ・アルプス麓の町ネベルスバートにある『グランド・ブダペスト・ホテル』で、とある老紳士から聞いた物語だった。 さらに時は遡り1968年8月、当時いわゆる「作家熱」を患い、静養のため、かつては美しかったのであろうが今は古びてくすんだグランド・ブダペスト・ホテルを訪れた作家(トム・ウィルキンソン)。そこで彼はホテルのオーナーで、移民からこの国一番の富豪になったゼロ・ムスタファ(トニー・レヴォロリと知り合う。ムスタファ氏はオーナーであるにもかかわらず、ホテル最上階の「グスタヴ・スイート」と名づけられた使用人用のシングルに泊まっており、一人客ばかりの滞在客の中で誰よりも深い孤独感を漂わせていた。彼の謎めいた素性に興味を持った作家は、ディナーで彼の昔語りを聞くのであった。 またさらに時は遡り、1932年のグランド・ブダペスト・ホテル。このホテルは所有者が謎とされていたが、名高いコンシェルジュ:グスタヴ・H(レイフ・ファインズのもとに富裕層が多く集まる、誰もが憧れる華やかなホテルとして営業していた。戦乱で故国を追われ、各地のホテルで下働きをしてきたゼロがホテルのベルボーイになったのはこの時期であり、またグスタヴから薫陶を受けていた。そして彼は菓子店メンドルの店員であるアガサ(シアーシャ・ローナンと出会う。彼女は勇気と大胆さを併せ持った女性で、また左頬にはメキシコ型の大きな痣があった。 グスタヴは、行き届いたサービスに加え「裕福だが年老いており、不安げで虚栄心が強く軽薄で(性的に)飢えている金髪の」女性客を満足させることで、顧客から熱烈に支持されていた。その一人であるマダムD(ティルダ・スウィントンはあるとき、「グスタヴと二度と会えない気がする」と不安を口にする。そのご不安は的中し、一ヶ月後の1932年10月19日の新聞にマダムの死亡記事が掲載される。グスタヴはゼロと共に、列車で急いでマダムの居宅のあるルッツへ向かう。その途上、軍の検問があり、移民としての旅券しか持たないゼロは拘束されそうになるが、担当した軍人がグスタヴの知り合いだったため、臨時通行証を発行してもらい事無きを得る。 マダムの邸宅ルッツ城で、グスタヴはマダムの死を悲しむ。邸宅には、マダムの遺産を目当てに大勢の親族が集まっていた。遺言執行人の弁護士コヴァックス(ジェフ・ゴールドブラムは、「基本的な遺言に加え、追加や補足が600通以上に及ぶため、基本的に長男のドミトリー(エイドリアン・ブロディや、その姉妹が相続することになるものの、その他形見分けなどもあり、遺言の執行には時間がかかる」と説明した。また、その中でも最新の遺言として『ホイトル作の名画「少年と林檎」をグスタヴに遺贈する』とあった。ドミトリーはグスタヴが母と肉体関係があったことを罵倒して殴る。ゼロはドミトリーを殴り反撃するが、ゼロもドミトリーの傍らにいた不気味な男、私立探偵を名乗るジョプリング(ウィレム・デフォーに殴られる。グスタヴは「この絵はマダムの所有する美術品の中で唯一価値があるもの」と狂喜し、「少年と林檎」をエゴン・シーレ風の絵画とすり替え、マダムの執事セルジュ(マチュー・アマルリックの協力を得て持ち出す。グスタヴは、「少年と林檎」を処分することにし、ゼロの協力への見返りとして、わずかな手数料と死後自分の財産をすべて遺贈するという契約書を作成する(もっとも彼の財産と言っても詩集の他大したものはないのだが)。 しかし、ホテルに戻ったグスタヴは、マダム「殺害」の容疑で逮捕され、第19犯罪者拘留所に収容されてしまう。全てはドミトリーの陰謀で、彼はジョプリングを使って、次々と関係者を殺害していく。さらに虚偽の重要証言をしたセルジュは失踪した。監視塔の中でも優雅にふるまうグスタヴは、収容所のルートヴィヒ(ハーヴェイ・カイテルらと共に脱獄を計画し、アガサの協力を得て工具を手に入れて脱走する。そして、ホテル・コンシェルジュのネットワーク「鍵の秘密結社」の協力を得てゼロと共に逃亡し、山上の修道院でセルジュと再会する。セルジュは、マダムが殺害された場合のみ有効となる、第2の遺言の存在を告白するが、細部を説明する前にジョプリングに殺害されてしまう。 グスタヴとゼロは、冬季五輪のコースを使ってジョプリングを追跡するが、断崖に追い詰められる。ゼロは隙をついてジョプリングを崖下に突き落とすが、今度は警察に包囲されてしまう。からくも包囲を脱出した二人はアガサと合流し、絵画を手にマルタ島へ逃亡することにした。アガサは、今は軍隊の兵舎として接収されてしまったホテルへ忍び込み、難なく絵画を手にする。しかしドミトリーと鉢合わせ、さらに彼女を心配したグスタブとゼロ、勘違いした軍人たちを交えた銃撃戦となる。窓から脱出しようとしたアガサは転落しかけ、助けに行ったゼロも同じ状況になってしまう。結果、二人とも一命をとりとめ、さらにその時破れた絵画の包装から、ドミトリーたちが廃棄した第2の遺言書の写しが発見された。遺言書を預けられていたセルジュが、「少年と林檎」の包装を頼まれた際に、隠していたのだった。 軍人たちの立ち合いの下開かれた第2の遺言により、不動産(彼女が所有していたグランドブダペストホテルそのものを含む)、証券、美術品など全てのマダムの財産がグスタヴに遺贈されることとなった。かくして遺産を巡る騒動はあっけなく解決し、ホテルは再び優雅さを取り戻し、そしてドミトリーは失踪した。グスタヴ立ち合いの下、ゼロとアガサは結婚式を挙げ、物語は大団円を迎えた。 しかし、平穏な日々も長くは続かなかった。戦争の結果、ファシスト達の電撃戦の前に独立国家としてのズブロフカは消滅した。占領開始から21日目の11月17日、グスタヴと共にルッツへ向かう列車の中、再びゼロは軍の検問で拘束されそうになる。今度は臨時通行証も通用せず、さらにゼロを庇おうとしたグスタヴは拘束され、銃殺刑となった。さらにその後アガサと、ゼロとアガサの息子は、「プロイセン風邪」であっけなく死去した。グスタヴの遺産を継承したゼロは、国一番の大富豪となったものの、1968年時点でズブロフカは共産化の中にあり、ゼロの資産は、この古びたホテルを残し国有化されていた。 かくしてゼロの物語は終わり、作家はその後長くヨーロッパに立ち寄ることなく、ゼロの話を小説として出版した後死去。ルッツ墓地の女性も本を読了した。作家の書いた魅力的なコンシェルジェと、「鍵の秘密結社」の話を讃えるかのように、作家の銅像の台座には、無数の鍵がぶら下げられているのであった。他のキャスト:ミスター・ムスタファ(F・マーリー・エイブラハム) 若き日の作家(ジュード・ロウ)ムッシュ・アイヴァン(ビル・マーレイ)ヘンケルス(エドワード・ノートン)ムッシュ・ジャン(ジェイソン・シュワルツマン)クロチルド(レア・セドゥ)ムッシュ・チャック(オーウェン・ウィルソン)(Wikipediaより)

 

 

 

 

 

「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/b408408b9cf00c0ed47003e1e5e84dc2

 

 

コメント