武本比登志ポルトガルスケッチ&油彩

へたくそ画家・武本比登志のポルトガル淡彩スケッチと油彩

1805. セトゥーバルの町角

2019-08-11 15:19:00 | ポルトガル淡彩スケッチ

2019年8月11日(日曜日)晴れ時々曇りのち快晴。26℃~16℃。降水確率0%。湿度86%(7:45)39%(15:23)。紫外線量9。北西の微風。

第2日曜日なのでピニャル・ノヴォの露店市。ジョアンの食堂で昼食。ソッパx2、エントレメアーダx2、ノンアルコールビールx2、合計=9,80€。スタッフは青色の揃いのTシャツを着ていた。店の名前が書かれていたが忘れた。そして『鶏の炭火焼き専門店』と書かれてあったがきょうは別のものを食べた。隣の大人数テーブル子供連れはフランス語。露店市ですれ違った人もスランス語が目立つ。駐車スペースにもフランスやオランダナンバーのクルマ。露店でメロン2個。白メロン3,3kgx2=5€。陽射しは強かったが爽やかな風が吹き歩き易かった。

帰りにピニャル・ノヴォの『アルディ』で買い物。箱入り赤ワイン1Lt=0,85x2=1,70€。箱入り白ワイン1Lt=0,85x2=1,70€。胡麻菓子200g=1,99€。レモン320gx1,69=0,54€。シメジ150g=1,29€。小葱125g=1,29€。バターピーナッツ200g=0,85€。アーモンドチョコレート200g=1,59€。キャベツ(コラサオン)1,520kgx0,55=0,84€。合計=11,79€。

『昨夜の映画』は

クローサー』(Closer)2004年。アメリカ映画・ラブ・ストーリー。103分。監督:マイク・ニコルズ。世界中でヒットした舞台劇の映画化。原作・脚本:パトリック・マーバー。ロンドン。小説家志望のジャーナリスト、ダン(ジュード・ロウ)は、街の交差点で、ニューヨークから単身で来ていたストリッパーのアリス(ナタリー・ポートマン)と出会う。2人はまもなく同棲を始める。1年半後、アリスをモデルにした小説の出版を控えたダンは、撮影スタジオで出会ったフォトグラファーのアンナ(ジュリア・ロバーツ)に一目惚れ。半年後、ダンのチャット上の悪戯により、アンナと、皮膚科専門の医師ラリー(クライヴ・オーウェン)が出会う。2人は互いに心を通わせ始めた。4ヵ月後、アンナの写真展の会場で4人が出会う。アンナとラリーは結婚を目前に控えていたが、この日を境にアンナはダンとの密会を重ねていくようになる。1年後、アンナとラリーは結婚していたが、微妙なすれ違いが始まっていた。アリスも、ダンがアンナを愛していることに傷つき、ダンの元から姿を消してしまう。3ヵ月後、再びストリッパーとして働いていたアリスと、ラリーが再会。1カ月後、ラリーはアンナとの離婚届にサインする代わりに、最後にもう一度彼女を抱きたいと要求。アンナはその条件を受け入れ、それを知ったダンは傷つく。アンナとダンの愛は終わった。1ヵ月後、ダンはラリーの診療所を訪ねる。そこでダンは、アンナがラリーと正式な離婚手続きを踏んでいなかったことを知らされ、ショックを受ける。そんなダンに、ラリーはアリスの居場所を教えるが、アリスもダンへの愛は消えており、単身ニューヨークへ帰ってしまうのだった。(Wikipediaより)

<クローサー - ネタバレ・内容・結末 | Filmarks映画>

ダーティ・メリー/クレイジー・ラリー』(Dirty Mary,Crazy Larry)1974年。アメリカのカー・アクション映画。93分。監督:ジョン・ハフ。原作はリチャード・ユネキス『追跡―チェイス』。 高級スーパーマーケットから現金を強奪した若者3人組と、それを追う警察とのカー・アクションを描く。 NASCARレーサーのラリー(ピーター・フォンダ)とメカニックのディーク(アダム・ローク)は新しいレース用の車を手に入れるために、ある町のスーパーマーケットから現金を強奪する計画を立てる。 スーパーマーケット店長スタントン(ロディ・マクドウォール)の店から現金を強奪するのにまんまと成功したが、前夜、ラリーが一晩を共にした女メリー(スーザン・ジョージ)が入り込んできて、3人で逃げる羽目になる。警察はヘリコプターに乗ったフランクリン部長(ヴィック・モロー)の指揮のもと、威信をかけて3人を追跡するが、ラリーの巧みなハンドルさばきに翻弄され、警察無線を傍受されていたこともあり、追跡はままならず、フランクリン部長のヘリコプターも燃料切れで追跡から脱落する。しかし、フランクリン部長は無線傍受を逆手に取り、不時着したヘリコプターからパトカーへの虚偽の指示(実際は別の場所を走っているパトカーに、ラリーらの車の行く手を遮る方向に向かうように指示する)でラリーらを追いつめるが、ラリーらはパトカーからの返信内容からトリックを見破る。無線指示では封鎖されているはずの交差点には誰もいなかった。 踏切を抜ければ、完全に警察の追手を振り切ることができる。喜ぶ3人に、唐突に、そしてあっけない結末が訪れる。 (Wikipediaより)

 

 

 

 

「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」1731-

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/36acf48c9a63a21fc3b69a9ec13a11e8

 「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」1601-1730

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/b408408b9cf00c0ed47003e1e5e84dc2

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 1804. アライオロスの城 | トップ | 1806. カステロ・デ・ヴィデ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ポルトガル淡彩スケッチ」カテゴリの最新記事