武本比登志ポルトガルスケッチ&油彩

へたくそ画家・武本比登志のポルトガル淡彩スケッチと油彩

1833. アライオロスの町角

2019-09-08 15:48:44 | ポルトガル淡彩スケッチ

2019年9月8日(日曜日)快晴。33℃~18℃。降水確率0%。湿度64%(7:57)28%(15:24)。紫外線量7。北のち西の微風。

第2日曜日なのでピニャル・ノヴォの露店市。東の入口近くの路上に駐車。丁度12:00だったがジョアンの食堂に空席、すぐに座れる。鶏の炭火焼きx1、ミックスサラダ、アロース、バタータフリット、ノンアルコールビールx2、合計=16€。

露店市では何も買わず歩き回っただけ。猛暑。

帰り、ピニャル・ノヴォの『アルディ』で買い物。ミネラルウオーター6Lt=0,63€。スライスゴーダチーズ400g=1,99€。ナチュラルヨーグルト125gx6=0,99x2=1,98€。フランスキューリ760gx1,49=1,13€。レモン386gx1,69=0,65€。キャベツ(コラサオン)660gx0,99=0,65€。リンゴ(ロイヤル・ガラ)1,086kgx1,69=1,84€。シメジ150g=1,29€。パン(トリゴ・ファティアード)800g=0,99€。地鶏卵10個=1,69€。バナナ1,066kgx1,05=1,12€。合計=13,96€。

ニンジンを切らしているのに買うのを忘れたのに気が付き、帰りモザンビーク通りの『リードゥル』へ。冷凍赤魚465gx5,59=2,60€-0,52。ココア900g=2,69€。トマト1, 004kgx1,59=1,60€。ニンジン1kg=0,75€。日本茄300g=1,49€。板チョコレート200g=0,79€。ピッザ(4クエージョ)390g=1,79€。合計=11,18€。

『昨夜の映画』は

さまよう魂たち』(The Frighteners)1996年。アメリカ・ホラーコメディ映画。110分。監督:ピーター・ジャクソン。かつて不慮の事故で妻を亡くして以来、幽霊と交流できる能力を身につけたフランク・バニスター(マイケル・J・フォックス)。フランクはその能力を使い、3人の幽霊を助手に従えて共謀し、インチキな悪霊払いで日銭を稼ぐ日々を送っていた。一方、女医のルーシー・リンスキー(トリニ・アルバラード)は、かつて連続殺人鬼として恐れられたバートレットの未亡人、パトリシア(ディー・ウォレス)の往診に追われていた。フランクとルーシーの接点は全く無かったのだが、ある日フランクが墓地で営業した帰り道に、リンスキー家の柵を壊してしまったことをきっかけに知り合う。後にルーシーの夫が急死してしまい、二人は更に接近する。 そんな頃、フランクらの住む町で、健康に何ら問題のない住民が突然心臓発作で死んでしまうという不可解な事件が多発していた。ルーシーの夫の死もそれに関係することを知ったフランクは、ある夜不気味な“死神”の姿を目の当たりにする。あろうことか、その事件の犯人であるという疑いをかけられてしまったフランクは、その後も次々と住民の命を奪っていく不気味な死神の正体を探ろうと、神経質なFBI捜査官のダマーズ(ジェフリー・コムズ)の執拗な追跡をかわしながら奮闘し始める。 (Wikipediaより)

デッドフォール』(Tango & Cash)1989年。アメリカ映画。106分。監督:アンドレイ・コンチャロフスキー。 ロサンゼルス市警察でそれぞれ別の分署に所属するレイモンド・タンゴ(シルヴェスター・スタローン)とガブリエル・キャッシュ(カート・ラッセル)は、片やスリーピース・スーツでスマートに、片や強行突破も辞さないファンキーそのもののカジュアルスタイルと、服装も捜査の手法も正反対だが、共に市警No.1を競うライバル同士の麻薬取締担当刑事である。そんなタンゴとキャッシュから散々煮え湯を飲まされた犯罪組織のボスのイブ・ペレ(ジャック・パランス)は、2人を抹殺できないまでも失脚させるべく罠を仕掛け、押収品を横流しする悪徳刑事として、果てにはFBI捜査官殺しにまで仕立て上げた。 こうして投獄されてしまったタンゴとキャッシュは、冤罪であることを知っている刑務所長(ジェフリー・ルイス)に支援されて脱獄し、上司からマスコミの追及を抑えておける猶予期間として与えられた、24時間以内に無実を証明すべく、協力して組織に立ち向かっていく。 “キキ”キャサリン・タンゴ(レイの妹)(テリー・ハッチャー)(Wikipediaより)

 

 

 

 

 

 

「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」1731-

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/36acf48c9a63a21fc3b69a9ec13a11e8

 「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」1601-1730

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/b408408b9cf00c0ed47003e1e5e84dc2

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 1832. セトゥーバルの町角 | トップ | 1834. カステロ・デ・ヴィデ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ポルトガル淡彩スケッチ」カテゴリの最新記事