ポルトガルのえんとつブログ

画家の夫と1990年からポルトガルに住み続け、見たり聞いたり感じたことや旅などのエッセイです。

155. ルアス・フロリーダス

2019-08-01 | エッセイ

 ニュースを見ていたら、アレンテージョ地方のルドンドで7月27日から8月4日まで恒例の祭り「ルアス・フロリーダス」が開催されるという。町の幾つもの通りにテーマを決めて飾りつけをする。全て紙を使って表現する、紙の祭りだ。以前は毎年開催されていたが、最近は2年に一度ということになって、そうなると今年は開催年かどうかわかりにくいので、うっかり見逃すところだった。ニュースを見て、出掛ける気持ちになったのだが、初日の27日の土曜日以外は他に用事があって行けない。天気予報では27日だけ曇り、しかも降水確率90%。でもまさか7月末に雨は降らないだろう。しかもアレンテージョ地方は今年の冬から雨が少なすぎて、溜池やダムの貯水量が危険水域だという。いくら天気予報とはいえ、まさか雨は降ることはないだろう。ということで翌日でかけることにした。

 ところが朝、外を見ると濃い霧が立ち込め、しだいに霧雨が降り始めた。でもいつも霧はしばらくしたら何処かに消えて、そのあと青空が現れて、良い天気になる。しかも3時間ほど走ってスペインとの国境近くまで行く間に、暑い夏日になるだろう。

 でも1時間走っても2時間走っても空はどんよりと厚い雲におおわれて、エヴォラを抜ける頃には霧雨が大粒になり、とうとうワイパーを使うはめになった。ルドンドに到着すると、雨は小やみになったが、歩いている人たちは傘をさしている。私たちも傘を持っていくことにした。真夏の7月末、傘をさすとは?異常気象だ。

 

 飾り付けた作品がこれ以上濡れない様に、スタッフが慌ててビニールで覆いをしている。

スペイン人の観光客が傘をさしてそれを見物。

せっかく作った屋根の日よけも雨にあたって無残。

 

石畳の上にもたくさん落ちている。

 

例年なら猛暑のための日除けで、風に吹かれてかさかさと音をたてて気持ちが良いのだが、今年は異常気象で雨が降り、溶けた染料が私の白い服に点々と染みを着けた。

 

白い紙の花も無残!

 

路上に飾られた花も色が溶け出して、石畳を染めている。

 

教会の前の広場も雨で濡れそぼっている。

 

ずらりと並んだ風車

 

 

 

 扉を開けている妖精たちも濡れない様にすっぽりとビニール袋をかぶせられている。

 

 

仮設のバルの入口にはシマウマ

 

ルドンドの市役所前。立派な噴水からは水がちょろちょろとしか出ていない。冬から雨が少なく、アレンテージョは水不足なのだ。ところが祭りの初日に雨が降ってせっかくの盛り上がりに水を差されたようだ。でもスペイン人観光客が大勢詰めかけて、盛り上がっていた。帰り道、観光客で満席の観光バスが数台すれ違った。夜には舞台でバンドが演奏して、数人の歌手が歌うらしいから、スペイン人もポルトガル人も飲みながら夜中まで歌い踊ることだろう。

 

ポルトガルのえんとつ MUZの部屋 エッセイの本棚へ

 


154. リオ・マイヨールの塩田

2019-07-01 | エッセイ

 

以前、ブサコの森に行った帰りにお昼でも食べようと、高速道を降り、リオ・マイヨールを目指したことがあるが、道に迷ってしまって、行かず仕舞いになっていた。

今回はバターリャに行くのに国道1号線を使った。その途中リオ・マイヨールがあるので、難なく行くことが出来た。

 

だいぶ前から朝食に食べるパンはリオ・マイヨールのどっしりパンを愛用している。でもリオ・マイヨールがどんな町かあるいは村か知らない。地図を見ると周りにポルトデ・モシュやバターリャがある。

スケッチ旅行のついでにリオ・マイヨールに立ち寄ってみた。町なかはあまり魅力的なモチーフはなかったけれど、町の外れにある塩田を示す看板を見つけた。以前、TVのニュースでやっていた塩田だ。道路脇にそれらしきものが見えてきた。

 

 

道路から見下ろすと、10人程の男たちが働いている。川をせき止めたような場所に塩田が広がり、男たちは出来上がった塩をかき集めて三角推の小山を作っている。板の上でさらに水を切っている様子だ。それがあちこちにある。

リオ・マイヨールは海からは30キロも離れた内陸にある。そんなところに何故塩田が?と不思議に思い調べてみると、大昔に海だった場所が地殻変動で海水が地下に閉じ込められているのだという。それを汲み上げて塩田で乾燥させて塩を製造している。何しろ海水の7倍もの濃度があるそうだから、海辺の塩田よりも簡単に塩を製造できるそうだ。

 

 

 

1970年代に私たちは二人で10か月余りの12か国の中南米旅行をして、途中でボリビアのラパスも訪れた。そのラパスの近くにウユニ塩湖があるという。今では観光旅行でかなりの人達が訪れているというが、その当時、わたしたちはウユニ塩湖と言うのはぜんぜん知らなかった。直ぐ近くのラパスに1週間ほどいたのに、今から思うと残念だった。ウユニ塩湖もやはり内陸に閉じ込められて行き場を失った海だったという。

塩田を初めて見たのはポルトガルに来てからだ。ポルトガルには塩田がずいぶんたくさんある。南のアルガルベ地方でも町のすぐそばにあって、その時は電車に乗ってオリャオンの近くを通ると、線路沿いに白い巨大な山があり、それが塩の山だった。セトゥーバルの町外れにも塩田があり、そこには冬になるとフラミンゴの群れがやってくる。

 

 

リオ・マイヨール塩田の道沿いには木造の古びた小屋が立ち並んでいる。たぶん昔の作業場だったのだろう。入り口の柱はオリーブの古木が使われて、今にも崩れ落ちそうな小屋を支えている。なにしろ塩を扱う小屋だから、金属を使うとすぐ錆びてしまう。小屋の戸締りをする鍵も木製だ。立ち並んだ長屋ふうの小屋は今では塩を中心にした土産物屋になっている。私たちが毎朝食べているリオ・マイヨールのどっしりパンを売るパン屋も一軒あった。

 

 

 

 土産物屋の店先に並べられたハーブ塩

 

 どっしりパンを売るパン屋

 

カフェも2軒ほど、郷土料理を出しているレストランが一軒ある。でもまだ昼食には時間が早いので入るのを諦めた。あとで考えたら、メニューは煮込み料理のコジード・ア・ポルトゲーサだったので食べてみたら良かった。リオ・マイヨールの塩田で現地の取れたての塩を使った煮込み料理はどんな味だったのか、気になる。

 

 

お土産に小さな袋詰めの塩を5種類買った。魚料理用と肉料理用、それぞれ塩にハーブが混ぜてあり、食欲をそそる良い香りがする。今夜はキャベツやニンジン、タマネギ、などとベーコン、チョリソ、などの煮込み料理ポルトゲーサにしよう。肉料理用のリオ・マイヨールの塩を使って。

 

ポルトガルのえんとつ MUZの部屋 エッセイの本棚へ

 


153. 転んで、温泉

2019-06-01 | エッセイ

 今年は日本に3か月近く滞在し、その間に2回も転んで顔を打ってしまった。そのせいで前歯が2本折れてしまい、一ヶ月ほど歯医者通い。でも足の骨は幸いなことに骨折しないで済んだ。よほど骨が丈夫と見える。しかし足のむくみや擦り傷がひどいので、温泉に行くことにした。

宮崎市では70歳になると、敬老パスが送られてくる。一乗車100円でかなりの範囲のバス路線を使える。私の生れ故郷都城は宮崎から高速バスで片道一時間、1670円もかかるが、これも100円で乗れる。お陰で墓参りが往復200円ですむ。

都城と宮崎の境にある青井岳は旧道に面した山の中にあり、ここも片道一時間、通常料金1000円だが敬老パスなら100円で行くことができる。宮崎市内を出るとバスはだんだんと田舎の町や村を通り、しだいに山の中に入り込んで行く。川の水は透き通るようになり、時々は浅瀬にクレソンの茂みが見える。どこからか流れ着いて、そこに繁茂しているのだろう。

宮崎市内から乗ったバスは青井岳温泉に行く敬老パスを持ったお客でほとんど満席。途中の村から乗り降りするお客は殆どが老人だが、宮崎市民ではないから宮崎市の敬老パスを持っていない。普通料金で乗って来て、すでに満席だから座ることが出来ない。市や町の財政状況の差で住民サービスの不公平が生まれている。

バスは山桜や藤の花を見ながら、終点の青井岳温泉に到着した。

昔は都城から宮崎に行くときに青井岳超えをしたものだが、温泉には寄ったことがなかった。今回が初めてということだ。建物は新築の様にきれいで、大規模な施設だ。

入ってすぐにレストランがある。昼前だから席が空いている。

温泉に入る前にまず昼食。メニューも種類が豊富だ。注文したのは椎茸の卵とじ丼と天ぷらのセット。地元どれの椎茸でふっくらと肉厚で美味しい。メイン料理といい、小鉢やデザートといい、プロのコックさんが調理しているような見栄えと味だ。

真ん中のホールは地場産業品が並んでいて野菜や果物がかなり安い。

その奥に温泉のチケットの販売機があり、一人420円。それを見せると係の人がスタンプをおしてくれる。8が付く日はスタンプが2倍になるというのでふたつ押してくれた。それで今日はバスが満席に近かったのだ。スタンプカードがいっぱいになると、入浴料が一回無料になるそうだ。

大浴場はまるでリゾートホテルの浴場にそっくりで、ジャグジーやサウナ、歩く温水プール、などと様々な風呂がある。人が多くてのぼせるので、私はそうそうに風呂から上がる。

大広間の休憩室は風呂から上がった人々でいっぱいだ。畳敷きの大広間に横になって眠っている人たちもいる。私は持参したナッツを食べながらゆっくりする。カラスの行水なので帰りのバスまで時間がたっぷりある。ビトシは露天風呂やサウナなどに何度も入ったり、たっぷりと温泉を楽しんでいるから、なかなか休憩室に現れない。かなりの時間が経ってから、ピカピカの頭と顔で現れた。満足しきった様子だ。

帰りのバスは3時。来るときのバスに乗っていた人々がほとんどだ。途中のバス停から小学生たちが乗り込んできた。バスの中は一気に騒がしくなった。でもしばらくして数人ずつ降りて行った。そのバス停には家族がクルマで迎えにきていた。

青井岳温泉から乗った敬老パスのお客たちはほとんどが市内の中心まで乗っていた。そこから他のバスに乗り換えたり、或いは駐輪場に置いてあった自転車に乗って帰って行った。私は自転車に乗っていて転んだので、それ以来恐怖心で乗れなくなって、他のバスに乗り換えて帰宅した。行きは歩いて30分かかったけれど、かえりはバスに乗って10分。自転車だと5分もかからない。やはり自転車に早く乗りたいものだ。

週に2回ほど、約1ヶ月通って顔や足の打ち身傷もすっかり良くなった。青井岳温泉は良く効く温泉だ。

MUZ 2019/06/01

 

ポルトガルのえんとつ MUZの部屋 エッセイの本棚へ


152. 塩の宮殿と鵜

2019-02-01 | エッセイ

アルカサル・ド・サル(塩の宮殿)はサド湾の上流にある町。

昔アラブとキリスト教徒のレコンキスタの軍が激しい戦いをした古戦場だという。

 

塩の宮殿と観光ヨット

 

今では川の周囲に米を栽培する田んぼが広がっている。ここでできる米はわりと味が良いので昔はよく食べていたのだが、包装袋がどんどん変わっていつの間にかどれがどれか分らなくなって買わなくなってしまった。

アルカサル・ド・サルには立派な駅舎があり、濃紺と黄色で塗り分けられていた。昔は南のアルガルベ地方に行く時はいつも電車に乗っていて、この駅に停車するたびに、一度ゆっくり駅舎を見たいと思っていた。

ある時、セトゥーバルからバスに乗って来たことがある。町を歩き回ったあと、川沿いに駅を目指して行く途中、一人の老人と出会って一緒にしばらく歩いた。道端に薄桃色の桜にそっくりな花が咲き始めていて、老人に花の名前をたずねると「アメンドア」と言う。家に帰ってから調べると、それはアーモンドの花だった。やがて工場が見えて来て、老人は「それじゃ」と言いながらそこに入って行った。それは米の製造所だった。その工場からしばらく歩くと、あの駅舎があった。いつも汽車に乗っていたから、プラットフォームの側からしか見ていなかったが、今度は駅舎の正面玄関から入った。濃紺と黄色で塗り分けられた美しい駅舎だった。ところが中は人影が全くない。それどころか切符売り場にも誰もいない。それもそのはずで、切符売り場は列車の到着時間15分前にしか窓口が開かないし、切符も売ってくれない。不便なシステムだった。このごろは自動切符販売機が置いてある駅も出現したが。

その後私たちは自家用車を買って、あちこち出掛ける様になったため、汽車もバスさえも乗る機会がなくなった。その代わり、ポルトガル国内どこでも、思い立ったらすぐに出かけることが可能になった。アルカサル・ド・サルにはたくさんのコウノトリが生息していてそれを見るのも楽しみにたびたび出かける町のひとつで、我が家からは1時間ほどの道のりだ。

 

町のカテドラルにはたくさんのコウノトリ


悠々と大空を飛ぶコウノトリ

 

アルカサル・ド・サルの駅舎はいつの間にかあの派手な色は塗り替えられて全体が白っぽい色になっていた。アルガルベ地方に行くときは国道IC1を走るのだが、アルカサル・ド・サルのサド川に架かる橋を通る時、真下に駅舎が見える。駅舎はもう全く使われていないで、普通列車も貨物列車も停まらない通過駅になっていた。

先日もアレンテージョ地方に行った帰り、アルカサル・ド・サルに立ち寄った。ちょうど昼時だったのでマテ貝の鍋でも食べたいと思ったのだ。マテ貝と米を煮た料理はアルガルベ地方のオリャオンに行った時に必ず立ち寄った食堂がある。夫婦二人でやっている店で、安くて美味しかったが、惜しいことに店じまいをしてしまった。それからはオリャオンに行くこともなくなった。その他の店は観光客に迎合した、高いだけで不味いところがほとんどだったから。

アルカサル・ド・サルのレストランは川沿いに並んでいる。その内の数軒はマテ貝と米を煮込んだ料理「アロス・デ・リンゲラオン」をやっていてここでも名物料理になっている。4時間もかけてオリャオンまで行かなくても1時間のアルカサル・ド・サルで食べられることを後になって知った。しかもマテ貝とエビも入っている豪華なアロス・デ・リンゲラオンである。テラス席で川を眺めながら食事が出来る店だ。料理ができるまで少し時間がかかるので、オリーブの塩漬けを食べながらノンアルコールビールを飲んでいた。

 

アロス・デ・リンゲラオン

 

川の上を黒い大きな鳥が飛んで行く。その後を今度は2羽飛んできた。首を長く伸ばして飛ぶ姿は鵜のようだ。次には数羽。それから次々に増えて10、20羽。みんな同じ方向に飛んでいく。しばらくすると大群で引き返してきて、空高くうねりながら旋回をした。そして川上の方に飛んで行った。

こんなに大群で飛んでいるウの姿は初めて見た。

鵜は私たちの住むセトゥーバルにも居る。セトゥーバルに限らずあちこちで見かける。でもそれは1羽か2羽の単独、或いはせいぜい6~7羽。これだけ20~30羽もまとまって飛んでいる姿は珍しい。

 

川岸の階段で休む鵜

 

鵜は大食漢だと聞いたことがある。と言うことは餌が豊富に必要な訳である。このアルカサル・ド・サルのサド川上流域には豊富に餌があるのだろうか?

小魚、川エビ、マテ貝。

アルカサル・ド・サルの名物は第1に松の実の砂糖菓子。稲作。それにバス停の前で小母さんたちが競って売っている茹でた川エビ、そしてアルカサル・ド・サルのどのレストランのメニューにもなっている、アロス・デ・リンゲラオン(マテ貝のリゾット)。松の実の砂糖菓子は関係がないだろうが、その他の3つ。稲作の栄養によって育まれる川エビとマテ貝、これがこのサド川には豊富にいるのだ。

私たちは時々近くの塩田地帯に出かけるが、そこには様々な野鳥がいて鳴き声が騒がしいほどだ。数種類のカモメやアオサギ、ゴイサギ、コウノトリ、そしてウ(鵜)。

鵜はほとんどの場合、一羽で飛んでくる。首を長く伸ばして、目をきょろりとしながら私たちを見下ろし、「クエー」とひと声鳴きながら飛び去って行く。私たちの動きを偵察されているような感じがいつもする。

アルカサル・ド・サル(塩の宮殿)の鵜の大群はサド川の上空を無言で飛んだ。ひと声も鳴かずに。

MUZ 2019/01/29

 

ポルトガルのえんとつ MUZの部屋 エッセイの本棚へ


098. モウリスカの潮流水車博物館

2019-01-30 | エッセイ

セトゥーバルの町外れ、湿地帯が広がるモウリスカ地区に小さな博物館がある。
ずっと以前にも、2回ほど訪れたことがある。

この博物館は、とても変っている。
サド湾の潮の満ち引きを利用して水車を動かし、その動力で粉引きをしていた水車小屋だった。
それを再現している。

初めて行った時、そんなことは全然知らなかったのだが、係員の説明で、潮の満ち引きを利用したものだと知った。
風を利用して粉を引く風車はポルトガルのあちこちにあるし、小川に架けられた水車もたまに見かけたが、潮の満ち引きを利用した水車は珍しい。
1600年代に造られたそうだ。
身近にある自然の力を動力として利用する、昔からの知恵である。

水門のこちら側に小さな干潟があり、外側のサド湾とは1メートル以上の段差が付いている。
満ち潮になると、サド湾からその干潟に向ってごうごうと勢いよく水が入ってきて、引き潮になると、こんどは反対に干潟からサド湾の方向に水が出て行く。
その潮の流れの力を利用して水車の歯車を動かす仕組みになっている。

博物館の受付には女性が二人いて、入場料が必要だった。
確か3ユーロだったと思う。
私達以外は入場者はいない。
国道からかなり入り込んだ場所にあるので、めったに訪問者は来ないのだろう。
私達も博物館があるとは知らないで、対岸にあるガンビアに飛来するフラミンゴの群れがひょっとしてこちら側から見えるのではないかと、別な動機でモウリスカに来たのだった。

右側の部屋にはかなり大きな粉引きの装置がずらりと並んでいて、壁際には説明のイラストが張ってある。
床の一部がガラス張りになっていて、中から潮の流れが観察できるようになっていた。
左の部屋には塩田などで使う様々な道具が写真のパネルと共に展示してある。
人のめったに来ない小さな博物館である。




先日、久しぶりにモウリスカを訪れた。
以前に比べて周りの様子が変っている。
干潟の縁には立派な木製の手すりができていて、干潟の中ほどに新しい小屋と、小屋までの木製の歩道が作られている。
干潟に集まる野鳥を観察するバードウォッチングの設備。
以前には何もなかったはずだ。

でも博物館のドアはぴったりと閉まっている。
もう開館時間をとっくに過ぎているのに。
ドアには張り紙もなにもない。

博物館の建物は湿地帯に突き出すように建っている。
その脇は簡単な水路で、素朴な桟橋があり、小型の漁船が数隻舫っている。
その中の白いモーターボートを手入れしている漁師風の男に尋ねたところ、博物館はこのごろはほとんど閉まっているが、たぶん土曜日には開くだろうとのこと。
ポルトガルの不況がこんな所にまっさきに現れる。
ほとんどだれも来ない博物館は、人件費も光熱費も自前では払えないだろうし、管轄しているセトゥーバル市も予算が少なくなっているのだろう。

博物館のドアが開く様子もないので、しかたなくバードウォッチング小屋へぶらぶらと歩いて行った。
粘土質の土手には松の板が敷き詰められ、両脇には塩水を好む様々な草がびっしりと生えている。
3センチほどの濃色の赤とんぼが無数に飛び回り、まだ若々しいカマキリが一匹だけ、草むらにしがみついていた。

突然がやがやと賑やかな声が聞こえてきた。
一台のバンから人が次々と降りてくる。
ほとんどが年配の女性達で、それぞれバケツを持ち、麦わら帽子を被り、長靴をはいているようだ。
十数人もいる。
今、引き潮なので、このあたりで貝を採るのだろうか。

彼女達は桟橋の近くに腰掛けているので、近づいていろいろ尋ねた。
今日はポルトガル語をパーフェクトに喋る友人が一緒なので、ラッキーだ。

彼女達が貝掘りを始める様子がないので、今から何をするのかと尋ねると、ここの船に乗って、他の干潟に行くのだという。
「そこに行って、どんな貝を採るの?」
「貝ではなくて、~だよ」
「~て、何?」
「海のミミズですってよ」と友人が通訳してくれる。
「陸のミミズと同じなの?」
「ナウン、ナウン、とんでもない」
と女性達が笑う。
「イスカ、イスカ」
ここで初めて判った。
釣具屋の店先に「ha isuca」と張り紙があるのをよく見かける。
釣りの餌なのだ。

その時、白いボートの持ち主が、足元の泥の中から何かをつまみ出して石の上に置いた。
石の上でうごめいているのは、ゴカイだ。

彼女達はこれを採りに船に乗って行くのだ。

ボートの親父さんが太い腹を揺すりながら、言った。
「ここで採ったイスカは飛行機でフランスやイタリアに運ぶんだよ」

そうしているうちに、さっきのバンがまたやってきて、さらに10人ほどの女性たちが現れた。
腰掛けていた女性達はそれを待っていたのだ。

 





みんなぞろぞろと船に乗り、瞬く間に細長い船は満員になった。
日本製のモーターエンジンが勢いよくうなり、溜まり水のように細い水路を、外の干潟に向けてそろそろと出て行った。
女性達は総勢20人ほどもいるだろうか。
それぞれバケツをしっかりとかかえて、私達に手を振りながら遠ざかって行く。

帰りにはあのバケツにいっぱいのイスカをぶら下げて船から下りてくることだろう。
そのイスカは飛行機に乗ってフランスやイタリアに運ばれ、
釣りの餌となって地中海の魚に食べられる運命だ。

このひと気のないモウリスカの湿地帯に生まれ育ったイスカたちが遠い地中海で餌となるとは、ちょっと感動的だ。
MUZ
2012/09/28

©2012,Mutsuko Takemoto
本ホームページ内に掲載の記事・画像・アニメ・イラスト・写真などは全てオリジナル作品です。
一切の無断転載はご遠慮下さい
Copyright Editions Ilyfunet,All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

(この文は2012年10月号『ポルトガルのえんとつ』に載せた文ですが2019年3月末日で、ジオシティーズが閉鎖になり、サイト『ポルトガルのえんとつ』も見られなくなるとの事ですので、このブログに転載します。)

 

ポルトガルのえんとつ MUZの部屋 エッセイの本棚へ