ポルトガルのえんとつブログ

画家の夫と1990年からポルトガルに住み続け、見たり聞いたり感じたことや旅などのエッセイです。

168. 9月の野の花

2020-10-01 | 風物

9月も末になると気温がかなり下がり、夜は毛布をがっぽり被っている。しかし昼間は天気が良いと気温が上がる。若者たちは、いや老人たちさえも短パンにTシャツ一枚の服装で外を出歩いている。私たちはというと、長袖を着てその上にフード付きのコートを羽織って、マスクと手袋をして買い物に行く。ついでに森に散歩。雨上がりでひょっとして野の花が咲いているかもしれないし、ひょっとしてキノコがむくむくと頭をもたげているかもしれない。

Dittrichia viscosa 

いつもの森に行くと、途中の道端に黄色いディトリキア・ビスコサが一斉に咲いていたが、森の中にはほんの少ししか咲いていない。それに日曜日なので、意外なことに人が行き来している。バイクの男が一台、その後にクルマに乗った老夫婦がやって来て、夫が持参したナタで細い木を伐り始めた。しばらくして伐り取った2本の木をクルマに積んで帰って行った。たぶん森の近くの人だろう。その後、がやがやと話声が聞こえて自転車に乗った数人の男たちが現れた。このごろ自転車ブームで、集団で国道を走っている。このグループも国道10号線からこの森の中に入ってきたのだろう。

森の中は何も咲いていなかった。キノコもまだ早すぎるのだろう。

森の散策を切り上げてスーパーに立ち寄ったら、どこの店も凄い人でごった返していたので、買い物は諦めて家に帰った。

翌日、月曜日なのであまり人は居ないだろうと、カーボに行くことにした。昨日のリベンジだ。カーボの駐車場はクルマが10台ほど止まっている。そこから灯台に行くと、一台のクルマが後ろをついて来た。灯台の下にクルマを停めると、そのクルマも隣に駐車した。中から女性が出て来て、さっさと歩いて行き、すぐに姿が見えなくなった。

以前にネジバナを見た場所に行くと、やっぱり出ていた。でも一本だけ。その付近を探したら、別にもう一本発見した。日本ではネジバナは春に咲くのだが、ポルトガルは秋に咲く。しかもめったに見つからない。

Spiranthes spiralis ネジバナ

 

Dittrichia viscosa 茎や葉に粘性があり、英名はノミヨケの意味がある。

 

Dittrichia viscosa

 

Urginea maritima 重さが2kgにもなる巨大な鱗茎(タマネギのようなもの)をもっている。そのため英語で"sea onion"と呼ばれ、和名も「海のネギ(海葱:かいそう)」となっている。全草が有毒。

 

Atractylis gummifera すっかり枯れてしまった葉の上に花が咲く。直径6センチほどの花、高さ4センチほどだが、茎は全然なく、枯れた葉の上にごろんと咲く。 

 

Medicago marina  花の直径は8ミリほど。草丈は20cmほど。葉は濃い灰緑色で綿毛がある。黒いのは豆のさやが弾けたあと。

 

Limonium normannicum 薄紫色の小さな花をつける。潮風に吹かれて断崖絶壁に生息する。

 

Scilla autumnalis 花の直径は1cm未満。山野の日当たりのよいところに自生。葉は2個根生し、長さ15~25cmの扁平な線形。長い葉が5月位から出て、倒れてしまうが花時にはほとんどなくなってしまう。

 

Scilla autumnalis  8~9月、鱗形は卵球形で黒褐色の外皮に包まれ、ネギのような匂いがする。花茎は高さ20~40cmになり、淡紅紫色の花を総状に多数つける。花の頃に根生葉のあるものとないものがある。

 

Scilla autumnalis 多年草。草丈は10~20㎝程度。地下に球根を持ち、根際から線形葉を出す。葉は開花時期には見られず、開花後に出る。9~10月頃、茎頂に総状花序を出し、径5~10㎜程度で淡紅紫色の花を多数つける。花被片は6個。(GKZ植物事典より)

 

Scilla autumnalis

 

Salsola vermiculata 花の直径は1センチほど。乾燥した塩性地に生育。

 

Daphne gnidium  果実は多汁質の液果で、中に卵形の種子が1個ある。樹皮と果実はときに有毒である。ジンチョウゲ(ダフネ)属はユーラシアと北アフリカに約90種が知られる。(Wikipediaより)

 

岬の野の花は9月末にしては思ったより咲いていた。今から雨が多くなるから秋の花が少しずつ増えていくだろう。 MUZ 2020/10/01

 

 

ポルトガルのえんとつ MUZの部屋 エッセイの本棚へ


167. コロナウイルスの影響で

2020-09-01 | 風物

コロナウィルスの影響で、ポルトガルのコンサートやイベントがことごとく中止になった。その中に祭りも含まれる。

北部のヴィアナ・ド・カステロのロマリア祭もやはり中止になってしまった。この祭りはずいぶん前に2回ほど見たことがあるが、もう一度見に行きたいと思うほどだ。伝統的な民族衣装に身を包んだ美男美女が自分の家に代々伝わるネックレスなどを何重にも首に飾り、ゆっくりと練り歩く。赤や緑や黒の民族衣装に金色が映える。若者たちが力いっぱい叩き鳴らす大太鼓や、ギガンテと呼ばれる2メートルもある張りぼての人形には人が中に入っていて、太鼓に合わせて踊りながら行進する。祭りの最終日には、マリア像を乗せた船が先頭に立ち、漁船を後ろに従えて行進をする。漁師の祭りだ。

セトゥーバルでも漁師の祭りが毎年行われるが、今年は異例で、8月23日にサド湾に漁船の群れが現れた。ざっと見て50隻ほど。いつもの半分ほどだろうか。祭りは「ノッサ・セニョーラ・ダ・トロイア」と言う。今までならマリア像や神父たちが乗った船を先頭に、それを先導する船が花火を打ち上げるのだが、今年は何もなしで、しずしずとトロイア半島に向かって進んで行く。例年ならトロイアの教会にみんなでお参りした後、そのまま泊まり込みで宴会が始まるのだが、今年はコロナ騒ぎでそれどころではなく、水上から拝んだあと町に引き返してきた。

翌日、月曜日の夕方5時にまた多くの漁船が集まり、トロイアの教会に向けていっせいに進み始めた。トロイアに着くと、そこで隊列を整えてビーチ沿いに大西洋に向かって進み、サド湾を出てアラビダ山の麓、ポチーニョまで行き、中腹にあるアラビダ修道院を海上から拝む。そこは昔多くの修道僧が自給自足の生活をしながら、瞑想にふけっていた場所。今は誰もいない無人の修道院だが、漁船団は海上から1時間ほど拝んでから隊列を整えてサド湾の港に帰って来た。

来年はぜひ平常どおりの祭りに戻って欲しい。

 

港に戻って行く漁船団(2020年8月24日、我が家のベランダから撮影)

 

8月末、いったん落ち着き出したコロナウイルスはふたたび勢いをつけ、28日には死者が6人も出た。ニュースでは第二波がきたと騒いでいる。

トロイア半島にあるコンポルタ村でもとうとう発生したようだ。私たちが以前行ったことのある焼き魚のレストランのまわりで発生したようで、店は完全に閉まっていた。その他にも、コンポルタのビーチにある高級レストランやコメの博物館なども閉鎖されていた。トロイアはカジノや高級別荘地などがどんどん増えて、イギリス人やフランス人が住み着き、外国人旅行者なども多い。

南のリゾート地、アルガルベ。ファーロ空港にもぞくぞくとイギリスあたりから旅行者が降り立っている。イギリスは死者が多いから、そこから逃れてくる若者たちや家族連れが真夏の海を求めてやってくる。ファーロ空港ではSEF(移民局)が取り締まり官を増員して、警戒にあたっている。

9月か10月には落ち着くだろうと思っていたが、これではますます感染者が増えそうだ。

日本でもまさかの感染者が急増している。私たちはもう6か月間も自宅待機。そろそろどこかに出かけたいと思っても、どこにも行かれない。MUZ

 

 

ポルトガルのえんとつ MUZの部屋 エッセイの本棚へ

 


166. ヤモどんが天から降って来た

2020-08-01 | 風物

 

ヤモリのヤモどんは時々我が家に姿を現す。今年もベランダにいるのを見つけた。今年のヤモどんは長さ10センチほどで、体つきもドテッとして、背中にはごつごつした甲羅が並んでいる。でもよく見ると、しっぽが無い!

ひょっとして鳥に捕まってしっぽを犠牲にしたのかもしれない。そして我が家のベランダに落ちてきたのかもしれない。

まるでワニにそっくりだ。例年見かけるヤモどんはこんなに野性的ではない。

 

 

 

それにしても動かない。ベランダには水のタンクが置いてあるが、そのタンクと壁の隙間に入り込んでしまった。小さな左手だけが壁に付いている。わりと薄黒い身体だ。

翌日、その場所に姿が見えないから狭いベランダを探し回ったら、いたいた!

昨日と反対側の隅っこにへばりついていた。でも身体の色が白っぽい。昨日は茶色の壁にへばりついていたけれど、今日は白っぽいベージュ色の壁に引っ付いている。身体の色が壁とほとんど同じ色になっている。これはひょっとしてカメレオンの系統か?

いや、カメレオンにしては目が飛び出していない。真っ赤な目で、かなり不気味。

今日のヤモどんは奇妙な姿勢をしている。壁の隅っこにへばりついているが、後ろ脚を踏ん張っておしりをぐいっと上げたままの状態で、じっと動かない。切れたしっぽが再生している最中だろうか。そういえば、しっぽのあった場所に小さな黒い物が見える。それが徐々に伸びてしっぽになるのだろうか。

 

 

ところでポルトガルの武漢ウィルスはなかなか終息しない。感染者は少し減って来たが、感染場所が北からしだいにリスボン周辺に下りて来た。今までとても少なかったアレンテージョ地方がかなり増えてきて、しかも小さな町や村で発生している。閉鎖されていた国境が全国的に開かれて、フランスやベルギーなどに出稼ぎに行っていた人々が夏休みで親の元に帰省していることがかなりの原因ではないだろうか。

南のリゾート地、アルガルベ地方はイギリスからの観光客がどっと押し寄せて、ビーチに群れている。しかも彼らはマスクなしでカフェやレストランに詰めかけている。

今日のニュースでは、スペインのサンチェス首相がスペインのリゾート地に来ようとしているイギリスからの観光客に向けて、「どうぞスペインには来ないでください」と呼びかけていた。ようやく感染者数が収まったスペインに比べて、イギリスは犠牲者がかなり増えているから、これ以上スペインでの感染を発生させたくないのだろう。

ポルトガルでもスペインに見ならって「来ないでください」宣言をした方が良いと思う。

私たちは2月末に日本に一時帰国する予定だったがキャンセルして、それ以来5ヶ月が過ぎようとしている。その間、週に一度ほど買い物に行くぐらいで、じっと家に引き籠り状態。

9月か10月になったら帰国出来るだろうと思っていたら、このところ日本でも感染者がぐんと増えているらしい。これではなかなか帰国できそうにない。

仕方がない。ヤモどんを『ヤモムオドン』と命名し、ペットとして、しばらく楽しもうかと思う今日この頃。MUZ

 

 

ポルトガルのえんとつ MUZの部屋 エッセイの本棚へ


165. 恐竜の足跡と6月の野の花

2020-07-01 | 風物

このところ武漢ウィルスの猛威が少し収まったかと思ったら、南へ移動してきたらしい。以前は北部のポルト周辺の感染者が多かったが、リスボン周辺とテージョ川の谷間で感染者が急激に増えた。テージョ川の谷間は工場地帯で、リスボン周辺からも労働者がバスや電車で通勤している。それに今までほとんど感染者や死者が少なかったアレンテージョ地方やアルガルベでも急に死者が増え始めた。犠牲者は老人ホームや病院の入所者が多い。今まで自宅待機で家に引き籠っていた人々も、気温が30度近くなり、大勢の人々がビーチへ殺到している。我が家から見えるトロイアのビーチも人の姿が多くなった。毎日の死者もかなり減っていたが0人にはならず、昨日は4人に増えた。ポルトガル政府は緊急事態を再び宣言して、また自宅待機の状態になってしまった。

気分転換に野の花を見に行くことになった。いつも行く場所は他の人とほとんど出会わない。手袋をして、マスクをきっちりして出かけた。手前に恐竜の足跡の遺跡がある。2箇所あるので、まず手前の遺跡に。

 

 

恐竜が歩いていた場所はその後の地殻変動で大きく湾曲し、足跡だけが残った。

 

第一の現場。今では周りは住宅地帯に囲まれ、隣は石切り場。

 

足跡は50センチ以上、この岩盤の厚さは数メートルもある。

 

第二の現場。岬の突端には別の恐竜の足跡が残っている。

 

こちらは三本指の足跡。遥かに見下ろす崖下にあるので判りにくいが、巨大な恐竜がいたのは確かだ。

 

断崖の上に咲く エリンギウム・ディラタトゥム Eryngium dilatatum

 

メセムブリアンテムム・ノディフロルム Mesembryanthemum nodiflorum

 

アナガリス・モネリー Anagallis monelli

 

エリンギウム・ディラタトゥム Eryngium dilatatum

山道には恐竜の足跡の標識が所々に建てられている。

 

パレニス・マリティマ Pallenis maritima も潮風を受けこじんまりと咲いている。

 

ベニバナセンブリ Centairium erythraea

 

スコリムス・ヒスパニクス Scolymus hispanicus

 

ケンタウレア・デベアウシ Centaurea debeauxii、 この下の崖に恐竜の足跡があるが、下に降りることはできない。対岸にまわると見えるが恐竜の足跡はどこにあるのか小さくて判りにくい。

 

チコリ Cichorium intybus、大西洋の向こうにはシントラの山並みがうっすらと見える。

 

恐竜の足跡を訪ねて歩くと、6月下旬なのにまだまだ野の花が咲き残っていた。MUZ

 

ポルトガルのえんとつ MUZの部屋 エッセイの本棚へ


164. Covit-19とは言いたくない

2020-06-01 | エッセイ

2020年2月28日に日本に帰国する予定だったが、苦渋の選択で断念した。

 

断崖の岬。大西洋を照らす灯台の足元も花盛り。(2020年5月21日撮影)

 

毎年3月から5月は日本の春を満喫するため帰国するので、ポルトガルには居ない。しかし今年は中国で発生した武漢ウィルスが中国国外へも広がり始めた。日本も桜の季節は大勢の中国人が押しかけて、去年はどこに行っても中国語だらけ。大阪城も難波も北も観光バスで押し寄せてくる。吉野の山でさえもぞろぞろ歩いている。しかも日本政府は大歓迎で武漢から来た観光客もほとんど税関を素通りだ。これでは日本はコロナウイルスが急激に感染を広げるだろう、と帰国を断念して飛行機のチケットをキャンセルした。キャンセル料は5割も取られたが、仕方がない。日本で感染して死ぬよりはずっとましだ。

この際と、3月からさっそく野原に出掛けようと意気込んでいたのだが、中国から今度はイタリアやフランスやスペインなどヨーロッパにもシフトし始めたのだ。ポルトガルも例外ではなく、2度ほど出掛けた後は「フィッカ・エン・カザ」(家にいよう)キャンペーンが始まり、自粛が始まった。国境は閉鎖され、あちこちで警察や軍による検問が行われている。これでは気分的にも実質的にも外に出掛けられない。

1週間に一度、スーパーに買い出しに出かけるだけ。しかもスーパーの外には買い物客の行列ができている。見張りのガードマンが厳しくチェックして店内に入れる人数が制限されている。道路はどこもがらすきの状態。まるでポルトガルの元旦のようで、めったにクルマと出会わない。そしてパトカーのサイレンも町から消えた。

私たちも3月、4月、5月と自宅待機を続けたし、出掛ける時はハンカチで作ったマスクを着けて、薄い手袋をはめ、帽子を被り、サングラスをかけた。これではまるで銀行強盗のようだが仕方がない。5月も半ばを過ぎると、32℃を超える夏日が続いた。自宅待機もそろそろ限界だ~と人々はビーチに集まり始めた。みんなすっかり解放された感じで楽しそうだ。でもドローンの撮影のニュースを見ると、みんなきっちりと2mの間隔を取っている。人間は太陽の光を浴びてビタミンDを吸収し、海に浸かって塩水で殺菌をした方が身体に良い。

私たちはまだ海には出かけないが、誰もいない森の中を歩き、断崖の岬に行き、野の花を写真に収めた。5月の野の花はまだまだ咲き誇り、美しい姿を見せている。

 

 

もうそろそろ終盤、シュンギクの原種とヤグルマギクの1種、ガラクトーシス・トメントーサ Galactites tomentosa(2020年5月21日撮影)

 

今が盛りのベニバナセンブリ Centaurium erythraea(2020年5月21日撮影)

 

大西洋の水平線を見下ろす金魚草。アンティリヌム・キリゲルム Antirrhinum cirrhigerum(2020年5月28日撮影)

 

ポルトガルの固有種、草丈15cmほどで可愛らしい、クラセア・バエチカ・ルジタニカ  Klasea baetica subsp.lusitanica(2020年5月28日撮影)

 

飛燕草。デルフィニウム・ペンタギヌム Delphinium pentagynum(2020年5月28日撮影)

 

こぶし大の巨大なアザミ。キナラ・フュミリス Cynara humilis(2020年5月28日撮影)

 

 ラヴァテラ・クレティカ Lavatera cretica(2020年5月17日撮影)

 

3月にも咲いていたが、5月末でもまだ咲き続けるアナガリス・モネリ Anagalis monellin(2020年5月21日撮影)

 

プリカリア・オドラ Pulicaria odora

5月末の岬はこの花で埋め尽くされていた。(2020年5月28日撮影)

 

エキウム・ジュダエウム Echium judaeum

ヨットが浮かぶ大西洋を見下ろす断崖絶壁に咲く。その断崖には恐竜の足跡も見ることが出来る。(2020年5月28日撮影)

(c)2020 MUZVIT

 

 

ポルトガルのえんとつ MUZの部屋 エッセイの本棚へ