武本比登志ポルトガルスケッチ&油彩

へたくそ画家・武本比登志のポルトガル淡彩スケッチと油彩

1372.モーラの町角

2017-12-31 14:34:25 | ポルトガル淡彩スケッチ

2017年12月31日(日曜日・大晦日)曇り後晴れ一時雨。18℃~8℃。降水確率48%。湿度75%。朝、雲は空一面広がっているものの景色はくっきり。風は強く雲の流れが早い。朝10時には晴れ渡る。

20号15号にメープルス・イエロー・ディープをほんの少し掠れる程度刷毛で塗る。その余り絵の具で別の20号に地塗り。

マティスの生誕日(Henri Matisse 仏 1869-1951)

『きょうのニュース』大統領のマルセロ・ソウザ退院、大統領官邸ではなくカスカイスの自宅に戻る。急に寒くなったためインフルエンザに警戒。保健所は日曜日も3時まで受け付け。イランの値上げによる抗議デモで2人死亡。モザンビークでポルトガル人女性殺害される。国連事務総長グッテーレスが新年の抱負。リスボンとポルトで恒例、サン・シルヴェストレ10キロマラソン、それぞれ1万5千人が参加。

ウクライナのキエフで行われたユーロビジョン・コンテストでポルトガルのサルバドール・ソブラルのデュオが(Amar Pelos Dois)を歌って優勝。ポルトガルとしては初めての快挙。2位にブルガリア、ベルギー、スウェーデンと続く。(これは6月に行われた録画か)

昨夜の映画は、

博士と彼女のセオリー』(The Theory of Everything)2014年。イギリス。124分。監督:ジェームズ・マーシュ。1960年代のケンブリッジ大学で物理学を学んでいたスティーヴン・ホーキングエディ・レッドメイン)は、同じ大学で文学を学んでいるジェーン・ワイルド(フェリシティ・ジョーンズ)と恋に落ちる。スティーヴンは体が次第に自由に動かなくなり、倒れて医者からALSで余命2年とされる。スティーヴンの親も反対したが、二人は結婚する。男児が生まれ、ブラックホールに関する博士論文を教授たちから絶賛されるが、体も不自由になってきて、電動の車椅子を使うようになる。「ビッグバン」に関する発表はバカバカしいと退場する学者もいたが、喝采を送る学者もいた。ジェーンは勧められて教会の聖歌隊に入るが、指導をしているジョナサンがピアノ教師として家庭に入り、妻を亡くして子もいないことから家庭を支援し、父親の代理のように子どもからも慕われる。三人目の子どもが生まれるが、誰の子かと噂されるようになり、立ち聞きしたジョナサンが「君が好きだ」というとジェーンも「私も貴方が」といいながら離れる。スティーヴンが仏ボルドーでのオペラに招待され、子どもたちのキャンプのためにジョナサン(チャーリー・コックス)が呼ばれる。公演の最中に倒れ、死か気管切開かと医者に迫られ、声が出なくなる後者を選択する。「スペリングボード」を使うために有能な看護師エレインを雇い、その後、埋め込みの音声合成器を使うようになる。『ホーキング、宇宙を語る : ビッグバンからブラックホール』が世界的なベストセラーになる。アメリカでの授賞式にエレイン(マキシン・ピーク)を連れていくと突然話したことから、二人は離婚することになり、ジェーンはジョナサンと結婚。エリザベス女王にスティーヴンとジェーンが一緒に招かれ、『宇宙を語る』は「難しいけど売れている本なのね」といわれる。女王の庭で二人は「私たちが作ったものを見て」という。その前で大きくなった子どもたちが遊んでいる。(Wikipediaより)

ツリー・オブ・ライフ』(The Tree of Life)2011年。アメリカ。138分。脚本・監督:テレンス・マリック出演:ブラッド・ピットジェシカ・チャステイン、ハンター・マクラケン、ララミー・エップラー、タイ・シェリダンショーン・ペン

ナイトクローラー』(Nightcrawler)2014年。アメリカ。118分。監督・脚本:ダン・ギルロイ。ロサンゼルスで起こる事故、犯罪や火事をフリーランサーのジャーナリストとして撮影する社会病質者を描いている。工事現場からフェンスを盗んでいたルイス・ブルーム(ジェイク・ジレンホール)は、警備員に見つかるものの、彼を襲い時計とフェンスを盗む。スクラップヤードで盗んだ品の値段を交渉する際に、ブルームは仕事を求めるが、現場監督は泥棒を雇う気はないと告げる。自動車事故の現場を撮影するアマチュアのカメラマンを見たルーは、彼らに触発され、盗んだ自転車と交換したカムコーダーと警察無線受信機を用いて車強盗の襲撃後の現場を撮影し、ローカル局に売り込む。朝のニュース番組の監督であるニーナ(レネ・ルッソ)はルイスが撮影した動画を購入し、撮影を続けるように勧める。彼女は、局が求めている多くの視聴者を得やすい裕福な住宅街での暴行事件の映像を要求する。ルイスはお金が欲しくてたまらない若者リックをアシスタントとして雇う。より刺激的な映像を撮るため、ルイスは遺体を動かすなどの犯罪現場の改ざんを始め、その映像で儲けた金で高い機材と速い車を購入する。競争相手からのビジネスのオファーを断り、その競争相手のバンに手を加える。その後バンは事故を起こし、ルイスはその様子を撮影する。さらに自分の映像がニーナにとって必要不可欠な事を知り、セックスの相手をしないと映像を売らないと脅す。ルイスとリックは高級住宅地であるグラナダ・ヒルズで起こった家宅侵入の現場に警察に先んじて到着した。ルイスは2人組の犯人がSUVに乗って逃走する映像と殺害された被害者の映像を撮影する。ニュース番組のスタッフはその映像は倫理に反すると放送に反対するが、ニーナは必ず放送するといって無視する。映像と引き換えに、ルイスはより多くのお金と、自分の存在を局中に知らせることを要求する。警察はルーを疑い、家宅侵入の映像について尋ねる。彼は犯人の正体の写った部分を削除したテープを提供する。その後、ルイスは自分で犯人の自宅を突き止め、リックとレストランまで車で尾ける。怯えるリックはルイスが儲けるお金を山分けにするか、自分が警察に通報するという。山分けに同意したルイスは警察に武装した容疑者がいると通報し、銃撃戦を撮影するのを待ち構えた。彼はリックを脅して車から降ろし、別の角度から撮影させる。警察がレストランに到着し、銃撃戦が始める。犯人の1人は殺害され、もう1人はSUVで逃走する。ルイスとリックは警察とのカーチェイスを追跡しながら撮影する。追跡の末SUVが横転した後、ルイスはリックに犯人は死んだから近づいて撮影しろと命令する。しかし犯人は生きていて、撮影するリックを車中から撃ち倒して逃走を図る。警察が到着し犯人を射殺する。リックが横になり死にゆく中、ルイスは彼を撮影し、彼に対し「自分が信用できないヤツとは仕事はできない」と言い放つ。ニーナは映像に満足し、ルイスへの信頼を伝える。ニュース番組の制作陣は『家宅侵入』は実は薬物の交渉がまとまらず起こったものだと知るが、ニーナはこの情報を外し事件を最大限の感情的なものにする。警察は映像を押収しようとするが、ニーナは所持する権利があるとし拒否する。警察に取り調べを受けたルーは、犯人が乗っているバンが彼を追跡してきたと話をでっちあげる。警察は嘘だと知りながらも証拠がないため、彼を釈放する。ルイスはバンを2台購入し、インターンを雇い彼のビジネスを広げる。他にリズ・アーメッドビル・パクストン。(Wikipediaより)

 

 

 

 

ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -1 (001-200)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -2 (201-400)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -3 (401-600)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -4 (601-800)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -5(801-1000)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ-6(1001-1200)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ-7(1201-1400)


「武本比登志ポルトガル淡彩スケッチ」のお買い求めは下記より
http://www.village-press.net/?mode=cate&cbid=1940881&csid=1

 

コメント

1371.コンポルタの町角

2017-12-30 14:21:38 | ポルトガル淡彩スケッチ

2017年12月30日(土曜日)霧。17℃~9℃。降水確率0%。湿度91%。風は殆どなし。トロイアやサンフィリッペ城はおろか、水道タンク前のカルチャーセンターですら薄ぼんやりとしか見えない濃霧。午後から霧は晴れるが、どんよりと曇り空。

20号、15号にマダー・レーキ・ディープを刷毛で掠れる程度塗る。別の20号にリードゥルの油彩で地塗り、なかなか面白い。

メルカドにお正月用の鯛でも買いに行こうと思っていたが、霧が深かったので止める。

『きょうのニュース』大統領のマルセロ・ソウザにとっては今夜と大晦日は静かな夜に。年末年始の交通取り締まり強化、特に携帯を掛けながら運転に注意。タバコの南アフリカからの密輸、20万本、4万2000ユーロ分押収。大晦日のテロ警戒、ロンドン、パリ、ベルリン、そしてNY。昨夜ボンフィムスタジアムで行われたベンフィカ対ヴィットリア・セトゥーバルは2対2の引き分け。

昨夜の映画は、

戦火の馬』(War Horse) 2011年。アメリカ。146分。監督:スティーヴン・スピルバーグマイケル・モーパーゴの小説『戦火の馬』、および2007年に初演されたニック・スタフォードによるその戯曲化『ウォー・ホース 〜戦火の馬〜』に基づく映画。イギリス・デヴォンの貧しい小作農の息子として生まれたアルバート・ナラコット(ジェレミー・アーヴァイン)は、近所の牧場で一頭の馬の出産に目を奪われていた。産まれた馬は額に白いダイヤ形の模様があり、四肢に白い靴下をはいたような模様がある元気な茶色のサラブレッドだった。馬の成長を見守りながら、アルバートは何とか手なずけようと努力するが、馬は気性が荒く中々彼に心を開いてくれなかった。そんなある日、父のテッド(ピーター・マラン)は農耕馬を買い付けに街の競売へ出かけた。多くの馬が出品される中、テッドはある馬に心を奪われた。それは額にダイヤ形の白い模様があるあのサラブレッドだった。彼は友人たちが諫めるのも無視して農耕には全く適さないこのサラブレッドを自身の大地主ライオンズ(ロバート・エムズ)と競り合って30ギニーという大金で落札してしまった。農耕馬を買いに行ったはずのテッドがサラブレッドを連れて帰ってきたことに、妻のローズ(エミリー・ワトソン)は烈火の如く怒った。しかしアルバートは大喜びし、きっちりと調教することを条件にローズを何とか説得して飼育することを許してもらった。彼は馬にジョーイと名付け、ネイティブ・アメリカンが馬を呼ぶ時に使うフクロウの鳴き声のような呼び声をジョーイに覚えさせ、愛情を注いでいった。そんな中アルバートはローズから、テッドがかつて騎兵としてボーア戦争に出征し、勲章を授与されつつも心身に傷を負って帰ってきたことを知らされる。しかしナラコット家はライオンズの土地で細々と農業を行う貧しい小作農であり、ジョーイを購入したこともあって、やがて上納金を納めきれない事態となってしまった。上納金の取り立てに来たライオンズに対し、テッドは荒れてとても農作に適さない土地を耕して何とかお金を捻出することを条件に支払いを猶予してもらった。テッドが耕すと言った荒れた土地は慣れた農耕馬でも中々耕し切れないと言われる土地で、それをサラブレッドが耕すことなど到底不可能だと村人たちは嘲笑した。それでも諦めずにアルバートは脚の悪いテッドに替わってジョーイに農具をつけ、土地を耕し始めた。最初は刃が土にかまず全く耕せなかったが、突如降り始めた大雨で土が軟らかくなり、アルバートとジョーイは土地を耕すことに成功した。テッドは早速そこでカブの栽培を始めた。ライオンズへの上納金を支払う目処が立ってナラコット家には笑顔が戻り、アルバートはジョーイをさらに調教して自由に騎乗できるようにまでなった。ところがある日、激しい雷雨が周囲を襲ったことで収穫間際だったカブが全てダメになってしまった。ライオンズへの上納金の支払いは事実上不可能となり、このままでは一家は農地と家を失って追い出されることになってしまう。そこでテッドは、ジョーイを売ることを決意。ジョーイを可愛がるアルバートに黙って街へ行ってしまった。時代は第一次世界大戦が始まり、イギリスも大陸へ軍隊を派遣することになっていた。テッドに連れられて街に来ていたジョーイはイギリス軍のサーベル騎兵部隊に所属するジェームズ・ニコルズ大尉(トム・ヒドルストン)の目にとまり、30ギニーで買い取られることになった。そこへ、ジョーイが売られると悟ったアルバートが駆けつけて、一緒に志願入隊するとまで懇願して何とかジョーイを取り戻そうとする。しかしニコルズ大尉はアルバートがまだ入隊年齢に達していないため、大尉みずからジョーイを大切に扱うこと、戦争が終わったら返しに来ることを約束し、ジョーイを連れて戦地フランスへ渡ることになった。見送るアルバートは、テッドが騎兵時代に使い、ローズが保管していた連隊徽章入り三角旗をジョーイに託すのだった。騎兵部隊には当然様々な軍馬がそろえられており、その中でもジョーイは部隊指揮官ジェイミー・スチュワート少佐(ベネディクト・カンバーバッチ)の黒馬トップソーンと並ぶ名馬であった。突撃演習ではジョーイとトップソーンの2頭だけ群を抜いた速さを見せ、お互いをライバルであり友であると認識するようになった。フランスへ送られた騎兵部隊は、斥候からの情報で近くにドイツ軍部隊が野営していることを知る。兵力はこちらの2倍だったが、騎兵が有利であるとの開戦当初の認識もあり、密かに近づいて騎兵突撃による奇襲をかけることとなった。ジョーイとトップソーンは、それぞれニコルズ大尉とスチュワート少佐を乗せ、ドイツ軍の野営地に乗馬突撃をかけた。抜刀した騎兵部隊による奇襲を受け、ドイツ軍は大混乱に陥ったかに見えたが、彼らは野営地に隣接する森の中にあらかじめ機関銃陣地を構築していた。陣地に逃れたドイツ兵たちはそこに防御線を張って、イギリス軍の騎兵たちを機関銃の集中射撃で壊滅させた。ニコルズ大尉は戦死し、スチュワート少佐は捕虜になり、ジョーイとトップソーンはドイツ軍に捕まった。ドイツ軍ではギュンター(ダフィット・クロス)とミヒャエル(レオナート・カロヴ)という馬の扱いに慣れた若い兄弟が2頭の面倒を見ることとなった。上官に騎乗用の馬は役に立たないので農耕馬以外は射殺しろと命じられたが、ギュンターはジョーイとトップソーンを殺すのは惜しいと考え、負傷兵を乗せる馬車を引かせるために使わせて欲しいと希望して許された。ジョーイがすんなりと馬車を引くことを受け入れたのは、かつてアルバートが荒れた土地を耕すために農具を引かせたことがあったからだった。友であるジョーイが受け入れたことで、トップソーンも馬車引きを受け入れ、2頭は殺されずに済んだ。やがてドイツ軍部隊は前線へ向かうこととなり、馬の扱いが特に上手いギュンターはこの場に残って馬の世話を、弟のミヒャエルは移動を、それぞれ命じられた。ギュンターは兄弟二人で後方に残ろうと企むが、純真なミヒャエルは前線で戦う覚悟はできていると言い張り、行軍の隊列に加わってしまう。しかしギュンターはミヒャエルを絶対に守ることを祖国の母と約束しており、軍から逃げ出すことを決意する。ギュンターはトップソーンに乗り、ジョーイを一緒に連れて部隊を追いかけると、ミヒャエルを隊列から強引に引き出し、ジョーイに乗せて逃げ出した。疲れ切った2人は見つけた風車小屋で休むことにしたが、翌日軍の追っ手に見つかり、敵前逃亡の軍律違反で銃殺刑に処された。一方、軍に見つからずに風車小屋に残されたジョーイとトップソーンは、小屋の持ち主であるジャム農家の少女エミリー(セリーヌ・バケンズ)に発見された。突然2頭の名馬が小屋に現れたことを喜ぶエミリーと、困惑するエミリーの祖父(ニエル・アレストリュプ)。祖父は、持ち主が現れないこと、病弱なエミリーが馬に乗らないことを条件に飼育することを許した。そんなある日、エミリーの家にドイツ兵が食料や日用品の徴発に現れた。ドイツ軍に徴用された農民たちがエミリーの家の畑から農作物を収穫し、兵士が家の中のジャムや食料などを持ち去ったが、ジョーイとトップソーンは2階の寝室に隠されて見つからずに済んだ。やがて祖父はジョーイとトップソーンに対するエミリーの愛情に根負けして、隠してあった馬具を彼女の誕生日にプレゼントした。馬を走らせないことを条件に騎乗を許したが、エミリーはジョーイに跨がるや否や走り出して丘を越えて見えなくなってしまった。エミリーは一向に戻ってこず、トップソーンもジョーイの後を追って走り去ってしまい、祖父は心配になって様子を見に行った。すると丘を越えたところではあのドイツ軍部隊が再び現れ、ジョーイからエミリーを引きずり下ろしている光景が目に入ってきた。祖父は何とかエミリーを救出したが、ジョーイとトップソーンはドイツ軍部隊に連れ去られ、祖父の手にはジョーイの三角旗が残った。新たにジョーイとトップソーンの面倒を見ることになったのはドイツ兵のフリードリヒだった。彼はこの2頭が名馬であることを理解し、上官のブラントが馬を榴弾砲などを引かせるためだけの使い捨てだと考えていることに反発していた。やがて榴弾砲を牽引中に潰れた馬の代わりにトップソーンを連れてくるように命じられたフリードリヒは、トップソーンが膝を痛めていることを理由にやめて欲しいと懇願するが、上官の命令は絶対であるので従わざるを得なかった。すると事態を察したかのようにジョーイが突然榴弾砲の前へ飛び出してきた。まるで自分がトップソーンの代わりに榴弾砲を引くと言っているような様子に、フリードリヒの勧めもあってブラントはジョーイに榴弾砲を引かせることにした。ソンム郊外の陣地まで移動された榴弾砲が砲撃を開始した頃、その砲弾が着弾する地点にはイギリス軍の兵士として前線へ来ていたアルバートの姿があった。彼はジョーイと再会するという希望を捨てず、ジョーイに呼びかけるフクロウの呼び声を発しては周囲に笑われていた。開戦当初と異なり、戦場では機関銃や戦車といった新兵器の大量投入で騎兵は重視されなくなり、両軍兵士は敵の弾幕を避けるために塹壕を掘り進んで戦っていた。ソンムの戦いが始まり、イギリス軍部隊は塹壕を出てドイツ軍陣地へ突撃をかけるよう命じられ、アルバートは同郷の親友アンドリュー・イーストン(マット・ミルン)や、大地主の息子であるデイヴィッド・ライオンズ(デヴィッド・シューリス)と共に塹壕を出た。両軍中間の無人地帯で大勢の将兵が死傷し、デイヴィッドも負傷して倒れたが、アルバートはドイツ軍の機関銃陣地に手榴弾を投げ込んで突破口を切り開き、ドイツ軍の塹壕に入ることに成功した。しかしそこへドイツ軍から化学兵器による攻撃が加えられ、アンドリューはガスマスクをつける間もなく毒ガスに呑みこまれ、アルバートも一時的に視力を失ってしまった。一方ドイツ軍ではジョーイとトップソーンを連れてフリードリヒが前線へ向かって移動していたが、トップソーンは膝の怪我と疲労によってついに死んでしまった。悲しむジョーイとフリードリヒだったが、イギリス軍戦車の襲撃を受けてドイツ軍は退却することになり、フリードリヒは馬は放っておいて逃げろと、他の兵士たちに引きずられてしまう。フリードリヒは大声でジョーイにどこかへ逃げろと叫び、ジョーイはその声に応えて走り出した。銃弾や砲弾が飛び交う無人地帯を一心不乱に走り続けたジョーイは、やがて戦場に張り巡らされた有刺鉄線に絡まって動けなくなってしまった。その様子を見ていたイギリス兵のコリンは、白旗を掲げてジョーイの救出に向かった。するとドイツ軍からもペーターという兵士が有刺鉄線を切るためのカッターを持ってやってきた。コリンとペーターは協力してジョーイを救出し、コイントスでコリンが馬を連れて行くことを決め、お互いと馬の無事を祈りつつそれぞれの陣地へ戻っていった。怪我を負ったジョーイを連れ戻ったコリンは獣医を探すが、すでに戦場から騎兵や馬がいなくなっていたこともあって人間を診る軍医しかいなかった。それでもコリンはジョーイを軍医に診せたところ、軍医は負傷兵を救うだけで手一杯であり、破傷風で助からないから射殺するようフライ軍曹(エディ・マーサン)に命じてしまった。そこへ「戦場の中間地点で見つかった奇跡の馬」の噂を聞きつけたアルバートがフクロウの呼び声を上げて現れた。彼は一時的に視力を失って目に包帯を巻いていたが、噂の馬がジョーイであることを確信していたのである。呼び声を聞いたジョーイはすぐにアルバートの元へ駆け寄った。アルバートは軍医にジョーイが自分の馬であることを訴え、その証拠に額の白いダイヤ形の模様と四肢の白い靴下の模様があるはずだと言った。しかしそのような模様は無かったので呆れた軍医は再び射殺を命じようとしたが、様子を見ていたコリンが馬は泥に汚れているので模様が見えないだけだと言って泥をぬぐったところ、アルバートの言う通りの模様が見つかった。軍医はジョーイにできるだけの治療をすることをアルバートに約束した。やがて怪我が治ったアルバートやジョーイのもとに、戦争が終わってイギリスが勝利したことが伝えられた。ようやくジョーイを連れて故郷に帰れると安心したアルバートだったが、無情にも上官から将校の馬以外はフランス現地で競売にかけられる旨を通達されてしまった。フライ軍曹はそれに怒って上官に掛け合ったが聞き入れられなかった。ジョーイを連れて帰ることを諦めかけていたアルバートだったが、奇跡の馬の話を知っている兵士や下士官、将校たちがアルバートのために29ポンドをカンパしてくれた。これでジョーイを買い戻せというのである。騎乗用の馬は人気が無く、競売の参加者は農耕馬が目当てなので落札できるだろうと思われた。しかし競売が始まると、100ポンド、1000ポンドの大金を出してでも落札するという老人が現れた。エミリーの祖父だった。戦争でエミリーは既に犠牲となり、奇跡の馬の噂を聞きつけて孫のよすがとして馬を買い戻そうとやってきたのである。思わぬ横やりにアルバートはジョーイの落札を諦め、エミリーの祖父にジョーイを託そうと考えた。しかし別れがたい素振りを見せるジョーイの姿を見て、また祖父が取っておいたジョーイの三角旗がアルバートの父親のものだと知り、エミリーの祖父は、ジョーイをアルバートに返すことを決意した。(Wikipediaより)

ステップ・アップ3』(Step Up 3D)2010年。アメリカ。107分。監督:ジョン・チュウ。ブレイクダンスの映画。2006年の映画「ステップ・アップ」の3作目の続編。出演:リック・マランブリシャーニ・ヴィンソンアダム・G・セヴァーニアリソン・ストーナー甲田真理。(Wikipediaより)

インポッシブル』(Lo Imposible)2012年。スペイン。英語。113分。監督:J・A・バヨナセルヒオ・G・サンチェス脚本。2004年のスマトラ島沖地震による津波に巻き込まれたスペイン人一家の実話を基にしている。ナオミ・ワッツユアン・マクレガーが出演。(Wikipediaより)

 

 

 

ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -1 (001-200)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -2 (201-400)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -3 (401-600)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -4 (601-800)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -5(801-1000)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ-6(1001-1200)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ-7(1201-1400)


「武本比登志ポルトガル淡彩スケッチ」のお買い求めは下記より
http://www.village-press.net/?mode=cate&cbid=1940881&csid=1

 

コメント

1370.モーラの町角

2017-12-29 14:46:25 | ポルトガル淡彩スケッチ

2017年12月29日(金曜日)曇り時々晴れ一時霧雨。19℃~12℃。湿度87%。降水確率2%。西微風。朝焼けで東の空が茜色。太陽は全く顔を見せず、洗濯をしたのにも拘わらず霧雨が降りだす。後晴れ間も。

20号と15号にチタニウム・ホワイトとロー・シェンナを刷毛で塗る。新たに20号3枚の地塗り。

大統領閣下』著:ミゲル=アンヘル・アストゥリアス(グアテマラ1899-1974)。訳:鼓直/木村栄一。読了。

『きょうのニュース』大統領マルセロ・ソウザのヘルニア手術の様子。リオ・アベのサッカーくじ不正問題。アルマダで路線バス事故、11人怪我。IP3トンデーラで事故52歳の男性死亡、10人怪我。NYブロンクスで住宅火災、12人死亡。インドのムンバイでも火災、15人死亡。ポルトの公共交通機関など値上げラッシュ、リスボンの橋、スクットも値上げ、バスコ・ダ・ガマ橋は普通車2,75から2,80€に。ポルトガル人は塩分、糖分の摂りすぎ。クリスマス遊園地、バルセロナのフェラーリランド。ロナウドとジダン、ドバイで受賞。今夜からテレイロ・ド・パソで年またぎコンサート。ボブ・ディランがリスボンで3月22日、コンサート。

知人からのメール、最近の若者言葉で、マクドナルドで食べることを「マクる」。お茶漬けを食べることを「茶ずる」と言うらしい。1年程前、セトゥーバルの我が家の近くにもマクドナルドがオープンし、いつもその前は通るが、その都度お客は多い。ポルトガルでは『マクる』などとは言わないが、当初は夜中の2時までの営業だったのが、今では24時間営業。マクる人口は増える一方の様だ。セトゥーバルだけでも数軒あり、その他にバーガー・キングなども参入している。今夜は軽くお茶漬けにでもしようかと思っていたが「茶ずる」では後をひき悪夢を見そうだ。

昨夜の映画は、デンゼル・ワシントンの2本。

ザ・ウォーカー』(The Book of Eli)2010年。アメリカ。118分。最終戦争によって国家も文明も滅びた世界を旅する男イーライ(デンゼル・ワシントン)。彼は、30年間もアメリカを西に歩き続けている。目的地は何処なのか、彼にもわからない。ただ、「本(聖書)を西へ運べ」という心の声に導かれるままに歩き続ける。一方、とある本(聖書)を探し続ける独裁者の男カーネギー(ゲイリー・オールドマン)。彼は、旧来の秩序さえもが滅びたことを良いことに理想の町を作ろうと企てていた。そして、イーライはカーネギーが仕切る町に立ち寄る。カーネギーは探していた本をイーライが持っていることに気づき奪おうと企てる。他にミラ・クニスジェニファー・ビールスレイ・スティーヴンソンマイケル・ガンボン

タイタンズを忘れない』(Remember The Titans)2000年。アメリカ。113分。監督:ボアズ・イェーキン。アメリカ国内で人種間の緊張が最も高かった時代、ヴァージニア州アレクサンドリアの州立高校で黒人と白人の混成アメリカンフットボールチーム・タイタンズが設立され、州のチャンピオンシップで勝利したことを元にした実話の映画。物語は、人種差別が強く根付く1971年に、ヴァージニア州アレクサンドリアの州立T.C.ウィリアムズ高校に黒人ハーマン・ブーン(デンゼル・ワシントン)がアシスタント・ヘッドコーチとして雇われ迎え入れられ、白人と黒人の混合チームが生まれる所から始まる。当初ブーンは白人ヘッドコーチのビル・ヨースト(ウィル・パットン)のアシスタントとして雇われたが、「全人種が平等に扱われなければならない」と言うアファーマティブ・アクション法の施行と世論の動きに後押しされた教育委員会はヨーストを降格させ、ブーンをヘッドコーチに就任させる事を決定した。その通達を聞いた両人はそれぞれ難色を示した。何故なら、下手に白人の上に立つような真似をすれば人種差別主義者に狙われる事をブーンは知っており、そしてヨーストもまた州立高校よりはるかに高額の報酬で雇ってくれる大学のアメフトチームが彼に打診してきたからだ。だが、ブーンは近所に住む黒人達から私たちの誇りと才能を示すためにコーチになってくれと頼まれ、そしてまたビル自身も生徒の保護者達から自分の子供を黒人コーチの下に置きたくない、と言う声に後押しされてそれぞれが教育委員会の通達に従った。最初はお互いの未知から来る恐怖に支配されて、白人黒人共に歩み寄ろうともせずいがみ合ってばかりいた。あるとき街を離れ、ゲティスバーグで合宿を行った。合宿でもケンカが絶えず、チームとして機能しない日々であったが、ブーンは白人黒人お互いに全員と話をすることを強制させ、さもないと1日の練習を4回にすると言い出した。渋々従う選手達、そして、ブーンはゲティスバーグは南北戦争決戦地で「お互いわかり合えなければ私たちもここで終わりだ」と説いた。そんなブーンの声が届き、選手達は徐々にお互いに心を開き始める。そしてカリフォルニアからの編入生ロニー・’’サンシャイン’’・バース(キップ・パルデュー)を迎え彼の肌の色にとらわれない態度も次第にチームメイト達を一つにしていった。合宿で一つになったタイタンズであったが、いざ学校に帰ってみると街には相変わらず人種差別が渦巻いていた。またバラバラになりかける選手達であったが、リーダー格のゲーリー(ライアン・ハースト)やジュリアス(ウッド・ハリス)は「コーチに頼りっきりじゃだめだ。もう一度一つになろう」と、試合前のウォーミングアップを自分達でダンスをすることを提案する。自分達の結束を強固なものにしていくタイタンズは州の大会で順調に連勝していった。途中ブーンは同僚の黒人教師から教育委員会は「もし一回でも負ければ君をクビにする意向だ」と聞かされたが気負わず指導を続けた。またヨーストも高校殿堂入り投票委員会から「次の試合は負けが決まっていてそこでブーンは終わり、君が殿堂入りだ。」と八百長の事実を知らされる。案の定、次の試合、明らかに不利な判定が続いたが、ヨーストは審判に「本当のことをばらす」と八百長をやめさせ、試合に逆転勝利する。しかし、試合後、委員会から「君の殿堂入りはなくなった」と告げられるも、ヨーストは自身の殿堂入りよりチームの勝利を選んだ。その後も強豪校を倒し、ついに決勝戦に駒を進めた。映画では最後、ブーンやヨースト、タイタンズの選手達がその後どんな道を歩んだのかが書かれている。作品途中に出てくる一枚のポスター。それは1968年メキシコシティオリンピックのものであり、表彰台に上る選手が人種差別に抗議している様子を描いたものである。アメリカの2人の選手はうつむいて国旗である星条旗から目をそらし、拳を突き上げ、ポスター左手の銀メダリストを含む彼ら3人は左胸に人権を求めるオリンピック・プロジェクト(Olympic Project for Human Rights、略称:OPHR)をつけている。ブラックパワー・サリュート(Black Power salute)として有名。他にイーサン・サプリーヘイデン・パネッティーアニコール・アリ・パーカーケイト・ボスワースライアン・ゴズリング。(Wikipediaより)

 

 

ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -1 (001-200)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -2 (201-400)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -3 (401-600)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -4 (601-800)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -5(801-1000)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ-6(1001-1200)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ-7(1201-1400)


「武本比登志ポルトガル淡彩スケッチ」のお買い求めは下記より
http://www.village-press.net/?mode=cate&cbid=1940881&csid=1

 

コメント

1369.モーラの町角

2017-12-28 14:47:04 | ポルトガル淡彩スケッチ

2017年12月28日(木曜日)曇り時々晴れ一時霧雨。18℃~13℃。降水確率28%。部屋は陽が照らないため、最低気温はそれ程低くはないものの底冷えがし寒い。

20号15号にチタニウム・ホワイトとロー・シェンナ、バーント・シェンナ、それにディープ・ローズを刷毛で塗る。

『きょうのニュース』リオ・アベのサッカーくじ不正問題?。PSDの党首選挙、ルイ・リオとサンタナ・ロペスが泥試合の様相、1月13日に投票。クリスマス特別交通警戒1月2日まで。お菓子やファーストフードの食べ過ぎの健康被害。大統領マルセロ・ソウザがヘルニアの手術、1月1日まで公務キャンセル。ヨーロッパ北部で悪天候、モスクワでマイナス17度、ロンドンの空港閉鎖など影響。アメリカでも大雪。マデイラに巨大豪華客船集結。パリ郊外の遊園地、フテューロ・スコープのクリスマスレポート。マドンナがリスボンをテーマにしたビデオ公開。

昨夜の映画は、

10日間で彼女の心をうばう方法』(Management) 2008年。アメリカ。94分。監督:スティーブン・ベルバー。セールスウーマン(ジェニファー・アニストン)がビジネスの旅の途中で出会った冴えない青年ホテル・マネージャー(スティーヴ・ザーン)からひと目ボレされて、一度だけ関係を持った。なんとか彼から逃れようとするが、彼は恋してしまい、何としても彼女のハートを射止めようと、なりふり構わず奮闘する姿とその恋の行方を描いたロマンティック・コメディ。他にウディ・ハレルソン

ラスベガスをぶっつぶせ』(21)2008年。アメリカ。122分。監督:ロバート・ルケティック。原題の「21」はブラックジャックの別名。ラスベガスで実際に起きた、ブラックジャックのカードカウンティング事件を題材としたベン・メズリックの小説『ラス・ヴェガスをブッつぶせ!』(Bringing Down the House, 2003年)の映画化。MITブラックジャック・チームが描かれており、このチームはマサチューセッツ工科大学などの学生や卒業生で構成され、ブラックジャックのカードカウンティングをするチームである。モデルとなったジェフ・マーも端役で出演している。「チキン・ディナー」(バカ勝ち)とはビニオンズ(Binion's)の中国人ディーラーが言い始めた言葉で、「あの夜 僕はそれを14回も聞いた」という。「カウント」は違法ではないが、特別な才能が必要だという。彼は64万ドルも稼いだという。21歳のベン(ジム・スタージェス)は医科大進学で授業料と生活費で30万ドルかかるので奨学金が必要だが、調査官から「何か感嘆するものがなければ」と言われる。変数変換を使えばいいと数学の授業で答えたことから、教授(ケヴィン・スペイシー)に誘われた会でブラックジャックはギャンブルのなかではディーラーよりもプレーヤーのほうが有利である数少ないゲームであることが数学の確率論によって証明されている。これを前提にMITの数学の学生がラスベガスのカジノに乗り込み、ブラックジャックで一山当てようと企む。最初、ベンは断ったのだが、仲間に入り、順調な滑り出しを見せる。母親には奨学金がもらえたとウソをつき、平凡な学生とギャンブルの二重生活が始まる。カジノを管理するコール(ローレンス・フィッシュバーン)たちはベンに目をつけ始め、仲間のサインを見抜く。仲間割れ、友人たちとの不和、恋人ジル(ケイト・ボスワース)との間に生じた心のズレなど、暗雲漂う中、ラスベガスに向かい、ついに追いつめられる…。他にアーロン・ヨー。(Wikipediaより)

ミニミニ大作戦』(The Italian Job)2003年。アメリカ。111分。監督:F・ゲイリー・グレイ。1969年製作の同名のイギリス映画のリメイク版。ヴェネツィアにある最新型金庫の中に50億ドルの金塊、総重量約1トン。これを手に入れるため、チャーリー(マーク・ウォールバーグ)は計画を立て、多くのプロフェッショナルを集めた。だがそのうちの一人、スティーヴ(エドワード・ノートン)の裏切りで金塊は奪われ、その上チャーリーが父のように慕っていたジョン(ドナルド・サザーランド)の命まで奪い去った。その一年後、ロサンゼルスでチャーリーたちは、ジョンの娘で錠前屋のステラ(シャーリーズ・セロン)を金庫破り担当とし、金塊の再奪取を計画。この計画には、とある事情から3台のニューミニ(クーパーS:1台、クーパー:2台)が重要な役割を果すことになった。他にセス・グリーンモス・デフフランキー・G。(Wikipediaより)

 

ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -1 (001-200)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -2 (201-400)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -3 (401-600)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -4 (601-800)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -5(801-1000)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ-6(1001-1200)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ-7(1201-1400)


「武本比登志ポルトガル淡彩スケッチ」のお買い求めは下記より
http://www.village-press.net/?mode=cate&cbid=1940881&csid=1

 

コメント

1368.モーラの町角

2017-12-27 14:51:34 | ポルトガル淡彩スケッチ

2017年12月27日(水曜日)曇り時々晴れ一時霧雨。17℃~12℃。降水確率76%。夜に雨が降ったらしく水道タンクの上や道、そして我が家のベランダも濡れている。日の出は見られない。太陽が顔を出すのは10時から。雲が多いものの切れ目から青空やレンブラント光も見られる。午後からは時折霧雨。

20号15号にバーント・アンバーを塗る。

アヌンシアーダ郵便局へ、郵便局の前の横断歩道で警察官が交通取り締まり。路上駐車するのに少々緊張。郵便局は空いていた。二人目番号札は顔なじみのおばさん局員の列に、挨拶。郵便物を受け取る。熱海のTNさんから今年もカレンダーを送っていただく。今回は今までより大判。

帰りコンチネンテで買い物。米1kg0,72x6=4,32€。コーヒー豆250g1,79x2=3,58€。100%アップルジュース1,5L=0,99x3=2,97€。箱パック赤ワイン1L=0,84x2=1,69€。牛乳メイオゴルド1L=0,49x6=2,94€。卵L玉x6=0,99€。リンゴ(ゴールデン)1,075kg=1,60€。バナナ1,098kg=1,15€。レモン3個0,350kg=0,66€。柿1,344kg=2,68€。パクチョイ450g=1,99€。カウントダウン用エスプマンテ75cl=1,89€。合計=26,45€。前回分値引き-5€。支払い=21,45€。

『きょうのニュース』クリスマス時期の交通事故で5人死亡。ポルトガル北部地方で悪天候被害。エストレラ山では再び積雪、一時通行止め。ポルトの下町高級レストランで火災。鉱夫のストライキ。コインブラの学校では3か月も教室が使えない、それに対する父兄の抗議。貧しい人へのクリスマス晩餐会で大統領マルセロ・ソウザが自らボーロ・デ・レイを切り分ける。そのマルセロ・ソウザがヴィラ・フロールのキノコ工場視察、自ら切って生キノコを試食。米元大統領オバマと英ヘンリー王子が対談。アルデイア・ヴィソーザで教会の鐘楼から栗を撒く伝統行事。バルセロナのクリスマス遊園地。

昨夜の映画は、

ミッドナイト・ガイズ』(Stand Up Guys)2013年。アメリカ。95分。監督:フィッシャー・スティーヴンス。28年の刑期を終えて出所したギャングのヴァレンタイン(アル・パチーノ)を、仕事仲間だった親友のドク(クリストファー・ウォーケン)が刑務所まで迎えに行く。2人は再会を喜ぶが、ドクは組織のボス(マーク・マーゴリス)から翌朝の10時までにヴァレンタインを殺すよう命令されていた。親友を手にかけることができないドクは、そのことをヴァレンタインに打ち明ける。2人は現実から逃れるように、スポーツカーを盗み、3人目の仲間ハーシュ(アラン・アーキン)も老人ホームから連れ出し、夜のロサンゼルスで警察とのカーチェイスに興じるが、盗んだ車のトランクには女が隠されていた。その女の味方になり人助けをしたりもしたが、ドクが命じられたヴァレンタイン暗殺までの刻限が迫り……。

セブンティーン・アゲイン』(17 Again)2009年。アメリカ。102分。監督:バー・スティアーズ。コメディ映画。負け組みとして人生を甘んじて受け入れていた30代の男が、バスケットボールのスター選手だった17歳のころの姿に戻って人生をやり直そうと奮起する姿を描く。1989年、17歳のマイク・オドネル(ザック・エフロン)はバスケットボールのスター選手。次の試合を見に来るスカウトに認められれば奨学金で大学に行けることになっていた。運命を決める大事な試合を前にノリノリのマイク。そこに恋人のスカーレット(レスリー・マン)が現れる。 いつもと様子の違うスカーレットを不審に思ったマイクが問いつめると、彼女は妊娠しているという。試合どころでなくなったマイクは試合の途中で退場、スカーレットと赤ん坊を選ぶのだった。そして現在。妻スカーレットに追い出され、子供たちにも無視されている30歳代のマイク(マシュー・ペリー)は親友ネッド(トーマス・レノン)の家に居候している。最悪な状況だが、昇進に一縷の望みを掛けるマイク。しかし、マイクの昇進は見送られ、上司に反発したマイクはクビに。傷心のマイクはかつての栄光の記憶が残る出身高校に向かう。そこで自分のことを知っているという謎めいた用務員の老人に出会ったマイクは、高校時代からやり直したいとこぼす。そんなマイクに老人は含みのある笑顔を見せる。その夜、マイクは用務員の老人が橋の欄干から飛び込むところを目撃する。慌てて橋の下を覗いたマイクは不思議な渦巻きに引き込まれるように落ちてしまう。翌朝、ドロドロになりながらネッドの家に戻ったマイクは、自分が17歳当時の姿に戻っていることに気付く。戸惑いながらも、見た目だけでなく、肉体的にも17歳当時の若さを取り戻していることに歓喜するマイク。これは高校時代からやり直せるチャンスだと思ったマイクは、ネッドに父親のフリをさせ、マークという名前で高校に編入する。イマドキの高校生にジェネレーションギャップを感じつつも高校生活を満喫するマイク。しかし、息子アレックス(スターリング・ナイト)がいじめに遭っていることや娘マギー(ミシェル・トラクテンバーグ)が悪い男に引っかかっていることを知ったマイクは、一念発起。アレックスにバスケを教え、マギーの目を覚まさせようと奮闘することに。一方、アレックスの親友として頻繁に家にやってくるマークに、スカーレットは若い頃のマイクを感じ、不思議な気持ちになる。(Wikipediaより)

 

 

 

ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -1 (001-200)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -2 (201-400)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -3 (401-600)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -4 (601-800)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -5(801-1000)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ-6(1001-1200)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ-7(1201-1400)


「武本比登志ポルトガル淡彩スケッチ」のお買い求めは下記より
http://www.village-press.net/?mode=cate&cbid=1940881&csid=1

 

コメント

1367.アルペドリーニャの町角

2017-12-26 14:44:46 | ポルトガル淡彩スケッチ

2017年12月26日(火曜日)曇り時々薄日。17℃~6℃。降水確率31%。昨夜には雨が降ったが、明けてからは降らない。底冷えがする。

20号、15号にマダー・レーキ・ディープとバーント・アンバーを塗る。淡彩スケッチの撮影、(1381-1400)。

ユトリロの生誕日 (Maurice Utrillo 仏 1883-1955)

土曜日に郵便の不在票が入っていて、土曜日に行ったが休み。クリスマスは休みなので今朝行ってみたがやはり休み。明日からとの張り紙。又、明日行く必要がある。明日までに行かなければ荷物(たぶんカレンダー)は日本まで送り返される。

その帰りリードゥルで買い物。蜂蜜ピーナッツ200g4x1,39=5,56-2,00=3,56€。玉ねぎ0,805kg=0,72€。カブ0,64kg=1,21€。キャベツ・コラサオン0,495kg=0,47€。セロリ500g=0,99€。ヨーグルト125gx8=1,35€。ゴーダチーズ200g=1,15€。ハム100g=0,95€。ベーコン300g=2,75€。ピーナツバター340g=1,89€。ミネラルウオーター6L=0,54€。パン(Trigo da avo)=0,59€。鶏肉600g=2,89€。合計=19,06€。

『きょうのニュース』クリスマスの交通事故多発引き続き警戒。パンや卵などの値上げ、インフレ率は1,4%。今日は交換の日、不要やサイズの合わないクリスマスプレゼントをお店に持ち込んで交換する日。グアルダに女囚を含む新しい刑務所開設。乗馬のポルトガル人アナ・バルバスが世界3位にランキング。

昨夜の映画は、

ヤング・シャーロック/ピラミッドの謎』(Young Sherlock Holmes)1985年。アメリカ。109分。監督:バリー・レヴィンソン。1870年のクリスマス間近のロンドンを舞台に、天才的推理力を持つ少年、シャーロック・ホームズ(ニコラス・ロウ)が同級生のジョン・H・ワトスン(アラン・コックス)と共に街で発生した連続殺人事件に挑み、そしてその背後に居るエジプトの邪教集団を追う。 シャーロック・ホームズシリーズの「お決まり」として、本作品もジョン・H・ワトスンが語り手となっている。他にソフィー・ワード。(Wikipediaより)

天使にラブ・ソングを…』(Sister Act)1992年。アメリカ。100分。監督:エミール・アルドリーノ。ネバダ州リノのナイトクラブ「ムーンライトラウンジ」で歌うクラブ歌手のデロリス(ウーピー・ゴールドバーグ)は、ネバダ一帯に縄張りを持つ大物マフィアのボス、ヴィンス(ハーヴェイ・カイテル)の愛人。だがある日、ヴィンスが裏切り者を始末する現場を目撃したため命を狙われる。重要参考人として警察に保護された彼女は、ヴィンスの裁判の日までカトリック系の聖キャサリン修道院にかくまわれる羽目になる。尼僧として振舞うことを余儀なくされたデロリスは堅苦しい生活に辟易するものの、やがて聖歌隊の指揮者を任され、歌手として本領を発揮する。自身のノウハウから下手な聖歌隊を鍛え上げ、退屈な聖歌をモータウンの楽曲の替え歌にアレンジして派手なパフォーマンスを繰り広げ、保守的で厳格な修道院長(マギー・スミス)との対立をよそに、一躍町中の人気者になる。そして、最初は疎んじていた修道院のシスターたちと、歌を通じて徐々に友情を育み、固い絆で結ばれていく。しかし、平穏な日々も束の間、警察内部の情報が漏れたことでローマ法王を迎えたミサの前日にデロリスがさらわれてしまう。デロリスが誘拐された事を知らされたシスター達は動揺する。その中で修道院長の口から彼女の素性を知らされた修道院のシスターたちは再度動揺するも、例え本物の尼僧でなくとも自分たちを教え導き、歌うことの楽しさや素晴らしさを教えてくれたデロリスを救うべく、ヴィンスのアジトであるリノのムーンライトラウンジへ乗り込む。サウザー警部(ビル・ナン)が間一髪で駆けつけた事で無事救い出されたデロリスは仲間たちに心からの感謝の意を述べて修道院長とも和解し、ローマ法王の御前でのコンサートを大成功に導くのであった。他にキャシー・ナジミーウェンディ・マッケナメアリー・ウィックスローズ・パーレンティ。(Wikipediaより)

天使にラブ・ソングを2』(Sister Act 2: Back in the Habit)1993年。アメリカ。107分。主演ウーピー・ゴールドバーグ、監督ビル・デューク、製作タッチストーン・ピクチャーズ。前年にヒットした『天使にラブ・ソングを…』の続編。殆どのキャスティングを前作と同じくし、マギー・スミスキャシー・ナジミーウェンディ・マッケナメアリー・ウィックス、シスター達を演じた女優達などが再出演した。また、コーラスなどの歌のシーンを含んでいる点も、前作と同じくする。サスペンスコメディ的作風だった前作と異なり、本作は高校を舞台とした青春映画的作風となっている。本作品は、ハリウッド史上初めて、ヒットした前作の続編をアフリカ系アメリカ人が監督したという歴史的意義を持っている。また、ローリン・ヒルジェニファー・ラブ・ヒューイットライアン・トビーは本作品を契機とし、活躍の場を広げた。なお、登場する生徒役は1000人以上の応募者からオーディションで選ばれている。前作の事件から1年後。ラスベガスで成功を収め、二流スターとして忙しい毎日を送るデロリスの元に、聖キャサリン修道院で出会った、かつての友人たちが訪れる。聞けば社会奉仕先の高校の悪ガキ達にほとほと手を焼き、みな疲れきってしまっているという。院長先生の頼みもあり、またそこが自分の母校であることもあって、デロリスは援助の要請を受け入れる。そして再びシスター・メアリー・クラレンスとなって、サンフランシスコにある母校、聖フランシス高校へと向かうのであった。歌手としての経験と聖キャサリン修道院を聖歌隊で立て直した経験を買われて音楽クラスの担任となったデロリスだが、さすがの彼女も生徒たちの予想以上の悪童ぶりに根負けし、さじを投げてしまう。しかし、ふとしたことから学校が今学期いっぱいで閉鎖されることを知ってしまったデロリスは、状況を打開するために本格的な改革に乗り出し、音楽クラスの生徒たちで聖歌隊を結成することを提案する。最初は乗り気でなかった生徒たちも、学校が閉鎖されることを知ってからは聖歌隊の活動に真面目に取り組むようになっていく。その中でただ1人、デロリスの教えが気に入らないリタ(ローリン・ヒル)はみんなを焚きつけて授業を放棄させようとするが、誰にもついてきてもらえず、孤立して学校を出ていってしまう。母親に自分の夢を否定されることに思い悩むがゆえにリタが反抗的な態度を取っていたことを知ったデロリスは、リタに少しずつ働きかけていき、リタも次第にデロリスに心を許すようになっていく。こうして全員揃った聖歌隊は心を一つに結束し、初めての校内コンサートを大成功に導く。そしてサンフランシスコで行われる聖歌隊のコンテストへ向けて意欲を高めていくのだった。コンサートが間近に迫ったある日、リタは母親から聖歌隊の活動のことを見咎められ、出場を一方的に辞退してしまう。しかし、思い悩んだ末に、母親のサインを自分で偽装したイベント参加への同意書をデロリスに渡し、デロリスもあえてわかった上で、リタをメンバーとして再び迎え入れる。一行を乗せたバスが会場に向かう頃、クリスプ理事長(ジェームズ・コバーン)はデロリスがトップを飾った雑誌を手に憤慨していた。デロリスがギャングの愛人だった過去がバレてしまったのだ。出場をやめさせようとクリスプと校長が現地へ向かうが、校長は子供たちの生き生きとした姿に心を打たれ、晴れ舞台を踏ませてやろうと決心し、激励と共に舞台へと快く送り出す。同時に付き添いできたイグナティウス神父(マイケル・ジェッター)らは一計を案じ、まんまとクリスプ理事長をクローゼットの中に閉じ込めてしまう。自分たちの出番の前に歌っている聖歌隊の余りものレベルの高さに怖気づいてしまう生徒たちだが、デロリスの叱咤に奮起し、自分たちなりの精一杯のパフォーマンスで会場を圧倒。見事、最優秀賞を勝ち取って優勝を果たし、聖フランシス高校を閉鎖から救った。リタも母親と和解し、聖キャサリン修道院の院長の計らいでクリスプ理事長の口からデロリスの正体がバラされることも無事、防がれ大団円を迎えた。だが、人混みの中でデロリスを探すシスターたちが呟いた何気ない一言により、デロリスの正体は子供たちに伝わってしまっていた。「ベガスのショーガールだって、ほんと?」と子供たちに聞かれたデロリスはこう言い返すのだった――「ショーガールなんかじゃないわ、あたしはスターよ!」と。(Wikipediaより)

三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』(The Three Musketeers)2011年。アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ制作。111分。監督:ポール・W・S・アンダーソンアレクサンドル・デュマ・ペールの小説『三銃士』を原作とし、『バイオハザード』シリーズ。3Dアクション映画作品。キャッチコピーは「伝説よりも、ハデにいこうぜ。」。17世紀のフランス。パリにやってきた無鉄砲な青年ダルタニアン(ローガン・ラーマン)は、成り行きで三銃士(マシュー・マクファディンレイ・スティーヴンソンルーク・エヴァンズ)の仲間となり王妃の首飾りを取り戻すためイギリスへ向かうが、そんな彼らをバッキンガム公爵(オーランド・ブルーム)と正体不明の美女ミレディ(ミラ・ジョヴォヴィッチ)が阻もうとするのだった。(Wikipediaより)

 

 

 

ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -1 (001-200)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -2 (201-400)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -3 (401-600)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -4 (601-800)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -5(801-1000)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ-6(1001-1200)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ-7(1201-1400)


「武本比登志ポルトガル淡彩スケッチ」のお買い求めは下記より
http://www.village-press.net/?mode=cate&cbid=1940881&csid=1

 

コメント

1366.アルペドリーニャの町角

2017-12-25 14:14:31 | ポルトガル淡彩スケッチ

2017年12月25日(月曜日)クリスマスで祝日。午前中は雲が多いものの完全に晴れ、午後から雲が広がる。17℃~7℃。降水確率97%。雨は降らず、陽が射す。これならアルガルベに行くことも出来たのに。

スケッチに淡彩を施す。1400景達成。

『きょうのニュース』大統領のマルセロ・ソウザがペドロガオン・グランデをクリスマスのお見舞い。空港でストライキ。アルカネーナでガス爆発。クリスマスに188件の交通事故多発。モスクワでバスが地下鉄階段を降りる事故、5人死亡。リスボンやクアルテーラで一人暮らし老人たちへのクリスマス晩餐。グアルダでクリスマスとんど焼き。アルマサオン・デ・ペラでサンタクロース装束の人々の寒中海水浴。エルバスでアレンテージョマントの人達がロンカスを奏でながらコーラス行進。1978年にポルトガルで最初にオープンした112店舗、ポルトのショッピングセンターのリポート。ポルトガル北部6つの地方、今後の悪天候で警戒。

昨夜の映画は、12月22日に観たばかりをもう一度観る。

ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』(The Help)2011年。アメリカ。146分。監督・脚本:テイト・テイラー。原作:キャスリン・ストケットの小説『ヘルプ 心がつなぐストーリー』。1960年代の公民権運動を背景とし、ミシシッピ州ジャクソンに住む若い白人女性のスキーターと2人の黒人のメイドの関係を描く。1960年代前半。大学を卒業したユージニア(愛称スキーター)(エマ・ストーン)はライターを志し、故郷のミシシッピ州ジャクソンに戻った。故郷の友人たちは皆、結婚、出産をしており、家事や育児を黒人メイドたちに任せきった気楽な生活を送っている。友人の一人ヒリー(ブライス・ダラス・ハワード)は、病気がうつると信じ込んでメイドのトイレを屋外に作るべきだと主張する。スキーターは友人たちの黒人メイドに対する態度に嫌悪感を覚える。また、自らも黒人メイド、コンスタンティン(シシリー・タイソン)に育てられたスキーターは、大好きなコンスタンティンが退職し何も告げずにシカゴへ去っていることに疑念を抱くが、母は取り合わない。スキーターは、ローカル新聞の家庭欄で家事の相談に代役で回答することになり、友人エリザベス(アーナ・オライリー)のメイド、エイビリーン(ヴィオラ・デイヴィス)に手伝ってもらうことにする。エイビリーンは優秀だった一人息子を不幸な事故で亡くして以来、子守り相手の子供以外には心を開かない。一人のライターとして黒人メイドたちの真実を著す責任を感じたスキーターは、エイビリーンを熱心に説得、密かに取材を始めるが、その他のメイドたちは報復を恐れて固く口を閉ざしてしまう。そんな折、ヒリーのメイド、ミニー(オクタヴィア・スペンサー)は、ヒリーの家のトイレを使ったことで解雇される。怒ったミニーがスキーターの取材に参加することになった。また、ヒリーが雇った新しいメイド、ユール・メイが拾った指輪を質に入れて逮捕されたことに憤慨したメイドたちもまた、自らの経験を語り始めた。他にジェシカ・チャステインシシー・スペイセクマイク・ヴォーゲルアリソン・ジャネイ。(Wikipediaより)

アーサー・クリスマスの大冒険』(Arthur Christmas)2011年。アメリカ、イギリス。100分。監督:バリー・クック。3Dコンピュータアニメーション映画。主題歌はジャスティン・ビーバーが歌う「サンタが街にやってくる」。クリスマスプレゼントを世界中の子どもたちに一晩で配るサンタ一家の末っ子が、配送ミスでプレゼントが届かないたった1人の子どものために旅へ出る。子どもたちが疑問に思うサンタの秘密を、100万人の妖精たちが超ハイテク技術を駆使していたという奇想天外なアイデアで解き明かす。サンタと彼の超エリートの息子スティーブは、600万人の子どもたちのうち、たった1人にプレゼントを配達できなかったことを仕方ないミスとしてあきらめてしまっていた。ところが、末っ子のアーサー・クリスマスは、クリスマスの夜が明けるまでの2時間で、地球の反対側にある子どもの家にプレゼントを届けることを決意する。

 

ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -1 (001-200)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -2 (201-400)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -3 (401-600)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -4 (601-800)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -5(801-1000)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ-6(1001-1200)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ-7(1201-1400)


「武本比登志ポルトガル淡彩スケッチ」のお買い求めは下記より
http://www.village-press.net/?mode=cate&cbid=1940881&csid=1

 

コメント

1365.ヴィミエイロの町角

2017-12-24 14:06:28 | ポルトガル淡彩スケッチ

2017年12月24日(日曜日)クリスマスイヴ。曇り時々晴れ。17℃~5℃。降水確率29%。朝日が真っ赤。そして雲に隠れたり又顔を覗かせたりを繰り返しながら昇っていく。昇ってからは時折サド湾に映えてターナー風の輝きをみせる。午後から部屋は底冷え。

先日塗ったジョンブリアン系がなかなか乾かないので月曜まで置くことにする。スケッチに淡彩を施すがこれも半分は明日に持ち越す。

『きょうのニュース』グアルダの刑務所でストライキ。ストライキは空港のガードマンも。大統領のマルセロ・ソウザがカスカイスのビーチで福音伝道に従い10分間の寒中沐浴。フンシャルのクリスマスでは3~4ミリオンユーロの経済効果。トニー・カレイラなど人気歌手が震災各地でクリスマスコンサート。

昨夜の映画は、

ブリジット・ジョーンズの日記』(Bridget Jones's Diary)2001年。イギリス。97分。監督:シャロン・マグアイア。ロマンティック・コメディ。イギリスの女流作家ヘレン・フィールディングの同名小説の映画化。ロンドンの出版社に勤める独身女性ブリジット(レネー・ゼルウィガー)はダイエットと恋愛に夢中の32歳。正月の新年パーティーでバツイチの弁護士マーク(コリン・ファース)に会うが、トナカイ柄のセーターに幻滅。そのマークに悪口を言われてめげる。性格を立て直すために日記をつけ始める。出版記念パーティーで上司ダニエル(ヒュー・グラント)と急接近し、ケンブリッジ大学の同級生だったというマークの悪口で盛り上がり二人は結ばれその後、順調にデートを重ねる。ところが、浮気者のダニエルはアメリカ人の同僚ラーラ(リサ・バービュシア)と婚約してしまう。ブリジットは引き止めるダニエルに「ここで働くくらいならサダム・フセインの尻を拭いた方がマシ」と言い放ち、転職しテレビ局のリポーターになった。友人夫妻に呼ばれた夕食会でマークに再会。恋人連れだったが、ブリジットに好意を示す。マークのおかげでスクープをものにする。ブリジットの33歳の誕生日の夜、彼女の家に祝いに来てくれたマークといいムードになるが、突然ダニエルがやってきて彼女に許しを乞い、愛を告白する。激怒したマークとダニエルが殴り合いの大ゲンカ。クリスマス。母パメラからマークの妻を奪ったのはダニエルだと聞く。マークの実家のパーティーで彼の父親がマークの渡米と婚約を発表したが、それを聞いたブリジットは思わず訳の分からない異議を唱える。渡米を止めたマークがブリジットを訪ね、日記を見てどこかに出かける。悪口を見られたと思い慌てて追いかけるブリジット。マークはプレゼントをするために新しい日記帳を買いに行ったのだった…。(Wikipediaより)

ある公爵夫人の生涯』(The Duchess)2008年。イギリス。110分。アマンダ・フォアマンによるデヴォンシャー公爵夫人ジョージアナ・キャヴェンディッシュの伝記小説を映画化。18世紀後半の英国。貴族出身のジョージアナ・スペンサー(キーラ・ナイトレイ)は17歳という若さで名門貴族のデヴォンシャー公爵(レイフ・ファインズ)のもとに嫁いだ。結婚後、社交界の華として注目を集めるが、デヴォンシャー公爵とは愛のない生活を送っていた。(Wikipediaより)

ファミリー・ツリー』(The Descendants「子孫たち」)2007年。アメリカ。115分。カウイ・ハート・ヘミングスによる小説。脚本・監督:アレクサンダー・ペイン。オアフ島ホノルルに住む弁護士マット・キング(ジョージ・クルーニー)は友人達から天国だろうと羨ましがられているが、実態は仕事に追われ、自宅にも滅多に帰らない日々を送っていた。彼にはカウアイ島にある1860年代から先祖代々受け継がれてきた広大な土地を7年後の信託を前に売却するかどうかという大問題があり、父親の死後はマットが受託者になっていた。売却すれば自然は失われるものの一族に数億ドルもの資金が入る。彼の親戚達は売却益を分けることを望んでおり、彼も売却益で妻とゆっくりした生活をしたいと望んでいた。そんなある日、妻エリザベスがボート事故に遭い、意識不明の重体となる。数ヶ月も会話がなかった当てつけかとも思うと身にしみる。10歳の次女スコッティは情緒不安定になり、重体の母親の写真を級友に見せたり、友人をイジメたりと問題ばかり。全寮制学校へ通う17歳の長女アレックス(シェイリーン・ウッドリー)の迎えに行くと、心の動揺や二日酔いのせいで、母との確執の原因はクリスマスに母が浮気をしたためだと告白。親友夫妻からもエリザベスが淋しさから真剣に離婚を考えていたことが判明。マットは病室で会話もできず問い詰めることもできず思い悩む。妻の容態が悪くなり、医師がもう助かる見込みはないと彼に説明し、妻の意志に従って生命維持装置を外すことになる。マットは娘二人と年が離れたボーイフレンドらと共に、先祖代々の土地とエリザベスの浮気相手に会うためカウアイ島に飛ぶ。カメハメハ大王の孫のおばあちゃんが遺してくれた景勝地キプ・ランチに見納めかもしれないと向かう。神秘的な光景が広がる雄大な原野で、厳かであたたかく包み込むような美しい自然が広がっていた。カウアイ島のいとこと話していて、浮気相手のスピアー(マシュー・リラード)が売却予定の不動産業者の義弟であり、予定通り売却すればスピアーにも多額の手数料が入ることになると分かる。マットはアレックスとコテージを訪ねて詰問するが、スピアーには家族があり、離婚する気はなかったと話しマットに詫びた。親族一族で投票が行われて売却先はスピアーの関係するホリツアーが断トツだったが、マットはサインせず、自然豊かな土地を所有し続ける方法を考えたいと宣言。裁判にするという親戚も出てくるが、マットの決意は固かった。いよいよ生命維持装置は外され、妻の死が近くなってきたとき、スピアーの妻ジュリー(ジュディ・グリア)が花をもって病室を訪れる。夫の態度から浮気が分かってショックを受けたのだが、家族を壊すかもしれなかったエリザベスには「赦すしかない」と泣きながら語りかける。エリザベスの骨はワイキキの沖にみんなで流した。マットは娘達ともう一度やり直すことを誓った。(Wikipediaより)

 

ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -1 (001-200)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -2 (201-400)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -3 (401-600)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -4 (601-800)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -5(801-1000)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ-6(1001-1200)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ-7(1201-1400)


「武本比登志ポルトガル淡彩スケッチ」のお買い求めは下記より
http://www.village-press.net/?mode=cate&cbid=1940881&csid=1

 

コメント

1364.ヴィミエイロの町角

2017-12-23 15:29:56 | ポルトガル淡彩スケッチ

2017年12月23日(土曜日)快晴。17℃~1℃。降水確率0%。早朝にはセトゥーバルの街を霧がたちこめ、雲海が広がり、雲海の上にパルメラの城が聳え立っていた。そんな中から真っ赤な朝日が昇った。

昨夜は映画を観ながらブラガの伝統、バナナを肴にモシュカテル・セトゥーバルを吞んでみたがなかなかいける。ちなみにモシュカテル・セトゥーバルはとっておきの1997年物。

昨夜、我が家の前から賑やかなサポーターの先導で出かけたヴィットリア・セトゥーバルはブラガとの試合で2対1でセトゥーバルの勝ち。モシュカテル・セトゥーバルとバナナの効用か?

土曜日なのでメルカドへ、何も買わない。ボカージュ広場からプラサ・デ・サンタ・マリアのプレセピオを見に、がっかり。ジュンクエイロ通りからジャコメッティ博物館へ行ったが今日からクリスマス休暇。

ブーゲンビリア展望台の横、ゴムの大木の下でコーヒーx2とパステイス・ナタx1=2,40€。隣に3人の女性、1人は足の短い犬を連れている。初め僕たちに吠えかけたが女性の言うことを聞いてすぐに止める。テーブルの下に寝そべっていたが落ちているペットシュガーを両方の前足と歯で器用にちぎって散らばったグラニュー糖を舐めはじめた。犬は虫歯にはならないのだろうか?或いは糖尿病にはならないのだろうか?

踏切を渡ってルイサ・トディへ。

久しぶりに『カイス56』の前を通ったので、昼食を食べる。ショコ・フリット=14,50€。サラダ・ミスタ=3,60€。バタータ・フリット=2,40€。ノンアルコールビール=1,70€。コップ赤ワイン=3,00€。デスカフェイナードx2=1,70€。合計=26,90€。その前にパスティス・デ・ナタを食べてしまったのでショコ・フリットが半分しか入らない。残ったのを持ち帰る。

帰りリードゥルで買い物。油彩絵の具5,99-1,20=4,79€。ハム0,95-0,16=0,79€。パン(Trigo da Avo)0,59-0,10=0,49€。バナナ1,565kg=1,64€。カリフラワー0,92kg=1,55€。ニンジン1kg=0,59€。ムール貝のむき身250g=1,59€。ナチュラル・ヨーグルト125gx16=2,70€。卵M玉6個=0,85€。キノコのパテ瓶詰め110g=1,18€。ミックスナッツ蜂蜜和え200g=2,59€。合計=18,76€。油彩絵の具の売れ残りが20%引きで1セットあったので買う。地塗り用。

昨夜の映画は、

GODZILLA』(Godzilla)1998年。アメリカ。138分。特撮映画。日本の東宝が原案・所有するキャラクター「ゴジラ」に基づいて製作。日本でのキャッチコピーは「人類に打つ手は無い」、アメリカでは“Size Does Matter”(巨大さ それが 度肝を抜く)。日本映画のスターであり、世界的な人気を誇る映画キャラクターでもあるゴジラをハリウッドが製作。通常の生物を超える「怪獣」としてではなく、ハリウッド映画に多く見られる「突然変異による超巨大生物」と解釈されている。南太平洋で操業しているにもかかわらずテレビで相撲中継を観戦する日本漁船の乗組員、金髪で頭の悪いヒロイン、甘党で無能のニューヨーク市長、ヘマばかりする軍曹など、登場人物の多くはステレオタイプに描かれている。主人公のニック以外にヒロイックな活躍をするアメリカ人はほとんど登場せず、ゴジラの駆除に活躍するのは自国の恥辱を消すために奮闘するフィリップ率いるフランスの特殊部隊である。南太平洋で、日本の漁船が謎の生物に襲われ沈没する事件が起きる。某保険会社から派遣されたと語る男、フィリップ・ローシェ(ジャン・レノ)は唯一の生存者となった老船員から何を目撃したかを問い出し、朦朧としながらも恐怖に慄いた言葉で「ゴジラ」という名が紡がれる。翌日のチェルノブイリにて、放射線による生物への影響を調査していた生物学者のニック・タトプロス(マシュー・ブロデリック)は米国務省からの要請でパナマへと向かう。半ば強引に被災地の調査チームに編入されたニックは畑違いと訝るが、そこで巨大な生物の足跡を目の当たりにし、驚愕する。続いてジャマイカや大西洋でも貨物船や漁船が次々と襲われる。ニックは各地に残された巨大な足型や、座礁したタンカーに開けられた横穴と残された肉片等から、“フランスがポリネシア近海で長年行なっていた核実験の結果として、新種の生物が誕生した”との仮説を立てる。フィリップもまた、ジャンと呼ぶ部下達を引き連れて現場に残された爪痕を確認し、その新種こそ一連の事件を起こした“ゴジラ”だと確信する。互いに面識を持たないニックとフィリップが“ゴジラ”の追跡を開始した矢先、ニューヨークに未知の巨大生物が上陸し、いよいよ人類との戦争が始まろうとしていた。他にマリア・ピティロハンク・アザリア。(Wikipediaより)

ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』(The Help)2011年。アメリカ。146分。監督・脚本:テイト・テイラー。原作:キャスリン・ストケットの小説『ヘルプ 心がつなぐストーリー』。1960年代の公民権運動を背景とし、ミシシッピ州ジャクソンに住む若い白人女性のスキーターと2人の黒人のメイドの関係を描く。1960年代前半。大学を卒業したユージニア(愛称スキーター)(エマ・ストーン)はライターを志し、故郷のミシシッピ州ジャクソンに戻った。故郷の友人たちは皆、結婚、出産をしており、家事や育児を黒人メイドたちに任せきった気楽な生活を送っている。友人の一人ヒリー(ブライス・ダラス・ハワード)は、病気がうつると信じ込んでメイドのトイレを屋外に作るべきだと主張する。スキーターは友人たちの黒人メイドに対する態度に嫌悪感を覚える。また、自らも黒人メイド、コンスタンティン(シシリー・タイソン)に育てられたスキーターは、大好きなコンスタンティンが退職し何も告げずにシカゴへ去っていることに疑念を抱くが、母は取り合わない。スキーターは、ローカル新聞の家庭欄で家事の相談に代役で回答することになり、友人エリザベス(アーナ・オライリー)のメイド、エイビリーン(ヴィオラ・デイヴィス)に手伝ってもらうことにする。エイビリーンは優秀だった一人息子を不幸な事故で亡くして以来、子守り相手の子供以外には心を開かない。一人のライターとして黒人メイドたちの真実を著す責任を感じたスキーターは、エイビリーンを熱心に説得、密かに取材を始めるが、その他のメイドたちは報復を恐れて固く口を閉ざしてしまう。そんな折、ヒリーのメイド、ミニー(オクタヴィア・スペンサー)は、ヒリーの家のトイレを使ったことで解雇される。怒ったミニーがスキーターの取材に参加することになった。また、ヒリーが雇った新しいメイド、ユール・メイが拾った指輪を質に入れて逮捕されたことに憤慨したメイドたちもまた、自らの経験を語り始めた。他にジェシカ・チャステインシシー・スペイセクマイク・ヴォーゲルアリソン・ジャネイ。(Wikipediaより)

 

 

ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -1 (001-200)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -2 (201-400)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -3 (401-600)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -4 (601-800)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -5(801-1000)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ-6(1001-1200)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ-7(1201-1400)


「武本比登志ポルトガル淡彩スケッチ」のお買い求めは下記より
http://www.village-press.net/?mode=cate&cbid=1940881&csid=1

 

コメント

1363.モーラの町角

2017-12-22 14:42:20 | ポルトガル淡彩スケッチ

2017年12月22日(金曜日)快晴。18℃~1℃。降水確率0%。毎日天気が良いが、25日をピークに年末までぐずつく予報。したがって24日頃から2~3泊でアルガルベに行く予定だったが、延期とする。

20号、15号にチタニウム・ホワイト、プルシャン・ブルー、ヴィリジャンを掠れる程度塗る。

火曜日まで全国の高速道を中心にGNRが一斉に交通取り締まり強化。主に携帯を掛けながらの運転などを取り締まる。モイメンタ・ダ・ベイラでプロパンガス爆発1人死亡、2人怪我。カタルーニャ独立住民投票の結果は独立賛成が多数のものの複雑な得票数、すんなりとは行かない様相。

夕刻18:00~18:30いやに表が騒々しいので見てみるとヴィットリア・セトゥーバルの大型バスが停まりその周りにサポーターの人達だろう5~60人が取り囲み、大きな旗や硝煙筒を焚いて応援歌などを歌っている。間もなく選手たちがホテルから出てきてバスに乗り込んだ。クルマやバイクも10台ほどを先頭にそしてパトカーが先導してバスが出発した。試合はボンフィムスタジアムであるらしく、すぐそこまでの壮行会、重要な試合が今夜あるのだろう。

昨夜の映画は、

最後の恋のはじめ方』(Hitch)2005年。アメリカ。118分。監督:アンディ・テナント。ロマンティック・コメディ。デートドクターと称される「ヒッチ」(ウィル・スミス)はモテない男性をモテるよう指南している。ある日彼のもとへアルバート(ケヴィン・ジェームズ)が仕事の依頼を申し込む。なんと彼の憧れの女性は大金持ちの有名人(アンバー・ヴァレッタ)だった。アルバートにモテの指導をしている最中に、ヒッチンスはゴシップ記者のサラ・ミラス(エヴァ・メンデス)に恋をしてしまう。サラは男に興味が無いといっていたが、他の男とは違うヒッチに少しずつ惹かれていく。(Wikipediaより)

シティ・オブ・エンジェル』(City of Angels)1998年。アメリカ。114分。監督:ブラッド・シルバーリングヴィム・ヴェンダース監督の1987年の映画『ベルリン・天使の詩』の大幅なリメイク。プロデューサーのドーン・スティールDawn Steel)が、脳腫瘍のため公開前の1997年12月20日に51歳で亡くなったことから、終了後のクレジットタイトルにおいてFor Dawn「ドーン・スティールに捧ぐ」と記されている。死を告げる天使であるセス(ニコラス・ケイジ)は、ある日、ロサンゼルスの外科医マギー(メグ・ライアン)が、患者の命を懸命に救おうとする姿に惹かれ、一目惚れする。マギーは見えないはずの自分をしっかりと見つめていたという。患者の死に自責の念にかられるマギーの前に、天使の掟を破り姿を現したセスはマギーと接するうちにより深くマギーを愛するようになる。そしてマギーもまた徐々にセスに惹かれて行く。ヘミングウェイの『移動祝祭日』(A Moveable Feast)が仲を取り持つ。しかし天使のままでは彼女を真に愛することができないことにセスは思い悩む。そんなある日、セスはマギーの患者メッシンジャー(デニス・フランツ)と出会う。メッシンジャーは元天使で、自分もかつて人間の女性(現在の妻)に恋をして天使をやめたことを語る。マギーはセスがポラロイドに写っていないし、血を出さないことを不思議に思う。マギーの不眠症にも付き合ってくれる。マギーが同僚から求婚される。セスはメッシンジャーに教えられた通り、建築中のビルから飛び降りて人間になる。赤い血を流し、痛みを感じる人間の身体に喜ぶセスは、ヒッチハイクでマギーのいる別荘にやって来る。そんなセスをマギーは受け入れ、遂に2人は結ばれる。幸せを感じる2人だが、喜びもつかの間、自転車で買い物に出かけたマギーが事故に遭って重体に。「天使を見ちゃいけない」というが、亡くなる。嘆き悲しむセスだったが、かつての仲間であった天使カシエル(アンドレ・ブラウアー)に、たとえ一夜でも人間として愛する人と過ごせて幸せだった、永遠の命を捨てても悔いはないと語り、このまま人間として生きて行くことを決意する。(Wikipediaより)

 

 

ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -1 (001-200)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -2 (201-400)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -3 (401-600)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -4 (601-800)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -5(801-1000)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ-6(1001-1200)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ-7(1201-1400)


「武本比登志ポルトガル淡彩スケッチ」のお買い求めは下記より
http://www.village-press.net/?mode=cate&cbid=1940881&csid=1

 

コメント

1362.モーラの町角

2017-12-21 14:49:39 | ポルトガル淡彩スケッチ

2017年12月21日(木曜日)快晴。18℃~2℃。降水確率0%。全く雲はないが、遠くの空は靄っている。サド湾に大型ヨットが1隻浮かんでいる。

20号と15号にヴァーミリオンとライト・レッドを塗る。

北方の街、カトリックの聖地、ブラガではクリスマスにバナナをあてにモシュカテル・セトゥーバルを呑むというのが30年来の伝統となっているそうだ。

『きょうのニュース』ラリシマスがきょうもトップ。ポルトガルの郵便局CTTが48時間のストライキ。カタルーニャ独立住民投票。EUの経済大臣ピエル・モスコビッチがリスボンでコメント。ポルトガルの不動産1万4千ミリオンユーロと好調。ポルトガルの高速道A1、A2に新たなガス・ステーション<Q8>が参入。メルボルンでクルマが猛スピードで多数の歩行者をはね2人拘束、テロか?ペットフードなどネットで購入は倹約になるというレポート。クリスマスイブは雨の予報。

昨夜の映画は、

ファミリー・アゲイン/離婚でハッピー!?なボクの家族』(A.C.O.D. )2013年。アメリカ。90分。コメディ・ドラマ。スチュアート・ジッカーマン監督、ベン・カーリン&ジッカーマン脚本、原題は「離婚によるアダルト・チルドレン」(Adult Children of Divorce)。テディ・シュワルツマンは、彼の製作会社「ブラック・ベア・ピクチャーズ」によりこの映画を製作した。アダム・スコット主演、エイミー・ポーラージェシカ・アルバジェーン・リンチリチャード・ジェンキンスメアリー・エリザベス・ウィンステッドキャサリン・オハラケン・ハワードクラーク・デューク他。(Wikipediaより)

ガリバー旅行記』(Gulliver's Travels)2010年。アメリカ。85分。ジョナサン・スウィフトの風刺小説『ガリバー旅行記』の実写化で、これまでアニメーション映画を撮ってきたロブ・レターマンが監督。ニューヨークの新聞社で郵便係をしているガリバー(ジャック・ブラック)は、口先だけは威勢が良いが、実際の行動に移すことは全くしない小心者で、片想いのダーシー(アマンダ・ピート)に想いを伝えられずにいた。そんなガリバーに対し、後輩のダンは「あなたは、それ以上ビッグにはなれない」と冷たく言い放った。ダンの言葉に触発されたガリバーは、複数の文書の盗作をして作り上げた記事をダーシーに送り彼女の目を引き、バミューダ海域の取材を任されることになった。ダーシーに認められたことに感激したガリバーは、早速船で出発したが、途中で嵐に巻き込まれてしまい、小人たちが暮らすリリパット王国に漂着する。隣国ブレンスキー王国の手先だと勘違いされたガリバーは、牢屋送りにされてしまうが、そこで彼はリリパット王国のメアリー王女(エミリー・ブラント)に恋をして牢屋送りになっていたホレイショ(ジェイソン・シーゲル)と出会った。二人は、メアリー王女の婚約者エドワード将軍(クリス・オダウド)の命令で重労働の刑にされるが、メアリー王女を誘拐しようとしたブレンスキー王国のオーガスト王子(オリー・アレクサンデル)の襲撃を撃退し、放火された宮殿からセオドア王(ビリー・コノリー)を救出したことから英雄扱いされることになった。ガリバーは、得意の大口でメアリー王女たちの人気を集め、「自分はマンハッタンの大統領で歴戦の英雄だ」と嘘をついてしまう。ガリバーは、リリパット王国の人々にニューヨーク風の文化を教え、また、親友になったホレイショに恋の手ほどきを教え、彼とメアリー王女の恋を応援するなど快適な生活を送っていた。しかし、兵士たちが見つけたiPhoneの留守電記録にあったダーシーの音声から、自分の行った盗作がバレてしまい、彼女から嫌われたことを知ったガリバーは意気消沈してしまい、ニューヨークに帰らず「このままリリパット王国に暮らしたい」と言い出す。一方、ガリバーによって人々の人気とメアリー王女を奪われそうになったエドワード将軍は、ガリバーを追い返そうとセオドア王に直訴するが、セオドア王はエドワードを副将軍に降格し、代わりにガリバーを将軍に任命してしまう。頭にきたエドワードは、海岸の防衛システムを破壊し、ブレンスキー艦隊の侵入を誘発する。ブレンスキー艦隊の撃退を任されたガリバーは、撃退するフリをして誤魔化そうとしたが、艦隊の大砲が自分には効かないと知ると、艦隊を引っ張り降伏させてしまった。完全に人気を奪われたエドワードは、メアリー王女のもとを訪ねるが、既にホレイショと両想いになっていた王女にも相手にされなかった。それにより、ガリバーへの憎しみが募ったエドワードは、ブレンスキー王国に寝返り、ガリバーが持ち込んだロボットの説明書を基にロボットを造り、ブレンスキー王国のレオポルド王とともに兵隊を引き連れ、リリパット王国に攻めて来た。迎え撃つガリバーは、エドワードの攻撃を受けあっさり降伏してしまい、同時に今までついてきた嘘も全てバレてしまう。人々からの信頼を失ったガリバーは、エドワードによって巨人の国に追放されてしまう。巨人の国に追放されたガリバーは、巨人の少女の玩具にされてしまうが、助けに来たホレイショからダーシーがリリパット王国に漂着しエドワードに捕まったことを聞かされ、再びリリパット王国に向かった。ダーシーと和解したガリバーは、リリパット王国を救うため再びエドワードに勝負を挑んだ。改良されたロボットに苦戦するガリバーだったが、ホレイショの協力を得てエドワードを倒すことに成功した。王国を救い、人々からの信頼も取り戻したガリバーは、恋人同士となったホレイショとメアリー王女に見送られて、ダーシーとともにニューヨークに戻った。ニューヨークに戻ったガリバーは、郵便係からジャーナリストに出世し、恋人となったダーシーとともに旅行記事を書くことになった。(Wikipediaより)

ゼロ・グラビティ』(Gravity)2013年。アメリカ。91分。アルフォンソ・キュアロン監督。宇宙を舞台にしたSF・ヒューマン・サスペンス映画。医療技師を務めるライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)は、スペースミッションに初めて参加する。指揮を務めるマット・コワルスキー(ジョージ・クルーニー)とシャリフと共に、彼女が宇宙空間での船外活動を行うところから映画は幕を開ける。スペースシャトル「エクスプローラー号」にてハッブル宇宙望遠鏡の修理作業を行うライアンとシャリフ、彼らの傍らで新型の船外活動ユニットのテストを行っていたマット。その面々にヒューストンの管制から、膨大な量の宇宙ゴミが高速で接近しているため船内に避難するよう、緊急連絡が来る。ロシアが自国の人工衛星を破壊したところ、他の人工衛星も連鎖的に破壊され宇宙ゴミとして拡散してしまうケスラーシンドロームが発生したのだ。ライアンらは作業を中断して退避しようとするが間に合わず、「エクスプローラー号」の水平翼に宇宙ゴミが衝突。シャリフは頭部に宇宙ゴミが直撃して貫通し即死、ライアンとマットは2人とも宇宙空間に投げ出される。船外活動ユニットを装備していないライアンは錐揉み状態になって現在位置を特定できなくなり、パニック状態による過呼吸で宇宙服の酸素も少なくなる。だが、マットは的確な指示を出し続け、船外活動ユニットを駆使してライアンをロープで自分の身体に繋ぎ止めることに成功する。ヒューストンに無線通信で連絡する2人だが、同軌道上の通信衛星も破壊され、応答がない。めげずに連絡を続けつつ、死亡したシャリフの遺体を回収し「エクスプローラー号」へ帰還するも、コックピットや居住区画も大破し、宇宙服を着用していなかった他の乗組員は全員死亡。遺体が無重力で漂っている有様であった。2人は「エクスプローラー号」を諦め、マットの船外活動ユニットを利用してISS(国際宇宙ステーション)に向かう。ライアンの宇宙服の酸素が引き続き減っていく中、マットはライアンを励ますために家族の話をするが、娘は4歳の時に幼稚園で事故死したとライアンは答える。気まずい雰囲気を抱えながらもISSに接近する2人だが、ISSも破損しており、地球へ帰還するためのソユーズ宇宙船は1機が離脱済みで、残る1機も損傷でパラシュートが開いてしまっている。マットは、残ったソユーズ宇宙船を利用し中国の宇宙ステーション『天宮』へ向かう旨を提案し、ISSに取り付こうとする。しかし、マットの船外活動ユニットは直前で燃料切れを起こし、二人は殆ど減速できずにISSへ衝突、反動で宇宙空間に放り出されてしまう。ライアンは辛うじてパラシュートのワイヤーに引っかかり、マットに繋がっているロープを掴めた。しかし、マットはロープを離すよう指示し、ライアンの反対を押し切ってロープのフックを外してしまう。マットは宇宙空間の深遠に漂流する間、通信が途切れるまでライアンに語りかける。意識が朦朧としながらもISSの居住区画に入り一息つくライアンだが、しばらくしてISSの一角で火災が発生、必死の消火活動も虚しく炎が燃え広がる。ソユーズに退避して隔壁を閉鎖し事なきを得たライアンは、ソユーズをISSから離脱させるが、開いていたパラシュートのワイヤーがISSに絡まり、うまく離脱できない。船外に出てパラシュートを外すライアンだが、再び膨大な量の宇宙ゴミが高速で接近し、ISSを大破させる。どうにか船内に戻ったライアンはソユーズを発進させようとするが、姿勢制御で燃料を使い果たしてしまったためエンジンが作動しない。AM無線で救助を求めると、地球の電波を拾ってしまい、アニンガという人物と繋がる。赤ん坊をあやすアニンガの声で死別した娘を思い出したライアンは、彼女がいるであろう死後の世界に思いを馳せ、死を覚悟して船内の酸素供給を止め、目をつぶる(短編作品『Aningaaq』(アニンガ)では、地球側から見たこの場面が描かれている[4])。突然、ソユーズの窓を外からノックする音が聞こえ、ライアンは目を覚ます。そこにいたのは何とマットだった。マットは船内に入ると酸素供給を再開させ、希望を捨てないようライアンを諭し、着陸時の逆噴射装置を利用して『天宮』までの推進力とするよう助言する。しかしライアンが再び目を開けると、そこにマットはいない。幻だったのだ。ライアンは酸素供給を再開させ、彼の助言通りに着陸船を分離、逆噴射エンジンを作動させて着陸船を『天宮』に向かわせる。天宮は高度を落としつつあった。ライアンはソユーズ着陸船を出て『天宮』に到着し、宇宙船『神舟』に乗り込む。中国語表記のコンソールに苦労しつつも、『神舟』の起動に成功。『天宮』は『神舟』とともに落下し、大気圏突入で分解して『神舟』は切り離される。ライアンはマットや死別した娘に祈りを捧げながらも覚悟を決めた。ソユーズの酸素供給を止めた時とは違う覚悟――生きるための覚悟を。『神舟』の着陸船分離もどうにか間に合い、パラシュートが無事に開いて湖に着水する。大気圏突入時の衝撃でコンソールから出火したことに焦ったライアンがハッチを開いてしまい、『神舟』は浸水して沈没し始め、ライアンは水中へ脱出する。ライアンは宇宙服を脱ぎ捨てつつも泳いで陸に到着、地球の重力を存分に感じながら立ち上がるのであった。(Wikipediaより)

 

 

ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -1 (001-200)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -2 (201-400)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -3 (401-600)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -4 (601-800)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -5(801-1000)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ-6(1001-1200)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ-7(1201-1400)


「武本比登志ポルトガル淡彩スケッチ」のお買い求めは下記より
http://www.village-press.net/?mode=cate&cbid=1940881&csid=1

 

コメント

1361.ヴィミエイロの町角

2017-12-20 14:55:55 | ポルトガル淡彩スケッチ

2017年12月20日(水曜日)快晴。16℃~2℃。降水確率0%。コーヒータイムには陽射しが強く汗をかいた。窓ガラスの外側に蜜蜂が1羽、身動きもしないで長時間とまっている。10:22現在、手元のデジタル温度計は22,5℃。

20号と15号にチタニウム・ホワイトとバーント・シェンナを塗る。

『きょうのニュース』モイタのカサ・ドス・マルコスのラリシマス問題が今日もトップ。パルメラのオートヨーロッパVWの就業時間問題、2月2~3日にストライキを労働組合が発表。郵便局が3年で800人の人員削減。製薬会社インフェルメードのポルトへの移転はリスクが大きいと厚生大臣が言及。エーガス・モニッツ病院の老朽化問題。ピザやハンバーガーそれに運動不足による子供の肥満。フンシャルのバニフ銀行の不払い問題、ポルトガル銀行前で抗議行動。労働組合は最低賃金580ユーロから600ユーロに引き上げを要求。10月の大火災の影響でモンデゴ川に灰などが流れ込んでいる問題。フンシャルで野犬50匹を捕獲に対する住民の抗議。カタルーニャ独立住民投票は明日?メキシコでアメリカ人、スウェーデン人、ブラジル人、イタリア人などが乗ったバス転倒事故。

昨夜の映画は、時間の無駄。観なくても良かった映画2本、

オールド・ドッグ』(Old Dogs)2009年。アメリカ。コメディ映画。子供が苦手で離婚歴があるダン(ロビン・ウィリアムズ)と、独身貴族で大の女好きのチャーリー(ジョン・トラボルタ)。二人は親友で、仕事でもパートナーという関係にあった。そんな二人に大きな契約を結ぶチャンスが訪れる。ここぞとばかりに張り切る二人だったが、時同じくしてダンの目の前に7年前に一晩だけ関係を持ったヴィッキー(ケリー・プレストン)という女性が現れる。そしてヴィッキーは「実はダンとの間には双子の子供を授かっていた」という驚くべき告白をする。この双子の出現でダンとチャーリーの生活は一変してしまう。(Wikipediaより)

後の1本はタイトルもデータも何も不明の劇画的映画。

 

 

ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -1 (001-200)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -2 (201-400)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -3 (401-600)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -4 (601-800)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -5(801-1000)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ-6(1001-1200)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ-7(1201-1400)


「武本比登志ポルトガル淡彩スケッチ」のお買い求めは下記より
http://www.village-press.net/?mode=cate&cbid=1940881&csid=1

 

コメント

1360.ヴィミエイロの町角

2017-12-19 14:45:21 | ポルトガル淡彩スケッチ

2017年12月19日(火曜日)快晴。18℃~3℃。降水確率0%。遠くの空は靄っている。日の出が美しかったので思わずシャッターを切ったが難しい。

きょうから20号と15号に取り掛かる。先ずカドミウム・オレンジとイエロー・オーカーであたりを付ける。

ドン物語』ミハイル・アレクサンドロヴィチ・ショーロホフ(1905-1984)著、工藤清一郎訳、読了。

先日買ったバカリヤウの缶詰はパテではなく身の塊が入っていた。結構旨かった。

『きょうのニュース』パルメラのオートヨーロッパVWの勤務時間問題。ポルトガルの最低賃金は580ユーロ。若者の飲酒、そして飲酒運転が増加している問題。ラリシマスの問題、初めてカバコ・シルバの写真が出てきた。ラリシマスの問題が出てきたのはやはり政権交代の成果だろうか?臓器移植やBCGなどきょうも保健関連のニュースが多い。一連の中東などの紛争で65人ものジャーナリストが犠牲になっているとか。シアトル近郊を走る列車が脱線、高速道に転落事故。リスボン空港近くのロウレス地区の不法バラックにEDPが電気を送らないので住民が困っているという話。元々不法に電気を窃盗していたのだから、そりゃそうだろう。

昨夜の映画は、ブラ・ピの2本立て。

ジョー・ブラックをよろしく』(Meet Joe Black)1998年。アメリカ。181分。監督:マーティン・ブレスト。1934年の映画『明日なき抱擁(en:Death Takes a Holiday)』を元にしている。ニューヨークのメディア会社「パリッシュ・コミュニケーション」の社長・ビルことウィリアム・パリッシュ(アンソニー・ホプキンス)は、ある夜どこからともなく響いてくる声を聞いた。次の日、ビルは愛娘のスーザン(クレア・フォーラニ)とその恋人ドリュー(ジェイク・ウェバー)と共にヘリで仕事に向かっていた。ビルの「恋人を愛しているか?」との問いに、素っ気無い反応をする娘にビルは話す。「愛は情熱だ。その経験のない人生は意味のないものだ」と。そして、その日スーザンは仕事場近くのコーヒーショップで一人の青年(ブラッド・ピット)と出会う。最近この街に越してきた、という青年の気さくな態度に好感をもつスーザン。その夜、家族と共に食卓を囲んでいたビルの脳裏にまた同じ声が聞こえてくる。「私に会えるよ・・・ビル」。声に導かれるまま来客を招き入れるとスーザンがコーヒーショップで出会った青年が居た。以前から体調のすぐれないビルが心の中で問いかけていた「死期が近いのか」の言葉に青年は「イエス」と答えた。彼は青年の体を借りた死神だった。人間の生活に興味をもった死神が、ビルを連れて行く前に彼に案内を頼みにきたのだ。家族への説明に困ったビルは、青年をジョー・ブラックだと紹介する。出会った時と印象の違うジョーを見て初めは困惑していたスーザンだったが、次第に彼の不思議な魅力に惹かれていく。父親のいう“情熱”を確かに感じていたのだ。他にマーシャ・ゲイ・ハーデンジェフリー・タンバー。(Wikipediaより)

トロイ』(Troy)2004年。アメリカ。163分。監督:ウォルフガング・ペーターゼン。古代ギリシアのトロイア戦争を元にした歴史戦争映画。ホメロスの叙事詩『イリアス』などで描かれた神々と英雄の織り成す神話としてのトロイア戦争ではなく、架空の人間のドラマとしてのトロイア戦争を描いているが、興行的には成功を収めている。作品内容及び登場人物が人間性を強調して描かれているため、主人公アキレス(ブラッド・ピット)も神の庇護を受けた英雄としてではなく、ごく普通の人間の武将として扱われている。トロイとスパルタの間に和平が結ばれた日、トロイ王子パリス(オーランド・ブルーム)はスパルタの王妃ヘレン(ダイアン・クルーガー)と禁じられた恋に落ち、駆け落ち同然にトロイへと彼女を連れ帰ってしまう。パリスの兄ヘクトル(エリック・バナ)は激怒するが弟可愛さに彼を守ることを決意し、トロイ王にして彼らの父であるプリアモス(ピーター・オトゥール)もヘレンを受け入れる。ヘレンの夫であるスパルタ王メネラオス(ブレンダン・グリーソン)はこれに激怒し、ギリシアの諸王国の盟主にしてメネラオスの兄であるミュケナイ王アガメムノン(ブライアン・コックス)を頼る。アガメムノンはこれを口実にトロイを征服しようと、ギリシア連合軍によるトロイ侵攻を決定する。ギリシアの勇者アキレス(ブラッド・ピット)は自分や兵士たちを駒としか見ていないアガメムノンに対して不満を抱いていたが、親友オデュッセウス(ショーン・ビーン)の頼みを受け、歴史に名前を残すため参戦を決意。家臣のミュルミドン達を率い、自分を尊敬する従弟のパトロクロス(ギャレット・ヘドランド)を伴ってトロイへと赴く。最初の戦いはギリシア軍有利に進められた。先陣を切って飛び込んだアキレスとミュルミドンは瞬く間に浜辺を守るトロイ軍を蹴散らし、アポロンの神殿へと攻め込む。パリスの従妹である巫女ブリセイス(ローズ・バーン)はアキレスに捕らわれてしまい、アキレスは救援に駆けつけたヘクトルにまたの再戦を約束して引き上げる。アキレスは自分の物になることを拒むブリセイスに興味を抱き、徐々に彼女へ惹かれていく。ブリセイスもまた自分を丁重に扱うアキレスに、心を許すようになる。しかしアキレスが自分の指示を無視した事に腹を立てたアガメムノンはアキレスからブリセイスを取り上げ、兵卒達へ慰みものとして与えてしまう。怒り狂ったアキレスは強引にブリセイスを取り戻すが、これによってアガメムノンとの関係は決定的なものとなり、アキレスは戦闘を放棄する。パリスは戦争を終わらせて故郷を救うため、メネラオスとの一騎討ちに挑むことを決意する。両軍が息を呑んで見守る中で二人は対決するが、パリスは防戦一方に追い込まれ、ついに窮地に陥る。足元に縋って助けを求めるパリスの姿にたまりかね、ヘクトルは約定を破って助太刀し、メネラオスを殺してしまう。激怒したアガメムノンは一斉攻撃の命令を下すが、アキレスとミュルミドンを欠いたギリシア軍はヘクトル率いるトロイ軍に打ち負かされる。自軍の窮状にも関わらず戦わないアキレスが批判され、さらに帰郷まで決意したことに耐えかねたパトロクロスは、アキレスの鎧兜を身に纏い、影武者としてミュルミドンを率いて戦場に赴く。その見事な戦いはギリシア軍の士気を取り戻し、ついにはトロイ軍もヘクトルが出撃して迎え撃つ。パトロクロスはヘクトルへと挑むが敵わずに討たれ、ヘクトル、トロイ軍、ギリシア軍は、アキレスと思っていた人物の正体がパトロクロスであったことに衝撃を受け、戦いを止める。パトロクロスが殺されたことを知ったアキレスは激怒し、たった一人でトロイ城門の前まで戦車を走らせる。幾度も自分を呼ばわる声を聞いたヘクトルは、死を覚悟し、父と妻、弟に別れを告げて決闘に挑む。激戦の末にヘクトルを討ったアキレスだが、怒りが収まらぬ余りヘクトルの死体を戦車で引きずり回して自軍へと持ち去ってしまう。その夜、危険を冒して単身でギリシア軍の陣地までプリアモス王が訪ねてくる。息子の遺体を返して欲しいという彼の涙ながらの懇願を受けて、アキレスは自分がしでかしてしまった事の罪深さに後悔し、苦悩する。やがてアキレスはヘクトルの遺体と共にブリセイスをトロイへと送り返す。ヘクトルの遺体は荼毘に付され、両軍は彼を弔うため一時の休戦を約束する。度重なる敗戦にギリシア軍は勝算なしと見て撤退の準備を進めていた。しかしオデュッセウスは兵士が子供の土産にと作っていた木彫りの馬を見て、起死回生の作戦を思いつく。トロイへの供物として巨大な木馬を造って撤退したと見せかけ、木馬がトロイに運び込まれたら中に隠れた兵士が門を開け、待機していた軍勢で攻め込もうというのだ。アキレスはミュルミドンたちを帰還させ、ブリセイスを助けるため木馬の中に乗り込む。木馬の策略に騙されたトロイは、瞬く間に炎上する。ギリシア兵による一方的な略奪が市民を襲う中、アガメムノンはプリアモス王を殺し、ブリセウスまで手に掛けようとする。ブリセウスを探し求めるアキレスはアガメムノンを殺し、彼女を助け出す。しかしそこに兄ヘクトルの復讐に燃えるパリスが現れ、アキレスは踵を射抜かれて崩れ落ちる。パリスはアイネイアスにトロイの宝剣とブリセウス、ヘレンを託して脱出させ、自らは炎の中へと消えていった。生き延びたオデュッセウスは、やがてこの戦いは伝説となり、男たちの名が英雄として語り継がれていくだろうことを確信する。(Wikipediaより)

 

 

ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -1 (001-200)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -2 (201-400)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -3 (401-600)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -4 (601-800)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -5(801-1000)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ-6(1001-1200)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ-7(1201-1400)


「武本比登志ポルトガル淡彩スケッチ」のお買い求めは下記より
http://www.village-press.net/?mode=cate&cbid=1940881&csid=1

 

コメント

1359.アルペドリーニャの町角

2017-12-18 16:51:40 | ポルトガル淡彩スケッチ

2017年12月18日(月曜日)快晴。14℃~1℃。降水確率0%。

クレー(Paul Kleeスイス)の生誕日(1879-1940)。

油彩の写真撮影。F30x3, F20x1, F15x2, F6x2, F4x8, SMx14。合計30点。

アソーレスのYYさんに文庫本のお礼のクリスマスカードを投函。

午後からセトゥーバル郊外の森へキノコ観察に。殆どなし。何ということもないキノコが10本ほど。棘の鋭いウレックスが繁茂。

帰りにパンが切れていたのでアトランティックシティーのリードゥルで買い物。柿6個1,475kg=2,20€。キャベツ・コラサォン小2個680g=0,65€。パプリカ緑2個595g=1,12€。バナナ6本1,335kg=1,40€。ナチュラル・ヨーグルト125gx8=1,35€。リンゴ酢1L=0,85€。卵M玉6個=0,85€。ミネラルウオーター6L=0,54€。パン(Trigo da Avo)=0,59€。食パン(糠漬け用)600g24枚切り=0,75€。合計=10,30€。

『きょうのニュース』2012年を境にイギリス、フランス、スイスなどへのポルトガル人の移民は減り続けている。今年の帰省客も減少。ポルトガルの移民局は貧しい人のポルトガルへの移民は受け付けない方針。マゼランの生誕地でもある、ポンテ・ダ・バルカの教会が外壁だけ残して全焼。

昨夜の映画は、

『マインザットバード 夢をのせて駆け抜けた馬』(50 to 1) 2014年。アメリカ。事実を基に、2009年のケンタッキーダービーで単勝51倍と不人気ながら勝利を収めた競走馬マインザットバードを見出した男たちのドラマを描く。監督は「ボディガード」の製作を務めたジム・ウィルソン。伝説のレースで騎乗したカルヴィン・ボレルも出演する。厩舎の経営に行き詰まった調教師のチップ(スキート・ウールリッチ)は、旧友マーク(クリスチャン・ケイン)の牧場で働くことになる。売り込みを受けたサラブレッド、マインザットバードの下見に行き惚れ込んだチップは、マークを説得。マークはマインザットバードを買い付けるが、バードは成績不振に。チップの立場も危うくなる中、バードはアメリカ競馬レースの最高峰であるケンタッキーダービーに出走することになる。監督:脚本:製作:ジム・ウィルソン。他にウィリアム・ディヴェイン 。

レッド・ドーン』(Red Dawn)2012年。アメリカ。ダン・ブラッドリー監督による戦争映画。1984年の映画『若き勇者たち』のリメイクであり、カール・エルスワースとジェレミー・パスモアが脚本。北朝鮮による侵略から祖国を守ろうとする若者たちが描かれる。アメリカ・ワシントン州スポケーン。高校のアメフトチームのクォーターバック選手マット(ジョシュ・ペック)が試合に敗れ、彼の兄でアメリカ海兵隊員のジェド(クリス・ヘムズワース)がイラクから休暇で戻って来たその日、突然停電が起こる。翌朝、空一面に戦闘機と空挺部隊が現われ、北朝鮮軍がアメリカ全土を占領した。襲撃から逃れ、山中へ潜んだジェドとマットだったが、北朝鮮軍のチョウ指揮官(ウィル・ユン・リー)に眼前で父を処刑される。父の最期の言葉に従い、スポケーンの街を占拠した北朝鮮軍と戦うことを決意したジェドとマットは、友人たち数名とレジスタンスチーム「ウルヴァリンズ」を結成、ジェドの指導の元、山中での密かな軍事訓練を経て北朝鮮軍に立ち向かう。ウルヴァリンズはメンバーに犠牲を出しながらも活動を続け、市民たちもその活動に賛同していくことになる。そして、チョウ指揮官が持つ高性能電波妨害装置が米軍の反攻を妨げていることを知ったウルヴァリンズは、街だけではなくアメリカ全体を救うために、チョウに挑む。他にジョシュ・ハッチャーソンエイドリアンヌ・パリッキイザベル・ルーカス、コナー・クルーズ、ジェフリー・ディーン・モーガン。(Wikipediaより)

 

ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -1 (001-200)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -2 (201-400)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -3 (401-600)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -4 (601-800)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -5(801-1000)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ-6(1001-1200)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ-7(1201-1400)


「武本比登志ポルトガル淡彩スケッチ」のお買い求めは下記より
http://www.village-press.net/?mode=cate&cbid=1940881&csid=1

 

コメント

1358.ヴィミエイロの町角

2017-12-17 14:21:30 | ポルトガル淡彩スケッチ

2017年12月17日(日曜日)快晴。14℃~3℃。降水確率0%。

4号にアイボリー・ブラックとマダー・レーキ・ディープを塗る。

『きょうのニュース』ペドロガオン・グランデの災害から6か月。フィリピンで洪水。チリで悪天候土石流。パキスタンでは爆撃。カリフォルニアで1000軒の家屋火災、囚人の消防士を低賃金で使っているという問題。カタルーニャ独立住民投票は12月21日。ポルトガルの就業者給料少しアップ。オーリャオンで長さ120メートルのボーロ・レイ。

昨夜の映画は、

山猫』(Il gattopardo /伊、Le Guépard /仏)1963年。イタリア・フランス合作映画。187分。監督はルキノ・ヴィスコンティ。イタリア貴族の末裔であるジュゼッペ・ランペドゥーサが自身の体験を基に描いた、彼唯一の長編小説を映画化。映画では全8章のうち第6章までを取り上げている。ヴィスコンティが初めてイタリアの貴族社会を取り上げた作品でもあり、後の作品に続く転機となった。また自身の血統であるイタリア貴族とその没落を描いた意味で、「ヴィスコンティが唯一自身を語った作品」と評された。(Wikipediaより)統一戦争に揺れる1860年のイタリア。シチリア島を長年に渡って統治してきた名門サリーナ公爵家(バート・ランカスター)にも革命の波が押し寄せる。貴族社会の終焉を感じながらも優雅な暮らしを続ける公爵は一家を連れて避暑地へと向かうが、革命軍の闘士となった公爵の甥タンクレディ(アラン・ドロン)が、新興ブルジョワジーの娘アンジェリカ(クラウディア・カルディナーレ)と恋に落ちてしまう。他にジュリアーノ・ジェンママリオ・ジロッティセルジュ・レジアニ。イタリア語だし映画も長くて退屈で疲れてしまった。

 

 

ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -1 (001-200)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -2 (201-400)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -3 (401-600)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -4 (601-800)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -5(801-1000)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ-6(1001-1200)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ-7(1201-1400)


「武本比登志ポルトガル淡彩スケッチ」のお買い求めは下記より
http://www.village-press.net/?mode=cate&cbid=1940881&csid=1

 

コメント