武本比登志ポルトガルスケッチ&油彩

へたくそ画家・武本比登志のポルトガル淡彩スケッチと油彩

1750.ポルトアレグレ

2019-06-18 15:20:59 | ポルトガル淡彩スケッチ

2019年6月16日(日曜日)晴れたり曇ったり。26℃~12℃。降水確率0%。(日記が少し前後する)

昨夜はベッドが冷たく寒くて、エアコンも22度に設定してあって変更することが出来ず、エキストラ毛布もなく、朝になってフロントで変更を頼んだ。

ゆっくりと起床。8時半から朝食。あまり上等とは言えない朝食。でもヨーグルトだけはバイオで上等。

ホテルを9:30出発。到着後、移動遊園地の空き地から城と町をスケッチ。『ポルト・デ・モス』の町なかに駐車、町中をスケッチ。『ポルト・デ・モス』のお城を見学。シニア入場料=0,79x2=1,58€。お城の置物=4,20€。絵ハガキ0,25x2=0,50€。合計=6,20€。インターマルシェのカフェでコーヒー=0,55x2、クッキー=0,20、お菓子=0,65、合計=1,95€。

ポルト・デ・モスか国道沿いのトラック食堂で昼食の予定であったがバターリャまで戻ってしまい、中心の以前には古いパン屋であったところが、新しいビルに代わり、そこが小さなレストランになっていて、流行っていたので入る。目の前に駐車。レストラン『ヴィットリア』山羊のオーブン焼き+肝のライス+ジャガイモオーブン焼き=12,00€。バカラウナタ+ミックスサラダ=9,50€。ノンアルコールビールx2=2,60€。オリーヴ漬け=0,85€。パン=0,80€。デスカフェイナードx2=1,40、合計=27,15€。チップ=2€。

一旦ホテルに戻り、休憩した後、サン・ジョルジュに行く。

サン・ジョルジョという聖人の名前の付いた町だから教会の一つもあり絵になる古い町並みがあるかも知れないと思い、行ってみた。

確かに古い教会があった。でもその隣にモダンで立派な博物館があるのに気が付いた。入場料(シニア1人5ユーロx2=10€)を払って驚いた。ヘッドフォンで各番号を押して説明を聞くのだが、何と日本語もあったのだ。画像の前で番号を押し、説明を聞く。日本語なので良く判る。4時半から映画が始まる。映画も日本語で聴くことが出来る。その時は我々の他に2人、4人だけであった。

『バターリャ』。ポルトガルの独立に関する戦、14世紀、1385年8月14日、アヴィス騎士団、アヴィス王朝の誕生に関する物語で迫力のある良く出来た映画になっていて30分程もあっただろうか?感動を覚えた。

帰りにポルト・デ・モスの『コンチネンテ』で買い物。キューブ氷x2kg=1,00€。ミニ・アーモンド・アイスクリーム43,5gx8=348g=1,79€。ブドウ(レッド・グローブ)1,102x2,29=2,51€。合計=5,30€。

昨夜よりは温かく、寝る頃にはエアコンも止めた。

『昨夜ホテルの寒い部屋で観た映画』は

ザ・サークル』(The Circle)2017年。アメリカのスリラー映画。監督:ジェームズ・ポンソルト。 メイ・ホランド(エマ・ワトソン)は友人のアニー・アラートン(カレン・ギラン)の仲介でIT企業、ザ・サークルに就職した。ザ・サークルはSeeChangeというシステムを開発したことで世の注目を集めていた。それはあらゆる場所に設置された小型監視カメラを使って、人々の私生活を生中継するというものであった。シー・チェンジを介して私生活を公開することで、アカウンタビリティーが向上するというのがザ・サークル側の主張であった。 そんなある日、メイはタイ・ラフィート(ジョン・ボイエガ)に連れられてカメラが設置されていない地下階層にやって来た。タイはザ・サークルの人気サービスの一つであるTrue Youを開発した人間だった。タイは「True Youは私が意図しなかったものに変わってしまった。SeeChangeは危険だ。」とメイに警告したが、メイにはその言葉の意味がよく分からなかった。 メイは友人のマーサー(エラー・コルトレーン)から鹿の角で作ったシャンデリアの写真を見せられた。そのデザインに感動したメイは、写真をSNS上に投稿した。その画像を見たメイのフォロワーは「マーサーなる男が可愛い鹿を殺した」と大騒ぎした。マーサーはメイの弁解も聞かずに、彼女を怒鳴り倒した。 私生活を全世界に公開したメイは一躍時の人となり、ザ・サークルの経営理念に心酔していった。しかし、それが原因で友人や家族との関係が悪化し始めた。ついに自分の私生活を24時間全て公開するに至ったメイだったが、透明性への異常なまでの情熱は友人を殺し、会社の重役たちをも追い詰めることになった。 イーモン・ベイリー(トム・ハンクス)。(Wikipediaより)

 

 

 

 

「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」1731-

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/36acf48c9a63a21fc3b69a9ec13a11e8

 「ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ」1601-1730

https://blog.goo.ne.jp/takemotohitoshi/e/b408408b9cf00c0ed47003e1e5e84dc2

 

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 1749.ルドンドの町角 | トップ | 1751.セトゥーバルの町角 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ポルトガル淡彩スケッチ」カテゴリの最新記事