暑寒の戯言

暑寒別岳をフィールドとした自然遊学を発信

「道民の森」遠かった~

2007-07-29 | 自転車

2007.07.29 from 道民の森 hokkaido 「トンボとハーブ園」

2007年7月29日(日曜日)

7時45分MTBに乗り選挙を済ませ農道を走り、当別・浜益線に出る。

道民の森までは無理でも青山まで行き当別川で虹鱒釣りと思いザックに竿を忍ばせ

て来たが、道民の森の入り口となる青山中央の案内所まで来た。

此処からはどの地区も16km~20km、車で30分~40分と書いてあるが?・・・・・・・・

もう少し走ってみることにした。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・牧場南地区の坂道は力尽き

手押しで11時15分遂に駐車場に着く。

ハーブティー、ブルーベリー、カリンズ、などの果実の森での恵みを懐かしく頂き、12

時帰路に着く。・・・・・・・・・・・・・・・・・尻の痛さと体全体の筋肉痛で15時自宅に着く。

 

今日は、帰路の途中で食べた1本150円のゆでとうきび最高においしかった~。

コメント

「菜の花畑?」

2007-07-28 | 自転車

2007.07.28 from 高岡 hokkaido 「菜の花畑」

2007年7月28日(土曜日)

雨も上がりMTBで・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ヒルズの坂を乗り越え野菜の岡を下り、厚田方向へ・・・・・・・・・

畑一面に黄色の花が・・・・・・・・・・・・・・「菜の花畑?」・・・・・・・・。

コメント

高嶺唐打草

2007-07-27 | 暑寒の花達

タカネトウウチソウ(バラ科)「高嶺唐打草」2007.07.15暑寒別岳

バラ科の多年草。北海道、本州(中部)の高山の湿った草地やれき地に分布する。
高さ40~80cmで長い奇数葉状複葉が根生し、長卵形で長さ3~5cmに小葉が5~7対ある。鋸歯縁で表面は光沢があり、裏面は白っぽい。茎にも小さな複葉がつく。花は長さ3~10cmの穂状に密に多数つき、下から咲き上がる。花弁はなく4枚のがく片の中央から長い雄しべ4本が突き出る。

別名、フデトウウチソウ「筆唐打草」

茎や葉の中軸に縮れ毛がある変種のリシリトウウチソウがある。

名の由来は、花穂の形が中国の組紐の「唐打」に似ていて高山に咲くことから。

 

コメント

黒豆の木

2007-07-26 | 暑寒の花達

クロマメノキ(ツツジ科)「黒豆の木」2007.06.24暑寒別岳

ツツジ科の落葉小低木。北海道、本州中部以北の高山の礫地などに生える。幹は高さ三~六センチメートルから一・五メートルになるものもある。葉は長さ一・二~一・五センチメートルの倒卵形で短い柄をもち裏面に短毛を生じる。七月ごろ、枝先に小さな緑白色の壺形の花を数個ずつ開く。果実は径六~七ミリメートルの球形で紫黒色に熟す。甘酸っぱい味がし、生食し、またジャムをつくる。浅間山に多く生え、その地方では果実をアサマブドウと呼ぶ。

名の由来は、黒豆に似た実を付けることから。

花言葉は信頼

コメント

黒臼子?

2007-07-25 | 暑寒の花達

クロウスゴ(ツツジ科)「黒臼子」2007.06.24暑寒別岳

ツツジ科の落葉小低木。北海道、本州中部以北の高山帯に生える。茎は高さ三〇~一〇〇センチメートルになり、若枝には稜がある。葉は互生し、長さ二~三センチメートルの倒卵状楕円形。夏、葉腋に白色で小さな壺形の花を一個下垂する。果実は熟して紫黒色になり、表面に白粉を吹き食べられる。

名の由来は、実が黒く、先が凹んでいるのが臼を思わせることから。

コメント