暑寒の戯言

暑寒別岳をフィールドとした自然遊学を発信

谷空木

2012-06-30 | 暑寒の花達

タニウツギ(スイカズラ科)「谷空木」2012.06.24 暑寒別岳登山口

スイカズラ科の落葉低木。北海道~本州の主に日本海側の日当たりのよい山野に生える。高さ2~5m。本年枝は紫褐色を帯び、皮目が多い。葉は対生し、長さ4~11cmの楕円形~卵状楕円形。先端は鋭くとがり、細かい鋸歯。本年枝の先端や葉腋から散房花序をだして、淡紅色または紅色の花を2~3個ずつつける。果実はさく果で、長さ1.2~1.8cm、直径2.5~3mmの円柱状。成熟すると先端が2裂する。種子は長さ2mmの楕円形、縁に翼がある

名の由来は、山の「谷間」に多く生え、茎の中が空洞の木であるところから。

花言葉は、 「豊麗」。

コメント

菊葉鍬形

2012-06-29 | 暑寒の花達

キクバクワガタ(ゴマノハグサ科)「菊葉鍬形」2012.06.24 暑寒別岳

ゴマノハグサ科の多年草 。北海道から千島列島、サハリンに分布しています。亜高山帯から高山帯の岩礫地や海岸の砂礫地に生え、高さは5~20センチになります。葉は広披針形から卵形、卵状三角形で、先が尖り、羽状に裂けます。7月から8月ごろ、青紫色の花を咲かせます。

名の由来は、葉がキクの葉に似ていることから 。またクワガタは果実が細い萼でつつまれている様子がクワガタムシに似ていることから。

花言葉は、「純潔、多彩な人」

コメント

暑寒の花達

2012-06-24 | 登山

2012.06.24 from 暑寒別岳 hokkaido 「暑寒の花達」

ブラックコーヒーを飲みながらAM2:00出発しました。僕にとって11年目の増毛山岳会のメンバーと登る暑寒別岳山開き登山です。AM5:00暑寒ルート入山開始・・・・・4合目から暫し一人歩き、視界が開けた5合目で雲海に浮かぶ利尻富士・・・・・(何時か登ってみたいものです)この景色を見れただけでも良しかな・・・・・・・例年雪渓が残る6合目だが今日は有りません。滝見台、扇風岩・・・・・昨年はキバナシャクナゲ街道だった台地は、マシケゲンゲから始まった暑寒の花達で咲き乱れていました。AM9:50今春2回の山スキーで届かなかった山頂到着です。二年目の夏を迎えた翔翼君のお母さんも遠くを見つめています。遅れて幼稚園児をサポートして澤会長、五日市さんも山頂到着です。暑寒の花達に癒されてAM11:50下山、途中T氏、M氏の協力で重くなったザックを背負いPM3:30登山口に着きました。

増毛山岳会、T氏、M氏有り難うございました。そして暑寒別岳に感謝です。

フォトアルバム 2012.06.24 暑寒別岳山開き登山

コメント (4)

山頂は山ガールでいっぱい

2012-06-16 | 登山

2012.06.16 from 塩谷丸山 hokkaido 「羊蹄山を望んで」

札幌駅に彼女を迎えに・・・・・・プレゼントを貰いました。そのまま塩谷駅に向かいます、駅の駐車場から登山と考えていましたが満車です。登山道入り口間違え戻って・・・かなりの車が止まっていましたが民家前に車を止めさせて貰いました。11:30入山開始、登りだしから暑いです・・・・息を切らしながら彼女の後を追って12:45  629mの山頂に着きました。祠の建つ岩場に行くと山頂は山ガールでいっぱい・・・・・その中の一人が一礼したような?見覚えが有るのだが思いだせない。絶好のビューポイントの岩場に座り食事。、素晴らしい景色に思わず口ずさみました。♪二人で歩いた 塩谷の浜辺  偲べば懐かし  古代の文字よ ・・・・・・・・♪ レキント・ギターの澄んだ音色に魅せられた「小樽のひとよ」です。標高の低い割には展望が得られ噂通りの美しい海岸線の眺めです・・・・羊蹄山も綺麗に見えます。そして・・・・・・・思い出しましたモンベル発寒店の方でした。イベントで引率していたみたいです。あまりの景色の良さに時間も忘れて・・・・・・PM2:00下山、45分で登山口に着きました。「塩谷丸山BCでも来てみたいな~と」帰路に着きました。

来週は暑寒別岳山開き登山だが右足首のしびれが・・・・・・・。

フォトアルバム 2012.06.16 塩谷丸山登山

コメント (2)

新篠津村

2012-06-10 | ドライブ

2012.06.10 from 新篠津村 hokkaido 「しのつ湖畔」

PM3:30近場に出かけました。新篠津村「たっぷの湯」の施設に道の駅ができていました。初めてみたという事はここ2~3年温泉にきていなかったかも・・・・・産直市場でいちごのソフトクリームと、どぶろくに漬け込んだ鶏半身揚げを食べて帰ってきました。

コメント