暑寒の戯言

暑寒別岳をフィールドとした自然遊学を発信

6年目にして

2007-04-30 | バックカントリー

2007.04.30 from syokan hokkaido 「1491Mのピークへ」

2007年4月30日(月曜日)

ドアの開け閉めの音で、4時30分目が覚める。

軽い食事を取り、車に向かうと増毛山岳会の面々が顔を揃える。

スキー澤さん、五日市さん、T氏、スノーシュー岡谷さん夫妻 、ファンスキーK氏、

ツボ足Sさん、そして今日始めて登るという夫妻と女性1人計10人6時出発。

準備に手間取り遅れて6時15分雲ひとつない暑寒晴れの中、スキーを背負いスパ

イク長靴で・・・・・・・・・。

尾根取り付き地点でK氏、T氏と合流。尾根までの急斜面を3人直登で・・・・・・・・

そして展望が開けた尾根で全員で記念写真。休憩後100番までのスタートの元

景色、暑寒の陽射しの下でくつろぐ登山者達との会話を楽しみドーム下まで・・・・・

両氏の助言でスキー靴に履き替えて初めてのルート執りで滝見台・・・・・・・・・・

滝見台からT氏の後押しとK氏の励ましで昨年登った地点まで・・・・・・・・・・

上からは、ピークを踏んだ山岳部の8人降りてくる・・・・・・・・・・・・

K氏にリタイアの言葉を告げ休憩・・・・・・・頂上台地は真上に見えるが遠くに見える。

今日最後の登山者と思われる2人が9合目斜面を登って来る・・・・・・・・

今日を逃したらもう二度とスキーでのピークは踏めないと思い奮起し、頂上台地、

Kさんと行き交う中「踏んで来ます」と6年目にして14時10分絶景の360度の

パノラマが展開するピークに立つ。

昨年5月4日の熊事件に居合わせた登山者二人に写真を撮って貰い頂上台地から

滑り終えた暖斜面で大転倒しながらも忘れ得ぬ暑寒の1ページを刻んだ1日だった。

Kさん、Tさん、そして増毛山岳会の皆さん有り難うございました。

フォトアルバム 2007.04.30 暑寒別岳BC

コメント (6)   トラックバック (1)

暑寒荘満杯

2007-04-30 | バックカントリー

2007.04.29 from masihke hokkaido 「山談義」

2007年4月29日(日曜日)

明日の暑寒別岳春山スキーを予定してしていたが空模様が思わしくない。

明日キロロにスキーに行こうか迷うがとりあえず暑寒荘迄行ってみる。

昨日は、大勢の人が入り込んでいたと見えて道路脇のスペースに3台停めてある。

暑寒荘に入ると見覚えのある人が・・・・・・・・・・・・恒例の暑寒別岳春スキーで集まる

チロロ2さん、福永さん。残りのメンバーはGPSを使用してピークを目指していると言う

事で未だ戻っていない。

食事の買出しで小屋を出ると暑寒荘管理人の岡谷さん夫妻と会い「山岳部の人も明

日登りますよ」の話を聞き街へ・・・・・・・・・

小屋に戻って間もなく残りのメンバー渡辺さん、佐藤さん、小泉さんも戻り

暫しスキー談義。

人の入りも多くなり暑寒荘満杯状態・・・・・・・・・・・・相部屋、廊下に寝ることを勧め

3階廊下に・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「今日も運動会の前夜・・・・?」

コメント

魚止めの滝まで

2007-04-30 | 渓流釣り

2007.04.29 from syokan hokkaido 「雪代水」

2007年4月29日(日曜日)

二日前友人から電話があり、行者ニンニクと禁魚前の山女魚釣りを兼ねてA川へ、

川は、雪代水で冷たそうな水が勢いよく流れている。

友人に二年魚位の雪代ヤマベがヒット、続いて私にも今年の初キスを済ませ次の

ポイントへ雪に埋まりながら川に沿って歩く。

行者ニンニクが出ているかなと崖の上を攀じ登り見てみると出ていたが茎がまだ

伸びていないので採るのを止め次回に・・・・・・・・・・・・・・・次回には有るかな?

魚止めの滝まで雪代ヤマベと行者ニンニクの出会いに満喫しておにぎりを食べ歩き

ながら車に戻る。

フォトアルバム 2007.04.29 渓流釣り

 

 

コメント

ツボ足で

2007-04-22 | バックカントリー

2007.04.22 from kamuisiriyama hokkaido 「暑寒連山」

2007年4月22日(日曜日)

道道当別浜益線を走り、道民の森神居尻地区の自動車道路前9時に着く。

入林届に記入し、開園前の除雪された道路を走り神居尻山Aコース前の駐車場

から9時30分スノーシューを背負いツボ足で・・・・・・・・・・1時間前に登った先行者の

踏み跡を辿って穏やかな天候の中、左程ヌカル事無くストックノの力を借り展望が開

けた尾根に10時40分着く。

右方向に谷を挟んだ神居尻山・・・・・・・そして・・・・・・・・左方向に・・・・・・・・・・・・・・・・

晴れ渡った空の下に・・・・・・・・・・・「暑寒連山」・・・・・・・・・・・素晴らしい眺めに感動し

11時下山する。

帰り際朝見た白鳥を真近に観察し、午後1時自宅に戻ると同時に来客の車が・・・・・

「間に合った~!」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


 

コメント

シベリアへ

2007-04-22 | ドライブ

2007.04.22 from toubetu hokkaido 「V字編隊」

2007年4月22日(日曜日)

道民の森へ行く途中、編隊を組んで飛んでいる鳥を・・・・・・・・・・・

マガン・・・・・・・?

鶴・・・・・・・・・・?

白鳥・・・・・・・・?

シベリアへ旅立ちだ。

コメント