和がまま紫苑の人生「思うがまま」

きもの着付けは引き寄せのとてもいいレッスンだとほかのことに応用。環境どんどんいい方向に。探求、実践してみます。

二部式きもの、作り方の本を見つけた

2015-04-21 09:02:51 | 手仕事 和裁

 

 先に紹介した二部式きもの。

先生のものを拝見して待ちきれず、ネットで作り方を検索しましたが、これがもうどこにも載っていないのよ。

たいていの情報、ネットで入手できるのに、これだけはない!

ようやく見つけたと思ったら、「作り方はこちらを購入してください」と有料なのね。

で、和裁の先生に電話で尋ねたところ、

「私は簡単にカットしただけで、和裁の本見て作ってもあまり変わらないわよ」とのこと。

でも、一度はちゃんと知りたい。その上で、省略できるところは省略したい、ですよね。

 

 

で、本の名前教えてもらい、古本でお取り寄せ。

「新しい和裁教室」(創元社)とありますが、決して新しくない。

で、作り方はですね。

 

やはり、5センチの前下がりになっています。

後ろより前のほうを長く取るのです。

出来上がり寸法、標準で上着の後ろの寸法は52センチ

前はそれプラス5センチの57センチです。

布の裁切り寸法は、

後ろ身丈・出来上がり寸法(52センチ)+折り返し(5~10センチ)=57~~62

前身丈はそれに前下がり分の5センチを足してください。ここだけがポイント。

本では着るときに、上着の裾で折り返しおはしょりを作る長さになっています。

 私の作ったものより上着丈が5センチ長くなっているのは、そのせい。

 私のは、そのまま着る長さになっています。

 着丈が短いので二部式きものにしてみる」

 布に余裕があるなら、折り返せるように作っておいたほうが調節はできますね。

本では布を断って作るようになっています。

ダブル(142センチ)で225~245、ヤール幅(91センチ)で4メートル前後の布が必要になります。

きものを洋服地で作る場合、5メートルは必要ですから、

短い布でも作れますね。

上と下、布を変えたりして~~(笑)。

まずは単衣や夏物の着丈の短いものを二部にします。

本によると、二部式のメリットとして、

1 おはしょりのところがかさばらないのですっきりする。

2 用布も短くて済む。

3 使う紐の数が少ないので、衛生的である(とありますが、楽ですよね)

私が感じたメリットは先に挙げた通りですが、これほど便利な二部式きものが普及しないのは、やはりきものは「メンドウを楽しむ」、あまり簡単に着られると面白くない、という心理からでしょうか。

女心って複雑ね。

待機中の着丈の短い単衣&夏物。

まずは単衣から。次は、縞の秋田八丈でやってみます。

八丈を自分で洗う」この八丈よ。

というわけで、本日は写真も地味ですが。

気が向いたら

応援ポチ嬉しいです。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 女が女でいられること・唐桟... | トップ | 私のジーンズきもの・「くる... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (うまっち)
2015-04-21 11:40:40
生徒さんで、2部式着物にしたいという方がおられます。
また教えてくださいね。。私は和裁も洋裁もできないので無理ですが・・・

デメリットも知りたいですわ、よろしくお願いします。
デメリットって何だろう (紫苑)
2015-04-23 08:47:31
うまっちさん
コメントありがとうございます。
二部式のデメリットって何だろう。着用するときに優雅さがない、くらいではないかしらん。実際に着用してまたご報告しますね。
Unknown (たぬ吉)
2015-05-05 13:16:14
補足です。
前下がりの部分を少しでも自然に生み出すために、お着物をふたつに着る際に、おくみ線から衿先にかけて、なだらかに2~3センチほど斜め下に下がる裁断線を描いてください。
だいたいは水平に切るのですが、左右のオクミ線から衿先にかけて、なだらかに下がる・・・
その結果、上衣がこの部分少し長くなる、という按配です。
ありがとうございます (紫苑)
2015-05-06 09:13:49
たぬ吉さん
丁寧な説明ありがとうございます。
ブログも拝見しました。
今度リンク張らせてもらえませんか。
とても参考になりました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

手仕事 和裁」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事