和がまま紫苑の人生「思うがまま」

きもの着付けは引き寄せのとてもいいレッスンだとほかのことに応用。環境どんどんいい方向に。探求、実践してみます。

女優きものとモデルきもの

2019-07-14 21:47:58 | 着付け、試行錯誤

 

蒼井優さんのアンティークきものを見て、

同じ着物でも女優さんとモデルさんでは

ずいぶん違うなあと、

以前から感じていたことを

再確認しました。

いま発売中の「美しいキモノ」


 

このところきもの雑誌には

手が伸びないのですが、

今回は竹内さん着用の着物が

あまりに素敵で。

もちろん、名のある方の作品ですが、

同じものをモデルさんも着用なのですが、

なぜかこちらには惹かれなかった。

 

少し前に「婦人画報」では

「女優のきもの」を特集していました。


 

山口智子さん、木村多江さん、樹木希林さんらが

ご自分のきものを着て登場。

好き嫌いはあれど、やはり「いきいき度」

違うなあと感じました。

 

これは雑誌に限らず、単行本でも同じなような。


「あたらしいキモノの教科書」(木下着物研究所)

 

とても素敵な本なのですが、

「教科書」というくらいですから、

やはりすのすごく正統派。

モデルさんは著者本人だったり、

その知人だったりして

プロのモデルさんではないようなのですが、

帯の結び方などきちっとしてて、

私には合わないなとすぐに返済。

 

「季節ごとの日本のおしゃれ72候を教えてくれる本」

こちらは同じ素人モデル、もっとゆるい~。

 


同じ正統派なのに、

「毎日きもの」の河村公美さんは

ご自分に一番似合う着こなしだなと

感じます。

 

 「毎日、きもの」河村公美さんのきもの

 

 思うにモデルさん着用のきものは

おそらくあまりにスキがなさすぎる、

自分のモノにしていない、

どなたかが「幽霊みたい」と

おっしゃっていましたが、

まあ、それほどではなくても、

自分を消していることは確か。

ファッション界では

「モデルはぜったいに自分を出さない。

着ている服を最大限によく見せるのが

いいモデル」だそうです。


でも、着物に関しては、

私は女優さんが、自分に一番似合うように

工夫している、その工夫を見るのが好き。


「樹木希林さんの奔放きもの・布を生かし切る」


しかし、これが洋服となると、なぜかやはり

一流のモデルが着ているのを見るほうが

刺激的だし楽しい。



女優さんが着ていても、似合う、似合わないとは

感じても、それほど素敵に

感じられないのはなぜだろう。


思うに、

雑誌やパリコレのファッションは

私にとってアートだからかな。

 

女優さんが着ると日常性が出てしまう。

きものだって、アートだけど、

私にとっては

きっと「日常的に身に付けたい」との

願望があるから、かな。

きものは自分なりに身につけてこそ

美しい、

美しいから後世に残る~~、

身近な存在として後世に遺したい、

そんな願望が好き嫌いのなかに

含まれているのかもしれません。

「お太鼓の大きさを考える、ずっしりとすっきり」


いつも応援ポチ

ありがとうございます。

励みになっております。


にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村

コメント

薄もの、あえて裏を透かしてみる~~

2019-07-05 11:37:32 | 着付け、試行錯誤

 

NHKBSで素敵な着物を紹介していました。

番組というより、一瞬の紹介っという感じで

一枚の浮世絵を紹介。


 

若い女性が薄物を着て、恋文?を読んでいます。

黒の絣に臙脂系の更紗の帯を

無造作に締めています。

帯のゆるりとした感じがすごく好き

こんな風にゆったりと着られるこのは

もうないのかしらん。

まあ、おうちきものなら。


袖からは赤系の襦袢をしっかり覗かせて~~。

赤が効いていて、とてもきれい。

今なら、

「襦袢の袖、見えてますよ」と言われる~~??

「長襦袢はチラ見せ下着だと思う」

 

 

説明では、下に敢えて色のついた襦袢を

身に付けることで、

うっすらと色を浮かせたといいます。


裏を見せるといえば紗袷が思い浮かびますが、

あれは二枚重ねなので暑い。


でも襦袢なら~~、

何かの拍子に裏の色が浮かんで見える。

これを本当の「色気」というのではないでしょうか。


薄物では下着が見えないように

神経を使いますが、

この場合は逆で、もう浮かびあがらせたい!

 

でも、実際に色浮き出るのかなと

早速実験!

 

これは麻の絣ですが、しっかりした生地なので

あまり浮き出てきません。

 

 

さすがにベージュ系、

それに薄いので青が浮き出ています。

この着物を着るときにはすごく神経使うのです。

それを逆手に取れるかも!

夏キモノ、カンペキじゃなくても許してね」

 

でももっと強く出て欲しい。

下の色が薄いのではないか。

もっと強い色がいいのではないか。

これは襦袢用にきれい色の麻をゲットしようかと

迷っていたところ、

いいモノを見つけた。

撮影用に使っている(笑)

鮮やかなブルーのスカーフ。

これは友人がトルコに行ったときのお土産です。

五年前・。

今では鏡の横に掛けてある。

マイカラーなんだよね。

 

これを使ってみました。

 

おお、色がはっきり浮き出ています!!


これできものスカートを作ってみよう。

ヒントは、猫千鳥さんの、

「長襦袢ワンピース~~」

 

猫千鳥さん、リンクさせてね。

こちらを参考にして作ります。


歩いているときに、チラりチラりと色が

覗くのは素敵~~。


 

ピー、そこの人!!

って警笛鳴るかな~~?

それも合わせて実験だああ~~。


というわけで、

いつも応援ポチ

ありがとうございます。

励みになっております。


にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村

コメント

きものは楽に着る!「安室着用の帯ベルト」風を自己流で

2019-06-26 11:11:03 | 着付け、試行錯誤

 

娘が土曜出勤の代休で、

平日に休んだので、ランチを一緒にしました。


久しぶりに着物を着ました。

汚れてもいいように木綿きものです。

久しぶりの着物、こんな木綿きものでも

やはりいいなあ。

歩いていると、

「素敵ですね」となんと、二人もの方から

声をかけていただきました。

それがメインではなく(笑)

この日、あまりに暑いので、

できるだけ簡単に着たいなと、

そんなときにはやはり二部式かなと

いろいろ出して迷っているときに、

ふと思い出した!!

安室さんの最後を飾る

花火イベントで着ていた浴衣、

→興味ある方は。。。

 

その浴衣で使っていたのは帯ベルト、

というものだそうな。

これです。

芭蕉白というそうです。

真田紐に帯留め風。

お値段は4万円以上~~。

後ろはカルタ結び風にぺたんこ。

 

これはいいかも、

マジックテープ使い、だと察する。

 

これって、すぐに自分で作れるな、

と思ったあと、

そうだ、これって、二部式帯の

前帯だけで使えばいいんじゃない

ということで、早速試してみました。

 

半襟が明るすぎるので、

帯に目立つものを持ってくると

ちとうるさい、

そこでいつも出す絞りの部分を

隠して藍の部分を前に。

まったくなくなるのも寂しいので、

横にちらりと見せます。

そこに帯締めとひょうたんの帯どめを。

で、後ろはどうなっているかというと、

後ろには色、アクセントがないので、

絞り柄は後ろにあってちょうどいい。


こんな感じです。

 

帯締めの紐は右横で結びます。

帯留めしない場合は前で結んで

いいのだけど、帯どめの場合

結び目が後ろにくるとちと

美しくない~。

左横で結ぶと結び目が見えない。


もう、楽

その上、一粒で二度美味しい二部式。

 

 

半幅帯って動いていると形崩れやすいし、

形を気にして椅子に座るにも

気を遣う。

これは普段使いに重宝しそう~~。

というわけで、

安室さんに感謝、の

紫苑式帯ベルト風、でした。


きものコーディは同系色でまとめると

ワンピース風になります。

ワンピースきもの&ウイッグ」

東京駅で友人を見送る・同系色コーディ」

いつも応援ポチ

ありがとうございます。

励みになっております。


にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村

コメント (2)

燕コーディの着回しと帯の形へのこだわり

2019-05-19 19:47:36 | 着付け、試行錯誤

 

捨ておいていた着物関係の記事ですが

アップしておきます。

先の燕コーディ、

最初は縞小紋に合わせるつもりでした。

日本橋丸善~~生紬、藤と燕とカーネーション」


ちょっと仕事という雰囲気ではないかなと、

お召し替え。


後ろからみるとそうでもないのですが、

前からみると、


ちょっとシドケないかなと。


半襟はこちらのほうが合うなあ。


帯揚げはモノトーン格子。

帯締めは緑系で翡翠でした。


こちらは生紬にカーネーション。

帯締めも同じ緑ながらちょっと違う。

帯同じでも、結構印象変わるなあ、

これも着物着回しの面白さです。


あと、帯結び。

これは前に銀座に行ったとき、

平成最後の日は銀座!~~弓ケ浜綿」

 

最初に結んだときには、こんな風に

お太鼓大きくてぺたんこ。

気に入らないなあ~~、


そこでふっくら結び。

やはり私はこちらが好き。

帯に通した帯締めを少し上に

持ってくるだけですが。

「お太鼓の大きさを考える~ずっしりとすっきり」


 

というわけで、

残りモノきもののアップです。

ブログネタは数々あれど、

アップの時間が~~。

残りものには福がある~~?

ありますように~~。

燕来る母は出かけてをりまする

野中


いつも応援ポチ

ありがとうございます。

励みになっております。


にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村

コメント

帯留め三部紐では帯は支えきれないことも~~。

2019-02-23 09:00:29 | 着付け、試行錯誤

 

先日の断捨離で帯どめに興味を

持っていただきありがとうございます。

帯留めは使ったことがないとのことですので、

帯留めについてアップさせていただきます。

帯留の裏にある金具に帯締めを通せば

いいようなものですが、これがなかなか。

というのは、

細い三部紐では重い帯支えきれないのです。

特に袋帯は重過ぎる。


この辺り帯留めについて

なかなか書いてないのは

少し残念です。

ご存知の方はともかく

あくまでわたくしはこうやっているとの

例です。

 

ワタクシは、

三部紐で帯を支えるときには、

隠し紐を使います。

あえて袋帯を使いました。

袋帯で後ろの形を作ったところです。

 

 ①垂れの下に隠し紐を通します。

私はストッキングの片方を使っています。

これは三原佳子さんの本で一番伸びやすく

しっかりしていると紹介されていました。

60ディールです。

この隠し紐はお太鼓の形を整えるのにも

便利なので一本作っておくと役立つと思います。

 

 ②で、この紐を着物のおはしょりの線に

 そって前に回します。

前で結んで帯のなかに仕舞いこみます。


③ 手先をお太鼓のなかに入れたところ。


もうこれで、帯締めをしなくても

帯はしっかり安定しています。


④ ここに帯どめのついた帯締めを。

三部紐です。


 

☆ 隠し紐を使うのがメンドウな方は

帯締め二本使いというのがあります。


しっかりした帯締めでまず帯を支え、

それから本命?の三部紐をします。

二度、あるいは三度ねじって、後ろに回します。

 

こんな感じ。

帯締めの色が重なったシャレたイメージに。


三部紐を使わない帯留め(金具の穴が大きい)も

多いのですが、それだけでは少し心もとない、

こともありますね。

 

 

次はブローチ帯留めで。

これも要注意です。

 ① 帯締めに針をさしますが、

 ②帯締めが硬い場合、なかなか刺せない。

 ③帯に刺すと、いい帯だと小さな穴が開きます。

 ④ 刺すとき、針が指に刺さらないように注意してね。

 ⑤ちゃんとブローチを固定させないと、

いつのまにかなくなっているということも。

 

猫ブローチ。

うーん、ちょっと色が地味だな。


ではチューリップにしようか。

とすぐにチェンジできます


というわけで、知っている方は知っている。

帯留めの楽しみ方でした。

お茶席では使わないので、

お茶を嗜んでいると、

使う機会ないという方も、

お出かけなどで楽しんでくださいませ。

関連記事

「三原佳子さんの着付けを試してみる」

帯留めといえば池田さま

ありがとう、さよなら池田重子さん」

というわけで、

僭越ながら、帯どめの遣い方でした。

こうして書くとメンドウに思えますが

慣れると楽しいです。

いつも応援ポチ

ありがとうございます。

励みになっております。

 


にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村

コメント

着物、カンタンに着るために。二部式襦袢、二部式きもの&帯

2019-02-12 17:38:50 | 着付け、試行錯誤

 

グーblogは自分のブログを検索してくれた

テーマのアクセス数が載るのですが、

拙ブログで毎日のようにどなたかがアクセスしている

テーマがあり、それは

二部式きもの、作り方の本見つけた」


これは前にも書いたのですが、

二部式きものの作り方は

ネットにアップされていない。

そのせいだと思います。

あまり毎日なので、

自分のブログながら気になって覗き、

ついには自分でまた二部式きもの作って

しまいました。


二部式は生地から作る場合と

丈の短い着物をカットして作るケースがありますが、

私はもちろんカット派。


二部式を作るには、単衣がベスト。

袷は裏の始末大変だから。


今回は、前にわざわざ何十時間もかけて

継ぎはぎをした近江上布をカット。

「やっと出来た!継ぎはぎ上布」

 

これです。

 

でも前に継ぎはぎしてあるので、

今回は足す部分もなく、カットするだけ。


上の 部分。

前の作り方にも書いてありますが、

前下がりの部分、後ろよりおおよそ5センチ長くしてください。

 

下の部分。腰回りに紐をつけます。


 

これは裾からだいたい80センチあれば、

上のきもの部分で隠れます。


腰に巻くために足りない部分は足し布をしますが、

今回は、もう足してあるので、そのまま使います。

あっという間にできたので、

早速着用します。

襦袢は先に作った

「半襦袢改造!」 

 

 

後ろはこんな感じで、

半幅帯でも線はきれいに出ます。

この帯は二部式の前帯部分だけ。

おうちでならこれでもいいですよね。



お太鼓をつけるとこうなります。


前はこうなります。

横が少し長くなっていますね。

これは縫い留めてないためです。

長さを調節しようと思って。


「自分サイズに作る着物と帯」

「切らずに作る作り帯」

という本もあります。

図書館で借りて

お正月に作ろうと思ったけど、

あまりに面倒で、これなら自分で着たほうが楽だと

思って止めた。

 

一着しか着ない、

たまにしか着ない、

着付けを習うのは面倒、

でも、着物着たいという方には

便利かも。

確かきもののやまとさんで、こういう自分サイズ着物

作ってくれるのよね。

というわけで、

今回はとにかく簡単に着るための

二部式特集でした。

 

二部式きものの便利なところは

簡単に着られる、だけではなく

上下、別々に洋服として楽しめるところです。

次は洋服バージョンをアップしたい、

と思っております。

 

励みになっています。

応援ポチよろしくお願いします。


にほんブログ村
にほんブログ村

コメント

半襦袢改造~

2019-02-09 20:47:44 | 着付け、試行錯誤

 

「引き寄せ」の記事アップも面白いけど、

カラいものの次には甘いものを口にしたくなるのと

同じで、

交互にアップしております。

どちらも楽しい。

ご了承ください。

 

より簡単にきものを着るために、

半襦袢を改造しました。

長じゅばんは着ないという選択。


まずは、半襦袢の襟の真ん中を少し開けて、

襟芯はもうここに入れてしまいます。


真ん中を少し開いて。

ここから襟芯を入れておく。


 

「半襟チェンジの簡単な方法」

と同じ方法。

何度か試してみて、

これだと半襟をつけるとき、

とても楽になりました。


 半襦袢は麻です。

これは「おとこ着物」の鴨志田さんが

「一年中麻のじゅばん」とおっしゃっていたので、

そうだよな、麻一年中使えるよなと

思って冬でも麻を使用。

とにかくどんどん洗える。

冬の室内暖房効いているので、

結構汗かきます。

すべて麻の襦袢ではなく、

特に夏と冬と

特に分けなくてもいいのでは?ということです。

寒いときには、なかにヒートテックなどを着用。


半襟をつけます。

 

 

「お茶用漢方染め無地をカジュアルダウンしてみる」

もう一つの改造は~~。

これはもうやっている方多いと思うのですが、

襦袢の襟先に紐をつける方法です。

そう、子供のときの寝間着!やら

浴衣やらのときに着けるあの紐です。

私はコーリンベルト使っているのですが、

コーリンは固くて苦手、でもカンタンに

着たいという方はお試しください。

 

襟先に紐をつけてます。


きもの仲間」

市販のひも付きを使っているそうです。

かなり楽だとか。


半襟用に使った残りの生地で

ターバンを作りました。

 

こちらは伸び縮するストッキングに

生地を絡ませてちょちょっと縫っただけ。


というわけで、

前にアップしたときには、

襦袢が見えない写真をチョイスしました。

今度ウソツキ袖付けようっと。

というわけで、

半襦袢改造でした。


いつも応援ポチ

ありがとうございます。

励みになっております。


にほんブログ村
にほんブログ村

コメント

「七尾」のゆったり着付け・秋月洋子。花邑すぎえさんも

2019-01-21 21:15:21 | 着付け、試行錯誤

 

古本屋で見つけたのは

「七尾」(2017年版)。

特集は「ゆったり着付け」応援団。

 

 

「苦しい」「キツい」「大変」といった

着付けはもう卒業。

普段は「ゆったり」着付けがいちばん。

中を覗くと、秋月さんのほかに

花邑帯教室のすぎえさんも。


知る人ぞ知るすぎえさん。

この方、面白いのよ。

「帯の花邑、個性豊かな人たち」

若いころ、子供ふたりを連れて

神社に奉納の踊りをしながら全国行脚。

小銭をいただいていたんですって。


まっ、それはともかく

本に記載の

「ゆったり着付けのポイント」はね、

① 帯は銀座結びで前結び、

 帯板なし、帯位置は低く。


秋月さんは帯位置、ぐっと下げて、がお好み。

② 帯揚げは最初に包んでおく。

とまあ、着付けの基本といったところ~~。


② コーリンベルト二本使い。

襦袢ときものとの二本ね。

これは私も三原さんの本を見てから。

ほんと、楽。

きものと個性2~~三原佳子さん」

三原さんの着付けを試してみる」

三原さんの着付けも載っていました。


わたくし、後ろ帯の位置は

高い、ふっくらが好みです。


 

銀座結びの乱れの理由がわかった」

帯位置はそれぞれお好みでいきましょう。


そのほかの方々の「ゆったり」としては、

一年中単衣、

胸周り補正なし。

胴抜き仕立てに二部式帯、とかね。


 こんなことしているの、

ほんと楽しい!

というわけで、

ゆったり着付けでした。

ときには、キリリと着るのも好き

いつも応援ポチ

ありがとうございます。

励みになっています。


にほんブログ村
にほんブログ村

コメント

半襟チェンジの簡単な方法、やっと見つけたぞ!

2018-12-25 11:44:14 | 着付け、試行錯誤

 

着物の半襟はおしゃれの大切な要素。

どんな半襟にするかが楽しくも

あり悩ましくもあります。

 

ところが、ですね。

この半襟付け、もっとも面倒くさい。

つい無難な白やベージュで付けっぱなしにしがち。

着物の楽しみは減りますね。


 永遠の課題~~、だって。

永遠の課題にしないでよ!


私のように半襟をしょっちゅう変えたい人は、

襦袢をいくつも用意して

違う半襟縫い付けておくことになります。


 

しかし、断捨離しようしている身には

何枚もの襦袢持ちはキツい。

 

そんなときにみつけちゃった。

半襟チェンジの簡単な方法!!

先に刺し子半襟を付けていたとき、

もう生地が厚いし、エライ難儀した。

難儀の最中に、ひらめいた。


まず、襦袢の襟の幅ってどうして

5・5センチもあるんだろう?

なのに襟芯はおおよそ4.5センチ

1センチも幅が違う。

この幅の違いが、

遊びやずれやゆるみやらを作りだし

付けにくくしてしまう。

ヤフーで誰か質問しているけど回答なし~~、

襟芯の幅と襟幅が違っているときどうするの?」



そこで襦袢によっては

襟の幅を狭くしていました。

「黒留レッスン・裏技使っちゃおうと」

 

これを今回もやろうとして、

そうだ!

襦袢襟にもう直接襟芯を入れようと。

P8034865_2

浴衣に直接襟芯を入れるのと同じですね。

浴衣の襟には直接襟芯を」

 

ただし襦袢には端から入れるのは大変なので。

 


① 襦袢の裏を中心からおおよそ6センチ、

全部で12センチくらい解き、

幅を狭くするためにこの部分の襟を

少し縫い込みます。

この部分だけでも縫い込むと襟芯が

緩まず、遊ばない。

まあ、面倒ならそのままの幅でも。


② この隙間から、襟芯をいれます。

 そしてまた簡単に縫っておきます。

 これだけ。

 

③ 襦袢の布の部分に直接、

たとえば、百均でゲットした英字模様の布を

両面テープで貼り付けます。


 

プロの応急処置として半襟に直接

両面テープを使う方法もあるけど。

「両面テープでの半襟付け」

まあ、いろいろやったわけですよ。



同じ両面テープでボーダー布。

もう、見えるところだけでOK。

 

 

 

後ろはこんな風に襦袢の布になりますがOK。

後ろにポイントシールなんか貼り付けても可愛いですね。


これなら好きな布やリボン、

レースなど

どんどん簡単にチェンジできます。

両面テープ、私は百均だけど、

着物用に良質なものもあるようです。

 

これだと、襦袢に半襟を縫いつけるときも、

ぶかぶか緩まないので、気持ちがいい。


飽きたらピッと剥がして、今度は

薔薇刺繍の半襟を。

これは普通の付け方だけど、

あとで襟芯入れるより襟が

しっかりしているのでスムースにできる。


 

そもそも、なんで襦袢襟の幅と

衿芯の幅、こんなに違うの?


というわけで

半襟いろいろ遊んでみましょう。

 

応援ポチありがとうございます。

励みになっています。


にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村

コメント

濃い紫縮緬&博多帯・見える襦袢の襟はこうする

2018-12-20 22:15:04 | 着付け、試行錯誤

 

 知人との集まり、忘年会に行きました。

夕方お出かけ、

外はすぐに暗くなってしまいますね。


濃い紫、赤く写っていますね。

博多帯&紫系端切れの帯揚げ。

ブルー系道明。


半襟は~~。


刺し子、といいたいところですが、

実はこれ夏用のスカートのウエストゴム部分です。

捨てる前に、いやこれは使えるぞと(笑)。

ゴムだから伸びて襟に付けにくかったけど、

どうにか。

これが楽しい

 

外で空の美しさにうっとりしていたら、

すぐに~~、暗くなる~~、

デジカメのせいかボケた、けどそれがまたキレイ~^。

で、外写真は撮れず~~、コートだしね。



おうちでぱちり。

 

着物から襦袢の襟が出ている~~、


 

いつも着付けの最中、襟出るのよね。

何度かやり直してはみるものの、

着付けているうちに、また出る。

そこで、全部着てから、

裾をまくり、襦袢の襟が隠れるまで

襦袢をぐっと下に引き下ろす。

 

帯できものは動きにくくなっているから、

これでやると一発で襦袢の襟隠れる。



着物は、ウエスト周りピシっとなって

ホント、気持ちいい


冬は腰回り、冷えるからきものバンザイだわ。

着物着るたびに、

「ああ、気持ちいい」

だから着物はやめられない。


というわけで

応援ポチよろしくお願いします。

励みになっています。


にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村

コメント