和がまま紫苑の人生「思うがまま」

きもの着付けは引き寄せのとてもいいレッスンだとほかのことに応用。環境どんどんいい方向に。探求、実践してみます。

きものは高級ワインのように

2018-08-12 11:08:48 | おしゃれのルール


さて、

一枚のお気に入りのきものを買ったら、

あっ、買ってない?

まあそれはそれで。

 

いますぐに着なくても

そっとワードロープに仕舞っておきましょうか。


 

「池田重子・半襟のおしゃれ」


着物買うほどの気持ちになれなかったら、

美しい半襟でも~~。

それをときどき出して眺めるだけでも

心安らぐ。

 

美しいものを凝縮したような繊細な手仕事。

まさにスピリチュアルがこもっている。


私がきものに興味を持ち始め、

自分の大切な着物を譲ってくださることに

なったとき、

「もう着れないんだけど、

ときどき出して眺めていたのよ」と

仰ってた方がいました。

「見ているだけでなんてきれいなんだろう」って。

 

きものは高級ワインのように。


 

洋服では「いつか着られる」

「いつか着よう」は禁句。

処分の対象になりますね。

いつかは来ないよ、と。

 

でもきものは別格。

 

箪笥の奥に仕舞っておき、

静かに熟成のときを待つ。


 

ただし、

熟成するのはワインではなく、

あなた。

 

流行のない着物は

高級ワインのように

時が経てば経つほどおいしくなる

時が育ててくれる。

過ぎていく時が楽しみになる。

 

実際は買わなくても

「どんなきものがいいかな」

と探すだけでも、

「こんなのがいい」と

雑誌の切り抜き持っているだけでも

気持ちは緩む、ワクワクする。

ワードロープに一枚の和モノを。

和のエネルギーがあなたを別世界に

連れていく~~。

 

 というわけで、

きもの推進委員会の紫苑でした。


いつも応援ポチ

ありがとうございます。


にほんブログ村

コメント

一枚の着物でシンプル&豊かになる

2018-08-06 10:26:20 | おしゃれのルール

 

本日8月6日は

広島人には忘れられない

「原爆記念日」

黙祷から始まる一日。

平穏な日々は本当に有り難い。

 

 

さて、

 

少し前にベストセラーになった

「フランス人は10着しか~~」(大和書房)

この本が売れているときには、

きもののことしか頭になかったので、

「じゃあ、きもの10着にできるかな」など

考えたものでした。

きものは10着でいい?」

 

いや、済みません。

10着も必要ありません。


たとえば洋服10着に減らしても、

そこにきもの一着加えるだけで、

ワードロープ、

だけではなく、

暮らしが途端に

シンプルで豊かになる。

 

シンプルと豊かさは本来両立しないものですが、

シンプルと並べて使われる

豊か」はココロがメイン。

 


もちろん心が豊かはなにより素晴らしい。

でも洋服減らすことなかなかできないのは、

少ないだけでは味気ないかも、との

思いが残るから。


ココロだけではモノ足りない、

シンプル、かつリッチ気分もほしい、

という欲張りを叶えたい。

そんなときこそ、プラス一枚のきもの!

 

 

 

洋服どんどん処分しています。

なのに、

最近は、きものばかりにこだわらず

洋服も着ます。

減らして定番できたから、

こちらも楽に。


 

ワードロープに残ったのは~~。


欠かせない麻の羽織モノ。


 「すっぴん、洋服なのに誉められた!その理由は」

ほら、胸のないのをそれとなくカバーしたり、

冷房効き過ぎを防いだり、

シルエット的にも好み。


それに長めスカート。

四枚プラス、

家用の一枚。

 

左の藍は40年!前に買ったイッセイさんのスカート

浅葱は絹で、これも30年以上前に。

好みは昔から同じ、ということがわかります。

素材は、左から綿、朝、絹、綿。


これらスカートに羽織モノを合わせて

どこでも行きます。


麻なのに洗濯禁止ってどうよ。

どんどん手洗いします。

 

まったく変わらない。

 

で、このワードロープに着物を加える

好きな、お気に入りの一枚をぜひ。

もうそれだけで、いきなりリッチ気分。

どこに行っても堂々と。


最近は、洋服より着物安いくらいだからね。

最初はプチプラで十分。

それでいて、

人気(じんき)などいいことを引き寄せる。


きものプチプラ

ワードロープに一枚のきものを」

 

というわけで、

勝手にきもの推進委員会の紫苑でした。

 

いつも応援ポチ

ありがとうございます。


にほんブログ村

コメント

ワードローブに一枚の着物を

2018-06-27 09:16:36 | おしゃれのルール

 

最近とみに思うのは、

もっと早くからワードローブに

着物を加えておけばよかったなということ。


 

洋服に何を着たらいいのか

迷ったとき、

これまでの洋服が,ちと似合わなくなったとき、

一枚の着物は大きな助けになります。

 

 

でも着付け習いにいかなきゃと思いますか。

着付けできなくても、いつかこれを着るんだと

思うだけで、楽しい。

着付けはね、それこそ暇暇に本やネットで

習う。

すぐにはきれいに着られなくても、

それはそれでOK。

おしゃれの励みになります。

そして、時間ができたときに、

それこそ自分のペースで習えばいいしね。

 

今は、もう一回で着られるコースとか、

三回でOKとか、いろいろあるんですよ。

ブログで近くで着付け教えてくれるとこと

探してもいいし。

それがメンドウなら、とにかく自分で。

私は、基本自力。

あとときどき、着付け師さんにコツを教えて

もらいました。

「目からうろこの着付け技で美アップ」

少しずつでも上達していくのはとても励みに。

最初はとにかくひどいもんで。


P7214487keki2

夏大島でホテルお誕生日会」

でも、ホテルでも仕事でも、

どこにでも着て行ける上、

相手がどんなブランドものの洋服着ていても、

引け目を感じない。

たとえプチプラでもね。

着付けさえちゃんとしていれば。

フリマ・プチプラ」

娘の婚約者のご家族と会う時も

着物は大いに活躍します。

母子家庭の娘結婚事情・お姑さんが~~」


ファッションに迷う時期になったらきものと

いう選択もあるということ、

覚えておいて欲しいです。

 

というわけで、

きもの勝手に着物推進会の

紫苑でした。


いつも応援ポチ

ありがとうございます。


にほんブログ村

コメント (2)

あの方も言っています。「正解はない、私があるだけ」と

2018-02-08 11:18:39 | おしゃれのルール

 

所用があり池袋に。

通路を

着付けに正解はあるのかなあ」って

考えながら歩いていたら(ウソつけ!)


あの方が

正解はない」と返事をしてくれたので

びっくり。

はい、J事務所のKさんです。


はあ、そうですか、そうですよね。


J事務所、写真解禁になったとはいえ、

ちょっと、ね。

一応の顔隠し~~。

 

はい、「正解は、ない」

 私があるだけ」って。


リードの文章にはこうあります。

「~~あるべきを逸脱した瞬間、

言葉が視線がナイフのような鋭さで

一斉に攻めてくる」


まあ、私の場合はそれほどでもないけどね。


「~~予定調和と正論が世の中を

息苦しくする。

正解が一つしかない世界は退屈だ。


いや、ホント。

と相槌を打ちながら通路を歩く紫苑。


あたらしいわたしを始めるのは、

いつだって私しかいない


本当だわ。


とまあ、そのあとCMになっていくのだけど、

ドンピシャの回答?でびっくり。


私のブログ読んでたのかしらん(笑)。

というわけで、この方のムービー

見ることができます。


気をよくして歩いた先に

こんなの見つけた。



買いましたよ。

面白い本がいっぱい。

そのなかの一冊。

「志ま亀」の店主の一代記。

書店では入手しにくい一冊。

これについてはまた。

本日はこれにて。

あの方も応援!?

我田引水ながら、心を強くした

もう十分強いでしょう。

紫苑でした。

いつも応援ポチ

ありがとうございます。

励みになっております。


にほんブログ村
にほんブログ村

コメント (2)

葡萄色無地紬で5パターンコーディ

2018-01-13 11:13:04 | おしゃれのルール

 

友人との集まりがありました。

夕方お出かけで時間があったので、

きものを着たついでにいろんなパターンを

試してみました。


無地紬は、ちょっと間違うと

仲居さんになってしまうので

用心が必要ですが、

色遣いを工夫すると

それこそ無限に?何通りものコーディを

楽しめます。


まずは木綿帯で。

 

半襟は先の絞り紬と同じ浅葱ドットです。


木綿カラフル帯。

これだけだと沈むので、

帯揚げに反対色の鮮やかなブルーを。

長襦袢をカットしたものです。


 

後ろもカジュアルに銀座結び。

 

着た順番は違いますが、

次は半襟を変えて。

ベージュに黒系グレーの矢羽根。

黒系半襟はあまりしないのですが、

ある方に刺激されて。


少し粋になりますね。


そこで帯は博多を。

帯揚げに山吹の紅型の布を。



そして、実際のお出かけは、

葡萄色同系色に抽象模様の花。


帯揚げは鮮やかな瑠璃と黒のツートン。

写真では黒は見えていませんが。


後ろです。

 

 この日は三パターンですが、

前に同じ紬で反対色コーディ。


反対色コーディはメリハリ効果で元気に。

 

帯揚げは山吹・

笹の紅型帯で愚息と銀座」

→四年も経っている!

 

もう一つのコーディ。

お茶のときかな?

少し品よく~~?


というわけで、無地系、あるいは無地に近い着物

一着あれば、いくつものコーディが楽しめるわけで。

着物一着に帯3本ならぬ

帯5本パターンでした。

 

それにしても元気になったものだわ。

 着付けが楽になったこともあるけど。

 一日にあれこれ三回ーディ。

 その上お出かけ!

 老いてますます盛ん?

 

出かけに外で撮ったものの、顔が凍ってる

では行ってきます。

それにしても寒いなあ。

 

 いつも応援ポチ

ありがとうございます。

励みになっております。


にほんブログ村
にほんブログ村

コメント (2)

ささっと着るために、半襟と襦袢まとめて付けておく

2017-11-10 20:08:02 | おしゃれのルール

 

パソコン、ルーターを再起動したら

あっさり治った。

病気もこんな風にあっさり治るといいね。

 


何かあると

着物を着たがるワタシとしては、

その都度半襟を付けるのはメンドウ。

で、いつも同じような半襟になってしまうのも

面白くない。


これは先のブロ友さんとご一緒したときの

浅葱ドット半襟。


そこで、襦袢にマイカラーの半襟を先に

付けておくことにしました。



普段用には半襦袢、少しおしゃれしたいときには

長襦袢と、何枚も出して、

そこに好みの半襟を付けておきます。

ネクタイ、矢羽根、ドット、刺繍二点。


ネクタイ半襟や刺繍半襟など、

とりあえず襦袢5枚分。

もう一つベースの、無難なベージュ半襟が

スタンバイ。


当分は、この6通りで楽しみます。


というのは、

お出かけようにコーディして、

襦袢に半襟付けたものの、

いざつけてみると、どうも合わないとか、


あっ、

 

継ぎ目が見えているなどなど。

そのときに慌てることがあって、

そんなときに、着物だけ脱いで

さっと襦袢を変えることができる。


襦袢は、コーリンベルトを使ったやり方で

ささと着られるようになったから、

お着かえも楽なのです。

三原佳子さんの着付けを試してみる」

→袷はワタシ、胸紐付けます。



その日の天気や光の加減によって、

着物の色や半襟って似合ったり、

似合わなかったり。

パーソナル・カラーでも、です。


グレーの生紬にドット帯。


写真はお出かけ用にコーディしたもの。

先のネクタイ半襟のピンクを

帯揚げに持ってきたものの、

理論的?には合うはずだけど、

継ぎ目以前になんだかピンと来ない。


たぶん、全体的にピンクが強すぎるか、

半襟と帯の両方のピンクが主張しあって、

目にうるさいんだと思う。


そんなときのためにね

襦袢に半襟付けておく。

このグレー紬だったら、

浅葱のドットかな~~?

というわけで、当分半襟付けから解放。

さあ、あとは着るだけ。


いつも応援ポチ

ありがとうございます。


にほんブ
にほんブログ村

コメント

シニア・すっぴん洋服なのに誉められた、その理由は?

2017-08-27 11:11:40 | おしゃれのルール

 

先日、検診のためにすっぴん、洋服で

電車に乗っていたときのこと。

ずっと立っていましたが、前に席が空いたので、

座ったところ、隣に座っていたシニアに

「あなた、とてもいいわね」と

誉められました。

「えっ!?」

何かの間違いでしょう。

すっぴん、洋服、知らない人に褒められたのは

おそらく初めて~~。


丸の内の三菱一号館美術館

ついでの撮影。


その日は、娘が「松ぼっくり」と呼ぶ

ところの帽子に、麻のカーキのスカート&

カーディガン。

まっ、普通の恰好~~。


帽子とヘアのバランスが、いいそうで。

検診のあと、娘に会ったので、

「どうしてだと思う?」と

聞いたら、

顔が見えないかったからでしょう」(笑)

なるほど、


で、その方は、降りる際、

「~~私も見習わなくちゃね、

いい雰囲気よ」と

またまた、嬉しいお言葉。


で、その理由は~~。

電車で立っているときに、

姿勢をよくしようと、丹田に力を入れて、

そうだ、頭も真直ぐにしよう、

脚の位置など、少し気を付けていたのです。

その姿勢が目に留まったのではないでしょうか。

姿勢がいいと、自然にそちらの方に

目が行くのかも。


先にご紹介した草刈民代さん、

どんな洋服を着ていたかより、

「ああ、姿勢がいいな、きれいだな」

という印象のほうが、

私には強い。


おそらく、人は顔や着ているもの以上に、

その人の姿勢、雰囲気を感じ取るのではない

でしょうか。


検診のあと、東京から皇居に向けて、

猛暑、灼熱地獄のなかをひたすら歩く。


 

あ、水だ、水!

砂漠か~~。

 

で、着いたところは~~。


 

 北の丸公園にある国立公文書館。

 

先日「地獄フェチ」と書いたところ、

ここで、「おもしろ地獄展」をやっているよと

コメントで教えてくださった方がいて、

もうすぐ終わるので、出かけついでに覗こうと

思った次第。


ところが、やっていない!!

その展示会は筑波のほうの分館だとか

ええ、猛暑のなか歩いてきたのに~~。


で、こちらを観てきました。


北の丸公園をお散歩。

で、その日、誉められた

服装はといえば、一応アップ。

 

 

ね、たいしたことないでしょ。

 

洋服も着物も立ち姿以上に

きれいに動くほうが難しい~~。

鋭意練習中。


娘の言葉、「顔が見えないから~」

のほうが正解かも??


シニアはシニアに目が行く~~。

私も「いいあな」と思う人がいたら、

衒うことなく「いいですね」と言いたい。

こちらこそ「見習わなくちゃ」です。

年とっても決して、透明人間ではない。

 

いつも応援ポチ

ありがとうございます。


にほんブ
にほんブログ村

コメント (4)

わたし、きものしか持ってませんの

2017-07-25 18:49:43 | おしゃれのルール

 

「いつもきものを着ているんですね」

はい、私きものしか持ってませんの

こういうと、

「いいなあ、僕もそんなセリフ口にしてみたい

 

こう言われたのは先に行った銀座の飲み会。


 

アッツ、またいい方に「誤解されているな」と

思いつつ、心の内で密かに

「全部プチプラなんですけどね」とつぶやく。

しかし聞きようによっては、ワタクシの言葉、

タカピー(この言葉も古いね)に聞こえるかも。

何度もいうけど、ものによっては

ユニクロより安いんだけどね?!

でもそんな場ではお値段のことなど

もちろん言いません。誉め言葉には

にっこりしていればOK。


集まりにはたいてい着物で行くようになりました。


ホント、我が家にはきものしかないのです。

洋服も、ちなみに財産もない~~。


もともと人のつきあいは得意ではなく、

きもの着ていなかったら、行かない。

でも、きもの着たいから行く。

洋服ではなにを着ていったらいいのか迷う。

 

仕事仲間は、きもののこと知っている人

ほとんどいなくて、着物着ていると、

ときどきこんなこと言われる。

嫌味ではなく、誉め言葉~~。

だと思っている。口調でわかるからね。

 

洋服だと、だいたいどこのモノとか

詳しい人多いからね。

プチプラでもいいきものと

誤解される。

そこがねらい目です(笑)



集まりにもいろいろあって、

仕事帰りの飲み会もあれば、

フォーマルな場もあります。



どっちにしても、あまり浮かないように、

着るのは、カジュアル寄り。

フォーマルなんて着てると、お仕事の人か、

リキ入り過ぎ」と思われる。

洋服の人も、たいていきれいめカジュアルだもんね、

最近は。


きもの着るようになって思うのは

洋服、ほんと難しい。

値段、ブランド、コーディ~~。

見る目も厳しい、人もいる~~。



そんなこんなで、きもの着るようになって

よかった、よかった。

仕事での付き合いもスムーズになったしね。


 

しかしですね、

残念なことに、昨今はかつてのように

景気よくないのです。

洋服で、気が進まないながら参加していた頃は

毎週のように飲み会やら写真部やら~~。



 

あの頃が懐かしい。

ちょっと感慨にふけってしまった。


それにしても、どんな集まりでも

それなりに見える、

きもの、ホントに便利です。

早く着始めると、それだけ

着るものに迷わない~~。

「ビジネス・半分ビジネス」


というわけで、

いつも応援ポチ

ありがとうございます。


にほんブ
にほんブログ村

コメント (2)

アンティークきものは難しい

2017-05-20 18:44:03 | おしゃれのルール

 

先に「誉められきものにセンスはいらない」との

ブログをアップさせていただきました。


えっ、センスいらないなんてことないでしょう。

きものブログにはセンスある人、

いっぱいだよ。

センスないのは、あんただけじゃないの、

と思われた方もいるのではないでしょうか。

はい、わたしセンスないのです。

 

きものにハマったきっかけはアンティーク、

という方多いと思います。

きものブログ開けば、もう華やかな

アンティークのお花畑。


かく申す私も恥ずかしながら、

50代できものにハマり、

初期にはアンティーク、


2008年、アンティーク仲間とお出かけ。


君の場合、アンティークというより

古い、安いだけではないの?

との意見もありそうですが、

はい、まさにその通り。

もう最初にアンティーク着ている人を見たときには

びっくりした。

カルチャーショック。

こういうきもの着る人は車で移動するのかと

思ってました。

家から駅までどうやって来るの?

「いつもの道ではなくて、裏通りを歩く」(笑)


あの華やかなきものに憧れて、

浜松にあるCHOKOさんの行きつけのお店

にまで行ったほど。


すいかカフェで、きものカリスマCHOKOさんと]

私の貧弱なこと。


この方の色彩センス、

もうアートとしか言いようがない

素晴らしさ。

マネできない、と悟る。


きもの着るようになって、

パーソナルカラーを研究?したり、

少しでもセンスアップしようと

試行錯誤を重ねましたが、

生まれついてのセンス音痴は仕方がない。


せめて長羽織なりともアンティークを、の時代。


柄オン柄とか、色重ねとか、

アンティークきものは本当に難しい。

センス必要です。


着ている本人がアンティークの時代。

これだってセンスいらない着物。

控えめアンティーク。



なんちゃって日本髪に凝ったり~~。


50代できものに目覚めてアンティークはちと

痛いかなと方向転換を始めたのは

60を前にした頃。

せめて帯だけでもと、控えめアンティークを。


ぐるりぐるりと回って、

ようやくたどり着いたのが

シンプルきもの。


な~~んだ、これが一番簡単、

かつ似合うかも、と。

仕事でもホテルでも町でも、

どこにでも行けるしね。


かくして、自分のセンスというより

先人が考えてくれたセンスに

身を任せることにいたします。

遊ぶなら、これにいろいろ重ねていこう、

と思った次第。

センスある人もセンスない人も

きものは楽しい~~

いつも

応援ポチ

ありがとうございます。


にほんブ
にほんブログ村

コメント (4)

もうヒールは履けない~~足元のことなど

2017-05-18 09:02:16 | おしゃれのルール

 

きものを着るようになっていいことの一つに

足元、履物がありますね。



私の足は親指の形が悪い。

小中学!のときから裸足になるのが

とても恥ずかしかった。


長じておしゃれに靴は欠かせないと

無理して履いて案の定、ひどい外反母趾に。

物欲盛りの娘も、外反母趾~~、


靴には苦労します。

今では洋服のときには、



夏をのぞき、この三足。

20年前に買ったプラダ、

古くなったけど、さすがに履き心地がいい。

ぼろぼろになったけど捨てきれない。

それにDRショール(上)

普段にナイキのスニーカー。

この靴に合う洋服しか着ないと決めた。


着物を着るようになって、

初期にはいろいろ履きものを集めました。

ほとんど処分しましたが、


金鷲の草履。

一・二度子供の式に着用したのみ。


塗りの下駄。

夏の浴衣用。

やはり回数少ない。

可愛いから買った花古今。

歯が高いので履いているとふらつく。

アブナイのでお蔵入り。

絶対に転びたくない~~。

高い(ヒールのことです)靴もアブナイ、


夏用シザール麻。

これもあまり履かない。


下駄は、コンクリートを踏むには適していない

ように思います。

どれか一足だけ残して処分しましょう。


畳み表とワタシには似つかわしくない桜の草履。

これもあまり履かない。

 

ヘビロテ草履はカレンブロッソと

一脇さんの木草履。

この二足を履いたら、ほかの草履は

足が遠のく~~。



一脇さんの草履は会津の桐と本革を

重ね合わせた履物。

好みの鼻緒を選んで、その場で足に

合わせてすげてくれます。

とても履き心地がいい。

花想容で教えてもらった草履のこと」


ブロッソは鼻緒のすげ替えできないので、

使い捨てだけど、こちらはいろいろ手当して

長く使える、と思います。


草履ってホント、楽。

あまりに楽なので洋服のときより

飛んだり跳ねたりできて、

きもの仲間のひんしゅくを

買ったことも。

銀座で跳んでみた」


若い時には顰蹙は買ってでも行え、

という人も~~。

「若い時」、限定、なのね。


 というわけで

いつも応援ポチ

ありがとうございます。

 


にほんブ
にほんブログ村

コメント (2)