和がまま紫苑の人生「思うがまま」

きもの着付けは引き寄せのとてもいいレッスンだとほかのことに応用。環境どんどんいい方向に。探求、実践してみます。

60歳を過ぎると人生はどんどん面白くなる~~若宮正子さん

2019-05-23 11:27:06 | シニア

 先にアップした幸福論、

「人はなぜモノやお金を追いかけるのか」。

それは、モノやお金を持つことが、

現在を含めて未来への安心へと

つながると信じているから。

しかし~~、

それだけでは決して「幸せ」とはいえない。

~~幸せは歩いてこない、

だから歩いてゆくんだね♪

そうです、歩いていく、

どこに向かって~~?

はい、夢や希望の実現に向かってです。

 

今日より明日、明日より明後日と」

 日々、「将来への希望と夢を持って

 過ごすことが一番「幸せ」


それはどんな年齢でも同じ。

幾つになっても同じ。

若い方で希望や夢のない方もいるようですが、

ここではシニアだって夢や希望を持って歩くんだ、

そんなかけ声より、はい、

抽象より具体、

論より証拠、をご紹介しましょう。

若宮正子さん

現在84歳です。

「60歳を過ぎると、人生はどんどん

おもしろくなります」(新潮社)

 

はい、いわずと知れた

パソコンのアプリ「HINADAN」を

開発なさった方です。

定年退職してからの人生はどんどん面白くなると。

「60歳に過ぎると」と限定しているのは

シニア層にアピールするためもありますが、

60歳過ぎたって、と逆に若い人を

励ます意味もあるのではないでしょうか。

定年退職してから、

好きなことに邁進し、仕事にしてしまった。

60歳を過ぎて有利なことは、

☆ 時間が自由に使えるようになる

 これが一番大きいですね。

年金もらえるからお金の心配はない。

ワタクシは残念ながら年金すごく

少ないのですが~~、

そんなこと言っている場合

じゃないぞ。


母親の介護をしながらということですが、

「介護といっても特別な病気が

あったわけではなく、健やかに老いていった」

とのことです。

お子さんなく一人暮らし。

これも人によってはマイナス要素と

なるところですが、自由にということで

プラスに。


☆ ある程度年を取ると、

人生を俯瞰してみることができる。

今現在の状況という「点」だけではなく、

「時間が解決するさ」という「長いものさし」で

ものを見ることができる。

☆ そしてもう一つの「ものさし」が

「未来のものさし」

さすがITに携わっている方だけあって、

時代の変化にも敏感です。

この年齢で未来に向けて目を向けているのは

本当にスゴイ。

変っていく時代にあたふたしたり、

昔を懐かしむだけでもなく、

また今快適であればいいだけではなく、

「ものすごい勢いで時代が変わっているなかで

いまのものさしで子どもの将来を

考えるのはいかがなものか」と。


そのためには、

「人間とどれだけ接するか」

「~~所詮人間は人間のなかでしか

人間力を養うことはできません」

ときっぱり。

独力で勉強しながら、

豊かな人間関係を築いてきた方なんですね。

ボランティア活動は欠かさず、

世界にも目を向け~~。


私はアナログ人間で、いまだにガラ携、

これからもITは苦手なままでしょう。

 でも、この方のように

いろんな分野に好奇心を持ちつづけ、

いろんなことに挑戦し続け、

いまが一番若い、と掛け声かけながら

日々を過ごしていきます。


 いつだって今が一番若い」

一番キツかった40代だけど~~。


遠く及びませんが、

こういう方がこの世界にいると

いうことがシニア、

私にとって大きな励みになります。

70代を古希といいますが、

これからは「新希」、「新しい希望」

と訂正していただきたい。

終活より「生活」セイカツ、

生きるための活動を

いたしましょう!!

関連記事

憧れの人より、目標の人を」

いつも応援ポチ

ありがとうございます。

励みになっております。


にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村

コメント

 はい、耳寄りな情報です。聞く本はどれがいい?

2019-04-14 18:51:34 | シニア

 

やはりやってきた!!

遠視というか老眼、ロウガン、ろうがん。

頭がくらくらするのは目のせいではないかとも

思うのですが、

まあ、とにかく検査には行くことにしましょう。

 

活字を読むのが辛くなってきた。

特に長い小説はNG.

それこそ目が回る。

このまま、美しい文章やら面白い本を

読むとき、シンドクなるのはいやだなあ。

 

と思っていたところ、

ふと思いついて

耳から」という手があるではないか。

そこで、調べてみると、あるわあるわ、

オトバンクの「audiobook.jp」と

アマゾンが提供する「Audible」

二つともスマホに録音すればOK。

私はイマドキのシニアなれど、

スマホ持っていないので、

MP3プレーヤーを購入しました。


四千円くらいなのよ。

どんにいじっても動かないので、

どうしたことだろうと思っていたら、

後ろだった(汗)


 

アナログ紫苑にはこれだって、

あれこれいじってと、とても大変。

お手上げになりそうだったけど、

老い先短いといえど、

人生生き抜くのに、これくらいはできねばばと

頑張った。


アマゾンにしようかオトバンクのほうに

しようか迷った。

オトバンクはビジネス書が充実、

一方アマゾンは小説が充実??

しかし、高い。

興味ある方はこちらを見てね。

Audible』と『audiobook.jp』

どっちがいい?【オーディオブック比較】


私はビジネス書をオーディオブックで

読む気はしないのでアマゾンかな。

月額1500円で一冊は読める。

一冊だけだと何千円もするのよ。

朗読って読み手の声とか

とても大切だよね。

その点、アマゾンは俳優さんとか

使っているから、声はいいと思うけど、

その分高い。

好みの声じゃないとちょっとね。

 

しかし、登録する前に、

ネットで調べてみた~~。

あるわ、あるわ、

無料の朗読~~。

それも小説、特に私が再読したいと

思う名作揃い。


こちらは蒼空文庫の朗読版。

 

ユーチューブまである。

こちらの朗読者は元某テレビ局アナウンサーの近藤サトさん。

 

NHKではラジオで「朗読の時間」をやっている。

こちらではいま、織田作之助の「続・夫婦善哉」を

やっていて、読むより耳で聞く方が

よほど面白かった。

次々に聞きたくなったわ。

朗読にハマりそう。

 

これからは視覚情報より耳寄り情報。

前から気になっていたけど、

目で読んだほうが早い、

耳で聞くのは歯がゆい、と思っていたけど、

ようやく、昔読んだ作品をゆっくり味わえる

ときがきたのね。

シニア、バンザイ。

これで寝たきりになっても、

退屈しないで済むわあ。

語学なんかも習っちゃおうかな。

というか、ベッドに入って

引き寄せアフォメーション?

ピンピンコロリ引き寄せ?

というわけで、

耳よりの楽しみが増えた紫苑でした。

いつも応援ポチ

ありがとうございます。

励みになっております。


にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村

コメント

ようやく~? 年齢、老いを感じた~~

2019-04-08 13:06:34 | シニア

 

もうすぐ70歳古希を迎えようとしている

紫苑ですが、図々しくも

年齢というものを感じたことがあまりなく、

 

30代、40代、50代と、

そんなに変わらないなあ、

と過ごしてきました。

40代になったときは、

「老いた」というより

若さを失った」という感じ~~。

 

5年前! やはり今より若い~~

60超えでもこんな鮮やかなきもの着てたんだね。


同じ五年前。

この帯可愛いね。

処分してしまったけど。

年重ねて可愛い帯もいいよね。

処分するんじゃなかった?!

 

ところが、先日

朝起きたら、目がくるくる回る、

おまけに吐き気までする。

これはヤバい、とまずは

ネットで調べる

耳に問題ありということで、

すぐに耳鼻科に。


フリーイラスト借りました。

 

いろいろ検査した結果、

耳には異常なし~~。

血圧も熱も正常。

「念の為、内科に」ということで、

同じ病院の内科に。

そこでは胃腸の検査。

寒暖差が大きい日が続いて、

お腹を壊してた。

すぐに治ったので、

いつもと同じようにしていたら、

「胃腸が荒れている」とのこと。


打ち合わせが続いて、

珈琲ばかり飲んでいました。

水分のほとんどは珈琲で摂取。

これがよくなかったらしい。


 

一種の脱水症状を起こしていたのではないか。

「点滴しますか?」と聞かれたけど、

その日は時間がなくて断念。

その代わり、とにかく水分、水分、すいぶん。


 

ポカリやらOSやらを大量に購入。

合間合間に麦茶を飲む~~。

これで起き抜けのめまいはなくなったけど。

これまではこんなことなかった~.

初めての経験だわ。

階段やら道端やら駅でめまい起こして

大事に至った人いるもんんね。

私の場合は、起きたときだけで、

昼間はまだ平気なんだけどね。

 

夏に向けて熱中症にも注意しなくてはね。

これを機会に、

若さを過信するのはちょっとやめよう。

とにかく水分補給して、体力つけて~~。

とまあ、これも「転ばぬ先の杖」

大事になる前でよかった、よかった。

珈琲、紅茶、緑茶は

カフェインが含まれているから、

利尿作用があって、

身体から水分奪うそうです。

好きな飲み物ばからだわ。

これまでは特に問題なかった、

というところが逆に問題、

やはり年齢のせいかも。


いきなり頭動かすとくらっとするから、

落ち着いたら、

精密検査を受けましょうかね。

何かあっても、もういいかな~~??

というわけで、

まだまだ若い、とは気持ちだけにして、

ようやく老いを感じた紫苑でした。

これもまた良し、です。

白内障のあることだしね。

白内障の兆候あり、だって」

 

いつも応援ポチ

ありがとうございます。

励みになっております。

 


にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村

コメント (4)

日本人の幸福度低下~あなたはシアワセですか?

2019-03-26 12:04:51 | シニア

 

少し前に「日本人の幸福度調査」なるものが

発表されました。

それによると、昨年は世界で54位だった順位が

58位に下がったとのこと。


 

58位なんて、驚きです。

一位から三位までの北欧の国々は

社会制度がすごく整っていて、

病気や老後の心配がないからわかるとして、

徴兵制度のある韓国や

社会主義国家の中国より低いなんて。

 

私自身はこれまでこういう調査自体を知らなくて、

それは自分が「シアワセ」だったから?

いや、それどころじゃなかったからかも。

「住む家があって、食べるものがあって」と

幸福への欲求が低いせいかも~~?

でもこれもまだ健康だからこそ言えることです。


光と影のニッポン。

 

NHKのニュースでは

渋谷の若者に街頭インタビューしていて、

みんなのノホホンと

「いやあ、シアワセですよ。ぼくら、なあ」とか

加山雄三みたいなことを言っていましたが、

 

渋谷辺りに遊びに来て普通に取材受ける子に

あまり「シアワセではない子」は

いないよな、と思ってしまいました。

夜の「家に帰りたくない子」なら別だけど。

この調査のなかで、

低かったのは

社会的支援が50位、
社会の自由度が64位、

他者への寛大さ」ではなんと92位。

同調圧力がいかに強いかがわかります。

いじめも多く、自殺者も多い~~。

「ウツ病九段を読む」

一度社会の枠から外れたら、再びなかに

入るのは難しい~~。

元気で仕事をしているうちはいいけど~~、

子供を育てるにも大変な国~~。

この国で安心して暮らすには

元気でお金があり財産もあり、教育費も

十分に払える~~、

といった特定の条件が必要なんですね。


60代の後半、自分のこともそうだけど、

自分以外の人の「幸福」についても

考える余裕ができた、

ということなのでしょうか。


桜も咲いて、お花見できるシアワセ。

それとも、病気、介護、老後の資金不足がくれば~~

真っ逆さまの

明日は我が身~~、

そんな不安を抱えていかなきゃいけないこと自体、

幸福度が低くなっているからでしょうか。

 

関連記事

ワタシの介護再婚話と70歳死亡法案可決」

「祝!保育園入園・最悪の子育て環境」

 

 いつも応援ポチ

ありがとうございます。

励みになっております。


にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村

コメント

年を取ったと思わないこと。イーストウッド

2019-02-10 15:35:07 | シニア

 

クリント・イーストウッドの新作「運び屋」が

アメリカで大ヒット。

アカデミー賞候補とか。

主演は御年88歳の

クリント・イーストウッド。

 

 

 「運び屋」

予告編はこちら。

87歳の実在の運び屋を映画にしたもので

史上最年長の運び屋でもあり、

イーストウッドは実際に87歳のときに

この映画を撮ったとか。

 

同じ年齢くらいの方が感激していました。

というのは、

彼が20代の女性と一緒に食事をして

車のドアが開かないので警備員に

開けてもらっているところを

写真に撮られたとかで、

羨ましかったのかな?

 

「年をとるのは楽しいことだよ」

 

若さの秘訣は

自分が年を取ったと思わないこと」だって。

これって、

いきなりですが、空を飛ぶのと同じで

 

「アッ、空を飛んでる!」と

自意識を持った途端に墜落、するのに似ています。

努力は不要、というよりしないのがいいのです」

 

実際の年齢にかかわらず、

ああ、私って、もう年だなと思うと、

いきなり時計の針がどんどん進み始めるよ。

30代はおばさんか、年齢の壁を超える」


イーストウッドといえば、

私が一番映画を観たころに

活躍していた人。

もう見まくりましたよね。

マカロニウエスタンから

ダーティハリー、

「恐怖のメロディ」というすごく

怖い映画もあった。


アカデミーには無縁だったけど、

90年代に「マディソン郡の橋」で監督して

ヒットさせ、つぎつぎと暗く重い映画を作り

ヒットさせた。

すごいよね。

で、御年88歳。

若さの秘訣は「年を取ったと思わないこと」だよ。

40代のあの頃のカッコよさにに比べたら~。

いや、そういう自分だってね、


最初から、こういう姿形だと思えばいいよね。


年をとったと思わないこと、

はい、そういたしましょう。

少なくとも、自分から言わなくていい。


というわけで、

本日はこれにて。

いつも応援ポチ

ありがとうございます。

励みになっています。


にほんブログ村
にほんブログ村

コメント

妻の「昼食うつ」と男のサバイバルにこの一冊&ダイヤモンド富士

2019-01-08 19:28:16 | シニア

 

愚息が料理を始めたこともあり、

書店に行ったついでに

とにかくカンタンな料理本はないかと

探して見つけたのがこの一冊。

押しつけがましいと反発するかな?

 「男のええ加減料理」(講談社)


著者は石蔵文信という医師で

この方バイアグラの研究で有名になったそうです。

まあ、バイアグラは愚息にも関係ないけど

(たぶん)

土鍋一つで作れてしまうというのは

料理初心者には最適でしょう。


サブに

「60歳からの超入門書」とありますが、

一人暮らしには

男女関係なく便利なのではないの?


 

土鍋一つで魚の煮つけや缶詰を使った

まさに超カンタン料理。

 

実はこの料理本、

亭主の定年後に「昼食うつ」の奥さん

増えたとかで、

「これはいかん。

昼食くらい自分で作ろうよ」と

始めたとか。


一方、定年後の男性も最初こそ

自由に旅行や趣味にと

喜ぶものの、

次第に何をやっても面白くないうつ状態に

なっていく人が増えるそうです。

だよね、

私の先輩お姉さまも、

「亭主の定年とうつとお出かけの関係」

 もう死にたくなったそうよ。


そんな時には自然をみましょう!

帰りに見つけたダイヤモンド富士よ。

富士山、わかるでしょうか。

デジカメだからイマイチだけど。

たまには空を見上げましょう。



「私作る人、あなた食べる人」

なんてCMがかつてあったけど、

これからの時代、男の料理は

もう当然のサバイバル法よ。

あ、これ何度も言うね。

息子、ちゃんと実践するだろうか?


「自然がもっと小さいものだったら、人はそれを宝石のように扱い、

自分で所有したいと思うだろう」と言ったのは「森の生活」のソロー。


自然が大きくて幸いだったね。

というわけで、

本日は定年後

うつと男のサバイバル法でした。

私も料理作るのメンドウなときには

これを活用しよっと。


いつも応援ポチ

ありがとうございます。

励みになっております。


にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村 

コメント

ワタクシの介護再婚話と「七十歳死亡法案、可決」

2018-12-19 12:05:52 | シニア

 

先に「あなたの人生、片づけます」が

面白かったので、

図書館で借りました。

 お片付けしたら出てきた「あなたの人生、片づけます」


「七十歳死亡法案、可決」

(垣谷美雨著・幻冬舎)

 

タイトル通り、

「七十歳になったら、皆、安楽死」

というなんとも無茶苦茶な法案が可決。

その法案を巡って、

介護のために何年も使ってきた五十代の主婦

(賛成派)、

寝たきりでベッドに縛り付けられた老人(賛成)、

元気でお金を持っている老人(反対)

高い年金を払わされる若者(賛成)

などなどの人間模様。


介護だけではなく

三十歳で勤めに躓いた元エリートの引きこもり、

ブラック企業に勤める若者、

介護職のキビシイ現実~~。

介護は妻の仕事と、手伝うどころか

会社を辞めて70歳まで好きなことをすると

世界旅行にいく夫!!

いい加減にせえよお。

未だに続く

「男尊女卑」の考え~~、あるよね。


 

など前半は読むのも辛い~~。

 

五十五歳主婦の

じれったくなるような日常を見ていると、

50代前半できたワタクシの再婚話を思い出した。

「まあ、子供二人を抱えている私にも

こんな話来るのね」

と喜んでいたら、

友達がお相手の現状を見て、

「~~これは介護再婚ね」

「何、介護再婚って?」

無邪気に聞く私に、

「~~つまり相手の年老いた母親と

子どもの面倒を看てもらいたいための~~」


へえ~~、

そういうことあるんだと、

もちろん、その気はなかったけど、

お断り。

まあ、ハードに働く独り者の

子持ち&病気の親のいる男性にとっては

そのくらい大変というわけ。


どんなに寒くても、いつか花は咲く~~。

 

で、小説に話を戻すと、

小説だからそのままでは終わらない、

ブチ切れた55歳の主婦が家出。

そこからオセロでいえば、真っ黒だった盤が

徐々に白に変わり始めて、

最後はめでたし、めでたし。

まあ、現実、こううまくはいかないけど、

それでも、気持ちはいい。

55歳主婦が変わるきっかけは、


(家族を)見切る、

踏み切る(家出)、

ジャンプする(仕事を見つけ活躍)


まあ、こんな感じ。

最初の見切るが難しいけど、それが出来たら~~。


で、七十歳死亡法案はどうなるかといえば~~。

興味のある人は読んでね。

 本を読んでやろうと思ったこと、

家出、ではなく、

 尊厳死の宣言書

1 私が不治に病になったとき、

延命治療は一切お断りします。

2 ただし、痛みを和らげる処置は実施してください。

そのために死期が早まったと

してもかまいません。

3 私が植物状態になった場合は、

生命維持装置を外してください。


早速書いておかなきゃ、

忘れたらこのブログでもOK?


七十歳死亡法案可決されたら、

あなたはどうしますか?

私は、もうすぐ。

せめて八十歳にしてほしい~~。

それにしてもあの再婚話のお相手

いまどうしているだろうか。

というわけで、

応援ポチありがとうございます。

励みに元気にいきていきます


にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村 

コメント (2)

シニアのさみしさは当たり前~~たけしの「さみしさの研究」

2018-12-16 18:21:23 | シニア

 

「赤信号 バアサン楯にわたりましょう」

「気にするな どうせジイサン先がない」

 

「赤信号みなで渡れば怖くない」から

時を経て

「バアサン」を盾に渡りましょう、と

楯にされる年齢になったのね、わたし。

別にいいけど。

 

「さみしさ」の研究(小学館新書)

 

新書を読みました。

「さみしさ」という言葉に引かれたということは

私もさみしい~~?

 

「年取ってさみしいのは当たり前。

なのにやたらと元気ぶるな」とまあ、

これが彼の言いたいこと。

 

しかし彼自身、仕事に恵まれ

お金の心配もないわけで、

「元気で心配なく、

これからもやりたいことをやる」

というのは

年取ってもちっともさみしくないじゃん。

これまでの生き方と変わらないなあ、

 

「年取ってさみしいのは当たり前」

というより

わたし、若い時からずっと

さみしかったんですけど、

恋人がいても、子供ができても

友達と騒いでも、ふと忍び寄る

さみしさ~~。

人って「さみしいのが当たり前」は

シニアに限ったことじゃないなあ。

 

「お一人で寂しくないですか」

と「一目ぼれした老師」に聞く稲葉賀恵さん。

こちらの老師のお答えが素晴らしい~~。


たけしは40代だったか事故で

一度死にかけたから、

そのあとの人生は余生、

「生きているだけで儲けもの」という。

ある年齢になったら、

みな「生きているだけで儲けもの」

私自身ガンで死んだかもしれないし、

死んだ友達も多いから、

生きているだけで儲けもの。

「年を重ねる幸せ~~友の命日」

乳がんときもの」

さみしさを当たり前にして

それでも死ぬまで

元気に生きていきたいわあ。


ちなみに「さびしい」と「さみしい」は

どちらでもいいそうで、

「さびしい」は江戸時代以降の言葉だそうです。


というわけで、

さみしいわたしに

下のどちらかの応援ポチ

よろしくお願いします


にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村

コメント

今は昔・懐かしい昭和にタイムスリップ・だっこちゃん知ってる?

2018-11-21 15:15:20 | シニア

 

都内某所に行ったとき、

こんな場所を見つけました。

子どもの頃の昭和にタイムマシンで訪れたような。


映画館のポスター。

「真田風雲録」は1963年

「忠臣蔵」は1958年。

ゆえに一緒に並ぶことはあり得ないのですが、

堅いことはいわず。


いまやすっかり消えたタバコ屋さん。


我が父が愛用していた「ひかり」がない。

「たばこのひかり、さんじゅうえん」♬

と歌っていたことを

覚えています。


懐かしい雑誌が並んで。

私は「りぼん」とか「なかよし」を読んでいたわ。

写真の水原弘さんは、

第一回レコード大賞受賞。

「黒い花びら」


で、私がもっとも懐かしかったのは~~。


だっこちゃん。だっこちゃん、

だっこちゃん!!


こんなビニールの人形が大流行したのよ。

買うのになんと、行列!!

昭和30年(1960年発売)。

現在のタカラトミーが発売。

道端でゴザを敷いて売られていたのを

覚えています。

あれはもしかしたらニセモノ・

バッタものだっこちゃん

だったのかも。

いやあ、古いね、わ・た・し。


若い女性が、流行の服を着て、

腕にこれを付けて歩いていた、

のを覚えている~~。


おお、水着にまで!!

これがカッコよかったとは~~。

 

このブームも一年くらいで去り、

そのあとタカラは、より長く売れる商品をと

りかちゃん人形を開発したそうです。

というわけで、

懐かしい昭和の風景でした。

関連記事

今は昔・セピア色の庶民史と噂の

泰明小学校」

 いつも応援ポチ

ありがとうございます。


にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村 

コメント

若さは維持するもの?回復するもの?

2018-11-13 10:57:11 | シニア

 

娘が産休明けに

子どもの保育園入園の手続きをするため、

親の年齢を書く項目があるとかで

メールで聞いてきました。


「~~正式な書類だから正確にね、

正確に」と念押し。

娘に年齢隠してどうする?


特に隠しておりません。

とうに年金もらっている年、

もうすぐ古希ですよ。

正確な年齢書いて送ったら~~。

「ひえ~~、そんな年なの?!」

ってレスが。

親の年齢知らないって(汗)

 

で、4年前の写真と今を。

同じ着物と帯の写真があったので比較。

60歳超えでも、

ポーズ撮るのね。

 

 

これが今。

自分としてはそう変わらないような、ハハ。

ときどき比べて活入れよう。

 

60歳(65歳?まあ、ここは個人差あり

過ぎると、

何もしないと老いに向けて

まっしぐら。


そこで~~、

前にもらったこんな本をもらった引っ張り出してきた。

 「最強の若さ回復習慣」(日経おとなのオフ)

このシリーズはいろいろ持っている。

役に立つ。


まあ、運動とか食事とか目新しい情報は

あまりないのですが、

ここで目に付いたのは、「呼吸の老化」

ひえ~~、呼吸も老化するのか。

ま、肺の筋肉が衰えるということで

さもありなん。

でも、呼吸は何をするにも重要でしょ。


特にウツやらHSPやら引き寄せやらの

勉強し始めてからは「呼吸」がどれほど

重要かを再確認した。

 

 

時々公園を走るというか散歩、

階段走り登りをすると

心臓が苦しい~~。

息が切れる。

で、呼吸が浅いとなぜNGかというと、


「呼吸が浅いと心を不安定にし、

自律神経を乱します。

心身不調の原因は知らずに進んでいた

呼吸の老化にあるかも


ウツやらHSPやら引き寄せやらでも、

心を前向きにするために呼吸法って

大切なんだけど、

「老化」→「心の不調」

との逆コースは盲点?だった。


老化で身体の機能が衰えて、

それが心の不調を呼び起こす。

「心の不調」→「身体の不調」との

サイクルのみを考えていた。

そうか、これからは逆コースも十分ある、

というかこちらコースが増えるのね。

先の「白内障」もそうだしね。


で、その対策。

① 無意識で行う呼吸を強くする

②そのために呼吸筋ストレッチをする

 息をゆっくり吸いながら、

 肩をゆっくりあげていく。

 息を吐きながら肩を後ろに回す。

 

まあ、身体をゆっくり動かしながら、

ゆっくり呼吸すること。

何事も、

「無意識」を意識にあげるとこと

大切なんですね。


典型的なスマホ猫背は、やめましょうって。

スマホに変えようと思っていたけど、

どうしようかなあ。

こんな姿勢にはなりたくない~~。

というわけで、

若さ、というより健康は、

維持と回復と両方必要な年齢に

なっていました。

しっかり意識いたしませう。

イマサラデスカイ。

いつも応援ポチ

ありがとうございます。


にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村  

コメント