和がまま紫苑の人生「思うがまま」

きもの着付けは引き寄せのとてもいいレッスンだとほかのことに応用。環境どんどんいい方向に。探求、実践してみます。

神楽坂コーディ&こんな帯を作りたい

2018-05-30 19:03:11 | きもの仲間

 

神楽坂ランチ会、

皆様のコーディです。

Kさん、



ヅラ(笑)。

すごく自然で似合っている。

私もヘア短くしたいなあと思うのですが、

毛質悪いもんでできない。

だから余計着物でショートに憧れる。


着物はしょうざん生紬のヅラデー、いや

グラデーション。

その上、レースのような織りが入っている

手の込みよう。

刺繍帯も素晴らしい。

Kさん、今度富山に遊びに行くからね!

美味しいものいっぱいあるのよね、富山。

 

 

 

poche先生のパッチワークバッグ。

すべて布が違う、その上にレース。

先生のパッチワークで帯作るの夢だったのよ。

あと50年くらいかかりそうだけど。

それまで元気に生きる!!

 

音符帯。

 

藍染日傘!

 

 

生紬に麻に菖蒲の花。

 

うっすらとしたピンクが品があるなあ。

 

 

琉球きものにカブの型染帯。

 

 

で、不肖紫苑は~~、

とぎ汁ヘア(笑)

このふっくらアップ、評判よかった!

よかった!

 

 襟、抜きすぎかな?

 

で、着物スタイルはどうした?

ようやく辿りついた。

「~~おしゃべり弾んだのね(笑)」

と片寄さん。

お店のきもの、どんどん売れて~~。

 

 何年ぶりかで会った同窓生のように、

すぐにあの頃(いつだ!?)に戻れる~~。


普通なら出会うこともなかった方々と

こんなに親しくお話ができる、

これってそれ自体奇跡みたいじゃない?

 

 

こんな楽しい一日も

いつかはセピア色の思い出になる~~のね。

一日一日が抱きしめたいほど愛おしい

そうだ、

プレゼントまでいただいた!!

娘に

封を切らずにそのまま渡します。

中身は~~、なんだろう?・

開けたい,ウズウズする。

 

 いつも応援ポチ

ありがとうございます。


にほんブログ村

コメント (2)

神楽坂ランチ会、愉しい&幸せ!オーラ満開

2018-05-30 08:44:04 | きもの仲間

 

神楽坂ランチ会、ものすごく楽しかった!

まずは今回、メールや締め切りの不備があり

せっかく申し込みくださったのに

連絡取れなかった方々、ごめんなさい。

 

そしてたくさんの(笑)

「今回は残念」メール!

ありがとごうございます。

お互い無理はしないよう

タイミング合ったら、

またの機会にぜひ!

 

 

まずは、後ろからごめんなさい、

ご挨拶。



どうです。皆様の、後ろからでもわかる

タノシイ&シアワセ・オーラ。

都会のど真ん中で、

紫苑はこのオーラをしっかり

受け止めてまいりました。

 

ランチは和食。


神楽坂「千」

ランチはお手軽値段ながら美味しい、丁寧、

平日なら、ふらりと入れる~~。


昼間ながら、まずはビールで乾杯!、

おしゃべりに華・花を咲かせ~~、


そのあとは、

 

写真撮影(笑)

 

いや、もう皆様の素晴らしいきもの

オンパレード。


この笑顔!


パッチワークのpoche先生。

このたおやかな美しさ~~。

 

顔隠し紫苑。

塩沢紬単衣にLUNCOポピー帯

 

~~おしゃべり足りず

ホテルアグネスのティールームに移動。

「神楽坂 アグネ...」の画像検索結果


 

ここ、ゆっくりできる上、

珈琲なら二杯目は無料~~とお得。

プチデザートもついているよ。



神楽坂隠れんぼう横丁。

 

というわけで、シアワセ&愉しいオーラを

皆様にもシェア。


だって、これも皆様の

応援ポチのおかげ。

ありがとうございます。


にほんブログ村
にほんブログ村 

コメント

「母が重い」娘と母、着物VS洋服

2018-05-28 17:43:06 | ドラマのなかの着物

 

母が重い」とは最近よく聞く言葉です。

母の言動から自由になれず

悩む女性たちが増えているとか。

 

母への過剰な反発も、その別の

表れかただと思いますが、

この現象を洋服と着物で

うまく表しているなあ、と

感服したのが、

何度か触れた「繕い裁つ人」。

漂う死の影そして再生」



作品は、市江の祖母志乃の物語でも

あるのですが、

映画で志乃の娘を演じている

余貴美子さん。

 

目立たず奥に隠れているのですが、

彼女はいつも着物、なんですね。

 

しかし着物だけでは目立つ。

だからその上に割烹着。


監督のこのセンス、すごいと思います。

母親志乃の洋服への想いが強すぎて

ついていけない~~。

どんな洋服を着たらいいのかわからない。

そこで着物。

つまり「母が重い」娘の気持ちを

何気なく着物で表している。


でも着物だけではあまりに目立つ、

そこで割烹着で隠す~~。

映像的にも着物のほうが絵になるしね。

きもの着るようになって

作品の細部まで目が届くように~~。


同じような例はありますね。

わが家~~いえ、白洲家です。


 

正子さんは、自分の母親の

 「振袖を着て華族女学校に通っていた」

お嬢様ぶりに猛烈に反発、

「柔らかもの」は絶対に着ない。

容姿と趣味と思想が一致した幸せー白洲正子」


そして、そんな強烈な母にまたまた反発して

正子の娘は大の「着物嫌い」に。

京都嫌い&着物嫌い

 

この「母の着物が重い」現象、

娘だけではないようで、

「繕い裁つ人」の漫画版ではこんな

シーンが。

着物で授業参観にくる母親、

「授業参観やなんかでお袋が

目立つのはたまらなく嫌でね」

と息子。



「おまえのために着て、なにが悪いっていつも

あの着物を着ていたんですよ」

かくして、母の遺した着物は市江の手で~~。

 

そうか、息子もそう思うのか~~。

わが家の子どもたちの着物嫌い~~、

「母が重い」現象だったのね。

そこで、

 

着物断ち、ブログ断ちの一か月。

はい、その間スイッチオフ。

 

東京に帰ってきたら、

それまであんなに夢中になっていたことが

なぜかしらんと。

「外に向いていた気持ちが内に向いてきたね」

だって~~。

同じようなモノに固執する傾向がある」


というわけで、今では子供たちも

まあ、(母きもの)楽しみだからいいんじゃない、

いうように。

娘も着物好きに~~?


大人になったもんだ、

子どもたちが~~?

いえ、母が~?


この劇的な変化~~。

劇的変化は「重かった母」の方?

というわけで、重く感じてきたら、

なんでも初期化?


 

しばらく距離を置いて

また新たな着物生活~~おい!


着物熱で離婚寸前までいった人もいるからね。

「初心者熱・プチプラの穴にご用心」

 

誰になんと言われようと

わが道を行く方々には

敬意を表するのですが、

その裏では~~。



にほんブログ村
にほんブログ村 

 

コメント

着物嫌いの娘の打ち掛け色いろいろ

2018-05-27 10:09:48 | 家族の結婚エトセトラ

 

私が着物を着ると、

とにかく嫌がっていた娘。

夏の浴衣とお正月の着物は

友達関係もあってどうにか着たものの、

「着付け、練習しない?」と言っても

「しない!」

 

そんな娘でありますが、

結婚式には白無垢と打ち掛け。

白無垢とは別にいろんな打ち掛けを

試着したものの、どの色にしようかと

嬉しい迷い。

まずは、



紺色、

 

次は

ちょっとこれは若すぎるね、と却下~~。

 

次は~~、

 

人気の緑でございます。

これがいいかも~?



「まだ着てもいいんですか」

「どうぞ、どうぞ」

「着たい色着せてもらえば」とパートナー。

 

は紫~~、ちょっとね。

顔色悪く見える~~??

 

これは黒~~。


というわけで、めったにない

(だ・か・・ら、

この先ないほうがいいでしょう)

式への準備を

和装で楽しむ娘でした。

実は和装好き?

嫌だったのは母の着物だった??


でも、この母の着物も

好印象に変わる事件が~~。



ということで、

今回はこれにて。

勝手な愉しみをアップして

失礼いたしました。



にほんブログ村
にほんブログ村 

コメント (2)

70、80歳で髪ふさふさ・いいと言われることやってみたら

2018-05-25 18:28:50 | きもの 美容

 

ブログ休んでいるあいだは、

とにかく心も身体もスイッチオフ。

そのせいで、ものすごく調子よくなりました。


 

ココロ穏やかになったせいか、

家族との折り合いも、

いきなりよくなり~~。

少し前から

ココロとカラダにいいと言われること

なんでもやってみる」を実践しています。


その一つがヘア。



これはテレビでたまたま見たのですが、

中国の秘境ホンヤノ族の女性たち。

なんと70歳、80歳になっても

白髪はないし、ヘアふさふさ。

産まれてから一度も切らないせいで、

すごい長さ~~。

80歳くらいの方が、

真っ黒のふさふさの髪!

羨ましいですよね。



で、その秘密は米のとぎ汁で、

髪を洗うことだそう。

早速実験してみました(笑)


 

 

ホンヤノ族は発酵させていますが、

そのままでも効き目があるというので。

 

やさしく髪を洗ったあと、

米といだ後取っておいたとぎ汁に

髪を浸して、地肌にもしみこませて

マッサージ。

特に汚れていなければシャンプーなし。


5分から10分そのままに。

そのあと流す。

マッ、リンス代わりですね。

とぎ汁には髪にいいポリアミンなどが

含まれていて、
キューティクルを保護。


で、結果はどうかというと、

ギシギシする(笑)


そこで、流したあと普通のリンスを。

効果のほどは自己責任でね、


いや、これがバカにできない。



 

60代後半にしてかみふさふさ(笑)

アラ70~~。


まっ、もともと髪は多いのですが、

ずっと前に(一年前くらい?)

に行った美容院では、

まり美容院行かないので

「毛の一本一本がもろくなっている」

そうです。

私の毛質、縮毛だし、

アホ毛は多いしで、

手に負えない質の悪いヘアだもんで、

とぎ汁リンス。


ぱっと見、きれいじゃない?(笑)


アップで~~。

 

 

今年の梅雨は縮毛矯正せず、

自毛でいくわ。

なぜか白髪も見えにくなった。

白髪は紫外線に当たるとできるから、

ときどき髪の分け目を

変えるといいのよ。


というわけで、今回は

髪にいいことやってみた、でした。

ちなみにホンヤノ族の男性は

とぎ汁では洗わず、普通のおじさん、

おじいさんたちでした(笑)

どなたか男性でとぎ汁リンス実験

やってみませんかね(笑)

ふさふさになるかも~~。


いやあ、休んでた間にすっかり

身も心も若返った、

いや、これホント。

 次は家族&ココロ編です(笑)


というわけで、

本日のところはこれにて。

 

いつも応援ポチ

ありがとうございます。


にほんブログ村
にほんブログ村 

 

コメント

ブロ友・お太鼓の形・劇的?ビフォアーアフター

2018-05-24 18:23:30 | 着付け、試行錯誤

 

先の着物スタイルではおしゃべりの合間に

帯結びの話になり、

ご一緒したブロ友さんが、

「紫苑さんのお太鼓が小振りで可愛い。

私にも教えてほしい」と

おっしゃるので急きょ

帯結び講座?になりました。


 

ちょ、ちょっと写真大きすぎるよ。

いろいろ不備が出てごめんなさい。

で、その方のビフォアーお太鼓の形。



普通のお太鼓結びですが、

途中に折れ線が入っています。

アタクシ着物警察ではありません。

寛大なブロ友、もちろん許可を得てアップ・

ありがとうございます。


幸い、帯解いてもいいような場所。

 ひとしきり帯をいじったあと。



こうなりました!

帯の上線も下線も丸~~く

この方の持ち味らしく

ふんわりと優しい雰囲気に


横からのビフォアー。


横からのアフター。

帯自体にも丸みがでました。

きれいですよね。

お尻周りがキリリ、

引き締まっています。

お太鼓結びがいいというより、

もう全体がきれい。

きものと個性2~~三原さんのシンプル」

 

いわゆる銀座結びですが、

手は横から出さず

帯枕も普通のものを使っています。

 

 

 というわけで、その日のコーディ。


アルバトロスさま

染の北川単衣小紋。

ピンク系博多帯。

 

 

麻きものに博多半幅。

こちらも半幅でキリリ

 

クロスステッチ薔薇刺繍木綿帯。

薔薇珊瑚帯留め。

絞り朱鷺色帯揚げ。


 

 

 

というわけで、

神楽坂での久しぶりのきもの友達との

再会、とても楽しうございました。

お太鼓の大きさを考える~~」

にコメントくださった方、

ここで今度詳しくアップしますね。

お太鼓の長さと手の長さの問題

だと思います。

 

いつも応援ポチ

ありがとうございます。


にほんブログ村
にほんブログ村 

コメント (2)

神楽坂お気軽ランチ会を来たる29日(火)に!

2018-05-23 18:19:30 | きもの仲間

 

パソコンが壊れてしまい、

普及復旧に手間取りました。

人生、何がおきるかわからないなあ~~。

明日ありと思う心のあだ桜、

夜半に嵐の吹かんものとは。

いやもう買い替えの時期だっただけだろうが。


それはさておき、

神楽坂ありがとうランチ会を

来たる5月29日(火曜日)に行います

え、先日神楽坂ランチ

したばかりではないの?

とおっしゃるあなた、

はい、先日22日のは予行演習です。

ここはフランスか、イケメンギャルソンと。

メゾン・ド・ブルゴーニュ」で。

 

 というのは、着物スタイル終わる前に、

ぜひご挨拶にとおっしゃったのは、

パッチワークの今村先生と

富山からわざわざ足を運んでくれる

ブロ友Kさん。

顔出しOK、だよね。

ぜひにとおっしゃるので、同じことなら

美味しいランチを食べよう

いうことになりました。

それなら、ほかに行く人いるかも、

と、ブログにアップしてみることに。

来週とかいきなりなのは

ごめんなさい。

早めに企画すると

その日まで心配で眠れない~~??

 まっ、少人数でもということで。

平日なので、予約は今週中、

土曜日まででOK。

和食かフレンチ、二・三千円程度を予定。

フレンチ

「ル・コキヤージュ」

和食「千」

マッ、行ってみようかという方は

今週土曜日(26日)までにご連絡を。

内緒コメント、あるいは画面の左側下に

ある「メッセージを送る」から

あとでキャンセルするより、

ぎりぎりで申し込むことにしました。

平日だしね。

和食、フレンチのどちらかの希望があれば。

書いてね。

 

 

さて、先日はおいしいランチのあと、


着物スタイルに。

 

 

閉店セールとあって~~満員御礼。

ああ、そうだ、6月にフリマやりたい人

いますか。

片寄さんからご提案。

こちらも詳細は後程。

 

で、パソコン壊れたので、

昨日の皆様の写真顔隠しできず

個別の写真になりました。

アルバトロスさんの草履(笑)

一脇さんの印伝草履よ。


 

可愛い籠バッグはどなたのかしらん。

 

こちらは垂涎モノの山葡萄の籠バッグ。

早くも麻着物で。

詳細はまたすぐにアップしますね。

ワード使えないから仕事できないのですよ。


単衣琉球紬にクロスステッチ薔薇刺繍帯。

 

最後になりましたが、

娘の婚約にたくさんのおめでとう、

ありがとうございます。

一か月以上勝手に留守にして、

そのあいだにはメールにレスもせず(汗)

そんな失礼な仕打ちにもかかわらず、

皆様のこの温かい応援!

昨日くださったじきじきの優しさ!

心は、ほかほかで満タン。

こんな恵まれた60代が来るとは

誰が予想しただろう~~。

 

その上、

応援ポチまで!!

ありがとうございます。


にほんブログ村
にほんブログ村

コメント

母子家庭の娘の結婚事情・ロイヤルと我が家(笑)

2018-05-21 18:11:34 | 家族の結婚エトセトラ

 

イギリス王室のハリー王子とメーガンさんの

挙式が行われましたね。


 

皇室や王室の挙式というか、

挙式そのものにあまり興味はないのですが、

今回はちょっと気になりました。

BS放送の実況中継、

しっかり拝見しました。



というのも、メーガンさま、

両親は離婚していて母子家庭

なのですね。

ああ、我が家と一緒だわ(笑、か?)

母親はソーシャルワーカーだそうですが、

父親は生活保護を受けているとか。


その父親が写真の件でトラブルを起こし、

式に出席するかどうか、マスコミでは

あれこれ取りざたされておりました。


借り写真です。


これにも興味を持って~~なぜかというと、

挙式ではバージンロードを歩くとき、

父親が娘の手を引いて歩き、

花婿に引き渡しますね。


じゃあ、父親がいない人はどうするのか。

 

遅ればせながらのご報告、

娘の婚約が調いました。


 衣装合わせです。

白無垢だよ。


わが家でも、式のときにどうするかと検討中。

メーガンさんの母親は、

ロイヤル挙式バージンロードを歩くのは

荷が重すぎると辞退、したそうです。



メーガンさんの母親は若草色のスーツに

 

身を包み、客席で嬉し涙を流していましたね。




 

 

で、ロイヤルではメーガンさんが一人で歩き、

祭壇近くになってチャールズ皇太子が手を引いて、

ハリー王子に~~。



チャールズ王子は

「娘がいないので嬉しい~~」と

喜んで引き受けたそうです。


ではわが家は~~??

ロイヤルと比べて申し訳ありません(笑)。


日本では父親がいない場合

母親が手を引くそうです。

 

でもなあ、私も「荷が重い」わけよ(笑)

叔父(私の妹の夫)が一緒にと

いってくれてはいるのですが、

めったに、

(というか一回しかないだろうが)ない機会だけに、

やはり家族で~~。


ここはシスコンでもある(笑)、

息子、つまり兄にやってほしいと

いろいろ考えている最中なのです。

兄、泣くかな(笑)


こちらは試着のみ。

 

 

これからウエディングドレス

こちらも着るそうです。

試着はこの次。


 

 

プライベートなことなので

ブログアップ迷いましたが、

せっかくの機会、結納やら試食やら(笑)、

試着やら、食事会やら~~のあれこれ、

楽しむことにしました。


まだ少し先ですが、

娘の結婚までの道のりの記録、

思い出も兼ねて

最近の結婚事情、

差しさわりのない範囲でご報告。

で、今回は

「母子家庭の結婚事情・その①」でした。

ということは②もある~~??

 

ということで、

いつも応援ポチ

ありがとうございます。


にほんブログ村
にほんブログ村

コメント (8)

花邑創作初帯・グレー紬と結城縮とどっちが合うだろう?

2018-05-20 16:55:45 | きものコーディネイト

 

花邑帯教室で作った初めての帯。

いやあ、やはりすぐに身につけたいよ~~。


いくら置きコーディをやっても、

イマイチ信用できない(笑)

楽しいけどね。

実際に見につけるとイメージ変わるのは確か。

「プロでも難しい、置きコーディの理由」

 

で、最初にイメージしたのは、

グレー単衣紬。


グレーに暗い赤と紺が映える、

と、思ったんですが。

 

しかし、まあ、帯揚げの色がよくないのか、

自分としてはイマイチ。



 

背にシワ。お太鼓下がり気味と、

着付けが悪いせいかもしれない。

着付けって大事ですよ。

同じ着物でも着付けによって

イメージかなり変わります。

 

で、別の日。

気分転換に、ああ、また気分転換増えた~~(汗)



今度は結城縮に。


 

帯揚げをグレーブルーにして、

帯締めを白ドット&貝の瓢箪の帯どめ。

 

 

うん、こっちのほうが

落ち着くなあ。

 

すっぴんだから顔隠し。


光線のせいかもあるかもしれないけど、

イカットの模様が映える~~

 

 

 

後ろもこっちのお太鼓の形のほうがいい。

グレーは位置が下がってるせいで、

キリリ感が足りない~~。


ああだ、こうだと思いながら、

着用したら、

ああ、すっきり、気が済んだ。



木綿の生地が厚いので、

少し重いんだよね。

 

でも、帯芯の厚さなどちょうどよくて

ほんと、締めやすい。



帯芯がちょうどいい帯って、

こんなに締めやすいんだね。

イマゴロカイ。



ということで、

本日はこれまで。

いつも応援ポチ

ありがとうございます。


にほんブログ村
にほんブログ村

 

コメント

花邑帯教室・イカット羽織ものでの初帯完成! 

2018-05-19 09:55:35 | 手仕事 和裁

 

久しぶりに花邑帯教室に行ってきました。

なかなか行けなかったのと、

杉江先生曰く

「歪みやすく厚めで難しい布」を

選んだ上、布継ぎもしたので、

完成、遅れてしまいました。


 

でも、コツコツとでも続けていれば

できるものなのですね(祝!)

なんでも手早くやりさえすればいいと思って0十年、

丁寧にやることの面白さに

ようやく目覚めました。

イマコロゴカイ。


もう帯は一本や二本増えてもあまり変わりはないので、

ゆっくり、丁寧に~~。

焦らずやっていると、一針一針に集中、

とにかく時間を経つのも忘れます。


完成帯!


「いやあ、売っているモノみたい」と感激すると、

ほかの生徒さんに、

「まあ。売っているのじゃモノ足りないから

作っているのよ」と笑われました。

しかし、マイレベルはまだまだ、

「売っているモノ」と比べることすら

おこがましい。


ポイントの三角の部分。

きれいにできました。

もちろん、アラを探せばどんどん出てくるけど、

まずは一作完成させたかった。

買うのも嬉しいけど、

自分で作るのは、作っているあいだも楽しいし、

技術も身に付く。



花邑さんに行くようになってから、

これまでの自作帯を見直し。

直したものもあります。

紫紺染の帯。

幅が少し狭い(28センチ)のですね。

紫紺染二部式帯で染色展に」

絞りと染に再び挑戦・染色展に」


同じ布をわせ合わせ八寸二分にしました。


接ぎ合わせのところに縫いあとがくっきり見えるので、

そこを刺し子。

針目っすぐじゃないけど、

まあ、そこは味、ということで(笑)


こちらも夏までにお直し、するつもり。

できるかな。雪花絞りの帯。


それよりなにより、

完成した帯。

早く身につけたい~~。



単衣紬と合わせてみました。

こちらは弓ケ浜木綿と、同系色コーディ。


ああ、なんて楽しいんでしょ。

きもの心がうずうず~~

今日明日には着てみましょうか

本当は着姿も同時アップしたかったのですが、

完成、嬉しくてアップしちゃいました。


帯の専門的なことに興味のある人は、

花椿さんのブログを覗いてね。

プロとしてやさしく明。

帯の花邑でブロ友を追いかけた」

花邑帯教室に」

きもの花椿」


いつも

応援ポチありがとうございます。

ほんと、嬉しいです。


にほんブログ村
にほんブログ村

コメント (2)