和がまま紫苑の人生「思うがまま」

きもの着付けは引き寄せのとてもいいレッスンだとほかのことに応用。環境どんどんいい方向に。探求、実践してみます。

長時間座禅ができるようになった(嬉!)

2019-10-10 09:10:55 | 「引き寄せ」の法則

 

 

このところ故あって

「発達障害」の勉強をしております。

「発達障害に学ぶサバイバル術」

こういう本を読んでいると、

自分に思い当たる部分がいっぱいある。

たとえば過集中。

今もそうだけど、なにかをやり始めると

そのことばかりやる。

あと固執傾向。

「同じようなモノに執着する傾向がある」

 

そして多動性。

頭のなかに次々といろんな思い、考えが

湧いてきて落ち着かない。

ゆえに、

瞑想なんてことは絶対にできない

思っていましたね。

「座禅経験、瞑想は難しい、だから」

 

ところがこの二か月くらい、

試しに自宅でヨガを始めて、

それが結構気持ちよくなって、

では、ついでに瞑想でもしてみようかと

やってみたら、30分くらい平気で

できるようになった。

ときには一時間も~~。

 

その理由として考えられるのは、

多分呼吸法。

私、瞑想などの呼吸をするとき、

主に吸うことから始めていましたが、

これを「吐く」から始めて、

「吸う」ことはもう自然に任す。

「吸う」から始めると、途中で呼吸が

苦しくなるんですね。

これは一種の過呼吸だそうです。


それを知ったのは、村上春樹氏の

「走ることについて語るときに

僕の語ること」を読んでいたとき。


彼がトライアスロンをやっているとき

水泳の部で、どうしてもうまくいかない。

最初から水泳の正しいフォームを習うのだけど、

そのなかで、

「泳ぎ始めるときには「吐く」からやらないとだめよ。

「吸う」から始めると過呼吸

になってパニックを起こす」

とアドヴァイスされたとのこと。

村上氏、泳ぎのスタートでパニックを

起こし、緊張のあまり過呼吸になったとか。


彼ほどの人でも緊張するんだなと、

安心した~。

で、ワタクシも瞑想やジョギングのときに、

「吐く」をメインにしてみたら、

これが苦しくない~~。

前は心臓バクバク~~。


もちろん脳裏にはいろんな思いが

浮かぶのだけどそれもスルー、

スルー出来ないときには、

それはそれでOK、

と考えるともう何分でも瞑想できる、

何分でもジョギングできる、

この調子だと、マラソンもできそうだわ。

というわけで、

ヨガ、瞑想、ジョギング、

恐る恐るマラソンも試しています。

んなことが古希近くになって

できるようになるなんてと、

幼児のように喜んでいる紫苑でした。

ではまた。

いつも応援ポチ

ありがとうございます。

励みになっております。


にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村

コメント

「善く死ぬための身体論」~~元気で死ぬためには

2019-09-10 21:38:51 | 「引き寄せ」の法則

 

内田樹氏の書籍にハマっています。

何年か前にも何か読んだはずなのですが、

「日本霊性論」だったかな。

占いとかカルトとか、そういったことに興味があって

読んだ、ハズですが、

大方忘れた。

最近、この方の一冊をたまたま読んで、

おお、と深く納得して

連続して読んでいます。

ある程度人生経験積まないと、

難しい哲学は身体に沁みこんでいかない、そうです。

もうちょっと早くにおお、と感じたかった。



レビナスというフランスの哲学者に傾倒、

彼の論理を身体ごと理解しようと

というか、このままでは自分はいつか

ダメになると合気道を。


とにかく頭ではなく、

身体でものごとを理解しようとする、

その在り方が興味深くて。

私自身、カンとか第六感とか、霊性とか

信じるし、

行きたいほう、好きなモノに身体が

動くほうだから。

それを理詰めで語ってくれるので

もうドはまり。

 

で、手始めは、

「善く死ぬための身体論」(集英社新書)

ヨガの成瀬雅春氏との対談ですね。

 

「善く死ぬ」とはつまり「善く生きる」

元気に機嫌よく生きる、ことですね。

死の間際まで元気で、ある日バタリと逝く。

「ピンピンコロリ」ですね。

そのためには身体を鋭敏にして、

潜在能力を開花させる~~。

そのためには、日々、五感を鍛えながら

生きる~~。

早速ヨガをまた始めました。

影響受けすぎ。

 

対談相手の成瀬先生は、小さい頃から

何もなくても自分の身体で遊んでいたそうです。

いや、こんな風にすればこんな風になるな、

とか自分の身体って確かに面白い~~、

体調が悪いときほど、

身体に注意を向けるよね。

 

着物だって、身体の動きに敏感になるツール。

「着付けは引き寄せの効果的なレッスンだった」

 

成瀬先生は、

「呼吸の基本は吐くこと」

たとえば、危険に遭遇すると人は

「息をのむ」

生まれてくる赤ん坊は

「息を吐く」


だから、困ったことがあると

尻の穴をしっかり締めて息を吐く」と

落ち着くんだって。


二人の意見の違いも興味深くて、

「人は死んだらおしまい」という

成瀬先生に対し、

内田氏は、

「いや、その人は死んでも、

残った人は

彼なら、こんなときどうするだろう、

どう考えるだろうと

その人の考えや行動を内面化している。

だから人は死んでも生きている」


そこまで自分のなかに取り入れる存在を

持っている人はシアワセですね。

いや、無意識に取り入れているよね。


実在の人ではなく、好きな作家とかでもね。

で、成瀬先生、

輪廻転生はしないのが不死だ」と

仰っています。

ヒンズー教の考えで、

「生まれ変わりたくない。

また生まれてくると

また死ななきゃいけないから」

なるほど。

私が「輪廻転生」で不思議に思うのは、

前世ではこうだったと言われるときの

「前世」ってだいたい、

今の自分よりリッパなケースが多い。

ということは、

「前世はあるか? 森下典子さんの前世のお話」


「現在の私」は前世がよくまみれであまり

いいことしなかったから、この程度?

って思うとガッカリ。


次の「わたし」だって、たいしたことないなと

想像がつく。

だったら確かに輪廻転生したくない>

もう生まれ変わらなくていい。


で、「善く死ぬため」の生命力を高める

ベストな方法は

いつも上機嫌でいること、だそう。

上機嫌でいられないから苦労してんだよ、

と思ったあなた、

ではどうすれば常に上機嫌でいられるか、

内田センセの本をちょっとだけでいいから

覗いてみましょう。

ヒントは、

「嫌なことが起きても、これは成長するための

材料だと捉えること」

ヒントじゃなかったね。

成長しなくてもいいから、嫌なことは

起きてほしくないと思うあなた、

それに関してはまた~~、

私も、どんどん読んでいるから、

その片鱗なりともわかるかも。

乞うご期待??

というわけで、

いつも応援ポチ

ありがとうございました。

励みになっております。


にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村

コメント

発達障害に学ぶサバイバル術~~栗原類さん&台風一過

2019-09-09 19:48:40 | 「引き寄せ」の法則

 

東京は夜半にすごい風で家が壊れるかと

風の音を聞きながらうとうとしていました。

家も壊れず、いきなりすごい暑さ。


台風一過のあとに外の様子を見るため散歩しました。

すごい雲が~~。

 

ゆえあって発達障害のお勉強をしています。

いろいろ渉猟するなかで、

タレントでありモデルである栗原類さんの本。

最初は発達障害の一例として読み始めたのですが、

「おお、これは現代に生きる人ならどんな人にも

当てはまるサバイバル術だ」と

自分のこととして読み進んでいきました。

子育て最中のお母さんにも

孫育てにも。

大いに参考になると思いました。

 

「発達障害の僕が輝ける場所をみつけられた理由」

(KADOKAWA)

 

発達障害とは生まれつき脳の機能障害がある人で、

東大生の0割はアスペルガーだとか、

一般的に知られるようになりました。

実は類さんの母親も種類の違う発達障害で、

こちらは多動性だそうです。

 

8歳のときにアメリカで診断、

それ以来母子一体となって病気に

向かい合っていきます。

栗原さんちは母子家庭なんですね。

母親の願いは~~、

とにかく「将来自立できるようになること」

「偉くなる、お金持ちになるより、とにかく

幸せになってほしい」

その日を目指してレッスン、レッスン、

またレッスン。

一日一日がもう即サバイバルに通じている~~。

 


私も含めて多くの人は

子どもが生まれたばかりにときには

「とにかく元気で育ってくれればいい」と

願いますが、その基本をずっと持ち続ける

のは結構難しい、

人と比べたり、より優秀で、よりよい学校とか、

~~より上を目指しはじめ、

ついにはイカロスのように

墜落する子も増えている~~。

「哀れなるかな イカロスが幾人も

来ては落っこちる」「梶井基次郎・Kの昇天」


社会にでると能力より

「愛されキャラ」のほうが評価される、

ユーモアは大切

と類さんの母親はいうけど、

本当にそう思います。

 

 孫と遊ぶときにNHKEテレでこの方の番組を。

 

私自身、これは参考になると感じたいくつかを

挙げてみます。

① 自分の弱点を知る。

 何が、どんなときに苦痛を感じるのか、ですね。


この方の母のエラいところは

周りの人は自分に関してどんなことで

困っているのかを知る、と周りへの

気遣いがあることです。

 

② 時間をかけてできるようになればいいと考える。

物事を長期的な目でとらえる→

これは幸せになるための原則なのですが~~。

今の社会は、、、、ですね。

人のこと言えないけど。


③ 周囲に自分のクセを伝えておく。

これは普通の人は、周囲に伝えるというより、

自分のクセを把握して

ノートなどに書いておくといいですね。


④類さんは子供の頃から

オーディションを何度も受けては

落ちることが多く、

だから失敗しても落ち込まない。

このごろは失敗を恐れる、一度失敗しただけで、

自分はダメだと思い込む人が増えているので、

やはり「失敗体験」も大切ですね。

それだけではなく、一つのところでNGでも

ほかのところでは絶賛されることも多いそうです。

そうです、価値観は一つじゃない、

ある一人にNGでもほかのところでは絶賛ということは

多いものです。

恋愛関係になると特にそうだよね。

個性とはそういうもんです。


⑤ 大きな円のなかに自分をイメージする。

とかく自分中心にものごとを捉えがちですが、

自分は大きな円のなかの一つに、でも大切な一つ

だと思うこと。

「ここで自分が求められているのはどんなことか」と

考える。

 

私、この本を読んで自分の「弱さ」を認める

ことはサバイバルの必須条件ではないか

と思いました。

通常、人は「強いこと」をいいこととしますが、

弱さから始めると、比較している暇はない、

自分で伸びるだけですから。


村上春樹のこんな一節を思い出します。

 

「強い人間なんてどこにもいないさ。

強い振りをできる人間がいるだけさ」

 

発達障害でもHSP(超敏感体質)でも、

自分の弱点をちゃんと見つめて、

そこから一つ一つ構築していく~~、

その結果が春樹であり、

いまの栗原類さんなんですね。

「自分の持てなかったものを欲しがると不幸になる」

私も、生き直ししたい~~。


もう遅い~?

まだできる~~?


そうそう、「引き寄せ」。もう

やめたいのでうが、じゃあ、どこに

するかが見つからないので

しばらくこのままにしておきます。

 

というわけで、

いつも応援ポチ

ありがとうございます。


にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村

コメント

デカプリオは三か月&ポジとネガ思考の黄金比とは?

2019-09-06 21:04:28 | 「引き寄せ」の法則

 

一度アップしたら、勢いがついたので

ついでに書籍関係もアップしてしまいます。

ネタはもういっぱいあるのです。

さて、今回のテーマは

「脳科学は人格を変えられるか」(文春文庫)

 

基本、ネガティブ思考です。

でもそのネガティブ思考まで

ポジティブにとらえるのは、

ネガなのかポジなのか。

はい、私自身はポジだと思っています。

先に、

そもそも前向きになれないから悩むのよね」

とのブログをアップしたところ、

同じブログ仲間のMさんから

ドンピシャのブログを教えていただきました。

「いつも空が見えるから」

 

紹介されていた書籍を順次読んでいるのですが、

これがもう面白い!

で、今回の「脳科学は~」

結論から言うと、もちろん変えることができます。

不可能だったら、まず書籍にならないよね。


ではどうやって?

要約しちゃうとですね。

① ポジティブな感情や笑いを数多く経験する

② 生きることに積極的に取り組む

 仕事とか趣味ね。

③ 今日、明日ではなくもっと長期的な視野で

人生に意義を見出す。


この長期的というのを実現できない人が多い。

目先の欲望、

快楽に捕らわれると幸福はどんどん逃げる。

 

快楽と幸福は違うのよ。

ネガティブ思考も成功に不可欠な要素で

(当り前よね、だってリスクヘッジのないところに

成功はないもの。多幸感とシアワセは違うしね)

その黄金比は

ネガティブ1に対しポジティブ3、

だそうです。

つまり、

嫌なことが起きたら、

意識的に三つほどいいことを考える。

「性格を変えたい~」と願う方は

ぜひ一読、二読、三読を。

 

そんなことよりですね、

面白かったのは、

ディカプリオ主演の映画「アビエイター」の話。

ご存知、アメリカの大富豪

ハワード・ヒューズの自伝です。

ヒューズは、もうイケメン中のイケメン

レオ様よりもこちらが好みだわ。

だからといって何がどうなるものでもないけど。

 

しかし、彼は異常なほどの潔癖症。

自分が住む部屋を無菌室にしてしまった~~。

細菌が怖くて外出できず、人には会えず>

甘系のイケメン、

この人にプロポーズされたらどうする?

細菌恐怖症~~、

細菌とイケメン度を秤にかけると。

う~~NN.

妄想~~。

 

で、この役を演じたレオ様。

役に入り込みすぎて、

自分が「強迫神経症」に

なってしまったんだって。

もう何度も手を洗わないと

気が狂いそうになるわけ。


撮影が終わっても病気は治らず、

ついには何人もの専門家による

集中的なセラピーと訓練が行われたそう。

元通りになるのに、

三か月、

三か月。

私の予想、予測と同じだわ。はは

人は、案外カンタンに変われるもんだね」

 

それにしてもハリウッドの映画業界ってすごい!

デニーロも出演作によって

徹底的に身体を変えるそうだけど、

こういう話を聞くと、

人の性格って、実は自分が「こうだ」

「こんな性格のはずだ」と思っているだけで、

環境や相手が変わればまた違う「性格」に

なるんじゃないだろうか??


うん、覚えがあるような気がする。

この辺り追求してみたい~~。

本当のワタシはどんなわたし??

ネガティブ思考、繊細と思っているのは

私だけかも~そんな気がしてきた。


というわけで、

いつも応援ポチ

ありがとうございます。

励みになっております。


にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村

コメント

運命のお相手に出会うには!!

2019-08-20 18:32:09 | 「引き寄せ」の法則

 

年甲斐もなく「恋バナ」?

この話題、ちょっと迷いましたが~~。

このところ若い人に混ぜてもらって

「婚活」の話を横で聞いていて思ったこと。


第一次結婚式ブームが20代で過ぎて、

次は30代での結婚、婚活話となるわけです。

「もっといい人現れる」症候群って、

結局は「運命の相手」は現れるのかって

ことですよね。

条件もあってて、性格も好みで

自分に好意を示してくれて、

共通の趣味がある~~とか?

 

 

ふ~~ん、こんな映画があったのですね。

 

実はいるんですね。


そしてそういう方に出会うのは

とてもカンタンとかのアドラーは

申しております。

あなたのそばにいるあの人がそう!!

まさに知人の彼女のケースだ。

「もっといい人現れる」症候群は

気になってはいても

付き合ってと言う勇気がでないから、

「べつに~~」「~~どうして私が」と

自分に言い聞かせていると、

アドラーなら言うでしょう。

 

運命の人に出会う方法、

それは~~。

自分がこの人こそ

「運命の人だ」と自分で決めること。


アドラー本の若者は反論、抵抗しています。

「そ、そんなバカな」と。

 

「~~実際に運命の人に出会った人を

私は知っていますよ」

はい、たとえば街角で何度もぶつかるとか、

落としたハンカチを拾ってくれた人とか~~?


元アナウンサーの中村江里子さんは、

同じ人と何度も遭遇し、相手のフランス男性は

「こんなに何度も遭遇するのは運命に違いない。

結婚を申し込まないのは愚かだ」と

プロポーズしたそうです。

羨ましいですよね。

アドラーによれば、

それは彼は彼女を「運命の人」と

決めたから、ということになります。

 

江里子さまも、「この人が運命の人と

自分で決めた」のでしょうね。


 まあ、その方がイケテないおっさんだったら、

江里子さまもお断りになるでしょうね。

 

 逆にいうと、

「運命の人に出会えたから」

ラッキーなのではなく、

「この人は運命の人だ」

思えたことがラッキーなのでしょう。

この微妙な違いがわかるかな~~。

 

 う~~ん、

うなっていたら、

こんな素敵な言葉を思い出しました。

 

伊坂幸太郎さんの小説、

「アイネクライムナハトムジーク」



「たとえばだな、

ハンカチを落として云々で出会って、

これは劇的な出会いだって

盛り上がるかもしれないけど、

その女が素晴らしい女かどうか

後にならないとわからないじゃないか、

その人がどんな人かは運不運~」


まあ、これは出会い方は関係なく、

どんな結婚でも言えること。

「ただ出会いが劇的だと、そこにばかり

目が言ってもっと大事なことがうやむやに

なるんだよ」

わかる、わかる、この年になると~~。

 

「~~だから出会い方なんてどうでもいいんだよ」

そしてこう続ける~~。


「~~あとになって、あの時、そこにいたのが

彼女(彼)で本当によかった。って思える、

それが一番すごいことなんだよ

確かに。


言い方は違うけど、

アドラーと共通するものがあります。

それは、

自分の結婚や運命を何かや誰かに

託すのではなく、

「運命の人は自分で決める!!」

「自分の運命は自分で決める」!


「この人がそばにいてくれて

よかった」と思えるようになるために、


自分ができることはなんでもやる!

自分の運命、自分がどんな人生を、

どんな風に送るのか、送りたいのか

運命を自分でコントロールする。


人が一番自信が持てて、幸福を感じるのは

自分の人生を自分でコントロールしている感覚です。


運命の人は「神様」任せではなく、

あなたのそばにいるかも。


いまあなたのそばにいる方も

粗大ごみなどといわず、

運命の人、なのだと思いなおして

見直してみてはいかがでしょうか。

ダメ?


「クロワッサン・捨てたい夫・特集」

どこどこ、私の運命の人~~、

ああ、もう先に天国に逝ってるって??

「婚活女子の選択ともっといい人~~症候群」

というわけで、

いつも応援ポチ

ありがとうございます。


にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村

コメント

婚活女子の選択と「もっといい人現れるかも」症候群

2019-08-16 18:07:53 | 「引き寄せ」の法則

 

先に「婚活」を始めた若い知人のことを

アップしました。

その人が「決めた!」とのことです。

よかった、よかった。

 

無料イラストを借りました。

 、

そのプロセスはいばらの道、

と私には思えるのですが、

本人はいたって平気?

彼女が選んんだのは、

特に高学歴、高収入でもない

普通のサラリーマン。

(この普通っていうのが案外にいない、そう)

 

ちなみに、彼女は某有名私立大学出身で

収入はあるほう。

「高望みから始めよう」じゃないけど、

この際だからとにかくいろんな職種、

学歴、年代の人と会ってみようと、

次々とお見合い。


お見合いの合間に、男性側は

「~~子供は有名校に」

つまり子供の教育はちゃんとしろと?

「家事はちゃんとして」

 でも、自分一人で家族を支えるのは

 大変、仕事は続けて欲しい~~と

おいおい。

 

女性側も

「子供は有名校に」

つまりは教育費、ちゃんと出してね。

仕事はやめたくない。

だから、家事は手伝ってね、

などと何気に?条件を~~。

条件闘争、なんて言葉があったね、

 

最近は婚活を取り上げた小説も増えたのね。

「傲慢と善良」(辻村深月著)

 

どちらにしても結婚したら、

女性のほうが何倍も大変になるのは

目に見えている。

それを支えるのは~~

 

で、何人もの高学歴男性とのお見合いの結果、

 

① 仕事をやめたくない、続けたい。

相手がラリーマンなら転勤の可能性も大)

② 多忙で家事を手伝ってもらえそうもない、

③ 何かと高圧的?


つまりはフィーリングが合わなかったわけです。

で彼女、結局、

前から知っていた人と一緒になることに!

① 気楽でいい。

② 年収多いなりに出ていくお金も増えるから、

生活自体はそう変わらないのでは?

③ 家事などの協力が期待できる。

④子供の教育のことはそのときに考える。

などなどの理由により~~。


登録婚活、巡り巡って、たとえば同じ職場の人と

一緒になることもマレにあるそうで、

超レア、だよ。


これは同じ職場だと、

「お付き合いしてください」とお願いして

断られたら、そのあと気まずい、やりにくい、

でも、「婚活」なら、お互い最初から目的が

同じなので、否、諾にかかわらず、

まだ乗り切れるとか。

これは登録婚活全般に言えることですね。


こちらも婚活女子が登場。

「デートクレンジング」(柚木麻子著)

 

20代高学歴、高収入、プラス美貌、

家柄がいい女性となると、

これはもう強気は強き。

もうスカーレット並み、というか以上。

幻のアシュレ、レッドのいない

一人スカーレットね。

 もっといい人現れる」症候群

いい人現れる人はいいけど、

滝クリみたいに?

小泉進次郎氏は「もっといい人」?


若い、きれい、高学歴、高収入、

家柄がいい、このどれか一つでも

「自分姫」扱いの人、最近増えた気がする。

 

で、そのまま30代に突入、

あっという間に30代を過ぎていく人も

 

 

妥協して結婚するよりしないほうがいい、とも。

 

頑張って勉強して、美容にも気を遣って、

家事や料理も趣味なのに、

肝心の「自分に合う相手」がいなくなることも。

シビアですよね。

もっと「いい加減」でいいかも。


妥協というより、

こちらも「無意識の期待」やら願望やらを

しっかり見定めないと、ね。

どの口がいうか?


もっとも同じ離婚するなら、

高収入の男性と結婚する、

との女性もいるとか。

う~~NN。


でも若い人の話を聞いていると、

ミラーニューロンのせいで若さに同化、

自分も「いい人現れるかも」症候群かも(爆)

と思えてくるわ、ハハ。

「もっと」はないんだけどね。

「昭和婚と令和婚・その夢と現実」

 

というわけで、

いつも応援ポチ

ありがとうございます。

励みになっております。


にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村

コメント

自己チュー・人のものを欲しがる・ネグレクト~でも愛される

2019-08-14 20:45:13 | 「引き寄せ」の法則

 

ドラマ、特に恋愛ドラマのヒロインというと、

たいていは健気で思いやりがあってと、

世の親や教師推薦の方々が

ほとんどのなかで、

この方だけは別格。

 

自己チュー、傲慢、甘ったれ、

無知、嘘つき、

それだけならまだしも

子供ネグレクト、恐喝、盗み~~、

こんな「性格の悪い」ヒロインなのに、

なぜかすごい引き寄せパワー?

愛されている~~。

かつての沢尻エリカさま(失礼!)でも

ここまでは~~。


 

そう、「風と共に去りぬ」の

スカーレット・オハラです。

 

この映画を最初に見たとは中学生のとき、

もうびっくりしました。

ヴィヴィアン・リーのあまりの

美しさとスカーレットの性格に。

だって、先生たちが日ごろ言っている

モラル感とは正反対の性格なんですから。

映画にはないけど、小説では

しばしば自分に子どものいることを

忘れる「ネグレクト」

最初の夫とか次の夫に間にも

子供いるけど、

「あっ、忘れてた!」なんて言う。


 

舞台で大地真央さんの舞台も

観たことがあります。

大勢の芸能人が憧れと言っているスカーレット。


書店で、「100分で名著」のシリーズの

「風」版を見つけ、

早速読んでみました。


『謎とき・風と共に去りぬ」(鴻巣友季子著・新潮選書)


こんな「ビッチ」(あばずれ)タイプなのに、

「意外と憎めない」→「なかなか好感がもてる」

最後には「応援したくなる」と

読み手の心情が変化していくとのこと。


時代の変化もあるそうで、

作品の発売から20年後の1950年代後半には

自己同一視する高校生はほとんどいなかったが、

1980年代半ばにはほとんどの女性が

お気に入りになっていたとのこと。

最近の若い女性は「姫」と呼ばれるのが

普通だというから無理もないとして、

30年代によくこういうタイプの女性を

描きベストセラーになったもんだ。


悪女っぽい表情。

 

その謎は、ミッチェルの「ボケとツッコミ」の

入る文体にあると著者言うのですが、

確かに映画でも「クライマックス」になりそうに

なるといきなりアンチに。

たとえば二人が戦火のアトランタを

抜け出し、ほっと一息、

レッドは熱く抱擁し、おっラブシーンだと

思ったとたん、

「じゃあ、ここまで。あとは君一人で

頑張りたまえ」と突き放す!

スカーレットとともに観客も

ずっこける?!

ここ逆でした。「あとは君一人で。僕は

戦争にいく。勇敢な兵士にキスを」とかなんとか

言って無理やり?キスするのでした)


そんな意表をついたり、

笑わせたりするシーンは多い。


もう一つ、子供の頃の大きな疑問。

大人になってこの映画を観たワタクシとしては

(なにしろBSなどで何度も放映しているから)

スカーレットって不感症だったのね、

ということ。

植物男子のアシュレを恋焦がれるのも、

そのせいだし、何度も夫を変えても

平然としている。


お金欲しさにレッドを誘惑に~~、

しかし失敗。


ところがある夜レッドに無理やり

抱きかかえられて階段を上る

映画のクライマックスシーン。

その次の朝の彼女のご機嫌なこと、

鼻歌など歌っていた。

子どもの頃の謎だったシーンも

大人になるとわかるように~~。

原作には性的な秘密が結構隠されている。


アシュレ、妻のメラニーが流産したせいで「禁止」

一方では魅力あるスカーレットが迫ってくる~~。

「白馬の王子の「性的地獄」

と著者は記しています。

確かに。

ドラマは二組のセックスレス夫婦の

片思い交錯模様を呈し~~。

スカーレット、せっかく「性の歓び」に

目覚めたのに

それに気づかないという「バカ」ぶりで、

白馬王子幻想、どんだけ強いんだ!!


こういう女性は幸せに縁遠く~~。

そういえば、春樹の短編に

「今は亡き王女のために」という

人のモノ欲しがる姫が出てくる話が

あったなあ。

 

「無意識の期待」が

人生を狂わせるというヤツですね。

「無意識の期待で人生間違えたワタシ」

だからファン・無意識に自分を投影~~?

 

スカーレットはその美貌ゆえ、

どんなにビッチでも愛される~~。

とヴィヴィアン・リーの魅力にハマった私は

若い頃、彼女の自伝まで読みました。


 

なんと、ヴィヴィアン・リーって、

「セックス依存症」だったそうです。

もうびっくりだよ。


そんな話を読むと、年取ったスカーレットと、

「欲望という名の電車」(リーは二回目の

アカデミー主演女優賞)のブランチこそ、

その後スカーレットという気がします。

「性の歓び」に目覚めたスカーレットは、

またまた逃げるレッドを追いかける。


ブランチもセックス依存症で「無意識~~」

 

春樹の片思い小説「ノルウエーの森」など、

その後の恋愛小説に多大な影響を与えた「風~~」


「無意識の期待」ってヤツで人生間違える人も

いれば、それを利用して壮大な「片思いドラマ」

を作る人もいるというお話でした。

反面教師にいたしましょう。

&「無意識の期待・願望」に気をつけようね。


いつも応援ポチ

ありがとうございます。

励みになっております。


にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村

コメント

自分の持てなかったものを欲しがると不幸になる~~?

2019-08-03 09:56:51 | 「引き寄せ」の法則

 

最近、

「空気読めない」とか

「空気読めよ」という言葉を

よく耳にするようになりました。

コミュ障という言葉もあって、

人とのコミュニケーションがうまくできないと

悩んでいる人が増えているとか~~。

でも

人とうまくコミュニケーション取れている人って

いるの?

って感じ。

自分でそう思っているだけとか~~?


無料イラスト拝借。


昔読んだ本を再読しています。



「火星の人類学者」(早川書房)「妻を帽子に間違えた男」


脳神経学者のオリバー・サックスです。

前にも書いたけど、

ロバート・デニーロ主演で映画化された

「レナードの朝」の

原作者ですね。

 

 

脳に障害を持ち、不思議な症状をを表す患者

一人一人を愛情あふれる目で見ていて、

「人が普通であることは素晴らしい」

と思うと同時に

「正常であるとはどういうことだろう?」

と思ってしまいます。

 

彼の著書は20年くらい前に読んでいたのですが、

 

改めて読んでみると、

やはり前には何を読んでいたのだろうと

思うくらい。

いや、今でもそうかもしれません。

いわゆるアスペルガーといいう言葉がまだ

一般的になっていなかった頃。

東大生の何割かはアスペルガーとかね。

 

なかでも

表題作の「火星の人類学者」は圧巻。

彼女は自閉症、アスペルガーで

脳の一部に障害があるのですが、

動物学者として世界的に知られていて、

「動物たちがいかにしたら

安楽に死ねるか」のシステムを考え出した。

 


彼女の考案したシステム。


知能的に優れていて、

一方では、

人の気持ちはわからない、

ゆえにコミュニケーションができない。

皮肉、冗談、社会的なしきたりの奥にあるもの

が理解できない。

いわゆる

「空気読めない」の最たるものですね。


それゆえ、人を理解するために、

「自分は火星いる人類学者のように、

人間を観察して、こういうときには

彼らはこうするのかと、

人間行動の模倣を学習するのです」


人との肉体的な接触もできない、

それゆえ自分で工夫して、

締めあげ機、抱っこ機なる装置を

自分で作って、

「ときおり、自分の身体に適度な圧力を

かけることで精神の平安を得ている」という。

人を好きになる、熱を上げるという感情も

理解できないという。

 

それでも、

「もしこの症状がなくなったとしたら、

私は私ではなくなるでしょう」という。

 

本には生まれてすぐに視力を失った人が

何十年も経ち視力を取り戻したものの、

やはり「目で見ること」ができず、

触覚、聴覚、臭覚など視覚以外で

モノを見てしまう、

そして「目で見る」ことを強いられることで、

逆に

「自分ではなくなってしまった」

という人もいます。

 

「自分以外のモノになろうとする、

ほかの人のモノを欲しがる、

それを無理やり、あるいは突発的に

手にいれてしまうと、逆に

「自分を失い」自分ではなくなることもあるのです。

「これは本当に自分が欲しいモノか」

とときには問うてみることも必要~~。

それにしても、

 

空気読めない」ことって本当に欠点なの?

相手も空気読めてないからすれ違い起きるのかも。

お互い様なら、

それこそ工夫で乗り切る~~?

 

人は足りないモノばかり気にしがちですが、

その足りないところを含めて

「その人」なのかもしれません。

「もし病気や遺伝子の異常を絶滅させたら、

世界は会計士に支配されるかもしれないのです」

と彼女は言ってるよ。

 

いま、そうなりつつあるのかも、

逆に怖い~~。


この本、手元に置いて何度も読み返します。

まだまだいまの私には理解できない、

でもとても素晴らしいことが隠されている

ように感じます。

それを感じる~~。

感じる~~、

「空気読めてないかも」と感じる~~。

寂しい、悲しい、苦しい~~。

この感情を持てること自体,

とても素晴らしい贈り物なのですね。

「寂しい!」は人を動かす」

 

いつも応援ポチ

ありがとうございます。

励みになっています。


にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村

コメント

「無意識の期待」で人生間違えた!ワタシ

2019-08-01 11:47:10 | 「引き寄せ」の法則

 

娘が置いていった本をパラパラと。

すべてなかなかいいことが書いてあります。

私が70歳近くになって

ようやくわかろうとしていることを

娘は若いときにわかろうとしていたのね。


人間関係などそれなりに悩んでいたのね。

悩みがないとこういう本、読まないものね。

その一冊。


「こころがスーッと軽くなるさとりセラピー」

(溝口あゆか著・大和出版)

 

「さとり」という言葉に引かれた。

「さとりの教えを説く本ではありません。

さとりの視点を知り、世界の見え方が変わることで、

少しでも心軽く生きていくことを実現させたい」

とあります。


本のなかで気になったのは、

「無意識の期待が落ち込みや怒りを生む」

との項目。

著者は「無意識の期待」が

「落ち込みや怒りを生む」としていますが、

私の場合は「落ちこみ」や「怒り」より

もっと悪くて

「人生そのものを間違えてしまった」かも??

 

 

無料イラストを借りています。

 

マッ、いまさらですが、やはり恋愛関係に

「無意識の期待」が強かったですね。

中高と女子高育ちだったことも影響しているかも

しれません。

若い頃、彼氏と喧嘩して「じゃあ、帰る!」と

店を出たものの、

「こういうときには私を本当に好きだったら、

相手は追いかけてくるはずだわ。

追いかけてくるものだわ」と

「無意識の期待」を。

雨のなかを追いかけてくる彼氏とか、

雨に濡れながら、いつまでも帰りを待っている、とか(笑)


ところがいつまで経っても追いかけてこない(汗)

部屋の前でも誰も待っていない(汗)


ばっかじゃないの、

と今ならわかるけど、当時の私はもう

小説やらドラマやらの「恋愛幻想」なるものに

毒されまくっていたから。

 

無料イラスト。

 

一事が万事この調子~~。

私の場合、「怒り」より、

なぜ? 追いかけてこない??

この人おかしいんじゃない、

とあくまで自分が正しいと思っている(汗・汗)

おかしいのはあんただよ、

と今ならツッコミ入れるけど。


すべての恋愛はあえなく壊れる~~、

ハズだよね。

この恋愛幻想のせいで、

鴎外の「舞姫」も読み違えてて、

先生に言われたことがあったなあ。

それでも気が付かなかったワタシ。


「無意識の期待」は「自分の理想」につながり、

相手を見ていないんだよね。


恋愛に限らず、今の社会、すべてにおいて

世知辛くなっているから、

「昔の普通」は「今は理想」。

「理想の親」幻想、

「理想の子ども」幻想。


「無意識」というところがキモ、

ポイントですね。

皆、無意識に「そうであらねば」

を持っているもの。


イラつきやすい人、

いきなり怒る人って、

「こうなって当たり前だろ」と思っているから、

イラつき、怒鳴るんだよね。

あの上司とか~~、あの知り合いとか。

 

最近この手の事件が多いような、気がする。


「かつての普通」は「今の理想」


「無意識の期待を手放そう」と

著者は書いていますが、

これも難しい、ですよね。

できることは、

「イラついたり」「怒り」が湧いてきたり、

「あれっ!?」と思ったら、

これは「自分のなかの無意識の期待」が

そうさせているのかもと、

まずは気づくことかな~~?

自分はこう思う傾向が

あるんだなと知っておく。

知るは改良の始まり~~。


というわけで、

今日も一日危険な暑さ。

皆さま、

無事に過ごせますように。

いつも応援ポチ

ありがとうございます。

励みになっております。


にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村

コメント

「引き寄せ名人」の残したモノ

2019-07-30 12:39:11 | 「引き寄せ」の法則

 

あまりに暑い、身体が怠いので、

思い切って部屋の整理、

身体を動かすことにしました。

 

大きなものではリビングのソファを処分、

その代わり、浴衣の生地でクッションカバーを

作りました。

手で縫うだけです。

 

片づけしているとき、

娘が置いていった「ごたごた」が出てきました。

 

 

V6の大ファンでファンクラブまで入っていました。

親としては「苦々しい」思いで、

でもそれが彼女の楽しみなら

仕方がないと止めはしないけど。

止めると大げんかになるだろうしね。


当時はもっと「意味のあること」

「知的(?)なこと」に興味を

持って欲しいと思っていました。

どの口でそういうこと言うか??

 

これらのゴタゴタ、速攻処分!

と思いましたが、置いていったとはいえ、

人のもの、勝手に処分したら怒るだろうと、

仕方なく元通りの場所に。

 

その奥には記録用のDVDが何枚も。


 

これは捨て、だな。

とそのタイトルを見てみると、

「ゴッホ」やら「ヒトラー」やら「ケネディ」やらの

人物の名前が~~。

ああ。これは岡田准一さんが出演していた、

NHKの「プロファイラー」の記録。

そうか、娘はこういう風にして

いろんなことを学んでいたのだな、と、

少し安心しました。

 

皆若い頃、寝起きかあ~~??

育ってくれただけでありがたい

 

娘は心理学部を出ていますが、

ファンクラブやら旅行やらに忙しく、

あまり勉強はしているようには見えない上に

私の読書傾向、思考傾向とは違っていた。


自分が正しい!と思い込んでいた私とは

よくぶつかっていた。

「母バンパイアVS娘バンパイア」

 

ところが今、娘の精神や生活の安定度はとても高い。

この先、いろんなこと起きると思うけど、

何が起きても大丈夫と思える

芯の強さを感じさせる~~。

 

娘が密かに?読んでいた、こんな本も何冊か出てきた。

 

 

当時の私は、こういう自己啓発本を軽くみて、

というかバカにしていたフシがある。

済みません。

反省。

素直に読むとためになるよね。

難しい理屈本もいいけど、

こういうシンプルに前向きな本、

一冊でいいから選んで、信じて、

トライしてみるといいかも。

部屋も生活も人生もシンプルが一番。

 

「サクサク引き寄せちゃう人もいるもんだ」


最近ではかつてお勉強ができて、

「~~大丈夫かあ?」と

妹を心配していた兄が妹に

恋愛ごとなどいろいろ相談しています。

ハハ~~。

娘アドバイス、その第一条は、

「人に相談しない。頭で決めず心で決める」

「人」とは特に「親」、

私のことです(汗)には相談しない、

何も言わない~~。

なにしろマイナス思考のバンパイアだから、

まっ、娘の助言は正しい~~。

~~だって。なるほど。

適切な助言だね。

こんなアブナイ親の下、

無事に育ってくれただけでも

感謝!だね。

勉強できるのと幸せ度、

本当関係ない~~。

 

 というわけで、

掃除して整理して汗びっしょりかいて、

シャワー浴びたら、すっかりだるさは

取れていました。


いつも応援ポチ

ありがとうございます。

励みになっております。


にほんブログ村 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ
にほんブログ村

コメント