ただの備忘記録

忘れないように記録を残します。
忘れるから記録に残してます。
そして、その記録が役立つといいかな。

【iPhone】音量についての要望です

2019年10月11日 | MacOS/iOS

①メッセージ系アプリではミュートでも音が出るように設定したい

ミュートにしてもメッセージの着信は音がしますが、LINEのようなアプリでは音がしません。
しかし、仕事の連絡用にLINEを使っているので、完全なミュートも困ります。
通知の設定のように横断的に設定を確認して、アプリ毎にミュートの場合にも音が出せる設定をできるようにするか、メッセージアプリをひとまとめに同条件で音が出るようにしてもらえると分かりやすいかと思っています。

②不意に音が鳴らないように確認したい

自宅でゲームをするときに音量を上げて、そのままミュートにするのを忘れてしまうことがあります。
出先ではミュートになっていることを確認するのですが、それも毎回だと忘れてしまうこともあります。
ゲームが起動するときに一瞬で構わないので、現在の音量設定を画面内に表示して、できれば画面をワンタッチで音をミュートにできる瞬間が欲しいです。
iPhone横のスイッチは瞬間的には押せませんし、アイコンをタッチして起動しているので、手は画面の上にあるので反応は可能だと思うのです。

コメント

【macOS Catalina】

2019年10月11日 | MacOS/iOS

新しいmacOSへのアップデートは大変な事件となりました。

最新バージョンのCatalinaへのアップデートが始まったので、早速実行してみました。
2時間ほどしてようやく終わるのかと思ったら最後の設定画面から5時間も動かなくなりました。

これまでもほぼ毎回アップデートに失敗しては、TimeMachineの機能を使ってアップデート前に戻して再挑戦をしてなんとかできていたのです。
昨年に新しいMacbook Airに買い換えてはいましたが、データ移行をしていたので、問題の抱えたところも移植されていた可能性があります。
今回最悪だったのは、TimeMachineからの復元途中でエラーが出て、元に戻せないということになったのです。

そこで、仕方なくOSの再インストールを選んだのですが、HDDが一杯でインストールできないというのです。
手順を戻して、ディスクユーティリティを起動して、先にHDDを初期化することにしました。

空になったHDDにmacOS Mojaveをクリーンインストールすることになりました。これまで不具合を引き継いでいた可能性があるので、これは良い機会になったと思うことにします。
Mojaveが無事に動くようになったため、ここで一旦TimeMachineでバックアップを初めて朝まで放置しました。
翌朝、再度Catalinaへのアップデートを初めて3時間ほどかかりましたが、順調に最後の設定画面にたどり着き、数秒で設定が終わりました。

後はアプリが消えてしまっているので、Apple Storeからアプリを入れていきます。
データはiCloudにバックアップされているので、Apple IDの設定さえしておけば順次元に戻ります。

メールは、アカウントを設定し直して元通りになりました。

写真は、アプリの起動後に、一旦サムネイルが表示され、その後に実データをダウンロードし始めたので、かなりの時間掛かっていました。

iTunesが結構やっかいで、購入した楽曲はちゃんと表示されていたと思いますが、CDから入れたアルバムがほとんど消えています。そこで、TimeMachineのデータからMusicフォルダを探してコピーしてきました。

Apple Books(旧iBooks)のデータは、購入した物以外に登録したPDFのデータもちゃんと表示していました。こちらも足りないデータがある場合は、TimeMachineから持ってくることにします。コピー先は分かりませんが、PDFを開くとコピーしてくれるかと思います。

二日がかりでなんとか元の状態に近付けることが出来ました。

コメント

iPadOSになってからのトラブル ドックのアイコンが反応しない

2019年10月02日 | MacOS/iOS

iPadの画面下部には、登録したアプリや最近使ったアプリのアイコンが並んでいます。

その中でタップをしても反応しないアイコンがありました。
下の画像では、一番右にあるゲームのアイコンで最近よく使っています。もちろん、ドックの外にあるアイコンから起動することはできます。

ドック内のアイコンが反応しないのはこれだけでした。
アイコンを一旦削除しようと長押しをすると上記のような画面になったのです。

恐らくリンクが切れたような状態でアプリ名も「(null)」となっています。これはデータがないことを表していると思われます。
これまでも設定画面などでこの(null)が表示される現象は見かけていましたが、ドックで表示されるのは初めてです。

試しに共有を選んでもアプリがないというエラー表示がでました。
今度はもっとアイコンを長押ししてみると、アイコンの削除ができる画面になりましたので、一旦削除します。
また、アプリを起動すると、またドックに表示されます。しかし、また同じ現象が起こります。

次にアプリを一旦強制終了し、再度ゲームのアイコンを削除すると隙間ができますので、他のアプリを使ってドックをアイコンで埋めます。
その状態でゲームを起動すると再びドックにアイコンが登録されます。今回はうまく行きました。ドックに登録されたアイコン(ショートカット)はちゃんとタップしてゲームを起動することができました。

ドック内の管理情報を、他のアイコンで埋めて更新し、新たに登録されたものは問題なく動いたようです。

コメント

iPadOSになって最初のトラブル ブラウザの識別情報が変わってしまった

2019年09月27日 | MacOS/iOS

JavaScriptやperlによるブラウザの解析を続けて来ましたが、iPadのOSがiOSからiPadOSになったことでブラウザの動作に変化がありました。

9月20日にiPhoneはiOS12から13になり、9月25日にiPadはiOS12からiPadOS13.1(iPadOS13はありません)にアップデートしました。
アップデートの後、iPadのSafariでアクセスするといままでと違った表示をしたり、動画が再生されないというサイトがありました。
これはiPadを他のOSや機器として識別されているのではと思い、Safariの解析情報を確認してみました。

JavaScriptを使って、iOS12とiPadOS13.1でSafariから取得したnavigator.platformとnavigator.userAgentの値は以下の通りです。また比較のためにMacOSXのSafariの解析データも載せておきます。

OS.platform.userAgent
iOS12  iPad  Mozilla/5.0 (iPad; CPU OS 12_4 like Mac OS X) AppleWebKit/605.1.15 (KHTML, like Gecko) Version/12.1.2 Mobile/15E148 Safari/604.1
iPadOS13.1  MacIntel  Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_15) AppleWebKit/605.1.15 (KHTML, like Gecko) Version/13.0.1 Safari/605.1.15
MacOSX  MacIntel  Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_14_6) AppleWebKit/605.1.15 (KHTML, like Gecko) Version/13.0.1 Safari/605.1.15

 iOS12とiPadOS13.1では、大きく内容が変わっており、platformも明らかにiPadではなく、MacIntelとなっています。
MacOSXのSafariによる解析情報と比較すると、今回のiPadOSでの解析情報とほぼ同じになっており、これが間違った識別が発生している原因です。

サイト側は、ユーザーがブラウザを使ってアクセスをすると、そのクライアントの情報を解析してどんなOSなのか、どんなブラウザなのかを判別しようとします。
スマホ、タブレット、PCの違いが分かるだけでも、画面のサイズやタッチ操作への対応ができます。
また、機器によって表示できる画像や動画のデータ形式に違いがあると、提供するデータ形式を切り替えて対応することもあります。

JavaScriptでは、スクリプトの命令や関数の動作の違いで判定することもありますが、上記のように解析情報も使われています。
また、サーバ側で解析する場合、ブラウザの解析情報に頼ることになりますので、大きな影響があと思われます。

各ブラウザのブラウザ情報については以下のページにまとめて記録を残しています。参考にどうぞ。

http://www.shurey.com/js/labo/browser.html

【原因と対処】

元々Safariには表示しているページをデスクトップ用(PC用)に表示をするという機能がありました。
どうやらその機能がiPadOSになったタイミングでオンになったのだと思われます。

設定の場所は「設定」内の「Safari」の中にありました。

上記画面の「デスクトップ用Webサイトを表示」をタップすると切り替えスイッチが表示されてオン/オフの切り替えが出来ました。
この設定をオフにすると、navigator.platformも「iPad」となり、userAgentもiOS12の時と同じようになりました。
以下の表は、iOS12とiPadOS13.1との比較です。

OS.platform.userAgent
iOS12  iPad  Mozilla/5.0 (iPad; CPU OS 12_4 like Mac OS X) AppleWebKit/605.1.15 (KHTML, like Gecko) Version/12.1.2 Mobile/15E148 Safari/604.1
iPadOS13.1  iPad  Mozilla/5.0 (iPad; CPU OS 13_1_2 like Mac OS X) AppleWebKit/605.1.15 (KHTML, like Gecko) Version/13.0.1 Mobile/15E148 Safari/604.1

 

コメント

【iOS12】ファミリー共有の問題点

2019年05月02日 | MacOS/iOS

現在、iOS12.2でiPhoneとiPadを使用しています。
ファミリー共有を使って家族でアプリや電子書籍(iBook)、音楽(iTunes)のデータを共有しています。
しかし、以前まで可能だったストアクレジットでの決済ができなくなってしまいました。
Appleのサポートとも話をしましたが、解決できませんでした。
最終的にはファミリー共有を切って使わないことで問題を回避するしかなかったのです。
以下、問題点や解決策など記録としてまとめておきます。

【ファミリー共有でできること】
・共有したアカウントでAppStoreやiTunesStoreなどで購入済みの物を共有することができる
・決済を一つにまとめることができる
・未成年のアカウントの場合、親の承諾を必要とする設定ができる

【以前からの問題点と解決策】
子が未成年でしたが、フリーのアプリをインストールする場合でも逐一親に通知が届いていたのでオフにしました。
ストアクレジットの残高がある場合は、親も子もそれぞれが持っているストアクレジットから決済が行われ、足りないときにファミリー共有の支払い条件が実行されます。
支払い条件がクレジットカードの場合、自動決済されてしまいます。そこで、キャリア決済にすることで、SMSで決済番号が通知されるため、その時点でキャンセルが可能でした。

ところが、iOS12になってからか、これらを超える問題が発生したのです。

【前提条件】
現状、私の設定は以下の様になっています。
A)ファミリー共有を使用している
B)支払い条件をキャリア決済にしている
C)iTunes StoreとiCloudで別のApple IDを使用している
 (以下、ストアIDとクラウドIDと表記します)
D)ストアクレジットに残高が充分にある
 (iTunesカードで購入するポイントのこと)
E)「友達を探す」を使って位置情報を共有している
 (ファミリー共有の中にある位置情報の共有はオフにしている)

【問題点①】
アプリなど購入をしようとすると、決済の確認画面が出て、キャリア決済の手続きに進んでしまいます。
ストアクレジットがあるにも関わらず、残高が無視されるようになりました。
しかもこのとき、キャリア決済のSMSが届かず、ストアIDのアカウントが表示されてパスワードを求めてきます。
パスワードを入力すると、処理中のままなんの応答もされなくなります。

【解決策①】
この時点では条件Cに問題があると思われました。
順次iOSのアップデートをしていたため、仕様変更でIDの情報が錯綜したいるのかもしれません。
この状況でAppleのサポートに相談し、iPhoneの再起動をした程度で解決せず、ファミリー共有を一度切って、設定をやり直すことで、ストアIDを聞いてくることはなくなりました。

【問題点②】
新しいファミリー共有の問題点として、ストアクレジットでの決済ができないことが分かりました。
これは親だけでなく、子の側でもストアクレジットが使えないのです。

【解決策②と新たな問題点】
ファミリー共有の仕様の問題なので、切るしかありません。
ただし、以前とは違う状況が発生します。

以前は、ファミリー共有を切ってもインストールしたアプリは使用できましたが、起動しなくなります。
このとき、共有していた位置情報も切れます。
これらは再度設定し直すしか戻す方法がありません。

一番大きな問題点は、ファミリー共有中はストアクレジットが使えないというところです。
なぜ、このような仕様に変更されてしまったのか不便でなりません。
ストアの決済時に、決済方法を選択し直す機能でもあれば良いのですが、そもそも決済時には決済手段が表示されないので、問題点に気付いていない人もいるのではないでしょうか。

コメント

Macbook Air 2台目を購入

2018年08月03日 | MacOS/iOS

2013年に購入したMacbook AirのSSDの残り容量が1割を切ってしまったため同型で容量の大きなものを購入しました。
旧マシンは娘が欲しがっていたので、少しデータを整理して譲渡する予定です。

コンピュータの買い換えで一番面倒なのが、アプリやデータの移行です。
以前FireWireを使って2台のMacを同期させて以降する方法をやったことがありますが、とにかく時間が掛かって困りました。2日くらいかかっていたと思います。
今回はどうなるかと思っていたのですが、iCloudにデータもあるしなんとかなるんじゃないかと気楽に考えてました。
新マシンを起動してみると、言語の設定をした後、データの移行があるか聞いてきました。
選択肢は3つ。TimeMachine、Windowsマシン、今はやらない。

普段からTimeMachineにはお世話になっていたので、早速旧マシンで最新のバックアップを外部HDDに作りました。これに1時間ほどかかりました。
次に新マシンに外部HDDを接続して進めると、OSのアップデートとiTunesのアップデートをしないといけないようで、この辺りで1時間かかりました。この作業をしている間、いつの間にか表示が全て英語になってました。
その後はようやく復元が始まるのですが、何時間かかるのか時間はどんどん増えていきます。マシンがスリープすると外部HDDが止まるのでモニタを閉じずに放置します。

6時間ほどかかりました。外部HDDを入れているハードディスクのケースがUSB3.0に対応していないのかもしれません。
アプリケーションもほぼそのままでしたが、アカウントやシリアルの入力は全部やり直しです。

Dreamweaver CS6を使っていたのですが、Javaのバージョンが新しい物になっていたようなので、また旧バージョンをインストールし直しました。
古いバージョンのアプリの場合、開かない物もありますし、注意が表示されてから動く物もあります。新バージョンへの置き換えも徐々に進めたいと思います。

コメント

iOS版「アイドルマスター シャイニーフェスタ」のセーブデータ移し替え

2016年07月20日 | MacOS/iOS

3月でiOS版のサービスが終了となりDLC楽曲のダウンロードもできなくなってしまいました。
そんなシャイニーフェスタですが、まだまだ遊んでおります。

iPod touch、iPad、iPad miniと複数のデバイスでプレイしてみましたが、やはり大きい方が使いやすいのでiPadを使っています。
しかし、セーブデータをデバイス間で共有することができません。

唯一セーブデータが引き継げるのは、リストアをした場合です。その場合は、機種が変わってもセーブデータを全て引き継いでくれます。
しかし、これでは不便な場合がありますので、セーブデータの移し替え方法を残しておきます。

私が使っているのはiBuckupBotというMacOS用アプリで、これを使ってセーブデータを入れ替えています。
以下では、セーブデータのあるデバイスをA、セーブデータを入れたいデバイスをBと呼びます。

①まず準備として、ABそれぞれiTunesでバックアップを作成します。

②iBackupBotを起動します。

③「backups」のウィンドウ内にバックアップデータがあるので、Aデバイスの名前とバックアップの日付を確認してデータのツリーを開きます。
シャイニーフェスタの場合、「User App Files」の中にあります。アプリ名は「THE iDOLM@STER SHINY FESTA」で始まり、3つありますので「Harmonic Score」「Melodic Disc」「Rhythmic Record」となっており、それぞれ「ハニーサウンド」(im@s SF HS)、「グルーヴィーチューン」(im@s SF GT)、「ファンキーノート」(im@s SF FN)のことを指しています。これ非常に分かりにくいところです。
アプリ名を開くと「document」の中に「saveData.bin」というファイルがあります。これがセーブデータです。

④セーブデータを選択し、「Export」します。ようは複製して保存ということです。

⑤デバイスBの「iPhoneを探す」「iPadを探す」機能をオフにします。iCloudの設定の中にあります。これをしないと⑧のレストアができません。

⑥iBackupBotの「backups」からデバイスBのデータを探します。そして、デバイスAと同じように「document」フォルダを開きます。

⑦「Import」をして、セーブデータを上書きまたは新規で入れます。

⑧移し替えた「saveData.bin」を選んで「Restore」をします。エラーが出る場合は⑤の作業をします。このとき、デバイスの再起動を選んでください。

⑨デバイスBが再起動されるとデータの移し替えの完了です。

流れは以上のような感じです。iBackupBotの導入方法や使い方は他のサイトを参考にしてください。

 

コメント (5)

iPadを貸すときの安全なおすすめ設定

2016年04月10日 | MacOS/iOS

余っているiPadを貸すことになったので、余計なデータを削除することにしました。
特にプライバシーのデータである、連絡帳(住所録)、写真には注意が必要だろうと思います。

iCloudというサービスがあって、自身の保有するMac、iPhone、iPadの各データを共有することができます。
そのため、端末を共有状態のまま貸し出すと、故意であろうとなかろうと、様々なトラブルの危険性が増します。撮った写真は見られるし、データを削除されると、こちらの手元からも消えてなくなります。

このiCloudをオフにしてしまえば、プライバシーデータも同時に削除してくれます。「削除しますか?」と聞かれるので必ず削除を選びましょう。
しかし、問題が一つあって、「iPhone(iPad)を探す」という機能まで一緒にオフにされてしまうのです。この機能は以前は追加アプリになっていましたが、今ではiCloudの標準機能となっているのです。
もし、貸したiPadが行方不明になったとき、それがどこにあるか分からないというのは困ります。そのためiCloudはオンにして使いたい。しかし、プライバシーデータにはアクセスして欲しくない。

追加でいれたアプリについては不要なものを削除しましょう。
削除できないアプリをどうするか。そこが重要なところになりますので、やっておくべきことをまとめておきます。
操作は全て設定アプリの中で行います。

最も重要なのはiCloudの同期をしないことと、設定を変更させないことになります。

【アプリの購入や追加をできないようにして、購入済みアプリも見られないようにしたい】

○設定>iTunes & App Store

アカウントが表示されていたら、ログアウトします。

【カメラは使っても良いけど、写真は見せたくない】

○設定>写真とカメラ

「iCloudフォトライブラリ」「マイフォトストリーム」「iCloud写真共有」はオフにします。

【音楽のデータを削除しておきたい】

○設定>一般>ストレージとiCloudの使用状況>(ストレージ)ストレージを管理>ミュージック

「ミュージック」の中でアルバムや曲の削除ができます。
また、この「ストレージを管理」の中では各アプリのデータも削除可能です

【iCloudの同期を解除したい】

○設定>iCloud

iCloud内の「iPhone(iPad)を探す」をオンにするため、iCloudはログアウトしないでください。そこで、各機能をオフにします。
「iPhone(iPad)を探す」以外は全て基本的にオフです。
「バックアップ」についてはオンにしていても良いでしょう。トラブルがあったときに貸し出し前の状態に戻すなど役に立ちます。

【設定を変更させたくない】

○設定>一般>機能制限>(変更の許可)アカウント

変更した各設定は簡単にオフからオンにできてしまうので、機能制限を使って設定を変更できないようにします。
これを忘れると、iCloudの各設定をオンにした時点でデータの同期が始まってしまいます。
アカウントを「変更を許可しない」にします。そうするとiCloudのメニューがグレー化して使えなくなります。
そのため、この機能制限は一番最後に設定します。
他のプライバシー設定を元に戻すときはここで「変更を許可」に戻さないと操作できないので注意してください。

【ロック解除をさせる】

ロック解除のためにパスコードを教えてしまうと、機能制限も解除できてしまいます。
そこで、ロック解除には3つの方法が使えます。
一つはロックしない。二つめはパスコードを分ける。もう一つは指紋認証での解除です。

○設定>Touch IDとパスコード>パスコードをオフにする

パスコードをオフにすることで、スリープからロック画面が出たらすぐにiPadのロックが解除できます。
その状態でも機能制限の方はロックがかかったままです。
ここでの問題はパスコードを設定されてしまうと、アクセスできなくなるということです。ただし、借りた人のプライバシーは守れます。

○設定>Touch IDとパスコード>パスコードを変更

機能制限のパスワードとは異なるパスコードを割り当て、そのパスコードを借りる人に教えます。
こちらも借りた人がパスコードを変更することができてしまいます。機能制限の項目にこの設定は入っていません。

○設定>Touch IDとパスコード>(指紋)指紋を追加

借りる人の指紋を追加しましょう。その場合、パスコードを教える必要はありません。この設定に入るときにパスコードが必要なので、パスコードを変更される危険性もなくなります。
設定後は「iPadのロックを解除」がオンになっている必要があります。
指紋のデータは共有できないので、その端末だけの解除方法となります。

指紋の登録は5つまでしかできませんのでご注意ください。



 

 

コメント

iTunes Musicで謎のトラブル(3)

2016年04月09日 | MacOS/iOS

iTunes Musicでの二重購入のトラブルですが、2つめの方は請求がまだ発生してなかったのか、返金処理での対応ということになりました。
更に、おまけで2クレジットいただきました。サポートの方にはお世話になりました。

今回、シングルで購入した曲を、アルバムでも購入しようとしたら、購入できなかった。というのが2番目のトラブルでした。
しかし、これ曲単位で購入できるデジタルミュージックなら仕様として成り立たせることも可能ですよね。
ベストアルバムもそうです。以前のアルバムに入っている曲をもう一度出す訳ですから、既に購入している者からするとプレイリストと同じようなものです。
いや、もしかすると今後はベスト盤という概念が変わるかも知れませんね。盤にしなくても、常に最新のベストミュージックリストに仕上げられますし。

二重購入をわざと発生させるために、ログアウト状態で購入ということもしましたが、これは以前に書籍で購入した本をダウンロードできないときにもやっていました。
これも実は問題のある仕様ではないかと思います。
あと、根本的にMacのiTunesのデータ管理については問題を感じています。購入後は曲データも変更できるし、保存フォルダにも直接アクセスできるので、ファイル名を変更することも可能です。
曲の管理を自由にできるので、ジャンル分けをしていたら、ある日勝手に元に戻っていたり、1つのアルバムが2つに分割されて表示されたり、購入済みの曲の管理がデータベース的におかしな状態になります。これもバージョンアップの都度状況が変化して困ります。

今回のトラブルで金銭的な問題は解決されましたが、iPadやMacの中には曲が二重になったままですし、これらは手動で削除しなければなりません。
これもどっちを消すべきか、不安がなくはないですね。1つめのトラブルの方では、データベースが更新されていて別の曲として扱われていたために二重購入が発生したのですから。どっちが古いデータなのかもう訳が分かりませんでした。

ともかく、サポートの方が根気よく最後までつきあってくださったので解決したと思っております。ありがとうございました。

写真アプリも最近のアップデートで管理するアプリが変わってしまったし、まだまだ過渡期なんですね。

コメント

iTunes Musicで謎のトラブル(2)

2016年03月31日 | MacOS/iOS

先日のトラブルから動きがありました。

1番目のトラブルについては、二重購入した4曲分をソングクレジット(1曲分の購入券)に交換してくれることとなりました。

そして、2番目のトラブルは購入やダウンロードができないことが問題になっており、一端データを削除して再度ダウンロードできないかとアドバイスを受けました。
一度は帰宅したときになぜかダウンロードされていたのですが、アドバイスを受けたのがその後だったので一端データを削除したところ、再びダウンロードできない状況になります。
ともかく、新たに購入もダウンロードもできないのですから、二重購入の状態にした方が解決できるのではないかと考えました。解決の実績は先のトラブルでできましたから。
iTunesストアをログアウトした状態にすると必ず購入ボタンが表示されるので、一端アカウントをログアウトして購入ボタンを押します。途中でアカウントを尋ねてきますので、正確に入力して購入します。これで6曲が二重購入の状態になりました。

その状況をアップルに報告したところ、二重購入で対処してみますとの返答がありました。
また、どうやら本社側でデータベースの不備があり、私のアカウント以外でも発生する可能性があるため、修正作業に時間が欲しいとのことでした。

ともかくは、二重購入への対処ということで、ソングクレジットは迅速に対処されました。

コメント