ただの備忘記録

忘れないように記録を残します。
忘れるから記録に残してます。
そして、その記録が役立つといいかな。

【映画】蜜蜂と遠雷

2019年10月07日 | 映画

朝一で映画を見てきました。
ピアノのコンクールを題材にした「蜜蜂と遠雷」です。

https://mitsubachi-enrai-movie.jp/

ピアノのコンクールは数少ないプロへの登竜門で、4人の人物にスポットを当てています。

7年のブランクから突然現れた亜夜(松岡茉優)は、天才少女としてステージ上でピアノを弾けなくなり引退したと思われていたが、心の傷を抱えたまま復帰をかけてコンクールに現れます。
サラリーマンをしながらピアノへの情熱を傾ける明石(松坂桃李)は、練習時間が少ないというハンデを憤りに変えて、年齢的にも最後の挑戦へと淡々と立ち向かいます。
ジュリアード王子と呼ばれているマサル(森崎ウィン)は、幼少期に亜夜と共に彼女の母からピアノを習い、その後はアメリカに渡って高名な指導者の元で腕を磨き続けるサラブレッドで、今回の優勝候補と目されています。
そんな彼らの前に突然現れた少年塵(じん/鈴鹿央士)は、コンクールの審査員さえも二分する混乱の種となます。幼く見える少年が鍵盤を叩くと嵐が起こるのです。

コンクールの予選の間に4人がお互いに刺激を与え合います。それぞれが意図せずに誰かの背中を押していたり、心を掻きむしったりするのだけれど、彼らは純粋に課題に向き合って行きます。
そんな彼らの思いのたけがピアノの音として私達観客を包み込みます。まるでピアノの真横で音符を浴びているような迫力がありました。

最後に優勝者の名前は出ますが、やりきった彼らの演奏を聴き終わったらそんな結果は些細なことと思えるかも知れません。
ストーリーも充分に楽しめて、音楽の洪水に気持ちよく浸れる映画でした。

 

コメント

【映画】ヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝

2019年09月16日 | 映画

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝~永遠と自動手記人形」を上野のTOHOシネマズ上野で見てきました。

http://www.violet-evergarden.jp/sidestory/

ヴァイオレットの境遇などはあまり語られなかったので、TV本編からの流れで見ないと分からない部分があるかも知れません。
この外伝は、孤児の姉妹が主人公と言ってもいいかもしれません。二人は突然現れた大人によって生き別れとなります。
そして、籠の中の鳥となった姉は、寄宿学校で社交デビューのための教育を受けており、その教育係として送られてきたのがヴァイオレットです。

手紙を書くのがヴァイオレットの仕事のはずですが、今回は社交ダンスを教えています。同居生活を通じて友情を深める二人。それは、お互いにとっても初めての友達だったのかも知れません。
光や風を感じる美しい背景はもちろんですが、キャラクター達の細やかな動きも鮮やかでした。
舞踏会のヴァイオレット格好良かったです。男装っていうのがまた良かったですね。映画のパンフレットの表にもそのシーンが描かれています。
最後の手紙を受け取るシーン、そのメッセージに返事を呟くところで涙がこぼれそうでした。

コメント

【映画】記憶にございません!

2019年09月14日 | 映画

いつも面白い三谷幸喜監督作品だったので朝一の上映を観に行ってきました。

https://kiokunashi-movie.jp/

口が悪く権力志向が強く、史上最低の総理と言われている男が石をぶつけられ記憶を失います。
記憶をなくしたまま総理官邸に連れ戻され、総理を続けることになります。
事実を知っているのは秘書たち3人のみ。彼らの協力の下、閣内の問題、家庭の問題を解決していきます。

いつものコメディですが、群像劇のドタバタではなく、1つ1つの問題を着実に解決していきます。
前半は記憶を失って初めてのできごとにアタフタしていますが、それらが後半への前振りにもなっていました。
大きなどんでん返しもなく、分かりやすい展開になっています。

俳優陣の演技をじっくり堪能できる映画です。
小池栄子の怪演も期待していましたが、今回はとても真面目だけどコミカルな動きで安心して見ていられました。
中井貴一の表情も良いですね。驚いたり悲しんだり、権力に立ち向かう本気の顔などどれも自然な感じでした。

映画だとみんな静かに見えていることが多いですが、この映画は見ている方はリラックスして自然と笑いがこみ上げてきます。
後半はみんなの笑い声が同時に湧き起こっていました。
エンディングの佐藤浩市はあれでよかったのでしょうか?面白いですけどね・・・

コメント

【映画】天気の子

2019年07月21日 | 映画

朝、選挙の投票に行って、この後の予定を考えていて急に思い立って映画を見てきました。
新海誠監督の映像作品はデビュー作からいくつか見ていて、もちろん「君の名は。」も数回見ています。
それでも少し躊躇していたのは、体調の不調であったり、混雑であったりという事以外に、このタイトルにいまいちピンと来る物がなくて、主役の二人が前作より子供っぽかったので、子供の目線の楽しい無邪気な話だろうかと思っていました。
それでも、きっと話題になるだろうからそれまでに見ておきたいと思って、映画館の座席表を見るとお昼の上映分で座席が半分以上空いていました。雨が降るまでに帰って来られそうだったので、チケットを予約して出かけました。

「天気の子」については、予告映像も見てましたし、冒頭カットの蔵出しの映像も見ていました。CMもいくつかタイアップしていたので、なんとなく雰囲気は掴んでいました。
それでもまだどういった世界観の話なのかが良く分からなかったのですが、いくつか監督のインタビュー記事を読んで「雨の止まない東京」というものに興味を覚えました。

主人公の少年、穂高(ほだか)は離島から家出をして東京にやって来て、同じ年頃の少女、陽菜(ひな)と出会います。
陽菜がどういう人物か書くだけでネタバレになっていくので、登場人物についてはサラッと流していきますが、二人の出会いが鍵となり事件が次々と展開していきます。

穂高が出会う謎の男、須賀を小栗旬が、その事務所で出会う夏美を本田翼が演じています。
小栗旬の声は分かりやすかったですけど、話が進むにつれ気にならなくなっていました。小栗旬の顔がちらつかなくなってきたという意味で。
夏美は美人で奔放な感じですが、声だけだとドラマの本田翼とは違う気がしました。キャラクターの絵ととても合っていたと思います。

ストーリーは、前作に比べるととても分かりやすいと思います。後半にアクションシーンがどっとあってドキドキもワクワクも詰まっていますが、冒頭から雨が常に降っているので背景はずっとアクションシーンのようなものかもしれません。
背景美術の美しさは今更言うことはありませんが、とにかく雨の描写が色々あって、驚きの連続でもありました。
窓に当たる雨、窓の外ではねる雨、見上げた空からどっと降り注ぐ雨など、一粒一粒が丁寧に描かれているという印象でした。
なのでストーリーがゆっくり動いていても、常に何かに突き動かされているという印象があったかもしれません。

映画のパンフレットの中で、ネタバレページの監督のインタビュー冒頭で「いまの世界情勢や環境に異変を感じているけど、それは私達(人類)が選択をし続けてきた結果である」とおっしゃっていて、今朝の選択の一票が次の時代に何かを残すのだろうという思いを感じました。
「若者にとってはその世界の異変は最初からあったもので、それを受け入れて育っているので諦めもあるかもしれない。でも、これから新しい選択をしていくのも若者たちなんだ」というメッセージもあったと思います。

前作「君の名は。」を見た人にはサプライズ的な描写もいくつかありました。かなりのファンサービスだと思います。
ラストシーンの東京の街も、監督が今描いておきたかったとおっしゃっていますし、見所だと思います。
新たに物語が走り出しそうなラストシーンで、そこまでため込んだ勘定がブワッと出てくる気持ちでした。
エンドロールは実にシンプルでしたが、ほとんど誰も席を立たず作品の余韻に浸れたのも良かったです。

また、観に行きたい気分になっています。

コメント

【映画】万引き家族

2019年07月20日 | 映画

TV放送を録画して観ました。

本当の家族ではない訳ありな5人が共同生活をしています。
祖母は年金暮らし、父と母は細々と仕事をしているのですが、生活の足しに子供を連れて万引きを重ねています。
それぞれに社会との関わりをうまく持てない部分があり、日本の社会問題が凝縮された様な家族でもあります。
そこに親から見放された5歳の女の子が拾われて来て、彼女を中心に6人の生活と新たな絆が生まれて行きます。
しかし、徐々にその生活は破綻を始めます。

彼らが生活する日本家屋は、雑然と散らかって不衛生で物に溢れています。でも、食事の風景はとても明るく一家団欒に見えます。彼らは家族になろうとしているけど、いつまでも家族になれない、そんなジレンマも彼らが他人だからと言ってしまえばそれまでですが、本当に家族として生活をしていても、そこに絆があるのかという現代の問題もあるように思います。
家族それぞれの抱える問題が、それぞれの視点で見えたときに、絆のはかなさも見えてきます。

失業、祖母の死、誘拐事件報道によって、彼らの生活は追い詰められ、ついに警察に連行されることとなります。
一人一人の取り調べの様子も丁寧に描いていて、そこで彼らの本音が見えてきます。
それもほんの少しのズレだと思いますが、修正できないズレなんですね。
所詮は他人と言ってしまえばそうなのかもしれませんが、家族になることは難しかったけど、不器用な彼らなりにお互いを思い合っていることも分かります。
重厚なテーマを描いているとは言え、コミカルなテンポの良さもあり、暗く息が詰まる様な映像ではないと思います。

最後にまた、ネグレクトを受ける女の子が出てきますが、彼女が見つけた何かが明るい未来であることを願うばかりです。

コメント

【映画】ちはやふる~結び~

2018年05月04日 | 映画

MOVIX川口でちはやふるの映画、完結編を見てきました。
http://www.chihayafuru-movie.com/

映画を見る前にパンフレットを読んだので、結末を知ってしまいましたが、十分に楽しめました。
松岡茉優さんの着物姿をもっと見ていたかった。広瀬すずさんもかわいくかっこよく、見事に絵になりますね。

コメント

【映画】レディ・プレイヤー1

2018年04月22日 | 映画
アリオ川口で「かわぐちパンフェスティバル」があると聞いたので行ってきました。
パンはあまり良い物に出会えませんでしたが、その後「レディ・プレイヤー1」を観てきました。
映像に集中するために吹替版にしたのは正解でしたが、座席が一番前だったのでとても見難かったのです。
数百という沢山のキャラクターが画面中にいますので、全体を見て楽しむべきでした。
ストーリーはとても分かりやすいし、ゲームや映画のネタがちりばめられており知ってる人はより楽しめる内容です。それくらいはもう予告を観たら分かりますよね。

ガンダムの登場シーンは予告編でも流れていますが、その後はしっかりと主役を務めています。何と戦っていたかは秘密ですね。
3Dモデルも格好良かったのですが、肩のWBのマーキングは最近のプラモデルにはないみたいですね。でも、リアルなシミュレーション系ゲームに登場しそうな感じでした。
30年後くらいの話ですが、あんなVRワールドが登場するのも時間の問題かも知れませんね。

http://wwws.warnerbros.co.jp/readyplayerone/
コメント

映画「あさひなぐ」

2017年09月30日 | 映画

さいたま新都心のMOVIXでレイトショーの映画「あさひなぐ」を見てきました。
原作漫画は最新刊まで読んでいます。

予告映像をちらっと見た段階で、キャストがうまく原作イメージにあっているなと思っていました。
二ツ坂高校のメンバーだけでなく、小林先生や寿慶まで忠実に再現されています。小林先生のようなふざけたキャラクターが、ふざけたキャスティングになっていないのが、本気に見えました。
乃木坂46のメンバーが多数出ていますが、それぞれうまくキャラクターに合っていました。

ストーリーはコンパクトにまとめられており、部活のシーンはそこそこに、寿慶の寺での特訓。旭が選手として一皮剥ける名場面です。
その後はずっと試合が続きます。薙刀の魅力が詰まっていたと思います。國陵高校の一堂との因縁の対決が、大きな見せ場でした。

原作をうまくまとめていて、ファンも納得だと思いました。

 

コメント

映画「起動戦士ガンダム ジ・オリジンV」

2017年09月10日 | 映画

オリジンの期間限定上映を見てきました。
「激突 ルウム会戦」という副題でしたが、開戦したばかりのところで終わります。
ジオンが地球連邦に対し宣戦布告をし、史上初のコロニー落としを敢行するまでの一週間を描いています。

最初にこれまでのおさらいがあって、結構な長さがあったので思い出せて良かったです。
映像は全編綺麗でした。MSもちょこちょこ出てきて動いていました。やはり動くシーンは盛り上がります。
コロニー落としでは、コロニー内に残された人々の様子も描かれ、地球に落ちていく場面も迫力がありました。

良く分からなかったのが、セイラを尋ねてきたタチ中尉。なんでわざわざやってきたのか。
シャアのザクとの遭遇シーンを盛り上げるためなのかも知れませんが、セイラがコロニーの外に見えるMSを認識しているのも不思議です。

ハモンさんの歌のシーンがえらい長かった。普通はそこでモノローグとか、映像で話を進めるのかと思いきや、がっつり弾き語りシーンをやってました。
やたらと動いていましたけど、ひたすらハモンさんが歌っているだけなのに長かった。

ようやくこの先にMSの活躍があるので、長い助走という感じですね。結構長く感じて疲れました。

コメント

映画「関ヶ原」

2017年09月09日 | 映画

司馬遼太郎の原作を元にした映画「関ヶ原」を見てきました。

決戦前日から映画は始まりますが、ナレーションとともに司馬遼太郎の幼少時代の思い出が映し出され、司馬遼太郎がナレーションをしている演出で時代は幼少の石田三成が豊臣秀吉と出会う場面に移ります。
そこからは5年、10年と大きな転換期を切り取りつつ、三成と家康の確執と画策が描かれます。
合戦が始まるまでは、伊賀の忍達が敵味方に分かれて活躍が描かれているのは面白かった。
映画の後半は関ヶ原の合戦。戦場の様子が克明に丁寧に描かれており、合戦中も奔走する三成は熱意溢れる姿でした。

三成は岡田准一で、これなら西軍も勝てるのではないかと思いたい。しかし、家康を演じる役所広司も迫力があった。
また、伊賀の忍者を演じる有村架純も力強い目で美しくも芯の強さを感じさせた。
島左近、小早川秀秋、黒田官兵衛、豊臣秀吉も適役でした。松山ケンイチがまさかの直江兼続でした。

コメント