ただの備忘記録

忘れないように記録を残します。
忘れるから記録に残してます。
そして、その記録が役立つといいかな。

ネットプリントを使ってみた

2019年10月14日 | IT全般

プリンタを持っていないので、コンビニのマルチコピー機を使ってプリントすることにしてみました。

①USBメモリを使ってみる

文書はWordからPDFに保存をして、手持ちのUSBメモリ(FAT32)に入れました。
PDFファイルは3ページあります。機器によって対応するバージョンが明記されていますので、確認すると「1.3」となっていました。

近所のスーパー(ヨーカドー系列)にあるマルチコピー機を使ってみました。
最初に文書印刷を選び、10円を入れてから、USBメモリを挿しこみます。液晶パネルには、隠しファイルも含めてリストが表示されました。
目的の文書を選択して、印刷を待っているとエラーの表示で印刷ができません。
データを選ぶ前に、1枚の印刷料金しか表示されないくらいなので、複数ページのデータに対応しないのではないかと思われます。

次に、セブンイレブンに行ってみました。
文書印刷を選んで、記憶媒体を選んでからUSBメモリを挿します。
しかし、いつまで経っても次の画面に移行しません。アクセスランプはずっと点滅していました。
USBメモリのフォーマットが対応しなかったのかもしれないので、問い合わせをしておきました。

ゼロックスより対応するフォーマットについて以下の返答をいただきました。

お問い合わせの件ですが、
マルチコピー機で対応しているUSBメモリのファイルシステムは、
FAT16、FAT32、NTFSの3種類となります。

また、マルチコピー機にてUSBメモリーをご利用になるには、
いくつかの制限がございます。

・パスワードの設定があればご使用できません。
・通信機能など複合タイプはご使用できません。
・USBポートを介したハードディスクは使用できません。
(一般にUSBキャッシュメモリーと呼ばれるものはご使用できます)
・USB内にドライブレター(ドライブ割り当て)等の設定があると
ご利用できない場合があります。
・USBメモリーのコンテンツにアクセスするために別途ユーティリ
ティソフトが必要なUSBメモリーは動作保証外となっております。

上記制限をクリアしているUSBメモリーであれば、ご利用いただけるかと存じます。

②ネットプリント

インターネット経由でデータをマルチコピー機で印刷することができます。
自宅のMacを使って、セブンイレブンのネットプリントのWebサイトに登録しました。
PDFファイルをネットプリントのサイトに送ります。
試しにDropbox経由でiPhoneを使って転送もしてみました。

プリント待ちのリストに送信したファイルが表示されると、予約番号が発行されてページ数と料金も表示されます。
1ページ、20円でした。USBメモリで持っていくより2倍の料金となっています。

セブンイレブンに行ってマルチコピー機に予約番号を打ち込むと料金が表示されて、印刷することができました。
これで無事に印刷物が手に入りました。
それにしても、余計な手間をかけて料金が増えるのでは納得がいかないので、USBメモリでもちゃんと印刷できることを確認しておきたいと思います。

③SDカード

microSDをSDカードのアダプタに付けてセブンイレブンに持って行きました。
文書印刷を選択し、SDカードを挿すとファイルが表示され、目的のPDFファイルを選んだところちゃんとページ数が表示されました。
問題なく1ページ10円で印刷ができました。

コメント

【Excel】新しい元号の表示について

2019年08月26日 | IT全般

古いバージョンのExcelでは上の図表の様に新元号を簡単に表示することができません。
Excelがアップデートによって新元号に対応した場合は、書式設定だけで令和を表示することができますが、古いExcelの場合は計算式で対応します。

計算式を作る場合、令和になった2019年5月1日のシリアル値を元にして、それ以降の日付の年数を西暦から令和の年数に変換します。
段階を踏んで計算式の内容を確認してみましょう。

上の図表で、日付を入力すると、短い日付形式か長い日付形式で表示されるのが標準だと思います。
シリアル値は本来表示されることはありませんが、令和の判定に使用するため表示させています。
和暦の表示は3つのパターンを表示しています。これらは書式設定を使用しています。
和暦(元年)については最後に説明します。

3つの計算式は令和に対応していないExcelを想定しています。

  • 計算式(1):=IF(シリアル値<43586,YEAR(シリアル値),YEAR(シリアル値)-2018

 日付のシリアル値から年号に必要な数値を算出しています。これが計算式の基本になっています。
 シリアル値は日付を入力したセルを示しています。一つの計算式の中で同じシリアル値を指定します。

 シリアル値(日付形式でも可)がC3のセルにある場合、計算式は「=IF(C3<43586,YEAR(C3),YEAR(C3)-2018」となります。

  • 計算式(2):=IF(シリアル値<43586,YEAR(シリアル値),"令和"&YEAR(シリアル値)-2018)&"年"

 数値に文字を組み合わせて表示しています。

  • 計算式(3):=IF(シリアル値<43586,YEAR(シリアル値),"令和"&YEAR(シリアル値)-2018)&"年"&MONTH(シリアル値)&"月"&DAY(シリアル値)&"日"

 年、月、日を表示します。

図表の8/26の列には、関数を使って今日の日付を表示しています。

  • 日付関数:=today()

 シリアル値を全て「today()」に置き換えることで計算式(1)〜(3)でも今日の日付から自動的に表示を更新することができます。

最後に、令和に対応したExcelですが、令和1年を令和元年と表示するには、書式設定のユーザー定義が必要です。
そのユーザー定義の記述方法です。

  • 和暦(元年):[<43586]ggge"年"m"月"d"日";[<43831]"令和元年"m"月"d"日";ggge"年"m"月"d"日"

 ユーザー定義の書式に上記の記述をします。2019年5月1日〜12月31日の間を令和元年と表示します。ここでもシリアル値を使用しています。

コメント

ApplePayのトラブル モバイルSuicaが消えた

2019年04月16日 | IT全般

突然ですが、バスに乗ろうとしたらiPhoneに入っていたモバイルSuicaが消えていました。
よく見るとクレジットカードも消えていました。

「カードを追加」を選ぶと、カードの種類が出てきます。

Suicaを選ぶと、カードの残高が表示されました。

そこで、次へ進むとSuicaが再度表示されました。無事に復活できました。

これはクレジットカードも行けるのではないかと、再度「カードの追加」から初めて「カードの種類」でクレジットカードに進みます。

カードの登録履歴が表示されました。ちゃんとクレジットカードがありました。
セキュリティコードを入れて「次へ」進みます。

SMSで認証コードが送られてきて、iPhoneに入力するとアクティベートできました。

無事にWalletの中が元に戻りました。

コメント

【Excel】介護保険料のための年齢計算

2018年12月21日 | IT全般

給与計算の台帳を作るとき、年齢計算はその年の1月1日を基準に作成します。
給与計算は毎月やりますが、介護保険料については適用月から料率を加算して計算しなければなりません。
また、年齢計算についても間違いやすいため、段階を追って解説したいと思います。

まず、誕生日と今日の日付を入力します。(B列を参照)

[B1] 誕生日の日付
[B2] =now()

B2はファイルを開いた日の日付が表示されます。実際の運用ではそれで良いのですが、式が正しく動くかシミュレーションをするときは手入力で日付を入力します。
また、上図ではB列を右列にコピーして、日付を変更して動作テストをしています。

①今日の年齢
一般的な年齢の計算式をB4に作成します。

[B4] =DATEDIF(B1,B2,"Y")

DATEDIF関数を使っています。2つの日付(シリアル値)を引いた年数が表示されます。
介護保険の対象者は、40才以上65才未満なので、テスト用の日付を使って、40才になる今日の日付を確認しています。

②今月の年齢
月単位で年齢を計算するので、9月生まれとして考えます。
今日の日付が「9月1日」になったら年齢が1つ上がるということなので、誕生日を1日として計算します。

[B6] =DATEDIF(DATE(YEAR(B1),MONTH(B1),1),B2,"Y")

間違って今日の日付を1日にしてしまうと、9月1日生まれ以外は9月に年齢が上がらなくなります。

B6とC6では、9月2日生まれの場合に8月31日と9月1日で年齢が1つカウントアップされるテストをしています。
D6~G6は、9月1日生まれの場合のテストです。
今日の日付が9月になっているC6とE6で年齢が上がっています。

③介護保険月の年齢
年齢の法律では、誕生日の前日に年を取るので、介護保険料の計算は1日前で計算します。

[B8] =DATEDIF(DATE(YEAR(B1-1),MONTH(B1-1),1),B2,"Y")

誕生日の日付から1を引いて、その月の1日を基準に計算しています。
これで9月1日を8月1日から適用することができるようになりました。
また、1月1日の場合に対応するためYEAR関数の日付も-1してあります。

コメント

【Excelのメモ】チェック表の背景に自動的に色分けをする

2018年04月27日 | IT全般

チェック表を作るとき、必要な分だけ色の塗り分けをすることがあります。
例えば、有給休暇の管理表のように、会社が日数(回数)の上限を定め、消費する毎に日付きを記録するものがあるとします。

上図のようにAAAさんは4日の付与日数があるので、4つ目のマスまで色が付いています。これを毎回手動でやるのではなく、付与日数に応じて自動で色が付くようにしたいと思います。

G列には「4」「5」「3」と数値が入っています。
表示形式をユーザー定義で「0"日"」としているので、画面上は「4日」「5日」「3日」と表示されますが、セルには数値だけが入力されているので、計算式に使えます。

1行目のBからFまでの数字は日数と対応させるための数値です。

このように1行目の数値とG列の数値を使って、表の背景に色を付けます。

①範囲指定をB2からF6まで設定し、「ホーム」のメニューから「条件付き書式」の「新しいルール」を選択します。
B2のセルに条件付き書式を設定した後、B2からF6の範囲にコピーしても構いません。

②「数式を使用して、書式設定するセルを決定」を選択します。

③ルールの内容に「=(B$1<=$G2)」と数式を入力します。
[B2]のセルだけを考えると、「B1<=G2」の比較をしています。「1<=4」と置き換えられますので、この式は真となるため、書式が実行されます。

④条件が真の場合に表示される書式を「書式」ボタンを押して設定してください。
書式が設定できたら、上の画面に戻るので「OK」を押します。
これで、範囲全体にこの条件式が適用されて、色分けができます。

【条件式の解説】

③で条件式を[B2]に設定しました。
設定時に範囲指定をしている場合、左上のセルに入力した数式は、残りのセルにも自動的にコピーされます。
このとき「$」マークが重要なポイントとなります。

[B2]から[C2]にコピーしたとき、数式はどう代わるでしょうか。
「=(C$1<=$G2)」となります。「$」が付いていない場合、「=(C1<=H2)」となるので、1列目とG列の比較式ではなくなってしまいます。常に1行とG列は比較で使うため「$」を使ってコピー時の変化を止めています。(相対指定と絶対指定の違い)

条件式を書く場合は「=(条件式)」という書式を守って、()の中に条件式を1つ記述してください。

コメント

【Excelのメモ】RANKとMATCH

2018年04月24日 | IT全般

●RANK関数

RANK関数を使うと表の数値に順位を付けることが出来ます。
例えば、成績表だと点数の順に1から番号を付けるので、並び替えに利用できます。

[D2] =RANK(C2,$C$2:$C$11)

順位を見ると、同順位があります。点数が同じなら順位も同じという訳です。
そこで、少し手を加えて同順位の場合、名簿の上にある方を優先順位とします。

[D2] =RANK(C2,$C$2:$C$11)+A2/100
[E2] =RANK(D2,$D$2:$D$11,1)

D列を仮順位に変更します。元の順位に番号の値を小数点以下に加えています。同順位がある場合、小数点以下で順位に差が出ます。
E列で、仮順位を元に再度RANKを使って順位を付けています。この時、仮順位の逆順(小さい順)に順位を付けます。

●MATCH関数

順位が出たら、順位順の名簿を作りたいと思います。
右に新しく順位表を作成し、左の表の順位から同じ順位のデータを取りたいのでVLOOKUPを使ってみます。

[H2] =VLOOKUP($G2,$A$2:$D$11,3)

VLOOKUPを使うため、左の表はE列をA列に移動してあります。
右の順位表ですが、大きな問題が発生しています。1位〜3位がエラー表示、4位と5位は同じデータが表示されています。
VLOOKUPでは、上から順に数値を調べて行きますが、検索値を超えると手前の行に戻って値を取得します。そのため、検索範囲の一番左の列の数値が順番に並んでいないと期待の動作にならないのです。

そこでこの場合はMATCHを組み込みます。
左の表は元の順序にE列を戻しています。

[H2] =VLOOKUP(MATCH($G2,$E$2:$E$11,0),$A$2:$C$11,2)
[I2] =VLOOKUP(MATCH($G2,$E$2:$E$11,0),$A$2:$C$11,3)

MATCHを使って左の表の順位から番号を調べています。このとき、3番目の引数「0」が重要で、完全一致の検索を行います。これを省略するとVLOOKUPと同じ問題が発生します。
MATCHを使って番号が分かったら、それを元にVLOOKUPで番号から点数までの範囲(A2:C11)を使います。

Excelには「並べ替え」という機能がありますので、このような関数を使わなくても順位表を作ることは可能です。
しかし、データのシミュレーションをしながらリアルタイムに順位を確認したい場合や、元データの表が1行単位でないため「並び替え」が使えない場合もあるので、関数だけで並び替えを実現する方法としてメモに残しておきます。

コメント

【Excelのメモ】1行または1列置きに計算する方法

2018年03月26日 | IT全般

Excelを使っていると1行(1列)置きに計算をしたいときがあります。
今回は合計とカウントの方法をメモに残します。

【1行/1列置きに合計】

[B14]=SUMPRODUCT((B4:B12)*(MOD(ROW(B4:B12),2)=MOD(ROW(B4),2)))

使用する関数はSUMPRODUCTです。この関数には2つの使い方があります。
1つは範囲を2つ指定してそれぞれの積と和をえるというもの。電卓でのメモリ計算のように単価と個数の組みで積を計算し、それぞれ合計を算出します。
もう1つは、範囲指定と条件式を組み合わせたもの。条件式でTRUEは1、FALSEは0の扱いですので、これを範囲の順に適用し、また範囲の数値と組み合わせて計算します。

では、B14の計算式を例に見てみましょう。
SUMPRODUCTの範囲指定は順に数値が取り出され、1行毎に計算結果が出て、それらは和の値となります。
SUMPRODUCTの中には2つの式があります。1つ目は「(B4:B12)」の部分で表の数値をそのまま取り出しています。
2つ目は条件式の部分「(MOD(ROW(B4:B12),2)=MOD(ROW*B4),2))」です。条件式の結果は最初の行が1、次が0になり、あとはそれを繰り返します。(この詳細は後ほど)
2つの式は「*」で結ばれていますので、B4の数値と1の積、B5の数値と0の積と続いて、B12までの範囲で積を計算したらそれらの合計が算出されます。
これで1行毎に奇数行だけが合計として表示されます。

条件式の仕組みを見てみましょう。
「ROW(B4:B12)」は順に行番号を算出します。ROW(B4)は4です。1行毎に結果が欲しいので、MOD関数を使って行番号を2で割った余りを調べます。余りは0になりました。次の行は余りが1、次は0と交互に余りが変わります。
これらを条件式のもう一方と比較します。もう片方は「MOD(ROW(B4),2)」です。常に範囲の最初のセルと比較しますので、その行を起点に1行置きに同じ余りとなるのです。
これにより、B4ではTRUE、B5ではFALSE、B6ではTRUEと繰り返され、TRUEの時だけセルの「数値*1」が実行され、B4 B6 B8 B10 B12の合計が最後に計算されるという仕組みです。

B14の式はB15にそのままコピーして使えます。

【1行/1列置きにカウント】

[B14]=SUMPRODUCT((MOD(ROW(B4:B12),2)=MOD(ROW(B4),2))*(B4:B12="○"))

カウントをする場合も条件式は前述の合計の場合と同じです。
今回は2つの条件式を掛けています。

今回もB14を例に見てみましょう。
1つ目の条件式は行毎に1と0を算出しています。
2つ目の条件式は「(B4:B12="○")」ですので、セルに○が入っている場合にTRUEとなります。
これにより2つの条件式の積が算出されますので、B4は1、B6は1、B8は0、B10は1、B12は0となり、その和は3となります。

2つ目の条件式を変えると様々なパターンに対応できます。
「(B4:12<>"")」では、空欄でない場合にカウントしますので○以外の文字が混ざっていてもカウントします。
「(B4:12>0)」では、0より大きな数値が入っているセルのみ算出します。

【SUMPRODUCT関数】

条件式のない場合の使い方もメモしておきます。

「=SUMPRODUCT(B4:B16,C4:C6)」と2つの範囲を指定します。
答えは「B4*C4+B5*C5+B6*C6」の値となります。

コメント

【Excelのメモ】表の行と列を入れ替える

2017年06月24日 | IT全般

エクセルで作った表の行と列を入れ替えたい場合の方法。
検索して調べたことなので簡単に記録しておきます。

①行列を入れ替える

【手順】
範囲選択してコピー→形式を選択して貼り付け→☑行列を入れ替える

注意点① 範囲外を相対参照する計算式があると参照エラーが発生します。

注意点② 値を貼り付けることで計算式がなくなり、参照エラーもなくなります。
しかし、元の表を書き換えたとき、値は連動しません。

②transpose関数

①の方法の注意点を解決する方法です。
traspose関数を使用することで、元の表を参照するため計算式も連動した表として並び替えができます。

【手順】
コピーしたい先を範囲選択(コピー元と行列の数を入れ替えてセルの数を合わせる)
→「=transpose(」と数式欄に入力→コピーしたい部分を範囲選択→「)」と数式欄に入力
→Ctrl+Shift+Enterキーを入力

これでコピー元からコピー先にtranspose関数が適用されます。

➊コピー先を範囲選択

❷transpose関数を入力

❸コピー元を選択(入力)、関数を閉じる

❹Ctrl+Shift+Enterキー(ここ重要!)

❺書式を設定し直して、表を整える

注意点① コピーしたい先の範囲選択に失敗した場合、先頭のセルにtranspose関数が入っていたら、やり直しが効きます。先頭のセルを含み、コピー先の範囲を選び直します。
数式欄に先頭のセルの数式が表示されているので、クリックして数式の入力状態にしてから、Ctrl+Shift+Enterキーを押します。選択範囲にtranspose関数が複製されます。

注意点② transpose関数を適用すると、その一部を変更することができません。
例えば、設定をしてから一部を削除したり入れ替えることもできません。

コメント

PS4とヘッドホン

2017年01月08日 | IT全般

TVにヘッドホンを繋いでゲームをしたり映画を見たりするのですが、PS4にBluetoothで繋げばちょっとは楽になるなと思いBOSEのヘッドホンを購入しました。

まず、iPhoneとiPadに接続しました。これ同時に接続して再生状況に合わせて自動的に音声が切り替わります。マイクも内蔵しているのでそのまま電話に出ることも可能です。
8台まで接続設定を記憶してくれるので、PS4に接続してみたところ大きな問題が発生しました。
どうもPS4がBluetoothのオーディオ機器に対応したいというのです。エラーメッセージが表示されてペアリングが切断されました。

やっぱりゲームだと音の遅延がどうしてもあるので、接続できないようにしてしまったのでしょうか。PS3のときは出来てたんですよね。スピーカーでしたが、音が遅延してアイマスはできませんでした。

電車内でBluetoothのヘッドホンをしながらデレマスやってる人がいたから、PS4もいけるんじゃないかと期待したんですけどね。非常に残念です。
でも、Bluetoothスピーカーが壊れたので、これでiPadの音楽を安心して聴くことができます。ええ、PS4は残念ですが。本当に残念ですが。

 

コメント

ソフトバンク光

2016年05月28日 | IT全般

ソフトバンク光の工事が完了しました。
ヤフーのADSLを使っていましたが、あまりにも遅く、料金もあまり変わらないので、2年目を機に変更することにしました。
変更のつもりでしたが、ADSLはソフトバンクモバイル、光はソフトバンクと別会社らしく対応がややこしい。
ソフトバンクから事前に送られてくる書類があるので、内容を確認したくて問い合わせ先に電話するとここじゃないと言われる始末。ややこしいのは料金体系だけじゃないですね。

さて、申込時に「光BBユニット」と「WiFiマルチパック」が割引条件ということだったのですが、どうもこれらはルータとWiFi機器なんですよね。
手持ちのWiFiルータを使えば良いので、これを解約したかったのですが、どうやら工事完了後の方が良いらしい。2ヶ月以内なら無料だとか。
NTTの工事後にレンタルのユニットは使用せず、手持ちのルータを使ってセットしてみました。

ルータの機能を「ローカルルータ」から「PPPoEルータ」に変更。ADSLではモデムが必要だったので、ローカルルータとして使用していましたが、光ではNTTの終端装置にルータを接続します。
あとは接続先の設定にソフトバンクから届いた「認証ID」とパスワードを入力するだけ。とても簡単でした。

ADSLのモデムルータを使っている場合、手持ちのルータ側でDHCPサーバ機能をオンにしておくと、すんなり入れ替えできます。

コメント