ただの備忘記録

忘れないように記録を残します。
忘れるから記録に残してます。
そして、その記録が役立つといいかな。

三陸旅行(4日目、久慈〜八戸〜平泉)

2019年12月05日 | 日記

ホテルで朝食を食べて、早めに久慈駅に向かいました。
雪は止んでいましたが、風が強くとても寒かったので街歩きは諦めました。

乗車券は蕨駅まで購入しました。使用期間が5日間あるので、途中で足止めになっても大丈夫です。
内陸は雪の予報でしたが、今日は平泉へ向かいます。


JR八戸線:久慈駅(09:55)〜八戸駅(11:45)


海岸沿いに八戸線で北上し、八戸駅へ到着しました。
さらに風が強くて駅の外に出ると体が押されてカメラを構えにくいくらいでした。

駅弁を買って新幹線に乗車しました。


JR東北新幹線:八戸駅(12:16)〜盛岡駅(12:45)

JR東北本線:盛岡駅(13:09)〜平泉駅(14:27)


新幹線で盛岡へ行き、東北本線に乗り換えました。
雪が徐々に降り始めました。家屋の屋根に積もっている雪も段々と厚みを増していきます。

平泉駅に着くと風はあまりなく雪がしんしんと降っていました。
寒さを凌ぐため駅前のコンビニでカイロを買って、左右の足首に入れて、背中に貼り付けました。
駅前から循環バスが30分おきに出ているので、それに乗って中尊寺へ向かいました。
10分ほどで中尊寺に到着です。

中尊寺のバス停からは15分ほど山を登ります。
途中景色の良さそうなところがありました。
中尊寺の本堂に着くまでもいくつかお堂などがあります。

本堂よりもさらに10分、奥へ進むと金色堂があります。
手前で拝観料を支払い、少し上がります。
金色堂は保護のため覆堂の中に建てられています。内部は撮影もできません。

金色堂は小さな能舞台くらいの大きさで、中には三体の大きめの仏像とそれを守護するように並ぶ仏像たちがありました。
奥の壁は漆塗りがそのままですが、それ以外は床も天井も柱も金箔が貼られています。
木造の屋根瓦は端が風化したり虫食いのようになっていましたが、こちらも金箔に覆われています。
また、大きな柱には見事な螺鈿細工が施されていて、煌びやかさをに華を添えていました。


JR東北本線:平泉駅(16:20)〜一ノ関駅(16:28)

JR東北新幹線:一ノ関駅(16:48)〜大宮駅(18:30)


平泉駅から一ノ関駅までは2駅しかありません。
新幹線に乗り換えたら大宮までたった2時間です。

一ノ関駅で購入した和牛弁当、肉の味付けがとても好きな味でした。しっかり焼いた肉で食べ応えありました。


JR京浜東北線:大宮駅(18:37)〜蕨駅(18:53)


思ったより早く蕨駅に帰ってくることができました。
東北があまりにも寒かったので、蕨駅に降りた時には暖かく感じられました。そして、ちょっと東北の夜よりも明るいです。

これまで、仙台まで18きっぷで行くことばかり考えていたので、5時間は長いと思っていましたが、新幹線だと1時間なので気軽に日帰りできますね。

またいつか三陸鉄道が全線開通して再開したら乗りに行きたいと思います。

コメント

ハローワーク(認定日)

2019年11月20日 | 日記

今日、初めて失業手当の認定日に行ってきました。

雇用保険の失業手当をいただくには、認定日が重要になります。
必ず決められた日にハローワークへ行って、認定のための書類を提出します。

退職してから失業の認定までの流れを確認してみると以下の①〜④のようになります。

①退職した企業から離職票を受け取る。
 受け取りが遅れると手続きが遅れるので、支給開始が遅くなるので注意。

②離職票をハローワークへ提出する。
 ハローワークカード、雇用保険の失業給付受給資格者のしおりをもらう。

③雇用保険説明会
 雇用保険受給者資格証、失業認定申告書、受講証明書をもらう。

④最初の認定日
 以後、4週ごとに認定日が設定される。

認定日までに、失業者は求職活動を行わなければなりません。
そして、認定日には、活動の証明書を提出したり、就労の申告など行います。

認定が終わってすぐに、求職相談をお願いしました。現況の確認ということで、あまり希望の職種については話が進みませんでしたが、高齢者向け求職セミナーを紹介していただきました。
ハローワークに設置された求人情報の端末を使って、いくつか求人情報を選んで、資料をもらって帰りました。条件が合いそうであれば、ハローワークで紹介状を出してもらい、面接を受けることになります。
自宅でもハローワークの求人情報をインターネットで検索できるのですが、ハローワークの端末でのみ開示されている情報もあるそうです。

現時点では、滋賀に帰ることを前提に仕事を探しています。
埼玉を中心にして交通や生活の利便性のある地域にも魅力があるので、仕事と生活面での両立ができるように考えたいと思っています。

コメント

漫画の原稿と原価計算

2019年11月05日 | 日記

先月で、漫画のスタジオを退職し、日々簿記の試験に向けて勉強中です。

改めて原価計算の複雑さを実感しているのですが、以前から漫画の原稿はどうやって利益を計算すると良いのか考えていました。

基本的には、直接原価計算の考え方で、貢献利益を算出します。これは各原稿ごとの利益ともいえます。
最終的に費用の見積額から逆算して、利益を出すための印税額と発行部数を計算してみます。

利益を計算する場合、まず収益と費用を集計して、その差額を利益(損失)として算出します。

①収益になるもの(売上)

収益は原稿料だけなので、一見単純そうに見えます。
よく言われるように、原稿料の赤字を単行本の印税で賄うという状態の場合、印税収入も勘案する必要があるのですが、何話分が本になって、幾らで、何冊発行されるのか、予測するしかありません。

例:原稿料 10,000円×24ページ

  印税:単行本800円、1万部、8話掲載(192ページ) 印税率10%

  1話あたりの収益は、原稿料24ページ分と単行本1話あたりの印税で計算します。

  原稿料 240,000円+印税100,000円=340,000円

こうして計算例を見ると予測の部分である印税の占める割合が大きいことが分かります。また、発行部数に比例して金額が変わるので、いかに正確に予測をするかが重要なポイントになります。(金額に幅を持たせる必要があるかも)

②費用になるもの(売上原価、売上変動費)

費用というのは、材料費、労務費、経費を計上するのですが、原則的に直接的な費用だけを考えます。
というのも、スタジオの家賃や光熱費、諸々の税金など原稿の執筆に直接影響しない費用もあるからです。これらは間接費と言って、会社の様々な活動に大して割り当てるべき経費となります。貢献利益の計算では考えません。

漫画の原稿製作では、材料費はかなり少ないので計算から除外した方がいいでしょう。
アナログ作画の場合、鉛筆、インク、紙を消費しますが、鉛筆の芯やインクをどれだけ消費したか測るのは現実難しいのです。消費量が多くて確実に計算できるなら入れるべきですが、原稿1話分では大きな費用にはなりません。
デジタル作画の場合、パソコンやソフトウェアを使っていますが、これも原稿1話分という区切りはできません。将来に渡って長く使用するからです。例えば、確実に10年で買い換えるものなら、1年分はすぐに計算できます。さらに、1年の間に完成する原稿が何話分あるかによって、1話分に相当する原価が変わります。これも間接的費用なので、計算には入れません。

そうなると何が費用になるのか。その大部分は労務費です。いわゆる人件費となります。
原稿の完成までの時間と人数と時給が分かれば、それらを掛け合わせることで計算することができます。
ただし、これも難しいところがあります。
スタッフの多くは時給で仕事をしているので、時給×作業時間をスタッフの人数分計算できます。

  スタッフの1話分の労務費は、時給×作業時間×人数(時給や作業時間が異なる場合は、一人ずつ個別に計算する)

問題は漫画家自身の時給と作業時間です。
漫画の原稿を描く時間は把握しやすいのですが、アイデアを構想する時間があります。いわゆるネームが完成するまでの作業は、スタッフにはできない作業なので漫画家が一人で、場合によってはどこかに籠もって黙々と作業します。それらの作業時間を確認する必要があります。
次に漫画家自身の時給ですが、事業主である漫画家は時給で働いていません。そこで一月、または一年分の給与額から、同じ期間で完成する原稿の話数の時給を算定します。

  漫画家の1話分の労務費は、月給÷一月の完成原稿話数

例:漫画家の月給与が50万円で、月に原稿2話を完成させる場合、25万円を1話分の直接費用とします。

  スタッフは3人で、全員時給は1,000円、32時間作業したとすると、96,000円となります。

  原稿1話分の原価 漫画家 250,000円+スタッフ 96,000円=346,000円

③利益の計算(貢献利益)

収益と費用の差額を計算します。

例:①340,000円-②346,000円=▲6,000円(▲はマイナスの表記)

今回の例では、6,000円の赤字となります。

もし、印税収入がなかったらどうなるでしょうか。

例:①240,000円-②346,000円=▲106,000円

大幅な赤字となってしまいます。

では、スタッフを無くしてみるとどうなるでしょうか。

例:①240,000円-②250,000円=▲10,000円

原稿料は出版社によって異なりますし、掲載の媒体によって作画するページ数も変わってきます。
貢献利益は、それらを直接的に比較して、どの仕事が利益を出せるか比較するのに向いていると思います。
間接的費用は、どの仕事をする場合でも、月々かかる経費なのでそもそも比較計算に入れる必要がありません。

④貢献利益と損益分岐点

計算例では収支が黒字にはなりませんでしたが、例示でしかないので細工はしていません。実際にはもっと経費がかかることかと思います。
実際には、差額が黒字になるように考えて仕事を増やしたり人件費を減らしたりすることになります。

貢献利益が黒字になったとしても、安心はできません。そこから間接的費用が出ていくからです。
①のように収益に印税まで含めるということは、ほとんどの収益が入っているということです。
②の費用には直接的費用だけを計上しているので、その他の間接的費用を貢献利益で賄わないといけません。

貢献利益額と間接的費用が同じ金額になる場合、それを損益分岐点といいます。
貢献利益が間接的費用より大きくなると総利益は黒字となり、下回ると赤字となるので収支の分岐点となります。

例:月間の間接的費用が30万円の場合、月に原稿2話分が完成する予定なので、1話あたり15万円を間接的費用と考えます。
  そうすると貢献利益も15万円必要になります。

  ②の直接的費用は変わらない場合、必要な収入は346,000円+150,000円=496,000円です。

  ①において原稿収入が変わらないとすると、印税で256,000円必要となります。

  1冊あたりの印税は 800円×10%=80円、1話分だと10円です。

  発行部数を逆算すると25600部となります。単行本がそれ以上発刊されれば黒字になるという計算です。

例示では1話分で計算しましたが、これを月単位、年間単位でやるのが通常の経理で行う作業になります。
ただし、試算表では入金や出金のタイムラグがあるので、原稿1話分を軸に経費を算出する方が分かりやすいと思います。

 

コメント

甲府と清水

2019年08月12日 | 日記

滋賀に帰省する前に、甲府に寄ってから静岡で一泊することにしました。

自宅からバスで東浦和駅に行って、ここから18きっぷを使用します。
武蔵野線で西国分寺へ行き、乗り換えて高尾駅へ。
乗り換え時間が短かったのですが、まだ9時台でしたので一度駅から出てみることにしました。
気の向くままに移動してから地図を見ると、カフェがあまりない方に歩いてしまったみたいで、結局駅の近くに戻ってパンで朝食にしました。

高尾駅から甲府駅まで中央本線で移動します。
途中の勝沼ぶどう郷駅辺りは山の上から甲府盆地を見下ろせるので景色が良いです。
今回も立ち寄れませんでしたが、今度は勝沼を目標に来てみたいと思います。

甲府駅ではまず北側に出てみました。駅のホームから見える黒塀の蔵が気になっていました。
駅から出るとコンクリートの大きな変わった形の建物が目に入りました。検索して見ると、丹下健三氏が建築した山梨文化会館だそうです。
駅前の広場から線路沿いを辿って行くと歴史公園があり立派な城門がありました。
城郭の大部分は駅の南側にあるようなので、駅を通り抜けて甲府城跡にある舞鶴城公園に向かいました。
本丸まで階段を登り、更に天守台の上に行くと周囲の景色を見渡すことが出来ました。
この日は雲が出ていて富士山は見えませんでしたが、甲府盆地外縁の山々はしっかり見えていました。

甲府駅からは身延線で富士駅まで向かいます。
富士行きが1時間待ちだったので、5分後に出発する鰍沢口駅行きに乗りました。
1時間ほどで鰍沢口駅に到着しましたが、涼める場所がなく、駅の周囲にも商店がまったくなかったため駅のベンチの日陰で時間を潰すしかありません。
再び電車に乗って富士駅へ向かうと、西富士宮駅の手前で渓谷を抜けて富士山が見えました。

富士駅で東海道本線に乗り換えて、清水駅へ到着したときには夕暮れが迫っていました。
駅を出ると目の前が海なので、気軽に港に寄ることが出来ます。
やっているお店は少なくなっていましたが、網焼きのお店に入ることが出来ました。
アサリラーメンと一緒に、網でホタテと牡蠣を焼いて食べました。

ホテルは静岡駅の近くでしたので、新清水駅から新静岡駅まで静岡鉄道に乗りました。
ホテルの部屋はトイレとシャワールームはガラス張りでとても綺麗でした。ボディーシャワーが気持ちよかったです。
ぐっすり休むことが出来ました。

コメント

水上駅近辺と土合駅

2019年08月03日 | 日記

18きっぷで土合駅まで出かけました。

土合駅近くのドライブインにて赤城牛のステーキを食べる。美味しかった。
湯桧曽川の河原で石を積んで少し時間を潰しました。

バスで水上駅に向かい、途中下車をしてバームクーヘンの専門店に立ち寄りました。

とっても柔らかくてフワフワのバームクーヘンでした。ボリュームも満点です。
他にも種類がありましたので、また行きたいです。

コメント

等々力渓谷から多摩川まで

2019年07月30日 | 日記

等々力渓谷まで行ってきました。
目的は2つ。
渓谷の川を多摩川まで歩いて、河原で石を積むこと。
近所のお寿司屋さんに立ち寄ることです。

※iPhoneとMac上では写真の向きが自動回転しているのに、gooにアップロードすると写真の向きが修正されません。横を向いている写真があるのはそのためです。

初めての野外での石積みです。
今回は暑すぎたのであまり時間がありませんでした。やはり石を選別するのに時間がかかります。
あとは風もやや強いこともあって、時間が経つといくつか倒れていました。
写真をすきな方向から撮れるのも良いし、背景が自然っていうのがとても良かったです。
ただし、影の向きを計算しておかないと、逆光で写真が綺麗に撮れない方向が出てしまいます。

河原でしゃがんで作業をするのも長時間は辛いです。暑さもあるので次回の野外活動は秋以降にしたいと思います。

コメント

ロックバランシング

2019年07月19日 | 日記

最近は土台の上に石を二段に詰める様になりました。
まだ自宅のテーブルの上だけですけど・・・

※iPhoneとMac上では写真の向きが自動回転しているのに、gooにアップロードすると写真の向きが修正されません。横を向いている写真があるのはそのためです。

コメント

ロックバランシング

2019年06月03日 | 日記

小さな石でロックバランシングの練習をしました。
台座に石を置いて、その上に別の石をバランスを取って立てます。
上手な方は石を何段にも積み上げますが、初心者なので1つだけ立ててみました。

1つ目から3つ目までは、それぞれ数分で立ちました。
4つ目は30分ほどかかりました。
5つ目は何度か挑戦していて、1時間かけてようやく立ちました。

石が立つとき、手の中から重力がスッと消えます。
立たせる位置を探りながら石を回していると、グッと引っかかる感触があることもありますが、石がピタッと止まる瞬間がきます。
一度そうなったら手を離してもいつまでも立ち続けます。
この不思議な現象を自分で作れるのが面白いですね。

参考になるサイトはこちら
石花ちとくさん https://gogo.wildmind.jp/feed/howto/5

 

コメント

亀戸散策

2019年05月25日 | 日記

亀戸天神社に行ってきました。
門前の有名なお蕎麦屋さんに行きたかったのですが、臨時休業となっていました。
その為、急遽調べて近くの居酒屋でへぎそばを食べました。
くず餅のお店もあったので、そちらも立ち寄って一皿食べてきました。とにかく弾力があって美味しい食感でした。

コメント

運転免許証の自主返納

2019年04月23日 | 日記

GWより一週間早く仕事が休みとなりましたので、退院した父の様子を見るため滋賀に帰ってきました。
母の話によると医師より認知症の疑いがあると言われらしいのです。

実家に戻って父と話をしてみると、数分前に話したことがときどき抜けていることに気付きました。
病院の診断書には、認知症だけでなく、糖尿病など10種類くらいの病名が並んでいたので、それぞれの程度は分かりませんが、食事には気をつけるように言われているようです。
お酒も甘い物も好きな父が、母の言いつけを静かに聞いて守っていました。そんな素直な父は意外でしたし、終始大人しくなっていました。

とはいえ、運転免許証をまだ持っているのは大問題です。昨年、飲酒運転をして処罰を受けた際に返納すると約束していたからです。
改めて自主返納を薦めてみると「運転しないから大丈夫」などと言います。
「それならいらんやないか」と言うと「何があるか分からん」と言って抵抗していました。
「Twitterで見かけた話でな、まだまだしっかりしている母親が免許の返納をしたので、どうしてって尋ねたら、『まだ判断能力が残ってたから』って答えたって話があったよ」と話すと笑っていました。そこはわかるんやな。
私や周りがヒートアップして、抵抗が強くなっても困るのでその日はそこまでにしました。

色々と考えたり、自主返納の手続きを調べたりして、翌日、もう一度話をしてみることにしました。
ここ数日、暴走車が多数の死傷者を出す自己が続いており、朝昼晩とそれらの事件をニュースで取り上げていました。
私としては多少強引に話をしないといけないのではと危機感を募らせていました。
TVを見ている父に「免許の返納せんと安心できひんし、帰られへんわ」と言っても反応がなかったのですが、「みんなに迷惑がかかる前に返しとこう。困ったときはバスもタクシーもあるしなんとかなるよ」と続けたら「そうやな返しに行こか」と素直にうなずいてくれました。
決まったらもう早く済ませないと、いつ忘れるか分かりません。
病院に行く予定があったので、早めに病院に連れて行って、そこから最寄りの警察署に向かいました。

事前に確認したところ、管轄とは関係なく滋賀県内の警察署であればどこでも手続きできるそうです。
窓口の時間を確認して出かけました。

警察署に着くと「なんか用事あんのか?」とぼける父。
「免許証返すんやろ」って言うと、「ああ、そうやった」と笑っていた。
父が自ら、窓口で免許証を差し出して、申請書に名前や住所も書いてくれた。
父が状況を納得して返納してくれたことがはやり一番嬉しかった。
本当にホッとしました。

コメント