ジュゴン掲示板

ジュゴン保護キャンペーンセンター(SDCC)は日本では沖縄にのみ生息しているジュゴンを守るために活動をしています。

第5回WCC(世界自然保護会議)チェジュ報告4 ロビーにて

2012年09月30日 | 活動報告
前にお伝えしたように、ブース展示場は本会議場向かいのテント内。
たくさんの人に来てもらえました。一方、会議に参加しに来た
IUCNメンバーの中には、ブースに足を向けない人も・・・。
そこで、本会議場のロビーにも出向いて、署名集めをしました。


本会議場に入るには、毎回セキュリティチェックがあります。


荷物検査と金属探知。
缶バッジをしているとひっかかるみたいです。
はじめ、近寄りがたかった警備の人たちも、ジュゴンが大のお気に入りに。
呼びとめられて、何かな?と思ったら「折り紙ください」。


ジュゴンちゃんは、やっぱり大人気


どんどん署名が集まります。






右手に持っているのは、折り紙のジュゴン。
署名してくれた人に渡します。折り紙大人気~


SDCCほど、たくさんのメンバーが参加して、しかも署名を集めまくる団体は他にありません。
いつも、たいへん目立っています
「君たちのことは覚えているよ。バンコク、バルセロナ、チェジュと活動を
続けているのは、すばらしいことだ。僕は何度もWCCに参加してきて、
こんなに歳をとってしまった。」と、ステキな銀髪に手をやったのは、
この人じゃなかったか・・・。




一緒に写真を撮りたい!という人が引きも切らず。


ロビーでは、カンジョン村の基地反対の人たちが臨時のアピールブースを出していました。
エール交換


「NO NAVAL BASE」カンジョンの思いは、参加者に届いていました

ZAN
コメント

第5回WCC(世界自然保護会議)チェジュ報告3

2012年09月23日 | 活動報告
ほかのブースの方々とも交流しました

ケニアに本部のあるザイツ財団


Us fish & wildlife serviceという名前の通り、アメリカの自然保護団体


韓国の生物資源を守る協会 National institute ob biological resources 


韓国の国立公園Korea national park serviceのブースで。
左から二人目の方がレンジャー隊長さん。SDCCブースを気に入って、何度も来てくれました。 


IUCNジャパンのにじゅうまるプロジェクトブース。
ここでいろんな折り紙を教えてくれます。SDCCブースで渡したジュゴン折り紙が
気に入って、ここで折り方を教えてもらった人も多いみたい


きれいなお姉さんが、におい袋を作ってくれます


これは、韓国のお茶の作法を体験するブース。


先生の言うことをしっかり聞いて、


真剣にやってます


日本からの参加者も多いです。
日本ではなかなか会えない方もいて、前回WCCのあったバルセロナ以来、
4年ぶりにチェジュで再開という人も・・・。
にじゅうまるプロジェクトさんとは、バルセロナでお近づきになって、
日本に帰ってから、ときどきコラボするようになりました。
今回も良いつながりができそう

ZAN
コメント (1)

第5回WCC(世界自然保護会議)チェジュ報告2

2012年09月23日 | 活動報告
ブースには、辺野古・大浦湾の生きものの写真、ジュゴン♡フラッグ、
日本語・ハングル併記のバナー、オスプレイ反対のプラカードなどを掲示。
原発NOの思いを込めて、福島第一原発4号炉の写真も。


ブースには、ほんとにたくさんの人が来てくれました。
カンジョンの基地反対をされている方たち。


生物多様性JAPANの堂本暁子さんたち。


ブース前でおしゃべり。英語?


すてきな衣装に、思わず「一緒に写真撮って」とお願い。


今回のヒットは、紅型着物の試着。
「私も着たい~」うわさを呼んで、大はやりでした。









中学生たち。英語のできる子は、話を聞いて、友達に説明してくれます。


「米軍基地だって?!そんなものいらないよ!!」というリピーター。


グッズも大人気。


ネパールの方たち、エコバッグ、お買い上げ~。
この写真、メールで送ることになっています。


さっそく使ってくれてます。
グッズは、最後はマスコット、エコバッグ、名刺入れなどが完売。
ネックレスやコースターも、ほとんどなくなりました。
SDCCのジュゴングッズって、国際水準

今回のWCCでは、ブース展示場は、登録なしで誰でも無料で入場できました。
それで、地元の子どもたちや一般の方がたくさん来場されました。
沖縄の基地のことをお話しすると、「カンジョンの海軍基地建設と同じだね」と
共感され、署名してくれる人が多かったです。

ZAN
コメント

改めて 第5回WCC(世界自然保護会議)チェジュ報告1 

2012年09月21日 | 活動報告

9月6日の朝、関空搭乗口前にて。
SDCCとしての、IUCN(国際自然保護連合)のWCC参加は、
2004年バンコク会議、2008年バルセロナ会議に続き三度目。
過去に、3度あがっているジュゴン保護勧告・決議を、
こんどこそ実現するために!
出発前のひととき。緊張と興奮が入り混じっています。


関空からチェジュ空港までは、1時間40分のフライト。
帰りは、たったの1時間15分。沖縄より近い!
チェジュ空港に近づくと、ハルラ山が見えてきました。

チェジュ空港到着。
しかし、入管で海盛頭豊代表と関西スタッフの松島の2名が入国拒否され、
つらいスタートとなってしまいました。
入国拒否について詳細はこちらをご覧ください。


気を取り直して、到着口を出ると、
「Welcome to Jeju!」のバナーと、ボランティアの方たちの
笑顔が私たちを迎えてくれました。


WCC参加者案内ブースでは、日本にいたことがあるという
日本語堪能の方もいらして、すっかり仲良くなってしまいました。
チェジュの人たちは、私たちを歓迎してくれている
がんばらなくっちゃ


空港から、シャトルバスで約1時間。
これが会場のICC(インターナショナルコンフェレンスセンター)。
韓流ドラマの舞台になったこともあるそうです。


チェジュのまちのあちこちに、WCC開催を知らせるのぼりやバナーが
設置されていました。


ここが、SDCCスタッフが寝泊まりするペンション「Home Sweet Home
今回、最長9泊するスタッフもいるので、費用のかかるホテルには泊まらず、
2~4人相部屋の「合宿」のような雰囲気で過ごしました。


ICC前の広場にある大きなトルハルバン(石のおじいさん)。


歩道には、さまざまな動物のタイルが、はめ込まれていました。


ゴミはもちろん分別して捨てます。
というか、あまりゴミを出さないことが大切ですね。


ここが入口。
WCC中は、登録をして、写真付きIDカードを示し、持ち物検査を
済ませてからでないと中に入れません。
この日は、李 明博(イ・ミョンバク)大統領が来ているということで
特に警備が厳しく、登録にも手間がかかったのですが、
大学生のボランティアさんが親切に案内してくれて助かりました。
日本語のできる学生さんも多く、この後も何かとお世話にないました。


入るとすぐに受付があります。
その横を通って、奥へ奥へ。


更に、エスカレーターを降りて行きます。
あれ、私たちのブースはどこ?


実は、ブースがあるExhibition(展示場)は、本会議場向かいに
設置されたテントの中だったのです。


テントの中に、各国から参加の様々なブースが並んでいます。


さあ、これがSDCCのブース。
他のブースと違って、手作り感満載。
折り紙やみんなに描いてもらったジュゴンフラッグも飾りましたよ。


さっそく訪問者でにぎわいます。
ジュゴングッズたくさん売れるかな~

ZAN
コメント

オスプレイ飛行開始に抗議します。

2012年09月21日 | 基地と沖縄

オスプレイ飛行開始。まったく許せません。

沖縄タイムス 号外
http://article.okinawatimes.co.jp/article/2012-09-21_39284


オスプレイ:米専門家「安全宣言事実伝えず」(沖縄タイムス)
http://article.okinawatimes.co.jp/article/2012-09-21_39259

抗議先
 ★首相、防衛省→ https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
コメント

9/17エコメッセ千葉に参加しました!

2012年09月19日 | ジュゴンブログ
9月17日(休)、幕張メッセで開催されたエコメッセ千葉にブース参加しました。


市民団体、企業、行政が参加しての一大イベントです!


おそろいのTシャツ・リストバンドできめてみました!


学生さんや親子連れ、ガールスカウトの子どもたちなどがブースに立ち寄りとても賑やかでした。

 
可愛い着ぐるみも参加。ち~ば君?次回は着ぐるみジュゴンちゃんも参加しましょう!
コメント (1)

済州でのIUCN・第5回WCC(世界自然保護会議)終了しました

2012年09月17日 | 活動報告

代表を含むスタッフ2名が、入国拒否されるという厳しい状況の中、
沖縄ジュゴンの状況を世界に伝えるべく、ジュゴン旋風を巻き起こしてきました。

2つのポスター展示、ノレッジカフェ(少人数ミーティング)、
記者会見、ブース出展、ロビーでのパフォーマンスなど、
多くの人の注目を集めました。すでに報告したものも、
これから報告するものもあります。今後も、ぜひご注目ください。


   ⒸIUCN
SDCCの活動について、IUCN(国際自然保護連合)公式HPでも
The voice of the Dugong heard at the Congressとして掲載されています。


また、photoページでも、フラッグや着ぐるみジュゴンを含む何枚かの
写真が紹介されました。どうぞご覧ください。

1日目のハイライト
3日目のハイライト
6日目のハイライト 


また、記者会見の様子が、ユーストリームにノーカットでアップされています。
記者会見では、スタッフ2名の入国拒否に対する抗議声明を読みあげました。
http://www.ustream.tv/recorded/25311289

ZAN
コメント

「9.9沖縄県民大会と同時アクション『国会包囲』~オスプレイ配備を中止に追い込もう」は大成功!

2012年09月15日 | ジュゴンブログ
アップが遅れて申し訳ありません!遅ればせながら報告です。

残暑厳しい中開催された9/9国会包囲行動は、沖縄の県民大会と結び、1万人の参加で成功しました。


ものものしい警備でした。


沖縄から真っ赤なTシャツが送らてきました。


手書きのメッセージがいいですねぇ~


田村智子議員(日本共産党)が連帯の挨拶。


金曜日の反原発行動に続いて、オスプレイ配備反対!で国会前に1万人が集まったことは、大変意義があります。

行動でのシュプレヒコール!
「原発はいらない」「オスプレイ反対」「戦争反対」「高江を守れ」「工事をやめろ」「ヘリパッド反対」「基地はいらない」「辺野古を守れ」「住民を守れ」「ジュゴンを守れ」「海を守れ」「森を守れ」「すべてを守れ」「野田出てこい」「森本出てこい」「軍隊いらない」「米軍いらない」「安保はいらない」・・・

オスプレイ配備阻止に向けてガンバロ~!!

コメント

毎月15日はジュゴンの日♪ 

2012年09月14日 | ジュゴンブログ
毎月15日はジュゴンの日 

   

行ってきたよね、済州島(チェジュ島) 

 

たくさん居たよね「トルハルバン」 
 島の守護神のような石像「石じいさん」とも言われている

 

トルハルバン・トルハルバン 涙こらえて~ 
海勢頭さんのハルラサンの歌にも登場していますね

 

こちらがIUCNの会場入口 毎度おなじみのセキュリティチェックがあります

 

こちらはブースの建物 サイドの壁にジュゴンフラッグを飾りました ナイス
白い壁に色とりどりのフラッグがキレイご協力ありがとうございました

 

分からない事はインフォメーションで聞けば安心 日本語が話せるスタッフも
困った時にはジェスチャーで

 

毎日どこかで会議が開かれています。チラッと拝見



ジュゴンちゃんは目立ちます歩いていると記念撮影を頼まれちゃうんだ

 

ワァオ いろんな国の老若男女のカメラに写ったかしら
日本語の「かわいぃ~」は、「ありがとう」と同じくらい浸透しているような気が

 

ジュゴンかわいぃ~といっぱい言ってもらって
沢山の署名をしてもらいました

 

沖縄のジュゴンの事、知ってもらえたかな?
今回の会場でもジュゴン折り紙が大人気でした
まだ、会議は続いています みんなが戻ったら詳しい報告もしますね。
IUCN報告会にも是非お越しくださいね
コメント

IUCN済州島第5回世界自然保護会議 9/11 9/12

2012年09月12日 | ジュゴンブログ
IUCN済州島 9/11と9/12の報告です。

よく晴れて、フラッグもきれいにはためいています。



ジュゴン折り紙教室。なかなか筋のいいお二人です。



できたぞー!!自分で作るとなおかわいい。



さまざまな方が署名してくれます。なんといっても沖縄ジュゴン保護について、2度の勧告と1度の決議がすでにIUCNで上がっています。沖縄県知事も「基地建設と環境保全は両立不可能」とアセス評価書に対して意見をだしました。日本政府は今すぐ辺野古基地建設を中止し、ジュゴン保護区づくりをする責任があります。



本当にたくさんの人がジュゴン折り紙をネームカードに入れてくれています。「ジュゴン折り紙下さい」とよびとめられることもしょっちゅうです。



ロビーにて。高槻の本澄寺の三好和尚さんも、参加して署名をあつめてくださいました。
高槻の本澄寺では、なんども海勢頭豊さんのコンサートをしているご縁です。



ジュゴンはどこでも大人気。チェジュにジュゴン旋風が巻き起こっています。



お昼はテントの外に並んだ屋台で。チヂミも焼き飯もおいしいです。



今日もジュゴンロック。陽気な飛び入り参加者で、一層盛り上がります。



二重丸がきれいにできました。



海軍基地建設に反対するカンジョン村のオープンブースができました。
海軍基地はカンジョン村の美しい環境と人々の暮らしを壊してしまいます。
沖縄にも済州島にも基地はいらない。



カンジョン村の若者たち。すばらしい踊りと歌声で、海軍基地建設反対をキャンペーンしています。



今日がブースの最終日。大人気の折り紙が残り少なくなり、みんなで折っています。
12日午後にはブースを閉めます。
そして夕方に4/3遺族会の方とのピースコンサートと交流会。
海勢頭豊代表が、入国拒否で不在なのが本当に残念ですが、済州島の人たちとの豊かな交流の場になればと思います。

辺野古基地中止とジュゴン保護区を日本政府に要求する国際署名は、
2100筆あつまりました。バンコク、バルセロナを通じて最高の数です。

この世界の声を力にして、日本政府に普天間閉鎖、辺野古新基地中止、ジュゴン保護区を
いっそう要求していきたいと思います。



☆じゅごん

コメント