ジュゴン掲示板

ジュゴン保護キャンペーンセンター(SDCC)は日本では沖縄にのみ生息しているジュゴンを守るために活動をしています。

ジュゴンが危機的な状況です!直ちに埋め立て工事を中止せよ(SDCC緊急声明)

2019年03月19日 | ジュゴンブログ
「運天漁港にジュゴン死骸 古宇利島周辺で生息の個体か」
沖縄タイムス3月19日の記事です。



ジュゴンの生息を確認できているのが3頭です。
ジュゴンA,B,Cと。
古宇利島のジュゴンは個体Bです。
Bの子どものジュゴンCは辺野古埋め立て工事で、2015年7月から行方不明になっています。
また、ジュゴンA(嘉陽沿岸域に生息)は昨年12月から行方不明です。
辺野古埋め立て工事が始まってからジュゴンに影響が出ています。

ジュゴンは清らかな沿岸域に生息する海草を食べて生活しています。
ジュゴンは、自分の餌場を中心に生息しています。

ウミヒルモ
ジュゴンの食み跡

しかし、防衛省はこのようなジュゴンの生態を無視して、
「工事の影響ではない」と弁解に必死です。

辺野古埋立工事を進めるための「環境監視等委員会」の学者たちは、
防衛省の弁明のシナリオ作りに右往左往しています。
「ジュゴンがいなくなったのは、他の餌場に行ったに違いない」、
「ジュゴンが行方不明になった時の工事は、それまで行っていた工事と同じだから影響はないはず」などと。
第18回環境監視等委員会議事録

沖縄島に残されたわずかな海草藻場から離れて、
ジュゴンが行く餌場がどこにあるというのでしょうか。


国際自然保護連合(IUCN)で3度の沖縄ジュゴンの保護勧告・決議がすでに上がっているにもかかわらず、
安倍内閣、防衛省は天然記念物、絶滅危惧種ジュゴンを保護する努力をせず、戦争を進めるための軍事基地づくりに必死です。
直ちに埋めたて工事を中止せよ。そして、ジュゴンA,Cの生息状況を調査せよ。
それが科学立国、文化国家を自称する日本政府の責任です。

コメント (2)

毎月15日はジュゴンの日♪  

2019年03月15日 | ジュゴンブログ
 毎月15日はジュゴンの日 あっという間に今年も3月

   

 ほっと一息 県民投票終了。

   

 だよね 反対なんだよね。 ずっと言ってきたけど

   

 結果がどうあれ なんて どう思いますか日本の皆さん  

   

 ともかく一旦立ち止まって下さい

   

 無視しないでよ
 
コメント

3/17(日)ジュゴン訴訟報告&ドキュメンタリー映画「ZAN」上映会

2019年03月14日 | イベント案内
いよいよ今度の日曜です。
辺野古側の浅瀬への土砂投入、K8護岸の建設で、辺野古・大浦湾の生態系が
危機に見舞われています!
辺野古の海のすばらしさを知ってください。
そして、工事を止めるにはどうしたらいいのか、一緒に考えましょう。
ご参加お待ちしています。

OKINAWAじゅごんを救え!!~米国裁判所にジュゴン登場!~

上記タイトルでジュゴン訴訟の経過とドキュメンタリー映画「ZAN」の上映会を開催します。
 日にち 3月17日(日) 13時30分開場
 場所  ドーンセンター 大会議室3
 資料代 1000円

13時30分開場   
13時45分 開会  
        第1部 ドキュメンタリー映画「ZAN~ジュゴンが姿を見せるとき~」上映会
15時15分 第2部 ジュゴン訴訟報告会  講師 吉川秀樹(SDCC国際担当)
16時20分 質疑応答

第1部 沖縄の豊かな自然の中で様々な発見、体験を通して
ジュゴンが暮らすこの海とともに生きていくことの大切さを考えるドキュメンタリー映画です。

第2部 2003年に米国国防総省を国家歴史保存法違反で訴えた裁判は15年という長きに渡り争ってきました。
昨年9月に連邦裁判所に控訴。今年から審理が始まっています。その経過などをわかりやすくお話します。

  予約の必要はありません。お気軽にお越し下さい。

ドーンセンターアクセス
〒540-0008  大阪市中央区大手前1丁目3番49号 ドーンセンター
電車・バスでお越しの方へ
京阪「天満橋」駅、Osaka Metro(旧大阪市営地下鉄)谷町線「天満橋」駅 ①番出入口から東へ約350m。
JR東西線「大阪城北詰」駅下車。②号出口より土佐堀通り沿いに西へ約550m。
大阪シティバス「京阪東口」からすぐ。








コメント

じゅごんの里ツアー下見&春の沖縄旅の報告~5日目浜のテント村&ゲート前三線の日

2019年03月11日 | 活動報告

3月4日は三線の日
三線を沖縄文化の原点と捉え、三線の良さを再認識し受け継いでいこうと
1993年に制定されました。12時の時報に合わせて、三線演奏がはじまります。
県内だけでなく、県外海外でも行われています。
ゲート前三線の日に、参加できてしあわせです


しかし、朝、辺野古に向かうと・・・
土砂を積んだダンプの車列の渋滞にまき込まれてしまいました
「今日は、沖縄の大切な文化の日だから、搬入はやめてほしい」と
防衛局に申し入れていたそうですが、聞く耳は持たなかったようです。


渋滞しているということは、ゲート前で座り込みの皆さんが
がんばってダンプを止めてくださっているということ
ありがとうございます。がんばってください~


30分ほどで、車列が動き出しました。
なるべくゆっくり運転をして、いったんゲート前を通り過ぎて、浜のテント村へ行きました。
かわいい子どもたちの手形のバナーが迎えてくれました。


今年も6月のじゅごんの里ツアーでお世話になります。
工事がはじまってから、松田ぬ浜の砂浜の様子が変わってきたとのこと。
今後K8護岸の着工で、更なる影響が心配されます。


ゲート前に戻って、座り込みに参加。


ずらっと並んだ帝国警備のガードマンたち。
道路を挟んで向こう側がステージで、三線演奏、琉球舞踊などが披露されます。
私たちはわくわくしながら、演奏がはじまるのを待っています。


ワシントン署名のロバート・カジワラさんも、やって来られました。


12時の時報とともに、かじゃでぃ風節の演奏が始まりました。
稲嶺進さんの姿もあります。


3/2の土曜大行動のときに練習されていた踊り。
さすが本番は、息もぴったり~

もっともっと一緒にいたかったのですが、ここで時間切れ。
帰りの飛行機に間に合うよう那覇へ戻らねばなりません。
後ろ髪を引かれながら、ゲート前を後に・・・
その直後に2回目の土砂搬入があり、
三線を弾いている人も、踊っている人も排除されてしまったとのこと

ただ、あとで聞いたのですが、
三線を弾くステージのそばに立っていた機動隊の一人が
「僕も三線弾くんですよ」と、声をかけてきてくれたそうです。
勤務中なので、一緒に三線を弾けないけれど、
きっと心の中で、三線を弾き、歌ってくれたのではと思います。
機動隊の人だって、基地が出来るのに賛成しているわけではありません。
基地による分断に終止符を打ち、平和な未来をともに築いていきたい。

そのために、今度は本土が、がんばる番です。
沖縄でもらった元気と勇気で、あきらめずにがんばります。

6月末にまた行きます

コメント

じゅごんの里ツアー下見&春の沖縄旅の報告~3日目、4日目伊江島

2019年03月09日 | 活動報告


3月2日(土)3日目、ゲート前大行動に参加した後、
伊江島へ渡るため本部港へ向かいました。


途中安和桟橋前を通過。
この日は積み出しはなく、抗議行動も行われていませんでした。


こんな民間の桟橋を使うなんて・・・。
やりたい放題の道理なき基地建設、一刻も早く止めてほしい
の思いが募ります。


伊江島ではわびあいの里主催の第17回ゆずり合い・助け合い・学び合う会に参加。


学習会1日目の基調講演は、報道写真家の嬉野京子さんの
『阿波根昌鴻さんとの出会い ~団結道場のリニューアルによせて~』

1965年に行われた祖国復帰行進に参加し、少女が米軍車両に
弾き殺された場面に遭遇した嬉野さん。命がけで撮影したこの写真により、
米軍政下の沖縄の実態が、全国に伝わることになりました。
阿波根さんが勉強のため東京に出られたとき、嬉野さんのお母さまのお家に
下宿されるなど、ご縁が深かったそうです。


リレートークでは、
団結道場建設実行委員蝶の平安山良有さん、真謝区長の平安山良尚さん、
名護市議の川野純治さん、写真家の張ヶ谷弘司さんがお話され、
そして彫刻家の金城実さんと本土の大学生たちが登場!

当初県民投票に反対だった金城さんですが、
若者を立てる!と県民投票を応援することにされたそうです。
「選挙権がなぜ18歳に引き下げられたのか、徴兵制と結び付けて
考えなければならない」という若者へのメッセージにも、
若い人たちを大切に思う金城さんの気持があふれていました。



夕食休憩後、民族歌舞団「花こま」さんによる面踊り。
「誰一人も取り残さない」「辺野古の基地についてしっかり話し合いましょう」
という玉城デニーさんと、県民によりそうどころか、
県民投票の結果が出る前に、結果にかかわらず移設を進めるという安部政権。
テンポよく、デニーさんの個性を引きだし、安倍を斬る!
気分がすかっとして、拍手喝さい!!


そして、餅つき!
蒸し上がったもち米を、舞台の上でついて、きなこ餅にして
参加者全員に配ります。
ジュゴンチーム大活躍で~す!

学習会2日目

2日目の講演は鳥山淳さん(沖縄国際大学教授、阿波根昌鴻資料調査会代表)の
『「陳情日記」からみえてくるもの』

資料調査会のみなさんが、阿波根の残された膨大な資料を整理し
目録を作られています。


昨年の「真謝日記」に続き、出版された資料集第2弾「陳情日記」です。
1955年5月真謝区民が那覇へ陳情に出かけたり、
乞食行進をしたころの日記です。
「乞食をするのは恥ずかしい。しかし我々に乞食をさせる米軍はもっと恥ずかしい」
と、むしろ旗を掲げて多くの島民が沖縄島各地を歩き、
土地を守る島民の闘いは、島ぐるみ闘争へと広がりました。


参加者からの発言タイムではSDCCも登壇。
今応援している「ジュゴン訴訟」についてなどアピールました。
一緒に登壇した、ならコープ平和の会の世話人さんは、
とりくんでいる憲法学習などについて話されました。


総括は石川元平さんから

1956年、プライス勧告に抵抗し、永代借地権を阻止した島ぐるみ闘争を
はじめ、沖縄はひとつひとつの闘いで、民主主義を勝ち取ってきた。
今回の県民投票の最大の成果は、若者たちがその歴史を
正しく受け取って、未来へつないだことだ。


最後に謝花悦子さんからのごあいさつ

昨年の知事選での玉城デニーさんの出陣式は伊江島で行われました。
漁船をチャーターして伊江島に渡られ、
わびあいの里にもご挨拶に来られたデニーさん。
伊江島は、デニーさんのお母さまの出身地、
そして、米軍基地の闘争がはじまった地です。
阿波根さんや翁長さんの意思がデニーさんをはじめ
多くの人に受け継がれたことに、
謝花さんは「阿波根は生前、人間は死ねば3年で魂が亡くなり忘れられる
と行っておりましたが、その予言ははずれました」と。
参加者のみなさんに、感謝の言葉を述べられました。


ことしは、国会議員の糸数慶子さん、伊波洋一さんも参加。
多くの学びのある学習会でした。
ジュゴンのブースにもたくさんの方が来て下さり、
お話をしたり、グッズを買ってくださったり。
わびあいの里スタッフのみなさん、参加者のみなさんに感謝いたします。


学習会後、ヌチドゥタカラの家にも行ってきました。


何度行っても、新しい学びがあります。


保存工事で未来につながった団結道場前で

今回は、辺野古大行動に参加したため、学習会に先立つ
集会と団結道場保存工事落成式に参加できませんでした。
それで、二日目の朝に出かけてきました。
伊江島の土地闘争のことを知るにつけ、真謝にある団結道場の
存在に重みを感じます。

きれいになった団結道場前で、
いのちが大切にされる社会にしようと、
なかなか大変だけど、がんばり続けようと、
こころ新たに誓いました。

ZAN
コメント

じゅごんの里ツアー下見&春の沖縄旅の報告~3日目ゲート前土曜大行動へ

2019年03月09日 | ジュゴンブログ
ハイサイ
3月2日(土)3日目
毎月第1土曜はゲート前の大行動日
県民投票直後のゲート前土曜大行動は熱気でいっぱいでした
続々と人が集まってきます

「久しぶり」「来てくれたのー」「ありがとうね」顔見知りの皆さんとの再会
がんばったねー、まだまだ、がんばろうねー
握手して、ハグして笑顔になって、元気いっぱいに

私たちもゲート前テントに座り込む。すでにたくさんの方が座ってられました





11時から始まる集会には、国会議員も駆けつけ
文子おばぁ、翁長樹子さんも座ってられました
お一人お一人の熱い語り口、心に響きます
それぞれから、日本政府のおかしさ、国会答弁でのやり取り
辺野古のことが国会で取り上げられていること
県民投票の意義とこれからの展望
民意はじわりと効いてきていること
沖縄県民が政府を動かしていること
が語られ

政府も認めた軟弱地盤
ここに基地は造れない
「海も 自然も 抵抗している!」と

一人ひとりの行動で私たちの力で 政府の圧力を跳ね返そう
抗い続けるエネルギーが充満していました









出会った方々





















その他にもたくさんの方とお話ししました

それぞれ、一人ひとり、自分のいる場所で、自分にできることをやっていこう





コメント

じゅごんの里ツアー下見&春の沖縄旅の報告~2日目沖縄愛楽園見学&グラスボート

2019年03月09日 | ジュゴンブログ
ハイサイ
おきなわ旅3月1日(2日目)の報告です

この日の午前中、今年のじゅごんの里ツアーの3日目に
新しいコースを考えていて、その下見をしました

浦島悦子さんにガイドをお願いして、屋我地島にある国立療養所沖縄愛楽園を見学しました



1938年に開園された沖縄愛楽園
戦後、沖縄を占領した米軍は、愛楽園での隔離政策を続けました
1950年代国際的にはハンセン病の隔離政策は否定されましたが
日本では1953年全患者の終生隔離を定める「らい予防法」が制定され
隔離政策は1996年まで続きました

戦争中、入所者のみなさん自ら園内に壕を掘り生き延びられました



偏見、差別、迫害、、、

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「らい予防法」に対しての
腹の底から湧き上がってくる
怒りというものがあります

「らい予防法」があって
私たちハンセン病療養所に
隔離されたものが
どういう思いで
どういう状況で
生きてきたのかいうことを
まずは話したいんです

(沖縄愛楽園交流会館リーフレットより)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



園内から眺めた海は 青く美しく 穏やかでした
無性にかなしくなります

戦争とは、、、国とは、、、差別とは、、、
深く考えさせられます

お昼は近くの琉球赤瓦古民家の
古民家Cafe 喜色ーKiiroー さんで





サトウキビごはん、ゆし豆腐、もずくにてんぷら
おいしいごはんにほっと気持ちがほころびました
ケーキも美味しかったです~



庭にはちょっと色っぽいシーサーが

午後は屋我地島から辺野古へ
大浦湾をグラスボートで巡りました

「今日は透明度が高くて、海めぐり日和ですよ」と船長さん、やった~
じゅごんの里ツアーでもお世話になります





波は穏やか、アオサンゴがばっちり見れました
「あっ、魚」「あそこにも~」何種類もの魚たちが波に揺られながら泳ぎまわっています

顔をあげて前方をみると、、、
オレンジのフロートで海は仕切られ、土砂を積んだ船が停泊しています
目の前の受け入れがたい現実、目を背けたくなる



この海を埋め立てるなんて、なんて愚かな行為
人間はどうしてこんなことをしてしまうのでしょう

国を守るために基地を造る、軍事化を進める
その先に何があるのだろう
真の安全保障は、海や森を守り、生きていけるための環境を守ることなのに

船を下りて、瀬嵩の浜で貝拾い



「これかわいい~」「この色いいね」拾っても拾ってもなくならない貝やサンゴのかけらたち
フロートがなければもっとたくさんゆり上がるそうだ
ほんとうに自然の力はすごい
大浦湾は豊かな海なのだ
私たちの暮らしを支えてくれる母なる海なのだ

早く作業を止めたい





わんさか大浦ワークで休憩
ジュゴンがいますよ~

月桃茶を買いました。美味しいよ~



人としてたいせつなものを取り戻さなくては




コメント

じゅごんの里ツアー下見&春の沖縄旅の報告~1日目佐喜眞美術館&そいそいハウスへ

2019年03月07日 | ジュゴンブログ
ハイサイ
2/28~3/4に4泊5日で沖縄に行ってきました
今年の6月末のじゅごんの里ツアーの下見も兼ねています

宜野湾市(佐喜眞美術館・そいそいハウス)⇒ 名護市(沖縄愛楽園・シュワブゲート前・座り込みテント村・
グラスボートで大浦湾めぐり)⇒ 伊江島のわびあいの里の学習会参加 など

県民投票後の熱気、さらなる力強さ、揺るぎない民意を
それぞれの場所でしっかり感じました
たくさんの人と出会い、再会し、元気をもらいました
5日間のあれこれを報告します


2月28日那覇空港に降り立ち、レンタカーを借りて出発
最初に訪れたのは佐喜眞美術館です





米軍に占領された土地の一角を取り戻して建てられた美術館
基地のフェンスが美術館の場所だけ入り込んでいます
庭には亀甲墓があり、屋上からは普天間基地が見渡せます

丸木位里・俊さんの「沖縄戦の図」は常設展示
ちょうどケーテ・コルヴィッツの企画展が催されていて
以前からとても見たかったのでグッドタイミングでした


ハガキを購入

ヒトラー政権下で退廃芸術家として制作を禁止されながらも抗い続けた女性
家を壊され、夫を失い、子や孫を戦争で奪われたコルヴィッツ
母なる視点から生み出された作品はこころに響いてきます
最晩年の作品「種を粉に挽いてはならない」は
戦争で子どもたちのいのち、未来を奪ってはいけないというメッセージ

今こそ、あらためて受け継いでいかなければと思います
平和は誰もが願っていると思うから

佐喜眞館長さんが
「土地を取り戻すのに、日本と3年、米国と7年交渉した」と話してくれました
日本政府に要請しても埒が明かず、米軍と直接、粘り強く交渉して戻ってきたのだそう

今、玉城デニー知事が提案しているように、米国との交渉に沖縄も直接加わる方が
普天間基地の返還も、日米地位協定の改定も、辺野古新基地建設ストップも
話は進むに違いないと思う

美術館で、韓国から来ていた若者2人と意気投合
辺野古へも行って来たんだそう
お互いの国でがんばりましょう!つながりましょう!と


次は、赤嶺さんの待つそいそいハウスへ
「普天間居場所づくりプジョジェクト」をされていて
じゅごんの里ツアーでお世話にっています
去年は、普天間第二小学校、緑ヶ丘保育園(米軍ヘリ部品の落下事故があった場所)を
案内して頂きました


今年のツアーの打ち合わせをしながらゆんたく(おしゃべり)
「県民投票は、雨の中、足の悪いお年寄りがタクシーに乗って投票に来たのを見て
 勝てると確信した」
「若い人たちががんばっただけでなく、全世代が動いたんだよ」と話してくれました

基地のある暮らしを誰も良しと思っていない
基地で経済がよくなるなんてまやかし
それなら沖縄は日本一豊かなはず、、、

民意は基地はNOなのだとはっきり示された
これは日本の政治の問題なんだと

赤嶺さんは、ゲート前での暴力を暴行事件として訴える準備をして記者会見をしたり
普天間基地の5年内運用停止という約束はないがしろにされているけれど
あきらめることなく、次の市議選に向けて動き出していることなどを教えてくれました

県民投票の結果をうけて、追い風が吹いていると感じました



そいそいハウスをあとにして、名護へ
お腹が空いてきたところで
夕食はいつもお世話になるたけの子さんで



美味しいお料理を頂きました
グルクンのから揚げも美味しかったよ~

たけの子の女将さんが
「鳴門のうず潮」を辺野古に貸してーと
作業を止めるために

ほんとに貸せたらいいのにな…


1日目終わり


コメント

3月のじゅごん茶話会のご案内~3月21日(木・祝)14時~@京橋事務所

2019年03月07日 | ジュゴンブログ


ハイサイ
2/28~3/4(4泊5日)で沖縄へ行ってきました
県民投票直後の沖縄
たくさんの人に出会い、お話しを聴いてきました

3月のじゅごん茶話会で報告をします

佐喜眞美術館へ行き
沖縄愛楽園を見学
グラスボートで大浦湾めぐりもしました
伊江島のわびあいの里の学び合う会に参加し
3/2土曜日のゲート前大行動の日は、国会議員の参加もあり大盛況
たくさん人が集まるなかで私たちも座り込みました
3/4の三線の日も座り込みましたが、
この日は土砂搬入のトラックが列をなしてやって来ました

あれこれめいっぱいの5日間
見て、聴いて、感じたことを報告します

どうぞ聴きに来て下さい




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
じゅごん茶話会のご案内

お茶とお菓子で ゆる~りと
ゆんたく(おしゃべり)しています

 2019年3月21日(木・祝)14時~16時半くらい
                         


学んで、語り合って、考えて、できることに取り組んでいきたい!
辺野古の最新情報をお伝えします
DVDを観たりもします
また、ジュゴンの折り紙を折ったり
ピースリボンにメッセージを書いたり
その時にできることをしています

ご要望があれば、ジュゴンのミニマスコット作りもできます
材料の準備がありますので、事前に連絡いただければ助かります

場所:ジュゴン保護キャンペーンセンター関西事務所
       最寄駅~JR・京阪・地下鉄「京橋」駅より徒歩10分ほど
  アクセスはこちらです

参加費:200円

問合せ:ジュゴン保護キャンペーンセンター関西事務所
        TEL/FAX 06-6353-0514 メール info@sdcc.jp
        当日は 090-5882-3629(いけがわ)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



沖縄、伊江島の阿波根昌鴻さん
米軍から土地を取り戻す、生活の中から平和運動を続けられた
「平和の武器は学習」「人を幸せにして 自分も幸せになる 平和学習をしましょう」
と言われた言葉をかみしめて学びの場を続けていきたいと思っています

「この世の素晴らしいものはみんなタダ
 愛情 太陽 勇気 想像力 好奇心
 それが私の生き方である」(伊江島通信57号より)

そんな生き方にほんの少しでも近づきたいなぁ
コメント

2/24京橋街頭行動

2019年02月24日 | 活動報告

今日の大阪京橋のOBPへの連絡橋は、春のような暖かさ。
沖縄県民投票の連帯を込めて、街頭行動をしました。



民意を尊重する政治を
地方自治、民主主義についてしっかり考えよう


ジュゴンの海は生きものの宝庫。
未来に残していこう
辺野古基地建設とめよう~


ジュゴン保護を求める署名に行列ができましたよ~


プレゼントしたジュゴンシールを胸につけて、ジュゴンとツーショット


「今日は、沖縄で投票やってるんやね」
と、県民投票のことを知っている方もたくさんいました。
「絶対止めなあかんな」
と、署名用紙を持ち帰ってくれる方も。
たくさん署名が集まりました

心にも春が来たような、街頭行動でした。
みなさん、ありがとうございました

ZAN
コメント