ジュゴン掲示板

ジュゴン保護キャンペーンセンター(SDCC)は日本では沖縄にのみ生息しているジュゴンを守るために活動をしています。

ジュゴンが危機的な状況です!直ちに埋め立て工事を中止せよ(SDCC緊急声明)

2019年03月19日 | ジュゴンブログ
「運天漁港にジュゴン死骸 古宇利島周辺で生息の個体か」
沖縄タイムス3月19日の記事です。



ジュゴンの生息を確認できているのが3頭です。
ジュゴンA,B,Cと。
古宇利島のジュゴンは個体Bです。
Bの子どものジュゴンCは辺野古埋め立て工事で、2015年7月から行方不明になっています。
また、ジュゴンA(嘉陽沿岸域に生息)は昨年12月から行方不明です。
辺野古埋め立て工事が始まってからジュゴンに影響が出ています。

ジュゴンは清らかな沿岸域に生息する海草を食べて生活しています。
ジュゴンは、自分の餌場を中心に生息しています。

ウミヒルモ
ジュゴンの食み跡

しかし、防衛省はこのようなジュゴンの生態を無視して、
「工事の影響ではない」と弁解に必死です。

辺野古埋立工事を進めるための「環境監視等委員会」の学者たちは、
防衛省の弁明のシナリオ作りに右往左往しています。
「ジュゴンがいなくなったのは、他の餌場に行ったに違いない」、
「ジュゴンが行方不明になった時の工事は、それまで行っていた工事と同じだから影響はないはず」などと。
第18回環境監視等委員会議事録

沖縄島に残されたわずかな海草藻場から離れて、
ジュゴンが行く餌場がどこにあるというのでしょうか。


国際自然保護連合(IUCN)で3度の沖縄ジュゴンの保護勧告・決議がすでに上がっているにもかかわらず、
安倍内閣、防衛省は天然記念物、絶滅危惧種ジュゴンを保護する努力をせず、戦争を進めるための軍事基地づくりに必死です。
直ちに埋めたて工事を中止せよ。そして、ジュゴンA,Cの生息状況を調査せよ。
それが科学立国、文化国家を自称する日本政府の責任です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 毎月15日はジュゴンの日♪   | トップ | 緊急声明文 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (あやか)
2019-03-19 19:00:56
娘と記事みて泣いてしまいました。ジュゴンの絵本などで娘も大好きになり、今回の事を話したら大泣きです。
私も悲しくて悲しくて…

工事の中止願います
Unknown (ウチナーンチュ)
2019-03-20 12:36:04
安倍政権は私利私欲の為、ウチナーンチュを自然を海を地球を壊す事しかしていない!!
本当に今とても危機的な状況になっている事を日本人は真剣に考えて貰いたい!!

コメントを投稿

ジュゴンブログ」カテゴリの最新記事