楽しい日々

ホームページを作ることが 与えてくれた楽しみや 主婦の日々の思わぬ出来事を 聞いて聞いて!  

ベルマーク

2019-01-20 22:26:25 | むかしばなし

孫ができ 娘夫婦が豊橋で宿泊し 新幹線の遅れで利用した

ココニコという子育て支援施設。

今年は 婆ばも参加してきました。

ココニコは 質の良い遊具で 親も子もたのしめ 料金格安なのが すばらしいです。

こんなところが千葉にあれば 毎日行くというのが 娘の談です。

 

そこで目にしたのが ベルマークを集める箱です。

私が子供のころ 昭和40年でしょうか

学校の児童会活動で たくさんのベルマークを企業ごとの集計用紙に一枚一枚貼り

トータル計算して送付していたことを思い出しました。

目標達成して備品をもらったような気がします。

チリも積もれば山となる そう実感したものです。

 

マヨネーズや菓子など 今もマークがついていることは認識していましたが

自分の子供たちの育った学校では 集めている様子はありませんでした。

助かったといえば そうなんです。

 

もう少し あたらしい方法で効率よく点数を集められれば 再燃するかもしれません。

協賛してくれている企業は今でも結構たくさんあるようなので

子供たちの役に立つ運用ができるはずです。

時間のある年寄りが協力すれば 児童会とかの運営にも役立つかもしれません。

 忙しい父兄が増えて ベルマークを貼る作業など無理でしょうから

 

ロットと期限と バーコードとマークを 購入時のお店で寄付をできるようにする。

個人が希望の教育団体に協力する申請で 寄付できるような仕組みにすれば

すごいお金が集まるかもしれません。

道路や橋 ビルに 使わないで

 子供たちのためだけにつかえるお金は

貴重だとおもうんですよね。たしか 児童館たりない 国のお金もないんですよね。

 

さっそくできることから

 こつこつベルマークを集めて ココニコに協力しようと思います。

 

 

 

コメント

老いてこわれても自分

2019-01-17 14:24:06 | 日本文化

最近衰えてきた自分です。

で 私の幼いころ付き合ってきた年寄りたちのことを 思いだすのです。

毎日 仏様に祈る人 まったく起きれなくなった人

老いてゆく過程も 出来ることできないこと それぞれで 一人として同じ人はいません。

しかも その人となりは 一貫していて 一見壊れていても 好きなものが若いときから同じとか 大声は出さないとか 特徴があったように思います。

 

80歳代まで生きられるかは別として 老いた時のためにも

少しでも良い習慣を身に着けるようにしないと いけないような気がします。

創意工夫は 老いてもすべきですが 悲しいことにできなくなるかもしれません。

でも 習慣として身についていていれば 老いても できることがあるかもしれません。

 

コメント

90歳でもスマホ

2019-01-15 22:35:37 | むかしばなし

最近はパネルで注文するお店が増え 90歳になる母は残念がっています。

若い人でないと できないとか言って 悔しいらしいです。

私も やればできるんだから と言いつつ

待って やらせてあげればよいのに 自分も画面が見にくいと 注文しずらいので

つい どんどん注文をすすめてしまうのです。

 

以前から 90歳になっても クックパットとかの 料理の検索がうらやましく あたらしいスマホが持ってみたいらしいのです。

 孫に頼むにも若い人には年寄りにつきあう時間がなく スマホが電話として自分が使えないと困ると スマホ切り替えを あきらめているようでした。

 

ところが ガラ携帯が古くなり 電池が消耗してすぐ電池切れを起こしてきました。

 新たに同じ携帯を購入すると随分安い運用ができるというのです。

で とりあえずガラ携帯を新しいもので所有して 

さらにスマホをパソコンとして購入したら いつでもサポートしてもらえて使えるようになるかも。

というのです。

ちょっと考えたら 忙しい電話会社に つきあってもらえるか、とも思いますが 

とにかく意欲と したたかな考えに驚きます。 

聞かれる立場になると 気の毒な気もしています。

 自分が90歳で できる状態ですごせるか疑問です。

 

 

コメント

新しい炊飯器

2019-01-13 08:56:47 | むかしばなし

サンヨーの炊飯器を使ってきましたが もう修理はできないし

お米の立ち上がりがなくなり 買い替え時期かと思っていました。

 このところ家電量販店では高値の炊飯器が並んで かといって

2年で買い替えることになる炊飯器も残念でと迷っていたのですが

少しその中間と思える商品が並んでいたので 購入することにしました。

 

娘は徹底的に検討して 長く使える良い商品を購入しています。

私にはそんな能力はなく 時代が必ず以前より驚くほど良いものになってきた時代でした。

なんとなく買っても残念に思ったことはありませんでした。

 

でも最近5年ほどは 残念なきもちになることが多くなっています。

まだ 購入したばかりでわかりませんが

 炊飯器なのに 玄米 発芽米 雑穀米の炊飯機能が 別途用意されていません。

 

基本は同じなので 良いのかもしれませんが えーって

 

炊飯器の底は 丸くなっていることが多く コメの対流をうながすためだと思ってきましたが

フラットに 熱が多く当たるようになっています。

これも 吉なのでしょうか。

 

炊飯器を購入するにあたり お店のひとに聞いたのですが

まさか そんなに機能が削除されているとは思わず 

見た目でかってしまいました。

 

またしても ドジを踏んだと 思っちゃっています。

グローバルって こういうことなんですね。

 

 

コメント (1)

庭に蛇

2019-01-11 16:13:59 | むかしばなし

暖かいのか  お隣の庭から我が家の溝への排水口から きょっこり

太さ1.5㎝ 長さ30㎝ほどのちいさな茶色のへびが テヘへってな顔をして出てきました。

蛇は大の苦手ですが小さかったので出てこないよう まわりの植物を抜いておきました。

子供のころ 夏は草むらが深く 蛇とは知らず尾を踏んで 足にとぐろをまいて絡まれたことがあるんです。蛇も驚いたでしょうが 飛び上がって家にかけこみ外してもらった。

咬まれずにすんだことが 不思議です。

 

庭に皿と排水口のゴムの蓋で目玉のように置いているのですが

鳶やカラスが来ない効果があるようです。

ちいさな小鳥が花の種を安心して食べに来ていたのですが その卵を食べるのでしょうか

蛇がでるとは 残念な。蛇も卵をどこかで産んだとなれば まだ他にも存在するわけです。

わずかな人間のすきまに 生活して生き延びているとは驚きです。

毎日猫が通るのですが 働いてもらえると助かります。

 

 

コメント

きれいって どんな状態

2019-01-10 01:25:36 | むかしばなし

内海のちいさな漁村で育ったのですが 

子供のころは 伊勢湾台風後 できたばかりの堤防に波けしの石が海側に並び

大量の生活ごみが山になっていたものです。

そのごみの山を越え ぬかるみの泥場を超え 砂浜に出て アサリを拾ったものです。

今では ごみの山はなくなり 多くの水鳥が休んでいますが

シオマネキは全く見かけなくなり やどかりも見かけず うなぎも取れなくなりました。

 

今日は 裏の家の3mもあった垣根が整理され さっぱりしました。

そのため ヤマガラも ヒヨドリも ミソソザイも 大騒ぎです。

ねぐらにしていた林の様だった垣根が 無くなったからです。

明日からは ちちっと口を鳴らしても 寄ってくる鳥はいないでしょう。

環境の急変に住処を失う動物は 大変です。

それは 人間からすれば さっぱりしているほうがいいのでしょうが

どこにも決まった住居のない動物は 死んで逝くしかないですね。

考えると 昔は 汚いようだけれど 多くの動物をかかえて人が住んでいて

地球全体からすると どうだったんだろうかと 思い起こしています。

動物の営みが 土をつくり 植物を育てるわけで

動物を全く排除してしまうと ぱさぱさの土になり 植物は減り 砂漠のようになるわけで

現に 30年前コンクリートで立てた家は 水回りで大きく土が崩れ 取り壊している家が多くあるようです。 

草も生えぬということが きれいということなのだろうか。

きれいって どういうことなんだろう。

 

コメント

マイクロ水陸両用車

2019-01-07 10:07:24 | あったらいいな

選手村から会場までのアクセスを バンサイズの水陸両用の乗り物を

政府主導で開発してはどうかしら。アクセス困窮のニュースから 主婦の妄想しきりです。

もう時間がないので お役所の許可申請は間に合わないわけですから

水陸両用車 政府きもいりに開発するしかありません。

何故って

今や 水害も多い 道路の寸断も 関空でも悲惨な経験しているわけですから

埋め立て地の孤立はこれからも起きる。そう考えれば 

緊急時 水陸両用の移動を可能にする乗り物を用意することは

必要なのではないかしらと 考えます。

 

海や川は自由に 陸について狭い道路にさしかかれば車のようにも使える。

島の孤立時にも使えます。

何台かをまとめて移動できるようにするためにも サイズは当然 狭い道路に対応できる大きさというわけです。

普段運用となると 法律も大変なことになるので 

非常時のみ 政府の持ち物とする。

それを 五輪大会時のみ 選手に限って運用するというのは どうでしょうか。

見に行く人が移動できないのも気の毒だけれど 選手あっての大会ですから

選手村から 会場に間に合わないことだけはないようにしたいものです。


主婦の浅い考えなど役に立つはずはないですが 

無責任ブログで 妄想発表です。

 

コメント

年賀状に一句

2019-01-01 21:03:58 | 日本文化

高校生の時から 毎年年賀状に一句つくることにして 

はや四十八年になります。

最初は 同級生に 袖の偏を示す偏でかいて 漢字を間違えていることを指摘され 恥ずかしかったことを覚えています。

毎年の習慣になったのは その間違えたことが大きかった気がします。

 

 平和な瀬 亥の子も招く 古七宝

平成ももう瀬になるというので 平和が守れるか心配です。

猪の子がしっぽを振るように 将来を多くの子供が平和を招いてくれるよう 古いもの日本の芸事や工芸 そんな宝物を ぜひぜひ大事にしてもらえるよう 願いを込めました。

 

昔は 学校が学びのすべてではなく 親の仕事を手伝うほうが大切でした。

学校の勉強ができても家業には役立たぬというひとも 多くいたものです。

教養は遊びの中で身につくものでもあります。

 

若者の行き詰まりを打開するためにも 多くの人の毎日の営みが 学びの中心になるよう

工夫をしなければ 多様な人材は育たないきがします。

 盆栽の技術 庭師の技術 大工の技術 釣り漁の技術

農家も種を守る技術 守れるでしょうか。過去を生かせているでしょうか。

三味線も琴も 日本舞踊 焼き物の作品を作る技術 その良さを感じる見る目 

書の意義と文化の継承 

畳から瓦 日用品の鋳物 塗り物 着物を仕立てる技術

布団を仕立てる技術 継承できるでしょうか 過去を生かして将来を生み出しているでしょうか。

学校で学べない 小さいときから体で継承しないと習得できない技術を

実は みてとるという継承の方法で習得してきました。

 

言葉で説明できない細やかでシンプルで自然の理にかなった技術を 

なんとか残していける工夫を したいものです。

今しないと お蔵も もたない家になり 今の生活必要品しか残さない生活が中心となると

どうみても大切なものが失われかねません。見る目がなくなるのです。

違いが理解できなくなるのです。

 

国の宝物を失い 魅力ある人の営みを失い

なぜかどこの家も安普請 個性のない国 そんな将来が待ってる気がしてなりません。

行くところまでいかないと 失ってみないとわからないことなのかもしれませんが

一人として同じ顔の人がいない 一花とて 同じ花はつけず

同じに思いこみしてるだけでは ないでしょうか。

 

本当の財産とは お金で買えない あたりまえの自分だけの個性なのです。 

98歳まで生きた 私の祖母は 只主婦として生きた人ですが

「立派に死ぬるという 大事な仕事が残っておる」

亡くなる三日前まで そう言い続けていました。

その立派に死ぬると そのさき生きる人に 覚悟と勇気を与えると

信心していたのだと思います。

祖母が年寄りを看取り 多くの病人を看病し 多くの若き友人を見舞い

長年の生活から導き出した哲学のようなものなのだ と

自分が63歳になって わかるようになりました。

最後まで生き切って 残る家族が

安堵するよう亡くなるということは

 大事な年寄りの仕事かもしれません。

 

 

 

 

コメント

平成最後の大晦日

2018-12-31 23:55:34 | むかしばなし

雪が降るかと思われた大晦日でしたが 晴れ間に買い物に出かけることができました。

なんども引っ越しをし ろくな思い出の品もなく 雑多なものの整理をしていると

娘の中学時代のメモ用紙がでてきました。

人間の記憶というのは どうしまわれているのでしょう。

メモには

帰ってきました。部屋で寝ています。

もし7時半におきてたら 私を起こしてください。よろしくです。

と書かれていたのですが

思い出したのは

 1.41421356 ひとよひとよに ひとみごろ

 2.43620678 ふじさんろくに おおむなく

間違っているかもしれませんが √2 √5でしょうか。

ずーっと 眠っていた自分の娘時代の記憶が よみがえったのでした。

結婚して子育てする間 まったく思い起こすことがなかったのにです。

中学生からは 子供の勉強を見てやったことも 付き合ったこともない。

 

起こされたのは 遠い昔四十八年前の記憶で

その記憶を 思い起こさせたのは 娘の子供のころの 二十五年前くらいのものです。

物は 一瞬で記憶を掘り起こすんです。不思議です。

 

 

コメント

パソコンならぬパブリックコン

2018-12-30 13:35:29 | あったらいいな

年寄りのボヤキでございます。

やっとのことで使い続けてきたパーソナルコンピュータですが ウインドウズは使えるようになると更新です。

最近は 時代が変わり希望してもいないのに クラウドに上がってしまう事態です。

 

年寄りには 訳も分からずクラウドにつながるので 皆様の住所がクラウドに上がるのか上がらぬのか区別がつかず残念な気分に陥ります。

年賀状も おいそれと怖くて パソコンではつくれませんです。

個人使用で完結できるインターネット使用しないパソコンが欲しいくらいです。スマホと連動しなくてよかったのに つい期待したのがいけませんでした。

 

さらに困ったことには 年賀状のレイアウトを 一旦保存すると ほんのちょっと修正したいのに

一括集積して保存されるのか 後の修正がききませんので 最初からやり直さないと修正できず苦労しています。

 出来上がりをみては 修正してた昔が恋しい。

キーボードの打ち込みを辞書で手伝ってくれるようですが 私が特殊なことばを使うのか 暴走しきりです。かえって 邪魔でしかたがありません。思うように日本語がうてなかったりすると さらに少し昔が恋しくなったりします。

オリジナルの作品は 作らずに できてるレイアウトを買った方がいいよって言われてるようです。

自分のパソコンなのに なぜ 自分で作りたいからパソコン買ったのに。

 

この調子ですと アップルのパソコンのほうが 自分を守れるかもしれないと思い始めています。 ちがうかなあ。

 

コメント