楽しい日々

ホームページを作ることが 与えてくれた楽しみや 主婦の日々の思わぬ出来事を 聞いて聞いて!  

通勤バス

2022-01-14 20:22:08 | 調理
かなり毎日通勤するのに 毎日一人に一台通勤用車に乗る 
しかも渋滞して かなりの排気ガスを発生し イライラしながら
事故も起こして通勤することを いつまで続けるのかしらと
 思うことがあります。

コロナの影響で個人で通勤車に乗ることになった人もいるかもしれません。

できるといいなと思うのは 通勤用パーティション搭載のバスですかね。
車内で自分の場所で仕事ができてもいいですよね。
メイン道路で自動連結できる車もおもしろいかもしれません。

人生無駄を省くのに 通勤時間を短縮することは 役立つんではないかしら。
リモートも必要ですが 人が生産現場に立つことは必要なはずです。
コロナ契機に 今までの 生産台数にとらわれない発想も役立つのではと感じています。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2022-01-14 20:13:42 | 調理
雪の日に役立つ靴
手縫いでもう30年ものになろうとする スイスで購入したブーツです。
雪が積もって困った日の アイテムです。
信頼ができ これを履いて転んだこともなく 靴下が濡れたこともありません。
足跡がかわいいなんて 使っていましたが気が付いていませんでした。
すっぽり皮を履くので紐のあいだから雪が染みることなく
山歩き必須アイテムなのでしょうね。
靴 丈夫で長持ちは 手縫いなのかもしれません。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

喫茶の値上げ

2022-01-07 21:51:53 | 調理
やってきました喫茶の値上げです。
五百円を突破し いっきに何もかも値段があがりそうです。
おいそれとコーヒーを購入できず 家飲みにしなければなりません。
余裕のある年金世代はかわらず来てたけど 若者はいなかったとのことです。
マックはどこの店も盛況なので 安いのかしら。
オミクロンは襲うし値上げが続くし 先が見えないです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

孫のおみやげ

2022-01-02 19:57:49 | 調理

キティーちゃんが寝かしつけられていました。
賑やかだった孫たちの来訪後です。 

ママである娘が 子供の時抱いていたキティーちゃんの ぬいぐるみが 生き残っていました。何度も引っ越ししたのに 必要な荷物から零れ落ちることなく生き残っていたのです。それを今日、下の孫娘が気に入って 抱いて帰ると言い出していました。
子供には 古いとか汚れているとか 理屈がなく
愛を感じて気に入るものは気に入るわけでして パパである婿さんもママである娘も困っている様子でした。
しばらく遊んだ後 キティーちゃんを抱きかかえて二階にママと上がってゆくと そのうち嬉しそうに 幸せそうに降りてきていました。

孫たちが帰り 静かになった二階に寝床を用意しようと上がってゆくと
古い薄汚れたキティーちゃんですが 暖かそうにお布団に入っていたという訳です。キティーちゃんの 寝かしつけに成功して幸せそうに手放すことができて やれやれです。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

明けまして おめでとうございます

2022-01-01 22:40:59 | 調理

母の畑に正月早々 収穫にいってきました。
丁度にやっと育った人参
ちいさな赤かぶ 小さな大根 穴あき聖護院と
収穫とは言えない産物ですが 甘くおいしいかわいい産物でした。
匂いだけ 神棚にお供えして いただきました。

アピタ初売りの刺身に いただきものの焼き魚で
のんびり静かな正月ができそうです。
医療機関で働く家族がいると 不規則な時間に
いらぬ心配 コロナに何度もふりまわされ 大変なはずです。
どうかウイルス終息しますように。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

コロナどころか、さらなる変革

2021-12-30 22:36:21 | 調理
コロナで失った たくさんの営みがあります。
葬儀 祭り 展覧会など 
職も 失業したひとも

コロナの打撃を乗り切らねばと 国の予算を大盤振る舞いしていますが

実はさらに CO2削減の方が もっと大きな打撃なんる気がしてなりません。

地球温暖化阻止できなければ 公害が蔓延した時代のように 地球規模の先行きが危ぶまれる事態なのですよね。産業革命時代とは違って あらゆる国で変革しなければならないのですしょう。 プラごみでさえ そう簡単に変えられないのに しかもグローバルから逆行して 自国で衣食住を完結する仕組みに変えねば そう簡単に温暖化阻止はできない気がします。
国の力量が問われるわけで 変革の波にコロナから さらに連続して変化していくと 人々は対応しきれるのか 心配になっています。

さらに 親世代は年金で老後を過ごせてきましたが いつまで可能なのかも 危うい気がしています。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アベノマスク

2021-12-23 05:44:58 | あったらいいな
昨日報道があった布マスクの処分のお話ですが
主婦としては 廃棄と聞いて ショックを起こしています。
こうも面倒なことは お金がかかるので 断ジャリしてしまう国になったんだろうか。
綿花は今や高価な素材にはず ベビーの下着 滅菌ガーゼ 使い道は多くあるはずで 滅菌ガーゼなら 自治体でストックしてもいいはずです。
燃やしてしまうなどということが どうかありませんように。

今 長年購入してきた衣類を 資源活用しようとリメイクしている身には
廃棄と聞いて えー 運用してくれる業者ないの、
もっと早く運用してくれるとこ 探せばいいのにと。
妄想しちゃってます。( ´艸`) 
いつも 街路樹の下草や 刈込材だって 土に返せば 土留めにも肥料にもなる資源なのに どうしてるのかしらと 思っているんです。
丁寧な暮らしを始めないと 地球はもつのかしら。 
どの国も 兵器なんぞ作ってると どこかの国のおかげで
ある日地球で 生命維持ができなくなるんじゃ ないのかしら。
この妄想 異常かしら。
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

幸せになるための建築

2021-12-22 00:19:58 | 調理
痛ましいビル火災が またしても起きてしまいました。
消防が検査していても 放火する人がいれば役立ちません。
恐ろしいことをしたいと 欲求する人がいるんですね。
せめて 昔のように 非常のはしごでも用意されて 普段から火災訓練をしていれば どうなのかしら。

 これを機に 建築がほんとうに 人を幸せにするための建築なのか 見直してもよいかもしれません。

たとえ自由な経済活動を保証する必要があっても 多くの人が訪れる場は ふさわしい広さと 装備が必要ですよね。
都会に密集する必要が あるのでしょうが 危機管理も念頭にしなければ 幸せになれません。 
事業をする要件を満たす建物が 今の建築基準で合法に立っているのでしょうか。
ダメと言えば建築が成り立たず ずるずる法の方が 金もうけにすりよってはいないでしょうか。

幸せを手に入れようとすることは なかなか達成できないんですね。
。 一度建てた建築物は 長年運用するので少し贅沢にしておかないと 不幸に好かれます。 不幸に好かれない決断が 少子化になっているのですから  求められてると思うのです。


コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

運転免許に必要な視力

2021-11-29 21:11:16 | 調理
免許の更新のたびに 眼鏡を購入するというお友達もいたのですが
私もそんな年齢になりました。
さらに バックから光が当てられた丸の空の方向を見てはかるのは
苦手でした。
同じような人もいて 視力検査の追試験を受けました。
 
針の穴に 糸を通すこともできるのに どうして見えなかったのか
考えてみたのです。
 物を特定するとき 視線を集中します。
いろんな物の見方を人はしているのではないかと 考えたのです。
私や追試を受けていた人の場合は 後ろからあてられるライトの光に 視線の認識意識がばらついて
特定するべき丸に 視線が集中しなかったからではないかと思うのです。

紙の上に乗った〇なら 視線は丸に集中して特定しやすいのではないかと

よく考えると 運転に必要な視力というのは 本当は何が必要なのか
見え方を人と比べることは 実は難しいことで 
目安として 小さな0.7サイズのものが 特定の距離で 認識できれば
良いとしていますが 実はもっと最低必要な認識能力は 科学的に分析できる時代になっている気がしています。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

イタチかテンかペレットか

2021-11-28 00:13:15 | 調理
畑に向かう途中 草むらに向かって道路を 黄色い動物が横切りました。
こぶし大の頭に 細長い胴 短い手足に どうと同じくらいの太さと長さの動物が ふわりふわりと走り去りました。

いやはや猿が落ち着いたのか 出現しなくなったと思ったら 今度はテンです。
畑の納屋にネズミが二匹 いますから そのせいかもしれません。
カエルも母の畑は 耕せばかなりの数出てきます。 冬眠しようとしてる状況ですから そのせいかしら。 カエル食べますかねえ。

 超音波発生装置が 納屋でぷーぷーならしてるのに 人間は落ち着かないのに 彼らはもう平気だってことでしょうか。
道路を走る車も田舎でさえも多いですから 超音波もなんのそのになっても不思議ではないですね。

それにしても 黄色い毛並みがきれいで また会いたくなってる。
いやいや作物の手入れが先決です。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする