松庵

シナリオライター
&絵コンテマンな
松浦の軌跡。

季節の変わり目は

2008-09-30 18:18:16 | なんでもない日々
生きていることに意味なんてないとは知っているが、この時期になると頭が痛くなる。
たぶん、日照時間とか気温が関係しているに違いない。
いっそ、早く真冬になってしまえばいいのに。そうしたら、布団の中で思い出に浸りながらいつまでも眠っていよう。
雪が積もればもっといい。
音も、光も遮って、世の中から自分を切り離してくれる。


今年の冬は暖冬だそうです。
暖冬ということは、西高東低の冬型気圧配置が崩れるわけで、そうなると東京でも雪が降る確率がぐっと高まる。
東京で雪が降るときは、何か変化が起こる。
昔から、そう決まっている。

殺人事件とか。
子殺しとか。
政界再編とか。
きっと、また松浦を置き去りにして世の中が変わってゆくのだろう。
コメント

おれって

2008-09-29 18:28:55 | なんでもない日々
もしかして疫病神なのかなぁ、と思うことがある。
小説家になりたい!
その一心でこの10年+α生きてきました。
ところがどっこい、最初に松浦に目をつけてくれた携帯小説の会社は事業をたたんでしまったし(今思えば、ちょっと早すぎた)、その後作品を発表していたクリエーター応援サイトさんも元気がない。さらに、賞までくれたアイレボブックスも、販売会員の作品はほとんど売れてないみたい……。

逆に、松浦なんぞには目もくれなかった某携帯小説サイトは盛り上がっているみたいだし、何となく居場所がないような感じのTexpoは最近元気だ。

これはもう、完全に世間一般と感性が乖離していると見るしかないのだろうな。
まあ、それを認めた時点でエンタメ小説家失格なのだが……。

でもね、どうにもできないよ。
もう後戻りなんかできないところまできちゃったから。

ちなみに、松浦が問い合わせた某新人賞は選考に関するコメントを発表しました。
でも、メールには何ともいってきません。
負のオーラは、メールを通しても伝わってしまうようです。
コメント

日教組はがんか?

2008-09-28 15:51:16 | なんでもない日々
例の大臣の発言問題について。
どうも、朝日新聞は必死に学力とは相関関係がない。と言い張っているようだがどうだろう。
そもそも、相関係数というのは、ジャンルによって相関関係あり、と見なすかなしと見なすかが変わってくる。
たとえば、松浦の専門分野である工学の世界では相関関係なし、とみなす数値も医療などでは相関関係ありとなることはよく聞く話。

それに、個人的な経験からいわせてもらえば、まあ自分の労働条件にうるさいやつが、仕事熱心だったという例はきわめて少ない。
もっと本音をいってしまうなら、松浦の小学生時代の教師は屑だった。
教師として云々ではなく、人間の条件を満たしていなかった。
あれは、日本語を片言だが操れるようになったゴリラだな。

まあ社会保険庁もそうだが、狭い国土とはいえ、これだけ人間がいれば中には出来損ないも一定数存在する。そして、基本的人権を定めた憲法をいただいている以上、そいつらも食わせてやらなければならない。
そういう意味で、セーフティーネットとしての、社会保険庁職員という立場や、教師という職業があってもいいのかもしれないな。
コメント

聖おにいさん のレビュー

2008-09-27 14:41:02 | アニメ・コミックで思うこと
なんだか、漫画読むの久しぶりだなぁ。
えー。一部で話題の『聖おにいさん』です。ちなみに、星印は機種依存文字なので外してあります。忘れたわけじゃないんですよ。

いきなり結論から申し上げますと。
なーんか、物足りないんですよ。
それがなんなのかは、わからないのですが。あえて言葉にするならば、ギャグとして昇華していない。とでもいうのでしょうか。

キャラクターはたっている(そりゃ、あのキリストと仏陀だもんな)。
設定も斬新だ(なにせ、二人が下界に降りてきて東京見物している)。

なんだけど、今ひとつ暴走する寸前で止まっちゃってる。
ギャグマンガなんだから、きれいにまとまるのが仕事ではないはず。どっか壊れている部分を見せてほしい。
そんな期待があったのかもしれません。

まあ、だけど。
こんなマンガ。いや、表現が許されて認められる日本っていい国だと思うよ。
自由の国アメリカなんていうが、宗教的には日本のほうがよっぽど自由でしょうね。いいことなのか、悪いことなのかは別にして。
コメント

奴ら、本気でスルーする気だ

2008-09-26 18:23:17 | なんでもない日々
こんばんは。
花金だけど、華とは無縁な松浦が通りますよ。

某、新人賞の選考内容を教えろなどといった覚えはありません。
やんわりと、
「発表は9月初旬となっていますが、二十日も過ぎればもう下旬じゃないですか?」
と、向こうが用意している投稿フォームからやんわりと問い合わせをしただけなのです。それなのに、相変わらず音沙汰なし。
仮にも、天下の●×社が絡んでいる賞でしょ?
しかも、平日ど真ん中ですよ。普通に仕事してるんでしょ?
なんで「発表は延期します」とか、「もう少しお待ちください」などという一文が書けないのかなぁ。
サイトのデザインどうこうの話じゃなくて、文言を書き加えるだけじゃないか。


まあいいや。
もっと恐ろしい事実があるから。
それは……

『オーバー・クラウド』がアイレボブックスで四位にランクインしました。
だけど、五位までしか作品がない。つまり相変わらずのブービー。
いやね。ブービーなのはいいのよ。自分の力が足りないだけだから。
問題なのは、アイレボブックス自体が衰退しているのではないか? ということ。
一人が購読すると、一気に順位が変わったりして……。まるで、多摩川競艇状態だったら悲しいな。
コメント

おかげさまで

2008-09-25 19:22:31 | なんでもない日々
謎に『準備中』だったアイレボブックスのランキングで、拙作『オーバー・クラウド』が7位にランクインしました。
購読してくださった方、ありがとうございました。

しかしなぁ。
この結果、素直に喜んでよいものやら……。
というのも、9位10位が未だに準備中なのですよ。
もしかして、人気があるからランクインしたのではなくて、単純に棚に並んでいる商品が足りていないだけではないだろうか?

何を考えても、常にマイナス思考の松浦ですから。そのくらいのことは余裕で思いつくのですよ。
だいたい、自分に限ってそんなにうまくいくはずがないじゃないですか。


そういえば、9月初旬に結果発表とかいっていた某新人賞も、放置プレーだな。という事実に昨晩気づいて、問い合わせフォームからメールしてみましたが、音沙汰なしですよ。
せめて、問い合わせを受け付けました。とか、自動返信でもいいから、番号振ってなんか反応してくれよー。
コメント

浮気者ーッ!!

2008-09-24 18:26:05 | なんでもない日々
いや、それは心外だな。
営業努力と呼んでもらおうか。

とにかく、大変なんですよ兄貴!
下手こいたー! なんですよ、姉貴!!

えーっとですね。
このブログからもリンクが張ってありますが、『クリエーター応援サイト』というのがありまして。以前は、そこで作品を発表しておったわけですよ。
しかしながら、アクセス数が
松浦のサイト>クリエーター応援サイト
という悲しい状況だったので、そこからTexpoに移籍。その後i-revoに。という変移を経て、現在に至るわけなんですが。

が、

その『クリエーター応援サイト』が出版社と提携したという知らせが……。
あー。たまーにでもいいから作品を投下しておけばよかったなぁ。
まあ、後のフェスティバルですが。

ま、いいか。
どこの出版社かもわからないし。文●社とかだったら、目も当てられないし。新●舎みたいに、消えてなくなるかもしれないし。

というわけで、今日もだめだめな松浦でした。
コメント

気になること

2008-09-23 15:39:28 | なんでもない日々
毎日、いろんなことを気にしながら、びくびくと生きている松浦です。
今一番Hotなびくびくは、アイレボブックスのランキングが準備中になっているということ。

あ、出版社扱いの作品はおかげさまで第三位に落ち着いています。
一度ランク外まで落ちたのに、復活した(笑)。

いや、笑っている場合じゃないぞ。
もしかしたら新しい作品が全然出版されなくて、古いカビの生えた松浦のが残っているだけかもしれない。
さらに、新作のほうはランキングが準備中ですよ。
ラーメン屋でいえば、準備中すなわち営業してないよ、という意味ですな。

え!? じゃあ、全然売れてないの?
出版部数0じゃ、順位なんてつかないものね。
う~。

がんばれ!
とりあえず、公募企画は続けたほうがよかったんじゃないだろうか。
公募ガイドにでも広告打てば、それなりの作品が集まるだろうし。
定期的にそういうイベントをやっていた方が盛り上がると思う。

と、ここで愚痴っても誰も聞いてないと思うが。
コメント

あえて

2008-09-22 19:48:00 | なんでもない日々
政治の話題でもなく、子殺しの問題でもなく。
傘を忘れてきたのも問題ですが、それも置いておいて。
なんでもない日々、を綴って参ります。

さて、長編作品のネタを仕込みつつ、短編を書いてレベルアップや実験したかったことなどを繰り返す日々を送っているのですが、ちょっと煮詰まってます。
必要な資料が集まらなかったり、実家のどっかに眠っていたりで、思うように進まない……。
うーん。
くまった。


おまけに、この前から調子が悪いといっていた夜間戦闘機月光が退役しました。
福島でのラストフライトを経て、築五十年の木造家屋と運命をともにすることになりました。
えーっとですね。
ラストフライトですから。
高度をとれるだけとって、山に向かってさようなら。というのもかっこいいかな、と思ったのですが、冷静に考えるとそれってゴミの不法投棄だよな。ということで、回収して(着陸させて)田舎に置いてきました。
コメント

福島県、再び

2008-09-21 13:17:10 | なんでもない日々

こんにちは。
二週間くらい前にもう二度と来ないかも、なんて日記を書いたくせに、また磐城石川に来ています。

やっぱり、日帰りで全ての用事をこなすのは無理でした。
大切な用事。
ここで過ごした日々を心ゆくまで味わうことです。

かつて祖母がいた茶の間で談話。
初詣に行っていた神社を参拝。
ただ広いだけの公園でラジコン。

どれも当たり前だと思っていたし、永遠に続くと決めつけていました。
そんなはずはないのにね。
さて、残り少ない振り返りの散歩を楽しみますかね。
コメント