松庵

シナリオライター
&絵コンテマンな
松浦の軌跡。

てきすぽどーじん5号の電子版はこちら!

2012-10-31 17:07:14 | なんでもない日々
てきすぽどーじん5号です。
お手軽電子版はこちらです。
パブー版ということで、ネットにつながっている人なら簡単に読めますね。
ウワサのkoboとかでも読めるそうです。

パブー版
http://p.booklog.jp/book/59371


試し読みは全部できちゃうんですけど。買っていただくとPDF版が手に入ります。
書籍の自炊をしている人とか、最近はタブレットなどで本を読むんだってばよ。という方にはこっちがおすすめ。


それにしても、タブレットの値崩れがすごいですね。
電子書籍リーダーに至っては……。
いや。いらない人には本当に不必要なものだから。その結果として値崩れしているのだとしたら寂しいけれど。
でも新しい商品をいじる楽しみってのもあるじゃないですか。
と、一年前にガラパゴスを買った自分を励ますのです。
コメント

てきすぽどーじん5号

2012-10-30 16:26:36 | なんでもない日々
今、ニコニコ静画とかありますけど。
ちょっと前にTexpoっていうサイトがありました。
結果的にサービスは終了してしまったのですが、黎明期に関わっていたこともありまして、このたび発行された「てきすぽどーじん5号」に寄稿しています。
小説を印刷媒体で発表するのって、実はすごく久しぶりなんだよなぁ。
ずっとそっちの方を向いていたつもりですが、なんだかんだで回り道ばかりだから。

そのてきすぽどーじん5号ですが、電子版も明日公開になるようです。
なんか、ウワサの電子書籍端末、Koboでも読めるとか。
それ以前に、PDF版のダウンロードサービスもあるようなので、i文庫とかのアプリを使えばiPhoneやAndroidで楽しめるんですよね。

11月には「てきすとぽい」というサイトで感想でも語ろうか。というイベントもあるようなので、ぜひ読んでみて、もしよかったらご意見などなどよろしくです。
コメント

魔改造! ふたたび……

2012-10-29 19:59:00 | なんでもない日々
Windows8で世の中わさわさしております。
でも、そんな流行に乗ってしまったのでは松浦らしくない。
というわけで、7のななみモデルを改造します。

ずばり、以前値段のつかなかったノートPCで試したSSDに置き換えです。
これ、むちゃくちゃ速くなります。
その効果は、HDDのワンクッションがないので、重たいソフトを使うとCPUの温度がやばくなるほど。

ちなみに、今回のベースは777円で売っていたWindows7のネットブックです。
オフィスを入れてみたら、アウトルックを起動するたびに応答していませんのメッセージが出るほど遅い。
果たして、その効果はいかほどか!?

続報は後日ね。
コメント

創作するということについて

2012-10-28 12:34:56 | なんでもない日々
最近だれ気味だった松浦ですが、少しはしゃんとしないとダメだなと、文化祭で刺激を受けてきました。
基礎がしっかりしていないとダメだということは昨日の記事でも書きましたが、さらにいえば基礎なんてあって当たり前で、その上で今目の前にある作品にどれだけのチカラを注ぎ込んだか? それが問われるんだな、と思っているんです。
好きな絵、苦手なモチーフ。
それは誰にでもあるんだと思うけれど、作品に時間と知恵を注ぎ込んでいるかどうか。もてるチカラを全部使ったかどうか。それは素人目にもすぐに分かってしまうんですね。怖い話だけれど。

そんなこんなで、レギュラーの仕事に加えて、新しく作品作りに入ったのですが……。
ちょっと肩に力が入りすぎかな?
そんな気がする。

前のめりとでもいいますか。
だらけろ、というのではなくて。もう少し自然体で、俯瞰して組み立てていければいいんですけどね。
最近、現状に甘んじていたから指がなまっているのかもしれません。
根気強く、こつこつやるしかないね。
コメント

文化祭!

2012-10-27 16:45:34 | なんでもない日々
秋です。
芸術の季節です。

そんなわけで、美大の文化祭に行って来ました。
さすがです。基礎がしっかりしているから、どのジャンルの作品もクオリティ高いですね。

写真は鉛筆画なんですよ。
結構なサイズの絵なんですが、正確に描かれているからこそ、不思議な空間だと思えるんですね。きっと。


コメント

引っ越し

2012-10-26 15:10:05 | なんでもない日々
松浦の住所に部屋番号はありません。
なぜなら一戸建てだから。
別に金持ちとか、ものすごく稼いでいるというわけではなくて。単に祖父母の家を借りているから。
人がいない家はあれる、というからねぇ。

しかしながら、不動産の値打ちは下がり続け、どうにもならないからか。それとも別の人間関係の力学のためか。
とにかく、住む場所を追われることになりそうです。
引っ越しにもお金がかかるし、職業柄あまり敷居の高い物件に入れないのはわかっているので、どうしたものかと思案中です。
そもそも保証人なんて用意できるだろうか……。

難しいとは思うけれど、でもこのままっていうわけにもいかないので、なんとかするしかないよなぁ。
とにかく物件をみつけることと同時に、荷物の整理をしないとな(特に書籍とか)。
全部持ち込めるような部屋は、たぶんとんでもない田舎にでも行かないと無理。
コメント

高いところ

2012-10-25 16:22:39 | なんでもない日々


奥多摩湖のダムより撮影。

いやね、高いところが苦手な人は来られないとか、そういうのと少し違う。
スケールが大きいので、実感ないというか、比較するものがないので高さがわからない状態でした。

昔はダムの上には入れなかったと思うのだけど、いつの間にか見学可能になったんですね。
コメント

2000回目の更新です

2012-10-24 19:39:00 | なんでもない日々
ブログの編集画面によると、本日がこのブログ開始から2000日目だそうですよ。
毎日更新しているので、2000回目の更新ってことになりますね。
時間にすると、5年半くらいか……。

まあ、我ながらよくやるよな。
ほぼ、ブログの黎明期からTwitterなどへの移行期までずっと続けてきたんですね。
こういうツールにもはやり廃りはあるものでしてね。一時期はテレビの中の人が、一日の更新回数を競っているようなこともありましたよ。当然、本人が更新しているわけじゃないんだろうけどさ。
ま、そんなどうでもいいようなことが売名につながる時期もあったということ。

そんなブログ文化も、最近はどうなんでしょうね。
social networking serviceというくくりでいえば、いろいろ出てきたからねぇ。
よほど名前の売れている人でもない限り、このブログ同様、開かずのブログになっているんじゃないか。そんな気がします。

学校のトイレの落書きに返事があると、何となくうれしくなりますが、ブログで「あなたのブログの閲覧者数はこれくらいです」と数字で示されると、なんだかなぁという気分になります。
電子ツールの弱点というか、手応えがないんですよね。
コメント

どう考えても、バットエンディングしか浮かばない

2012-10-23 15:30:45 | なんでもない日々
人生はゲームほど単純ではありませんが、あまり選択の余地がないという意味では、ゲームより簡単かもしれません。
いわゆる一本道ゲーム。ダメな感じのゲームですね(ビジュアルノベルなど成功例はありますが)。

さて。
今手元には、モタクという本があります。
前半部分を読み終わりました。まあ、オタクのための恋愛指南書みたいなやつです。

で、なんで読み終わる前にこの記事を書いているのかというと、松浦がこの本の読者層に含まれないということがわかったから。もうね、手遅れなんですよ。
20代後半、もしくは30代になりたて。
で、もやもやしている人にはよい本だと思います。なにかが変わったような気分に浸れるかもしれない。

だけどね。
人生の大切な通過点を失敗し続けて生きてきた松浦には、もうバットエンディングしかみえません。
仕方のないことですから。それはいいんですけど。
まだ人生に選択肢が残っている人は、おっくうがらずに精一杯頭を使って果敢に挑んでほしいと願ってやみません。
コメント

もうすぐ2000日!

2012-10-22 12:41:43 | なんでもない日々
このブログ、あさってで開設から2000日なんです。
だからどうした?
といわれても、答えようがないのですが、毎日更新もよく続いたものだなあと、自分に何かプレゼントしたい気分です。

とりあえず、タブレットがダメだった時のことを考えて、保留ですがね。
コメント