YU

活動の記録

PPI

2016-05-25 | 院内研修

胃潰瘍の薬ーPPIの説明会。

胃酸を抑えて胃潰瘍、逆流性食道炎をなおし、さらにピロリ菌除菌というくすりの説明会。

長く使う際の注意点、副作用、を中心に説明を受けました。

薬には副作用もあり、長くだらだら使わず、良くなったら一度休む方が良いようです。

 


睡眠薬

2016-05-18 | 院内研修

睡眠薬ガイドラインの説明会

睡眠学会、老年学会、厚生労働省がおのおの出しています。

そのなかで、老年学会はあれもこれもだめの立場。認知症の発生率を高める、転倒、骨折、交通事故の発生。認知機能の低下。

さからって睡眠剤をだして事故があったら処方した医師の責任にもなりそうと。

でも眠れずに困っている人はたくさん。逆に不眠で命が短くなることも知られています。

最近は、非ベンゾジアゼピン系―マイスリー、ルネスタは良くて、そういう傾向になってきているらしい。

 


糖尿の薬の説明会

2014-07-16 | 院内研修

食後血糖を下げる薬の説明会。この頃データーねつ造が、話題になるし、ディオバンについで、ブロプレスもたたかれました。たたかれて反論しなければ認めたことになる。議員のように記憶にないとか秘書がやったとかいっとけばよいのに。それができない業界であるのはわかるが、せめて悪くないならしっかり説明すべきだ。いさぎよくしても認めたのだから信頼はくずれたということ。薬だけでなく、会社の対応が問題だから、会社そのものに不信感を持つ。ディオバンとブロプレスは採用中止したが、これらの会社の薬はなるべく使用を控えている。今回の説明会も疑ってみてしまう。それにしてもたかがこんな説明会ごときに参加者全員に、当日になって突然、目的も説明せずに無理やり名前をかかせるとは、こういう情報は何に使われるのかな。この会社にも不信感!


骨粗鬆症の注射薬

2013-07-23 | 院内研修
6か月に1回の注射ですむ骨粗鬆症のくすり。その研究会です。姫路の整形外科の主な方が出席。1時間の予定。きっちり時間通り始まり時間通り終わりました。寝る暇もなく緊張感の中で終了。これはすばらしい企画です。負担が少ないです。これなら平日でも十分OK!

ARB

2013-07-17 | 院内研修
今回は血圧の薬。この関連でテレビでいやな話が報道されています。ものすごく悪いことをしたような報道とへたくそな記者会見。もっと悪いことをした大臣や、原発事故対応の説明をみならってのらりくらりしたら良いのに。この問題はしいては医療不信につながり、だれも得をしません。情報はすべて正しいとは限らず、自分で正誤を判断できる力をつけなさい。そうしないと情報化社会では生きていけません。と学生時代に教えられました。

胃の薬

2013-07-10 | 院内研修
院内の勉強会。最近、エンシアという白浜のサービス付き高齢者住宅に行っている関係からそこの看護師たちも熱心に勉強に来ています。12人くらいは参加しています。この薬新しい薬。内視鏡をしないと使えません。2人にすでに使ってみました。PPIやH2、六君子湯、ドグマチール、ガナトン、ナウゼリン、ガスモチン、リフレックス、の効果のない人たちです。結果、今はだれもこの薬をつかっていません。制約の多い割に効き目が感じられない印象を持ってしまいました。