野坂屋旅館

自然の豊かな小さな町で、不知火海で獲れた天然の美味しいお魚をメインに、四季折々のお料理をお客様にお出しします。

佐敷城の石垣

2009-07-31 14:10:54 | Weblog
佐敷城の石垣はほとんどが復元です。

ただ最初の一番下の部分に昔の石垣が残っています。
昔の石垣は面取りがしてありますが、復元は面取りしてありません。

そして部分的には薄い石を張って石垣に見立ててある所があうそうです。

また街道から見える方の石垣は立派で、海側から見ると
すこし感じが違います。
昔は海側はふもとまで海だったみたいで、江戸時代に干拓事業で陸地になったそうです。
コメント

お詫び

2009-07-31 07:00:49 | Weblog
昨日はブログの更新が出来なくてすみませんでした。

昨日は留守にしていました。
その事については後日アップします。

また今日から更新していきますので、どうぞよろしおねがいします。



          野坂屋旅館 田中正一
コメント

佐敷城の登り口5

2009-07-29 06:27:39 | Weblog
反対側にも奉ってあります。
コメント (2)

佐敷城の登り口4

2009-07-29 06:26:17 | Weblog
下から見るとこういう感じに並べて奉ってあります。
コメント

佐敷城の登り口3

2009-07-29 06:23:38 | Weblog
ここは遊歩道への入口ですが、ここにも石像が奉ってあります。

石像は全て個人からの奉納で、後に名前が入っています。
コメント

佐敷城の登り口2

2009-07-29 06:17:20 | Weblog
佐敷城の登り口にはたくさんの石像が奉ってあります。

いろんな神様の石像ですが、昔は歩いて登る道の方に奉ってあったのですが
車道が整備されて、駐車場だ出来てから車道の方に多めに並べてあります。
コメント

佐敷城の登り口

2009-07-28 06:38:27 | Weblog
駐車場から、歩いて佐敷城に登って行くのですが、発掘の記念碑があります。

この佐敷城は、加藤清正の時に造られたもので、佐敷自体には南北朝時代から
お城があったそうです。

時代によって場所も変わったりしています。
時代によっては相良藩のお城があって、そのふもとには、相良藩の影響のある遺跡が
発掘されているそうです。
コメント

佐敷城からの眺め 5

2009-07-27 06:11:03 | Weblog
佐敷城から不知火海をのぞむ眺めです。

左手前には城山スカイドーム、真中くらいに肥薩おれんじ鉄道佐敷駅、
先の方には広域農道の、橋が見えます。

その先に唐船岩や、三ツ島があります。
コメント

お見舞い

2009-07-27 06:08:43 | Weblog
この度の大雨により被害を受けられた皆様にお見舞いを申し上げます。



           野坂屋旅館 田中正一
コメント

佐敷城からの眺め4

2009-07-26 08:09:00 | Weblog
真中に見えるのが国道3号線です。
熊本方面ですね。

その上の方には、旧国道があります。

今の季節は私が歩く朝5時頃には幽霊トンネル探検の若者と出会います。
でも私が子供の頃には歩いて通ったりしていましたので、全然幽霊トンネルだと
意識していないし、ただ雑誌とかでそういうふうに仕立ててあるように感じます。

でも夜は行きたくないですね。ちょっとやっぱ恐いかも・・・
コメント